心和庵

自由を 運んでくれる人達がいることを知りました。

今まで 自由=ある種の幸福 は 自分の積極性に依存すると思っていました。

さまざまな理由 例えば、
仕事
子育て
介護
健康上の問題 などで
自由が損なわれ  閉塞感から生きる活力が損なわれることがあります。
今は 積極的になれない時だから 静かに時をまとう、、、と我慢したり
諦めてしまったり。

自分でなくても 周りの人達に運んでくれる自由、幸福があります。

手書きの有田焼
双子の兄弟が心を込めて創造する器。

d0131804_22331880.jpeg

1年以上前 このご兄弟の平皿が欲しく 見にいきました。
訪れたときは もうほとんど完売に近く 欲しかったものがありませんでした。
なので、自由を象徴しているような鳥の絵の箸置きと
予定外でしたが 盛鉢を購入しました。
だって、 鳳凰と唐草模様が あまりに美しかったから。

すると 双子の弟さんが 「え!!」と驚いたご様子。
彼らにとって 独立したときから大切に飾っていた盛鉢だったようで もともと売るつもりではなかったそうです。
私のほうが 「私が購入してもいいのですか??」と 会話したことを記憶しています。

下手な料理で申し訳ない素晴らしい器。
下手な料理もそれなりになる?! → こちらから
飾れば なお良し。
目出度い絵柄がゆえに 正月に相応しい器です。

d0131804_22223511.jpeg

レイ眼科クリニックの昼休みには 
皆でお喋りをしています。
盛鉢の話も もちろん紹介したし
有田焼のお祭りに行くスタッフに 工房に寄ってみたら?なんて紹介したり。
で、 実際 九州旅行の際、この工房に遊びに行ったスタッフが
大阪で展示をしている情報を仕入れ 
今回 レイクリガールズからの誕生日プレゼントとなったのです♡

好きな白と藍色
手書き、草が活き活きしてて 線が柔らかく 安心感があります。
何よりも 家のテーブルに置いた時
家の中の空気が変わりました。
毎日 毎日 閉塞気味だった 変化のない家に
二つのカップが 柔らかい新しい世界を 醸し出してくれたのです。

d0131804_22334942.jpeg

これを 自由 といっていいんだな~~
心から解放され 幸せに満ちました。

その名の通り、感情、理性が調和して和らぐ器。
心和庵 → こちらから

レイクリガールズの優しさに感謝♡
自由を拡げてくれてありがとう♡
 

by ray_matsumoto | 2019-01-31 22:18 | Favorite | Trackback | Comments(0)

言葉

今月 朝のミーティングにて
1人ずつ 「今年の目標もしくは言葉」 を発表してもらいました。

余裕ゆとり 
早めに行動
客観視
丁寧
出逢い
一呼吸
誠実

などなど 

新年のお花が今 最後の小さな差し花になっています。
ここに 「丁寧」あり♡

d0131804_16481290.jpeg

出逢いが継続すると
こんなに綺麗な花束になります♪

d0131804_16482775.jpeg

誠実に応えているでしょうか?

d0131804_16485356.jpeg

皆のスピーチを聞けば
それは 私にも当てはまることだな~~と思いました。
この道をまず通って 検査が始まるレイ眼科クリニックです。
検査室のすぐ手前 横に 診察室があります。
クリニックの中央に診察室があり
皆で それを 支えています。

d0131804_16491521.jpeg

時にリーダー積極性
時に控えめながらも協調

言葉を聞けば 心に響くそんな集団でありたいです。
言葉が響く空間を スタッフとともに創っていきます☆


お花も何かお話しているようで 花の言葉が聞こえそう。
今、レイ眼科クリニック受付から院外廊下まで
百合の芳香が漂っています。


by ray_matsumoto | 2019-01-29 16:47 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

パンで!!

