人気ブログランキング |

平成最後の職場昼食会

世の中ゴールデンウィーク休暇に突入の方もおおいでしょう!
レイ眼科クリニックでは 明日、日曜日午前中までが仕事で
その後6日までお休みをいただきます。

開院してこの4月で 11周年を迎えました。
いつも皆で お昼ご飯を一緒に食べています。
平成最後の職場でのお昼ご飯は
スタッフへの感謝の気持ちをこめて こうなりました♡

d0131804_17360070.jpeg

平成2年に眼科医になった私にとっての平成は、
眼科人生そのもの。
そして 人に恵まれ 12年目に突入したレイ眼科クリニックにて
何度となく 頂いている 上海餃子。
初体験の新しいスタッフも加わり
和気藹々 楽しく美味しく頂きました。

d0131804_17362016.jpeg

本日 沢山の方にご来院頂き 大変お待たせいたしました。
明日も 混みあっておりますが
1人1人 安心感をもって帰宅してもらえるよう
レイクリ全員 水餃子パワーでもって 対応します。


by ray_matsumoto | 2019-04-27 17:35 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

EyeBrid Silicone勉強会★

平成最後の院内勉強会は、EyeBrid コンタクトレンズについて。
先月講習会で話をきき (→こちらから
現実、必要としている方がいると考え
さっそくテストレンズを購入し 全スタッフにて勉強会を開催してもらいました。

中心ハード、周辺ソフトコンタクトレンズ。
スポイドを使ってレンズを装脱します。
処方テクニック、レンズ発注法を確認しました。
スタッフからも質問がでたことに
実際の処方を想像してくれていると感じました。

d0131804_19281407.jpeg

餌がないと動けない食いしん坊のレイ眼科クリニックで
今回、とっても美味しいお弁当を頂きました♪

d0131804_19283658.jpeg

すき焼き弁当、綺麗な紙の風鈴には炊き込みご飯。
風鈴を持ち上げると 下になんとおみくじが!!

d0131804_19291545.jpeg

私は 「吉」。
上昇期のはじまりです。何かを始めるなら今がその時です。
人はいくつになっても成長できます。
やらない理由が言い訳はいったん脇に置いて、
まずはできることから始めてみましょう。
大きな成果を得ることができるはずです。
吉祥物:楽器♪♪

風鈴を持ち上げ、運が上昇!!
良い予感がします。

楽しく大変美味しいお弁当は 京懐石 江ノ本⇒こちらから




by ray_matsumoto | 2019-04-26 19:26 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

ヒトラーが美術品を略奪し、終戦間際、使用されていない炭鉱か山奥に隠していたことは知っていた。
連合軍がそれを見つけ出したことを 何かの映画で観た。
この作品は 
ヒトラーをはじめとするナチスドイツの略奪者たち、 
奪われた人々の家族、
そして奪われた美術品を追跡する人達のドキュメント映画だ。

ウィーン美術アカデミーを受診したが不合格になったヒトラーは
故郷リンツに美術館をつくるべく 戦争時に美術品を没収していった。
それに加担した国家元帥ゲーリング、画商達。
「大ドイツ芸術展」「退廃芸術展」を同時に開催し
ナチスドイツの価値観にそぐわない作品は 退廃芸術の烙印を押されたらしい。
本来自由に鑑賞すべき個々の感性に委ねるはずの美術。
発言しない美術品だからこそ
個人の感性想像力により その価値が悠久に膨らむ分野であるにもかかわらず
政治的戦略に使われると 美術が洗脳の手先に落ちてしまう。
実際のヒトラー、ゲーリングの映像もでてきて 背筋が凍った。

映画中登場する絵画、彫刻はどれも素晴らしく
ゴッホ、モネ、ゴヤ、ゴーギャン、ティッツイアーノ、
ピカソ、マティス、
フェルメール、贋作画家メーヘレン、クラナッハ、デユーラー、
カディンスキー、キルヒナー、ブラック、ムンク、、、、
そして 今なおどこにある解らない美術品がこの地球上にたくさんあるという。

また、グルリット事件のことも今回初めて知った。
ドイツ系ユダヤ人画商グルリットとその家族が戦後隠していた1500点もの美術品があったこと。
なんと 80歳にもなる息子がミュンヘンの自宅マンションに隠しており、
引き出しの中に 果物と一緒に置いてあった絵もあったとか!!
世界レベルに価値があるものを手にすると 人間は理性を失うのか?
現在、美術館に行けば 個人蔵含め 自由に身近で鑑賞できるその平和に感謝したい。
そして 私は 自分の身丈にあった美術品があれば それでシアワセだ。

d0131804_16224489.jpeg

映画の中 ピカソが 今の私達に強いメッセージを残している。
ゲルニカについて ドイツ兵に聞かれた。
「お前が書いたのか?」
ピカソ:
「私ではない。君たちだ」
映画の最後はピカソの言葉で締めくくられる。
ピカソ:
「飾るために描くのではない。絵は盾にも矛にもなる戦うための手段だ。
見るだけ、聴くだけが芸術ではない。
無関心は許されない。芸術家はこの世の悲しみ、喜びに敏感な政治家であるべきだ」

