Eye Doctor's ESSAY★

by ray_matsumoto

<   2018年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

FERRARA RING

2月24日土曜日は休診にしまして、眼科先進医療研究会でのFERRARA RING講習会に参加してきました。

手前はインストラクター荒井先生。
なんと3D手術システムでの指導を受けることができました。だから、眼鏡をかけてます。

d0131804_19415530.jpeg

顕微鏡を覗かずに 首をあげ 大きなモニターをみながらの手術。
顕微鏡では 透明で髪の毛の厚みほどで立体的な感覚がつかみにくい角膜も
3Dシステムのほうが 「え?? そんなに厚みあるかしら??」って感じ。
そう、繊細な組織ほど 3D、4Kでの 高解像度、偏光画像での手術に向く!

不器用で 基礎手技をなんども確認しないと気が済まない私も
インストラクター荒井先生、福岡先生、Paulo Rerrara先生のご指導のお蔭で
納得できる講習を受けることができました。
お友達のとっても起用な F先生、M先生♪

d0131804_19422749.jpeg

当日 多くの参加者の熱気で 手術室の湿度と温度があがり
なんとフェムトセカンドレーザーが止まったのです。
で、リングのための角膜トンネルをどう作成するかってことで
なんと Paulo先生が マニュアル作成されました。
筒のような器具で 角膜実質層内にトンネルと作るのです。
昔 この手術をみて、 「えええ??繊細さに欠ける術式だな・・・」と思いましたが
体験してみると 角膜コラーゲンは層状になっているので
手でグリグリすると トンネルが作成できました。
バームクーヘンを横にスライスカットするイメージ。
これも 滅多に出来ない体験でして
角膜組織の強さ、柔軟さ を体感しました。

ウェットラボ講習があった場所は アローズ。→こちらから
素晴らしい空間でして、
電子カルテ全社の比較、OCTの比較 など、
機種を一度に比較体験できます。
そして 手術室が二つ。
ここで 若い先生は手術のトレーニングができることでしょうし
今回のように新しい手術の講習にも使えます。
会議室も充実。
眼科医のみなさん、ショールーム器械展示空間、是非是非 学会などで関西にお越しの際は
有効利用しましょう!

d0131804_19432156.jpeg
 
講習終了後 参加された多くの先生方。
(私は 第一陣参加にて写真撮影のときは不在)

d0131804_19433773.jpeg

認定書を頂き、これからリングの発注が可能となります。
新しい治療の幅をこれから広げていきます。

d0131804_19435822.jpeg

FERRARA RING → こちらから
FERRARA RINGもINTACSも 同じグループ(AJL)になり
適応については 画像を相談すると 見極めてくれるとのことです。
発注には それぞれ 講習をうけ 認定書が必要となります。



[PR]
by ray_matsumoto | 2018-02-26 19:40 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)

撮影会♪

ただいま、院内撮影会。

d0131804_13373675.jpeg

皆、いつになく綺麗!(いつになく、化粧をしている!)
私は、口紅を引くのを忘れた!!!

d0131804_13375337.jpeg

自然な笑顔、とってもステキ♡

d0131804_13381422.jpeg

さあさあ、何が出来上がるのかしら?

d0131804_13383793.jpeg

職場は 自分が生きる場所。
良いものを作り上げる場所。
だから、
皆で いいものを作りましょう!!

皆さん、出来上がりを楽しみにお待ちくださいね♪


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-02-22 13:36 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

