<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Vienna acoustics

家の中のウィーンVienna♪
スレンダー美人。

d0131804_23084172.jpeg

ヴィエナ・アコースティックス社のスピーカーがやってきて10日。
在宅中は 毎朝、毎夜、音楽を聴いていますが
たった10日だけで 音が伸びやかになってきました!
スピーカーも生きているんですね♪

スピーカーの足元、BASE部。
ハイヒール履いてます。

d0131804_23092451.jpeg

何もできない私の代わりに
友達がアンプ、スピーカーのセッティングを行ってくれました。

d0131804_23100001.jpeg

この位置がいい。
この方向がいい。
壁からの距離。
JAZZはどう?
ピアノソロはどう?
シャコンヌはどうだ?
ということで
お気に入りのCDを持ってきてもらい
視聴会をしました。

d0131804_23104242.jpeg

スピーカーの名前 
MOZART GRAND symphony editions に敬意を込めて
初鳴らしは MOZART。
音楽好きは 終わらない!
私達、8枚のCD、4時間程度聴きました♪

d0131804_23111315.jpeg

朝の佇まい。
こんな綺麗な姿から 洗練された音が響き零れます。
シアワセな一日の始まり。

d0131804_23120270.jpeg

良い音が生活の中にやってくると
流す音楽でなく
座って
目を閉じて
聴きこむ時間が必要です。
空気が流れ 時間がゆっくり進む感覚を感じます。
心が震え 涙腺が緩むシアワセを知ります。
そんな時間が 人間には必要です。

自転車Hさん、Tちゃん、ありがとうございました~
視聴会、またしましょう♪

d0131804_23131764.jpeg


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-10-18 23:07 | My Diary | Trackback | Comments(0)

ドライアイ診断・SBM ICP

第72回日本臨床眼科学会に参加してきました。

興味深かった器械は ドライアイ診断 SBM ICPシリーズです。

ICP OSA
ICP MGD
ICP TEARSCOPE があり
一台ですべて検査できるものがOSAです。

さっそく体験。

d0131804_21322695.jpeg

あっかんべーは、
瞼のマイボーム腺観察の為です。
ドライアイ診断に欠かせないマイボーム腺、その欠損率の自動評価。
BUT測定。
涙油層干渉観察。
涙液メニスカス計測が可能。

今後将来、 
角膜トポグラフィー、瞳孔反応、角膜径測定もできるとか。ICL sizingの角膜径が助かる!

d0131804_21344993.jpeg

測定時間は 数秒だけで非接触。
さまざまな術後の患者さんにも計測しやすいのが嬉しいです。
マイボーム機能不全を勉強するLIME研究会(→こちらから)代表・有田玲子先生お墨つきの
この美しいマイボーム腺は いったい誰の瞼??
はい!私です☆
マイボーム美人♡、マイボームモデルになろうかしら♡

スリットに取り付けも可能で
ハンディタイプでの使用も可能と
ユーザーフレンドリーです。
お値段も良心的でした!

つくば市高田眼科・高田先生のマイボーム腺測定に検査要員として協力し、
セールスレディー気分☆☆☆
新見眼科院長・阿部先生、お付き合いありがとうございました。
d0131804_21352869.jpeg

パソコン従事者だけでなく
スマホ世代の若者、
そして 加齢とともに誰でもなるドライアイ。
現代の国民病と行っても過言ではありません。
正しく診断をし 適切な治療で 美眼生活を送りましょう☆

診断機器 SBM ICPはイタリアの器械(SMBは → こちらから
お取り扱いは 株式会社 イナミさんです(→こちらから)。


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-10-15 21:27 | Academy.Congress | Trackback | Comments(0)

無添加自家製豆乳

実家の母は 無農薬国産大豆を宮崎のお友達から手に入れて
豆乳を作ります。

豆乳マシーンがある台所。
大豆を水につけ

d0131804_13460196.jpeg

スウィッチを押すだけ!