フルーツタワー、お好み焼きケーキ、寿司ケーキ、ハンバーガーケーキ、大きなキッシュ、 など
奇策が登場するこの季節です。
(過去 1月下旬の投稿をご覧ください☆)

今年は ずっしりどっしり

d0131804_21505215.jpeg

蓋??をあけてみると

d0131804_21510951.jpeg

なんと サンドウィッチ♡

d0131804_21512240.jpeg

3段にも重なった サンドウィッチは
ツナ、サーモン、カマンベールチーズ、生ハム、ハム、マッシュルームと味の違いが楽しめます。
パンは ブルーベリーが練り込んであります~

中のパンを綺麗にくりぬいて サンドウィッチを作ってます。
なんて器用なことでしょう☆

d0131804_21514192.jpeg

昼休みに皆でワイワイお喋りしながら 
懐かしい味、手作りの味を 美味しく頂きました♡

患者さんに頂いた 大きな苺のケーキ♡

d0131804_21523057.jpeg

ロウソクを 吹き消すのは好きです。
身体の中から 大切な願い事や思いを 
言葉なく みえないもので吹き出すのね。
そしたら 炎が ゆっくりと消えるのね。
形あったものが消えて見えなくなる。
有形無形、変化。
思いが詰まってて 幸せな気持ちになります。

d0131804_21520505.jpeg

今年の目標「相互相乗効果」、そして健康に留意し
充実の日々にしていきます。
沢山の皆さま、ありがとうございました☆☆☆

シェカザマ → こちらから


by ray_matsumoto | 2019-01-28 21:48 | My Diary | Trackback | Comments(2)

青紀ひかり L'amour

音楽の巫女 JAZZ SINGER 青紀ひかり の新作アルバムL'amourのライブに
満月の夜に行ってきました。

d0131804_21155769.jpeg

初めて歌を聴いたのが 5年前 → こちらから
以前 夏にあったライブは → こちらから

今回のテーマは 「愛」
巫女が奏でる愛を支えるのは Ron CARTER
全曲 Ron CARTER によるベースです。
日本の歌謡曲 Otokouta を歌っていた時の彼女は
確かに 男性でした。
今回は Soulの名曲からフランスなど などジャンルが幅広く彼女の七変化が楽しいライブでした。

When A Man Loves A Woman, Latery、A song For You のときは 完全に男性。
Don't It Make My Brown Eyes Blue, Close To You のときは 女性。

前から2番目でライブを見た私には
ひかりさんの表現、創造のイメージが 直に伝わり 
心から自由な 想像時間を楽しみました。

ミュージシャンもとても良かったです!
サックスの鈴木さんは 編曲名人。
天野さん、亮くんのギターは 涙が零れるよう。
グルーブしながら確実なリズム ドラムの Dennis Frehse
ピアニスト大西順子ともコラボしている大人の音色 ベースの井上さん
そして 繊細 しっとり 光や風を連想できるピアニスト 若井優也さん☆
彼のピアノは 本当に素晴らしい!!

d0131804_21163973.jpeg

巫女が歌う世界の愛
苦しみや悲しみを癒せる巫女だから その愛は深い世界です。
だから・・・
今回 シューベルトのあの名曲も彼女が歌っています。
200年前のシューベルトが聴いたら どんな顔をするだろう?

寒い夜に 聴き入れば 沢山涙が出た後、安寧になれるアルバムです♪
青紀ひかり HPは → こちらから

d0131804_21171838.jpeg

by ray_matsumoto | 2019-01-25 21:14 | Favorite | Trackback | Comments(0)

MOZART

レイ眼科クリニックは 年明けから MOZARTが流れています。

梯さんのピアノコンサートにいって来月で早1年( → こちらから
子供に伝えるクラシック・梯さんのファンクラブの方と
不思議なご縁が続いています。( → こちらから
まだ一度もお話したことがない方と 
時々文通をして 近況報告をしています。
SNSがなかった昔は これくらいゆっくりと交流をしていたのかな~~なんて思います。
慌ただしい日々を送る私には なんだか ほっとできる交流です。