芸術家ではなくても 人間は 無関心であってはならない。
自分にも 周りに人にも 全ての生き物にも そして 自然にも。

ヒトラー VS ピカソ  神戸では、シネ・リーブル神戸(レイ眼科と大丸の間)にて

美術館に行きたい病、再発。
世界で行ってみたい美術館も増えた。ベルン美術館 → こちらから



by ray_matsumoto | 2019-04-25 16:21 | My Diary | Trackback | Comments(0)

4年半前、彼のライブにふらりと足を運んだ。
暗い店で観客は5名くらいだったと思う。
女は 私一人だった。
そんなことはどうでもいいくらい印象に残った夜。
彼の演奏と人柄が 素晴らしい一夜にしてくれた。→こちらから

今回も 一人 ふら~~と足を運んだ。

たくさんの観客。
軽快な 和歌山勝浦弁のトーク。
盛り上がった一部が終了後、 思い切って声をかけてみた。
「数年前、神戸のライブに行きました」
「あーー、覚えとるけん、眼医者さんやろ~~」
なんて記憶力!!嬉しい!!!

d0131804_16044308.jpeg

演奏が進むにつれて 音に流れと響きが加わり
2部ではスライドギターが 命をもっているようでした。
濱口さんのギターの魅力は 生きていることを感じれるところ。
風景が目に浮かび、生活が見えてくる音色です。
自分で歩んできたお人柄が 音にでるのでしょうか。
ブルース、クラシック、ジャズ、ボサノバ、オリジナル曲、、、
音楽に垣根はありません。
濱口さんも 本当に楽しそうに演奏なさったライブでした♪

d0131804_16055869.jpeg

打ち上げで聴く 生の音は 繊細。
皆が息をとめ、 ギターの音色以外 音は必要ありません。
静寂の中 際立つ音。 美しい夜でした。

d0131804_16062731.jpeg

厚かましい私、、、打ち上げも参加させてもらい 写真撮影。
10月には 宝塚逆瀬川のMuguet (→こちらから) にて ライブがあります!
また、行くつもり♪
まさかの偶然の出遭いもあり 繋がる人はどこかで繋がります。
人間力に溢れる濱口祐自のお導きでしょう!
私の平成最後のプロの音楽家による生演奏 テーマは「人間愛」でした♡

濱口祐自 → こちらから

d0131804_16065937.jpeg




by ray_matsumoto | 2019-04-21 16:03 | Favorite | Trackback | Comments(0)

本日 お昼に勉強会がありました。
お弁当は 兵庫県が誇るお弁当 淡路屋さんのもの。

女性が好きな淡いピンク色の装丁。

d0131804_19122702.jpeg

彩り鮮やかです。
なんと 今となっては貴重ないかなごの釘煮もはいっているではないですか!

たいていのお弁当は味がしっかり目。
煮物の味が上品で 3種類のごはんの味も薄めですので
お弁当を食べた後の口の中の醤油辛さは感じませんでした。
牛肉しぐれ煮、鰆西京焼き、タコ煮のパンチの効いた味付けとのバランスがよく
美味しく頂きました♪

駅弁文化 淡路屋さん (→こちらから
職場のお弁当でもGood!!!

d0131804_19125222.jpeg

さて、本日の勉強会テーマは 以前も紹介したクロセチンについて。⇒こちらから
近視進行抑制遺伝子に 働きかけるクロセチンは
くちなしの花の実から抽出します。
国内のくちなしの花を岐阜県の工場で作ります。
クロセチンは クチナシ色素で 食品として加工に利用されています。
例えば、たくあんの色、マスタードの色、サフランライス、パエリアの色として。
近視進行抑制に必要なクロセチン7.5mgを摂取するには
マスタード50gも食べないといけないんですって。
無理ですよね~~
クロセチンサプリメントは親水性で 
食後でなくともお水と一緒なら1日1回 いつでもOK.
ちなみに 遺伝子に働くといっても その他の成長因子、
例えば身長が伸びることを抑制することはありません。
近視の子供たちに対する調査では
眼軸伸展を抑える傾向と 屈折差では有意差をもって近視抑制の結果がでています。
近視人口がますます増加の一途である現代社会にて
クロセチン (クチナシ色素)を 取り入れて 外で2時間遊んで
近視進行を 抑えましょう~

d0131804_19130975.jpeg

レイ眼科クリニックで GW明け 令和時代になってから 販売開始予定です☆


by ray_matsumoto | 2019-04-19 19:11 | My Diary | Trackback | Comments(0)

