<   2018年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

最近 私のブログの上位検索記事が 2009年日本臨床眼科学会記 → こちらから でして、
世の中がタイムスリップしたのかと 訝しく思ってました。

2018年7月1日から 視覚障害等級判定に 今までのゴールドマン動的視野だけでなく
静的自動視野計での評価が 新たに登場したことで
ネット検索する人が増えたというわけです。

「両眼解放視野エスターマン」 これが日本では普及していないからでしょう。
海外では 自動車免許の条件に エスターマンが採用されています。
緑内障の進行程度チェックで 中心30-2 ばかりなさっている施設が多いかと思いますが、
案外 高齢の緑内障患者さんでも自動車を運転されています。
両眼エスターマンをすると、 
右折対向車が危険なのか
左折歩行者が危険なのか 生活のアドバイスができるんですよ。

この度、私、片眼隠して 両眼解放エスターマン視野を行いました。
測定時間は 約6分30秒。見えている目だと約4分で終わります。

d0131804_20583253.jpg

結果は、120点中98点。100点以下につき、視野では5級になります。
片眼遮蔽したので 視力0 と考え、私の見えている目は1.5ですので、視力では6級に相当しません。
ただ、今回視野で5級に相当します。
今までは、片眼が見えてなくても 片眼の視機能が完璧であると
視力と視野の両者を考慮しても、視覚障害に相当しない方がたくさんいました。
片眼みえていないと、日常生活では相当不便であり、危険も伴うことも多々あるのに。
片眼見えていない方の 両眼エスターマンを測定してみて 今後 等級は高くないものの
視覚障害認定になる方もでてくるでしょう。

エスターマンの判断は 100点以下 5級、70点以下で 4級~2級です。
70点以下だと 中心10-2プログラムで再度検査し、40点以下か20点以下か判断します。
検査側からすると エスターマンは 数値が明確にでるので便利に思えますが、
求心性視野欠損 中心10度程度しか見えていない患者さんだと
両眼解放エスターマンで ほとんとボタンが押せず、その後 中心10度検査でも 相当見えにくい。
患者さんには 酷な検査になります。
やはり 動的視野、静的視野は 動的に定量判定と 見え方の質的判定 と 本来 目的が違いますので
どちらも 必要かな・・・と しみじみ思ってます。

患者さんの状態を把握し 医師が適切な視野指示を出さねば! と思います。

視能訓練士(ORT)によるゴールドマン動的視野が減り
自動視野計の普及にともなった 今回の改訂でしょう。
もちろん、今までの視野の基準が相当曖昧でしたので
このたびは より明確に判定できるようになりました。
だからといって、自動視野だけでの判定には やや危うい面も残ります。
ORTは 眼科医の心強いパートナーです。
病院でない眼科医院の先生方も ORTをスタッフに迎え、
動的視野、静的視野 双方で患者さんの目に寄り添いましょう!



[PR]
by ray_matsumoto | 2018-06-27 20:57 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)
味の手帖 取締役編集こも マッキー牧元さんが 医療経営セミナーに登場。
良いおもてなしと悪いおもてなし についての講演を聴きに行きました。

"食べ歩きすと”であるマッキー牧元さんは 
美味しいものはもとより人が好き!という方で
自らの足と胃袋で得た「もてなし」実経験は
医療現場に通じる内容も多く 1時間半の講演はあっという間でした。

さっそくスタッフに話したのが
「はい、大丈夫です」 は、大丈夫でないってこと。
院内でも 大丈夫病が 蔓延しています。
大丈夫という ざっくりした言葉でなく
行動として 返答することが必要。
質問も 「大丈夫ですか」でなく、具体的かつ提案型で質問すること。

来た人との関係が密接になる場所 が よいもてなしの場所。

正しく安全な医療行為をすれば、良い医療施設になると思っていました。 
それだけでは 当たり前な施設に過ぎません。

人格、感性があり 
人が好きで人を愛することができて愛情を示す医療行為ができなければ
一流、プロフェッショナルとはいえないのです。

d0131804_18504027.jpeg

レイ眼科クリニックとして、
そして何よりも私に 課題が見えてきました。
マッキー牧元さん、スパイスの効いた講演、御馳走様でした!!