そのお方に頂いた梯さんのモーツアルトピアノ協奏曲。
キラキラ輝くピアノを 弦楽が父や母のように支えます。
光の反射のようなピアノを 弦楽が海や山のように広げていきます。
お気に入りの1枚です。

d0131804_17294909.jpeg

その他、MOZARTのヴァイオリンもよくかけていますし
となる患者さんの思い出のCD・ペライアのピアノ協奏曲全集も
今月に入ってからは 大活躍です。

d0131804_18390926.jpeg

音楽に 歴史があり
音色に 思い出があり
想像力が それを彩ります。
冬の寒空 高い青い空に MOZART はピッタリ。
しばし、MOZART週間は 継続します♪


by ray_matsumoto | 2019-01-22 17:28 | My Diary | Trackback | Comments(0)

BROOKS ~Hand Crafted Wines

アメリカ・オレゴンにて 
バイオダイナミックス農法で畑を耕し、葡萄を作り、ワインを完成させる。
牛角、タンポポ、土筆、オークの樹、イラクサ、カモミール、吉草根、、
2016年に訪問したとき このイラストに プライドを感じた。

d0131804_15233422.jpeg

長閑な風景
美味しい珈琲を立てる姿
朝ヨガする人達
あの時 解放感に満ちたことを思い出した。

d0131804_15263570.jpeg
遠くに見えるは Mt,HOOD !
d0131804_15412097.jpeg

日本式 最年長者(私!!)から 
最年少者(↓彼) に日本酒を注ぎ
皆で 盃を交わし 健康を祈る。

d0131804_15270293.jpeg

ワインの作り手は 家の修理もできる!!
ありがとう!!

d0131804_15272024.jpeg

ピノノワールには
エレガントな面と 力強い面と 2面性がある。
そこから JANUS ヤヌス の命名となった。
クランベリーそのものの香り、味わいが
後半に鹿革のような芳香へ変化する。
人の手で作られる 小さな地球。

食べ物は再利用にて廻り あらゆるものの成長を支える。
人は 時を廻って 出逢いを繰り返し 成長する。
Chris 沢山のお話しをありがとう!

d0131804_15282627.jpeg

BROOKS → こちらから
RIESLING Ara 2005  蜂蜜でぺトロール、ドライ お刺身にピッタリ
Gewurztraminer 2013 2種類  同じビンテージ おりびき有り無しの比較という贅沢☆
Pinot Noir 2015 JANUS チャーミングなピノ

d0131804_16371310.jpeg

後片付けをしながら 沢山の言葉を反芻する。
この時間が好きです。

d0131804_15284807.jpeg

Peace !
Bread !
Land !
Wine !
BROOKS !!

生き物は、皆、友達。
地球を大事に 友達を大事に 生きていこう!

d0131804_15300083.jpeg

by ray_matsumoto | 2019-01-21 15:20 | Favorite | Trackback | Comments(0)

あの瞬間まで あと数時間。

今年も 昨年に続きレクイエム・プロジェクトに参加する形で
私なりに震災の記憶を刻みました。
昨年は → こちらから

d0131804_23091544.jpeg

ルミナリエ会場の音楽を作曲担当なさっている上田氏。
1999年から20年継続されています。
毎年6曲新作を発表されているとのこと。
ルミナリエ鎮魂の曲だけで 120曲ほどあるわけです。
その中の ローマ法王へ献呈した曲や 祈りの時 では
歌声がこだまするようでした。
こだまが 繰り返し響き より大きく羽ばたくように広がっていくのです。
言葉が 命をもって 広い世界に浸透していきました。

そのとき 会場では 涙を拭う人がいて
24年前の阪神淡路大震災だけでなく その後 各地で起こった災害において
生きる羽を折られた人達が 沢山いることを感じました。

『こころを寄せ合う時
涙は祈りになる
祈りは歌になる
歌は、希望になる』 (祈りの時より)