和紅茶べにふうき

神戸女学院大学の方に頂いた 和紅茶べにふうき を気に入って飲んでいます。
神戸女学院大学が開発したもので
鹿児島の紅富貴という茶葉から作った紅茶です。
べにふうきは 緑茶でも販売されているようですが
こちらは和紅茶。
サツマイモみたいな甘味を感じるお茶です。

d0131804_18172645.jpeg

ピアノの練習をしている 外で小鳥が歌いだしました。
「もっと歌うように弾きなさ〜い」
と 小鳥が高らかな声で教えてくれているみたいでした。
小鳥達の鳴き声は F♯ D♯ の繰り返し♪
明るい音色。

あまりにも小鳥の指導が入るので
ピアノの練習をやめて
外でティータイムを楽しみました。

バックミュージックは 小鳥の歌声。
アフタヌーンティーのメニューは
サンドウィッチ、
私には欠かせないサラダ
頂いた 博多あまおうの苺
これまた頂いた 宮崎きんかん・たまたま
頂いた和紅茶べにふうき をスタッフからの誕生日にもらった有田焼心和庵のカップで。

d0131804_18175154.jpeg

小鳥に音楽の素晴らしさを教えてもらい
心こもった頂き物での 午後のお茶の時間。

こんな贅沢なことはありません。
沢山の方々との繋がりが美味しさと幸せのエッセンス。
頂いた御心を
私も 私なりの気持ちでお返ししていきます。

出逢いに感謝の春。
Love & Peace♡

和紅茶べにふうきは → こちらから

by ray_matsumoto | 2019-04-18 18:13 | My Diary | Trackback | Comments(0)

ピアノ発表会

4月14日、午前仕事終了後、車で奈良まで一飛びし
Cちゃんのピアノ発表会を見に来ました♪
(2年前のCちゃんは → こちらから

貫禄ある中学生♪
演目は ベートヴェンピアノソナタ8番悲愴第一楽章

d0131804_23463388.jpeg

Cちゃん自身、大好きなベートヴェンを、丁寧に気持ちを込めて演奏していました!
張り詰めた空気感、細やかな指の動き、切なさ、とっても良かったです!!
会場も静まり返ってたね~

ベートーヴェン好き家族♪
Cちゃんは 昨年 ピアノソナタ5番、今年 8番。
私は 昨年 4番。
今年は、、、まだ飽きもせず 特訓中♪
Cちゃんがどれだけ練習をしたか、身をもって解ります。
私も 音が流れるよう Cちゃんに刺激もらいましたので 練習を重ねます。

d0131804_23470618.jpeg

48演目あるピアノ発表会でした。
兄妹、親子、友達との連弾もあり、
トランペットのヘンデルにも感激しました♪
ドビュッシー、ショーパン、メンデルスゾーン、シューマン、リスト などなど盛りだくさんで楽しめました!
弾いてみたいな~~と思う曲に出逢えました。

連弾で シュトラウスのラデッキー行進曲があり、ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートみたいに
会場の皆で手を叩き 盛り上がるという趣向まで♡楽しかった♡♡♡
heart-warming心温まり  heartfelt 真心こもった ピアノコンサートでした。
Cちゃん、お誘いをありがとう☆これからもお互い練習を続けよう!!

by ray_matsumoto | 2019-04-14 23:45 | My Diary | Trackback | Comments(0)

お茶に、お食事に、何時間でも寛げるお喋りの場所。
そして 私の誕生日に大きなキッシュを作ってくださったり
シャンパーニュでの景気づけによく利用していたロバボンが、
ハンター坂に移転しました。

(以前の紹介は →こちらから

d0131804_21370703.jpeg

オーナー小場佐さんは 根っからのフランス人です。
店内は、もはや日本ではありません。
パリの食堂!

d0131804_21372939.jpeg

移転に合わせて 
グラスにもお皿にも刻印が!!
男の気合を感じます♪

d0131804_21374606.jpeg

場所は リストランテ ハナタニ (→ こちらから) の横。
ということで ハナタニさんが時折 お喋りに?息抜きに?来られるのも楽しい。
仕事の展望、夢、
自分たちがやらなきゃならないこと、
熱く語れるいい場所です。

d0131804_21381854.jpeg

ハンター坂に 良い店が集まっています。
坂の在る街・神戸にて 個性と文化を共存する神戸らしい街並みになってきています。
夢と努力が 笑顔で花咲く坂、ハンター坂。

d0131804_21395198.jpeg

営業時間は以前と同じ、11時~23時 営業中はずっと開店。
これからの季節 入口が開放的となり 陽射しと空気を感じれます。

d0131804_21384184.jpeg

5年前子供たちと世界旅行した時も 大変お世話になったお店。(→こちらから
そう、老若男女問わず楽しめます!
皆さまも 連休中、神戸のパリで 海外旅行気分、どうぞ 足をお運びくださいませ~~
BRASSERIE L'OBABON ブラッセリー ロバボン
神戸市中央区中山手通1丁目27−11
078-381-6469



by ray_matsumoto | 2019-04-11 21:36 | Taste | Trackback | Comments(0)