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-06-22 18:28 | My Diary | Trackback | Comments(0)
サッカー観戦は好きですか?
4年に一度のワールドカップがロシアで開催中ですね。
昨年 ポルトガルに行ったときに購入したポルトガル公式ユニフォームを着て、
応援しています。

d0131804_19085191.jpeg

ポルトガルのロナウドの筋肉と気合と目力を見ましたか?
あれこそ まさに勝負の世界で生きる生き物の姿です。
継続と集中の賜物。
美しい!

d0131804_19090867.jpeg

コロンビアと日本の試合では、
大迫選手が試合直後に気迫ある表情でインタビューに応えていました。
気持ちが入った時のヒトの表情に 見惚れました。

世界中のヒトのさまざまな表情を観るのも楽しみに一つです。
皆が平等な立場であり
努力が形になり
勝負には 時に運命が関わることを教えてくれるサッカー。
まさに人生です!

次の日本戦も応援します166.png


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-06-21 19:07 | My Diary | Trackback | Comments(2)

大阪地震

6月18日朝8時前に起きた大阪地震。
震源地近くに住んでいる人達、友人のクリニックでは相当な被害を受けたようです。
水やガス、ライフラインが通常通り使え無い辛さ、
被害にあわれた方々にお見舞いを申し上げます。


私は休診日でして、のんびりまだベッドの上でした。
就寝時に襲われた 阪神淡路大震災が急にフラッシュバックしました。
「窓を開ける!玄関を開ける!火を止める!!」と大声で叫び
家人を怖がらせてしまいました。

幸い、神戸方面では大きな被害はなく
家では 絵画がずれて 花瓶が倒れた程度。
クリニックも 器機の横ずれはありましたが、損傷はなかったです。
今朝のミーティングは 「災害時の心得」の読みなおし。
担当部門の確認、
消火器、電気ブレーカーの場所確認、
手術中であったら、どうすべきか を話しました。

d0131804_13383614.jpeg

しばし 余震が続く関西地方です。
皆さま、こういう時こそ、身近な人達と声を掛け合い話を重ね
不慮の事態に備えるシミュレーションを行いましょう。
人の声は 心を穏やかにしてくれます。
話すことで 自分の居場所を確認できます。
今日の昼ごはん時には、皆が阪神淡路大震災の時の経験を話しました。
「自衛隊のお風呂が気持ちよかったこと」
「車で1週間生活したこと」などなど。

当たり前の毎日と
そばにいてくれる人達に感謝しながら
自分のできることを 誠実に行うのみです。
遠くから 連絡をくれた 友人たちにも この場を借りて感謝を伝えます。

d0131804_13380421.jpeg

ありがとうを笑顔で皆が言い合える時間が一日も早く来ますように。







[PR]
by ray_matsumoto | 2018-06-19 13:36 | My Diary | Trackback | Comments(0)

徹子の部屋?

10年前開院祝いで頂いたプリザーブドフラワー。
最初に頂いた人達のお顔が浮かんできます。
だから 色褪せたらリメイクしています。
過去のリメイクは → こちらから  
10年の節目 
スタッフのお母さまにリフォームをお願いしました。
個性的なお母さまの自由な発想にお任せしたところ
ファンタジーな雰囲気で完成☆

黒柳徹子風??

d0131804_20414058.jpeg

診察室に置いてます。
ということは 徹子の部屋???

皆さまに 輝く明るい世界を導くお手伝いができますよう
淡い色でなく 今回は情熱的な出来上がりです。
治療情報の収集、それは 新しいことに対して 前へ前へ進む道。
大切なものを大事に持続、維持する事は、足元を固める道。

d0131804_20420339.jpeg

両者をバランスよく日々を過ごしたい、徹子の部屋ならぬレイの部屋であります♪





[PR]
by ray_matsumoto | 2018-06-16 20:39 | My Diary | Trackback | Comments(0)

履物、揃ってます

手術室に入ってすぐの光景。

d0131804_21341829.jpeg

手術室の中の仕事の人、
中材で器具洗いをする人、
レーザー機器調整係の人、

常に全員が揃うわけではありませんが、
準備、片付け含め
現在8名のスタッフが手術室関係の仕事を行っています。

以前は 履物が 重ねて かごの中に入っていました。
スタッフの提案で このように整然と並ぶようになり
この光景をみると
「さあ~~手術、しっかりやるぞ!」と
背筋が伸びます。

ちなみに 私は ペタペタタイプの青いスリッパ。
手術中は素足ですので
すぐ脱いでしまう履物は 軽くて脱ぎやすいものが良いのです。

手術室に入る前、
扉の前で履物を揃えて欲しいという話は、もう8年も前のこと。→ こちらから
今では 何も言わなくても
入室前の履物は揃っていますし
今回、入室直後の履物も スタッフの自主性でもって整理されました。
職場において どこでも 心が揃いだしたということでしょうか。

広くはない手術室ですが
足元をそろえた私達が
心揃えて
手を揃え重ねて
明るい世界が広がる治療を行っていきます。

毎日毎日同じ場所で10年。
いつでも清清しくありたいと思います173.png

[PR]
by ray_matsumoto | 2018-06-14 21:33 | My Diary | Trackback | Comments(0)

いつもありがとう♪

今年もスタッフにボーナス支給の日がやってきました。
1人1人面談をして クリニックのこと、健康状態、プライベイト含め、お話してもらいます。
私が気が付かないことが たくさんありました。
そこから 現場改善できる内容もありました。
もっともっと 皆が日頃から自由に意見を言える職場にしなければ!