言葉の力、
音楽の力が なんと 力強いことか。
継続という強い意思に支えられた 祈りの光は なんと神々しいことか。

d0131804_23094915.jpeg

あの暗闇の瞬間 は 時が経てば経つほど 思い出すと辛いのです。
あの時 若く元気だった私は 再生のために泣く余裕はなく 
神戸の立ち直りを見届けなければ・・・と強い決意をもち 泣く必要もありませんでした。
今になって あの瞬間、あの場所にいて一緒に過ごした人達の辛さを
痛いほど感じ 涙がでます。

あの日住んでいた阪急王子公園駅からJR灘駅まで 
レクイエムコーンサート の日に 
花束をもって歩きました。
あの時と同じように 
寒く 静かに澄んだ青空の元の坂道。
当たり前に歩けるシアワセを感じ 足元に力が入りました。
花束は あの瞬間の人達への 鎮魂の花にように思えてきました。
花をもって歩けること、生きていることを 私は 噛みしめました。

d0131804_23101144.jpeg

ピアノ伴奏 林葉子先生、いつもありがとうございます。
静謐な歌声 緋田芳江様、栗木充代様
安堵の歌声 真木喜規様、緋田吉也様
指揮作曲 上田 益先生
神戸いのりのとき合唱団 その他 全国からお越しの合唱の皆さま
心に沁みました。
音楽、歌 を通じての祈りが継続されること 強く願います。
来年1月19日 25年の節目にて また お会いできますように。

上田益氏の 活動は → こちらから

24年前の1月17日 出勤できず眼科の仕事ができなかった私。
平成最後の1月17日、目の前にいらっしゃる患者さんと向き合って仕事をします。
その喜びを 表現します。


by ray_matsumoto | 2019-01-16 23:08 | My Diary | Trackback | Comments(0)

知らないうちに身体に潜むウイルスのひとつに ヘルペスウィルスがあります。
口内炎=熱の花 が時々できる人は、ヘルペス陽性の可能性があります。

私は 子供のころから 熱の花が口の中に時折出来、
大学生の微生物の実習のとき 学生同士で採血をした結果
ヘルペスウィルスを体内に持っていることを知りました。

元気なときは問題なし。
寝不足や 仕事が忙しく休む間がなかったり 日光浴をすると
口内炎や皮膚(首、顔、足)に水疱と赤い湿疹ができます。
早めにバラシクロビルを内服すると す~~と引きますが
内服を怠ると 痛くなり 跡形が残ってしまいます。

眼科でも 眼ヘルペスの病気はたくさんあります。

角膜ヘルペスとしては 表面におこる上皮型、深い場所におこる実質型。
ヘルぺス性の虹彩炎やぶどう膜炎では 白目が真っ赤になり痛みや霞みの自覚となります。
帯状ヘルペスでは 眼瞼の炎症がおこり お顔が腫れ上がる人もいます。

重症な角膜実質炎、難治性の虹彩炎が ヘルペス原因ということもよくあります。
もし あなたの目の状態がなかなかよくならないなら
ヘルペスを疑ってみてください。

原因不明、突然真っ白くなり見えなくなったという方。
採血でヘルぺスが解りヘルペス性角膜実質炎でした。
内服で よくなりました。

d0131804_14033597.jpg
何度も虹彩炎を繰り返している方。やはりヘルペス陽性で内服で緩和しています。
d0131804_14034763.jpg
治療には 内服と軟膏があります。
内服としては アシクロビル、バラシクロビル、ファムシクロビル、アメナメビルなど。
前者3種は、腎排泄なので 透析の患者さんには注意が必要です。
アメナリーフは肝臓代謝で、透析の方やNSAID(非ステロイド消炎剤)との併用も心配ありません。

レイ眼科クリニックでは 院内にバラシクロビルとゾビラックス眼軟膏を在庫しています。
患者さんの全身状態により 他の内服も処方箋で発行できます。

病気があっても 早めに対応、
病気を受け入れ病気の知識を増やして
日常生活を穏やかに過ごしたい。
はい、私が一番実感しています110.png

by ray_matsumoto | 2019-01-15 14:08 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)