d0131804_13463659.jpeg

30分もしたら 温かな豆乳完成。
オカラもできますから 夜ご飯の一品に。

d0131804_13465753.jpeg

市販の豆乳は 甘くて苦手ですが
この豆乳は 大豆の味だけ。
宮崎のお友達から 新大豆だともっと甘味があって美味しいと連絡がありました。
わあ~~楽しみ☆

大阪では 一家に一台 タコ焼き機があるみたいに
健康一家に 豆乳マシーンを!!
骨粗鬆症対策、美肌に是非~

お母さん、御馳走様でした♪

[PR]
by ray_matsumoto | 2018-10-10 13:44 | My Diary | Trackback | Comments(0)

三人展

父が若かりし頃に所属していた会社の山岳部のお友達・東多代さんが絵の展覧会をすると母から連絡がありました。
私が小学4年生まで、同じ団地に住んでいた方だとか。
子供だった私に記憶はありませんが 案内の葉書の絵が素敵だったこともあり
足の悪い母に代わり 私が足を運びました。

「母から紹介を受け、参りました」
「あらま!顔の長いテキパキしたお母さんと冷静なお父さんのところのレイちゃん!」

紫の背景に白百合と瓢箪。抜群の位置関係と組み合わせは東多代さん作。
両脇の小磯良平風の女性の絵は 家の玄関やピアノのあるサロンに飾りたい。吉本伯枝さん作。

d0131804_18095759.jpeg

力強い裸婦像
穢れない!素晴らしい。
気に入ってます。

d0131804_18103163.jpeg

白いギターの絵も気に入りました。
土を混ぜて描き、書きにくいのよ~と東さん。

d0131804_18105313.jpeg

ポインセチアも生命力があって素敵。

d0131804_18111347.jpeg

チベットの街の風景。
山からの風を感じませんか?
淡い濃淡と繊細なタッチが美しい吉本さん作。

d0131804_18121162.jpeg

モデルさんがバイオリン演奏をずっとする中、描いたとお話ししてくれた吉本さん。
絵にも空気感が必要なんですね。

d0131804_18154760.jpeg

父と母の写真を持って行ったら
東さんが
父や母の思い出を語ってくれました。
そして 私が色黒で目がキラキラした子供だったことも教えてくれました!!
東さんと母は SNSの動画で遠隔お喋りしてもらいました。
父はくしゃみをしていたかも。ギャラリーの絵を眺めてくれたかな?
うん、いいことしたな~

どんな絵が好きか?
タッチの強さ、繊細さ、色の濃淡、配置、色々あるでしょうが
作者の想いが伝わってくる絵が好きです。
描いているとき、無心だと今日、お話してくれました。
そして 素敵な絵画は 眠らせるのでなく 
飾る場所の想像力を駆り立てられます。

d0131804_18161734.jpeg

人生が平坦でないように
絵にも膨らみ、力があります。
ある人の創造が 別の人間の想像力を導きます。
一筋縄ではいかない、何事も。

d0131804_18172187.jpeg

3人展 
私には5人展のように感じました。
次回の展覧会には 母と一緒に行きたい。

d0131804_18163676.jpeg

三人展
トアギャラリーにて 10月11日まで。
見ごたえあります。お勧めです。
こちらから

[PR]
by ray_matsumoto | 2018-10-08 18:06 | My Diary | Trackback | Comments(0)
2週間前、2018年9月23日 
サイモン・ラトル指揮ロンドン交響楽団(LSO)を聴きに行きました。

ラトルといえば、 激情高潔がカッコイイこの名盤が好きです♪

d0131804_21443944.jpeg

さて、この度の演目:

バーンスタイン 交響曲第2番「不安の時代」
マーラー 交響曲第9番 2長調


ラトルがLSO首席指揮者になって早々の来日。
(3年前に聴きに行ったLSOは → こちらから
そして、好きなピアニスト クリスチャン・ツイメルマンも演奏するとあらば、
行かねばなりませぬ。
(3年前彼のソロリサイタルは → こちらから
演目が苦手でも 生演奏を未体験の立場で
思い込みの拒否は 賢明ではありません。

バーンスタイン生誕100周年記念の「不安の時代」。
バーンスタイン指揮ウィーンフィル・ツイメルマンのベートベン皇帝が大好物な私にとり、
清く孤高のピアニスト・ツイメルマンが
どのような演奏をするのか、興味がありました。
天才はジャズ、モダンピアノも 清らかに滑らかに演奏できるのです!
そして、神経質な彼が大変リラックスしながら演奏している姿も印象的でした。
ラトルの背中にバーンスタインの姿を重ねていたのでしょうか。
胸がざわめくメロディー、不安も 最後には生きる喜びで終結しました。
Bravo !!