開院以来の私からの胡麻ボーナスは 健康のために欠かせません!

d0131804_12424361.jpeg

今年は「人生、出産に勝つ!」意味で 
皆でトンカツを昼ご飯に食べました。

d0131804_12430874.jpeg

面談の最後に 
「これからもよろしくお願いします」 とスタッフに伝えています。
心から そう思います。
必要な 大切なスタッフばかり。
だからこそ、心身ともに健やかでいてほしいです。

今日、私にもボーナスがありました。
外来で 可愛い患者さんSちゃんからのプレゼント。
「字がお上手ね~~」と言ったら
女性のイラストは 私らしい!!!
あらま、可愛く描いてくれて ありがとうございます☆

d0131804_12442727.jpeg

いつもありがとう

それは 私が、
レイ眼科クリニック皆が、
思っている言葉です。
仕事のやりがい、達成感、問題提起、
来院してくださる多くの患者さんがいるからこそです。

いつも ありがとう♪

なんて シンプルで綺麗な響き☆

これからも よろしく♪

ありがとう、よろしく を共鳴していきます。


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-06-10 12:37 | My Diary | Trackback | Comments(0)

緑内障診断、治療

神戸海星病院での病院連携の会にて 福島アイクリニック狩野先生の講演会を聴きました。

OCTが普及した今、OCT緑内障が増えていること、
基本に戻って、視神経乳頭、眼底写真を解読すること、
前視野緑内障へのアプローチの仕方、
視神経ピットからの視野欠損、
強度近視眼と緑内障、

たくさんの症例を提示しながらの経験豊富な狩野先生のお話しは
今日からの外来診療に役立ちました。
温厚なお話し口調と 笑顔が素敵な狩野先生。
週末は クリニック慰安旅行で 淡路島に行くと仰っていました。
本日、晴れて良かったですね~~

懇親会場にて狩野先生曰く「なかなかお会いできない先生方と写真を!」。
ということで、私も一緒に写真撮影☆

d0131804_22095723.jpeg

慢性疾患である緑内障、
患者さんに寄り添い これからも正しい診療を提供したいと思います。
狩野先生、ご指導をありがとうございました。


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-06-09 22:07 | My Diary | Trackback | Comments(0)

感動の声

友達のK眼科が移転開院し、見学に行ってきました。
空間をうまく利用し リラックスできる綺麗な空間に変わっていました。
バックヤードにあった張り紙に目が留まりました。

d0131804_13312935.jpeg

開業して10年、
「満足いただける安心安全な医療」「十分な説明」をいつも心にとどめていました。
でも それは 当たり前のこと。
' 感動 の声 '
ハッとしました。
この言葉を常に言っていたK眼科副院長のことを思い出しました。
会話の楽しい、対話が心地よい人でした。
十分な説明も必要ですが 対話を含めた感動。
それが 私達医療人にも感動を呼び 日々治療していく力になっていきます。

d0131804_13315589.jpeg

Kちゃん、あなたらしい言葉です。
良い志を教えてくれてありがとうございます。
今朝のスタッフミーティングで 皆に伝えました。
最後の教えだと思って これから大切にしていきます。





[PR]
by ray_matsumoto | 2018-06-06 13:29 | My Diary | Trackback | Comments(0)

涙を増やす食べ物

日常生活から身体を健康にしていこう「松本Drお勧め食べものシリーズ」。
久しぶりに新たな資料が出来上がりました☆

その名も

「涙を増やす食べ物」

今までのスムージーレシピ、食べる順で身体は変わる(→こちらから)は
多くの患者さんから 
「顔色がよくなった!」
「血糖値が下がった!」
「健康を実感している!」
「痩せた!」と 大好評です。

d0131804_19180429.jpeg

昨今スマートフォンの使用頻度が増え
ドライアイ患者さんも 増加傾向。
レイ眼科クリニックでは、診断、点眼処方、処置、ホームメンテナンスと
力をいれて取り組んでいます。
食事でもって 自力で涙を増やしましょう!
身体の中から 自分の涙を増やしていきましょう!!

資料は 院内にてご自由にお持ち帰り頂けます♪


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-06-01 19:15 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30