末富 

本日、寒いなか 沢山の方々が来院してくださいました。
新年の挨拶を ご丁寧にしてくださる方も多く
有難いことです。
皆さんの大切なお時間を お待たせしてしまい 心苦しいです。
本日 2名の方が ブログを読んでくださっていると話して下さいました。
最近は 医療情報が少なく これまた 申し訳ない気持ちになりました。

私にとっての眼科医療事情は 毎日当たり前のこと。
でも 医療を受ける患者さんにとって 生の情報は 貴重なものでしょう。
今年は 月1-2回、病気についての投稿をしよう。。。と決めました。
月1回になっても お許しくださいませ。

私にとり日々の生活のちょっとしたことこそが
当たり前でなく 驚きであり 貴重な感激の源なのです。
私にとってのストレス発散ブログに 今日もお付き合いくださいね。

末永く 豊かに

そんな意味でしょうか?

京菓子司 末冨 の和菓子を頂きました。
包装紙がとっても美しいのです。
優しい色合い、
薄水色といっても少し緑を感じる青。
そこに 淡い桃色、橙色、黄色が描かれ
それは 和菓子が表現する自然 と同じ。

文庫本のカバーにしました。

d0131804_21021371.jpeg

冬休みの間に読んだのは たった一冊だけ。
このエッセイのなかに 「含羞」という二つの文字が日本から消えてしまった・・・とありました。

恥じらい、、、

d0131804_21023996.jpeg

今日の外来で 自分のブログのことを恥ずかしい・・・と思いました。
調子に乗って書いているとき、「含羞」を忘れていました。

自分が出来ないことを 知る。
自分が出来ないことを 誰かがやってくれることを知る。
見たくないことを なかったことにせず 真っ直ぐに取り組む。

恥じらいを持つことは 
実はあるがままを受け入れ隠さず逃げないことなんだな~~と思ったのです。

美しい水色 澄んだ気持ちで日々を送ります。
そこに 淡い色 時に情熱的な色を重ねたい。
患者さんや 友達、仲間、家族が 色を落とし色を付けてくれます。
合わせた色が 美しい重ね色になるよう 変化を楽しめる色になるよう
そんな気持ちでいます。
堂々と宣言できるほどの自信はないのですが
周りの方々の意見に応えていけるような自分でありたいです。

末冨 → こちらから

by ray_matsumoto | 2019-01-11 20:49 | My Diary | Trackback | Comments(0)

雌松

今年も新年のお花で皆さまをお迎えしています♡

d0131804_14013310.jpeg

繊細なラナンキュラスは私の好きな花の一つです。
花びらの薄いよくみるラナンキュラスと違って
原生林の中で生育しているような しっかりした花びらと光沢をもったラナンキュラス アリアドネ。
ラナンキュラスにも シャルロットやオルレアンと 可愛い名前がついているのです♡

松本だけに 雌松 (赤松) も活けてくださってます。
レイ眼科クリニックは 姫ばかり揃っていますので ピッタリです!

d0131804_14014962.jpeg

その他、スカビオサ、牡丹、トルコ桔梗、姫南天 スプレー薔薇。。。

d0131804_14024183.jpeg

お花のことを何一つ知らずに大人になりましたが
大切な時に頂いたり
大切な人に頂いたり
大切な人に送ったりするうちに
ひとつひとつ お花の名前を知ることになりました。

何かを知るのは 
詰め込むのではなく
想いや気持ちがあって解っていく
これで いいみたい。

お花はまだまだ元気です。
どうぞ レイ眼科クリニック受付カウンターにて鑑賞くださいませ。

d0131804_14030312.jpeg

ステキなお花は Pitouさん→ こちらから
いつも花の名前、由来を教えてくださりありがとうございます☆




by ray_matsumoto | 2019-01-10 13:58 | My Diary | Trackback | Comments(0)