大喝采に応え、ラトルとツイメルマンが肩を組みながら何度も登場してくれました。
そう、このCDの写真のように!
一流の友情の輝きを観ました☆
そしてこちらは、打ち合わせをしなくとも出会う
音楽好き仲間の友情記念写真です☆☆☆☆

d0131804_21450872.jpeg

さて、苦手なマーラーですが、9番。
長い!しつこい!
でもね、感動しました。
生命への執着と祈りを残す静かなエンディング。
終演後、しばし 会場は 静寂の中 息を止め、
聴衆の命の鼓動が止まったようでした。
誰も Bravo なんて すぐ叫びません。
叫べなかったほど 皆が 息絶えたのです。
静まり返ったあと、割れんばかりの拍手の嵐。
なんと 最後に ラトルが一人、登場し 深々と頭をさげました。
美しい人だな~~と見惚れました。

d0131804_21455558.jpeg

ラトルの指揮は 神経質なものでなく 朗らかさと作曲者への尊敬の念が満ちていました。
ナルシストでない指揮。
辛いことがあっても、生きることを前向きに考えさせてくれる演奏。
音楽は生きていて、私達も生きているんだ、友達なんだ~と訴えてきます。
ラトルはきっと明るい性格に違いない!
だから 今回の演目も 救われたのかもしれません。

さて、実は10年前の秋、ベルリンにてベルリンフィルハーモニーを聴きました。
誰が指揮だったのかな~~と その時の記事をめくってみました。
(→ こちらから
あああ!!!今回と同じショット!
サイモン・ラトルですね!!!

一流の芸術に触れる秋。
人間の品格を感じる秋。
音楽の秋を今年も楽しみます♪



[PR]
by ray_matsumoto | 2018-10-06 21:41 | Favorite | Trackback | Comments(0)

先週末 会計終了後の患者さん:
「傘立てに 私の傘がない・・・」
受付スタッフがお詫びを伝え 善意のビニール傘を渡したことを報告で聞きました。

さて、私は何をすべきか思案しました。
私の管理不足をお詫びする?
受付番号札を傘につける?
鍵つき傘立てを採用する?

さて 本日 同じスタッフから 報告を受けました。
某患者さんから電話があり 傘を間違って持って帰ってしまったこと、
よく似た茶色い傘であったこと、
近日 間違った傘をクリニックまで持ってきてくれるらしいこと。
スタッフは ビニール傘を渡した患者さんに電話をして
無事 傘が見つかったことを連絡しました。

d0131804_21222677.jpeg

とても嬉しかったです。
傘を大事にする患者さんがいて
間違いを放置せず連絡をくださいました。
ビニール傘を渡した患者さんのことをスタッフはしっかり覚えていました。
モノと人を大事にする人達が レイ眼科クリニックに集まっていることが
とっても嬉しかったです。

先月、家族が駅のトイレに傘を忘れ
「高価なものではないから、もう、いいよ」 と言いました。
心の中で激怒した私は、(多分)優しく言いました。
「モノは大事にしないといけませんよ~」
で、私が駅に連絡を入れたところ、4時間経過していたにも関わらず
傘は その場所に そのままありました!

d0131804_21232367.jpeg

「何事もあきらめない。モノは大事にする!!それが人生を切り開く秘訣!」
と、家族に力強く話し
忘れ物が無くならない神戸の街を誇りに思ったものです。

最近の使い捨ての風潮は 
モノを大事にせず、モノへ執着がない分、
モノを粗末に扱っています。
持ち物は 自分のパートーナー。
モノを粗末にすることは 自分を粗末にすることになるのにね。

レイ眼科クリニックの傘の話。
うん、良かった良かった。
自分のこと
自分のモノ
他人
他人のモノ、
価値を知り 丁寧に生きる人達が集まってくれていて
本当に 嬉しいです110.png

[PR]
by ray_matsumoto | 2018-10-02 21:18 | My Diary | Trackback | Comments(0)

Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31