恐怖症

明るい窓に一日の躍動を予感しながら
朝、「行ってきます~」と声をかける。

d0131804_22473241.jpeg

職場では 窓から降り注ぐ光を浴びる花が迎えてくれる。

d0131804_22475291.jpeg

お茶をするときも 出来るだけ窓側。
可能ならば 外が良い。
開放感に安らぎを得る。

d0131804_22483425.jpeg

私には 重症ではないが、
「閉所恐怖症」の傾向がある。
CTやMRIは 目を閉じて空想に浸っていれば大丈夫。
窓がないと辛いけど 奥行があり光の反射を感じれば問題なし。
個室では 奥に座り 部屋の広さをできるだけ感じていたい。
明るければ耐えられるけど
狭い場所でじっとするのは苦手。
お尻のあたりがむずむずして 立ち上がりたくなる。
変な汗がでてきて
気持ちがざわざわする。

だから、家の窓は大切。
職場は天井が低い分、広い窓で外の景色を感じながら仕事をする。
診察室の入り口の扉も 診察時以外は 開放したまま。

患者さんの中に 今まで 本当の「閉所恐怖症」「高所恐怖症」の方がいた。
高所恐怖症の方が来院するときは ブラインドをスタッフがさりげなく閉める。
(予約制だから出来る!)
閉所恐怖症の方は 手術のときにお顔にドレーピングのシーツをかけたとたん、
過呼吸になりパニックを起こし、その日の手術は延期となった。

この方には 低濃度笑気麻酔 で後日手術を施行。
低濃度の笑気ガスと高濃度酸素を鼻のチューブからゆっくり吸入してもらい
鎮静鎮痛効果を得ながら 問題なく手術を終えてた。

私のリラックス法は 
帰宅後 お花に「ただいま~~」と言い

d0131804_22493070.jpeg

不在中、太陽を浴びて背伸びをするがごとく伸び伸びした朝とは違うお花をみて、
開放感と空間、時間を感じることかな。
想像力、予感を良い方向で使う。

d0131804_22491191.jpeg

誰にでも 苦手はあります。
あなただけではないから そんなに心配しないで。
さまざまな恐怖症がありますが
重症の方は メンタルクリニックでの診断のもと、適切な治療を受けましょう。



by ray_matsumoto | 2019-04-10 22:45 | My Diary | Trackback | Comments(0)

笙 という楽器

日曜日に 笙の音色を聴く機会がありました。
雅楽にて 耳にしたことはありましたが 笙単独の音をじっくり聴いたのは初めてです。

笙は 竹でできていて パイプオルガンと同じ原理。
竹管が共鳴して音がでます。
演奏方法は ハーモニカ同様、吸う吐く どちらでも音がでます。
そして 笙は とても寒がりさん。
温めないと音が響きません。

基準周波数が 現在のピアノやオーケストラで演奏される約440Hzよりやや低く430Hz。
古楽を聴く時の チェンバロの415Hzよりは やや高い。

単独で聴いたときの430Hzの音色は 眠りに誘うよう。
演目: 双調調子 、胡飲酒破  
春風たなびく心地よさ、言葉なんていらない、、、と静やかな気持ちになりました。

d0131804_15372654.jpeg

歌、ピアノと一緒に演奏するときは 441HZに合わせます。
やはり 背後にそよ吹く風のようでした。
空間を感じる音色で 心から解放されました。
演目: いのちの名前 久石譲

演奏は
笙:この春 東京藝大を卒業された東田はる菜さん
ソプラノ:中井 美内子先生
ピアノ:林 葉子先生

d0131804_15374947.jpeg

素晴らしい演奏をありがとうございました。
東田はる菜さんの笙は NHKで耳にされた方もいるかもしれません。

オーボエと笙のペアで活動されています。
Orinetal-Occident → こちらから 
是非 癒しの音、体験ください♪

d0131804_15391666.jpeg

いたるところ、ようやく春だね〜178.png

d0131804_15402903.jpeg

by ray_matsumoto | 2019-04-08 15:35 | My Diary | Trackback | Comments(0)