トリュフの宴

フランス高級黒トリュフ・メラノスポルム種を
贅沢に豪快に頂くトリュフの宴に初参加しました。

その香り、複雑なんです。
ナッツのような膨らみのある香り、
海苔のような磯の香り、
スパイスのようなパンチ、
動物的な香り、、、

d0131804_18113356.jpeg


13品もの料理、それに合わせた13種類のワイン。
どの料理にも トリュフがさりげなく、
時に大胆に使われています。

d0131804_18124865.jpeg

私のお気に入りは
熊本天草大王の生春巻き、岩手白銀豚のクロックムッシュー
生春巻きの下、薄くスライスされたトリュフからの香り~☆☆☆

d0131804_18120403.jpeg

トラフグの焼き白子リゾット
リゾットの中の温かなトリュフは香り控えめ、
濃厚な味で存在を主張
上からスライスされたトリュフが落ちても
気にしないなんて、贅沢!
マットの上のトリュフが見えない方は、眼科を受診しましょう~

d0131804_18132656.jpeg

アイス
冷たいアイスにはトリュフソースがふんだんに使用されています。
薄くても、熱くても、冷えても
トリュフは それぞれでの味わいを楽しめます。
だから 13品もの料理も 毎回 感動でした♡

d0131804_18143851.jpeg

気に入ったワイン
あああ~~ これ とっても美味しかったです。
ニュージーランドに行ってみたい!

d0131804_18150142.jpeg

なんと 北海道ワイン 1990年 Weissburgunder のマグナム。
私が医師になった年のワインです。
香りは薄いのですが 磯の味がして それがトリュフと同じ!!!
まさかの北海道で トリュフとの相性に驚きました。
思い込みはいけませんね。
「どこで いつ 何と誰と 合うのか、会うのか」
そんなことを 美食から教えてもらいました。

d0131804_18152226.jpeg

素晴らしい赤ワイン。
キノコの香りのトリュフとピッタリ♡

d0131804_18154838.jpeg

自生のトリュフは大変少なくなり
現在 トリュフの菌を撒くことは 人が行います。
土の下で 7〜8ねん以上寝て 育ちます。
撒いたところに必ずしもいるとは限りません。
なんと トリュフは移動するんですって!なぜ???
どこにいるのか うまく育っているのかは 誰にも解りません。
菌は人工的に培養しているのか 質問しました。
培養はできず、人の手で行うのは オーク樹木の根本に生育する菌を撒くことだけだそうです。
そして 何も知らない私は
「白トリュフを土の中に寝かせれば寝かせるほど、黒になるのか?」とも聞きました。
全くもってナンセンスな質問だったようで
「菌、種族が違う!」と言われました。。。
無知ほど怖いものはございません。
地下で眠るトリュフを探してくれるのは 犬や豚。
魅かれ合う豚とトリュフ。
豚の料理との相性が良いのも そこかしら?
こんな豚まん、見た事ない!

d0131804_18163893.jpeg

素晴らしい企画は
毎年フランス現地でトリュフを見て、現地で料理を披露している
トリュフを心から愛するお店
ワッシーズダイニング・スープル Wassy's Dining Soupleにて。
(以前の紹介は → こちらから
現場を知っている人達の仕事は 完璧でした☆☆☆

毎年開催されているトリュフの宴、
次回、どうしてトリュフが移動するのか 質問しようと思います。
来年も 生産者の方が来日してくださいますように。
Merici beaucoup, Trevian, Sante,Truffe ♡  ← 知ってるフランス語はこれだけ♪
フランス生産者の方、お友達のR先生、M先生と(o^^o)
贅沢で優雅な時間をありがとうございました。

d0131804_18184630.jpeg

[PR]
by ray_matsumoto | 2018-02-20 18:09 | Taste | Trackback | Comments(0)

ヒヤシンス開花

最初は球根だけだったのに
バレンタインデーから目覚めたように咲き始めました。

d0131804_16554593.jpeg

午前、午後、
数時間で 数センチ。
伸び盛り。
本日、またまた背伸び。

d0131804_16561264.jpeg

最初から綺麗なお花もいいですが
蕾が 刻々と開花するのを眺める愉しみは
なんともいえません。
ひとつのことに対して 時間の流れを味わう優雅さに
胸が高まります♡

窓際に目を配らせながら
時折 花に近づきながら
仕事をするスタッフ達も可愛い!

d0131804_16571498.jpeg

自分が生きる空間に
成長する綺麗な植物があることの嬉しさ。
今年の私の目標の言葉「開花」です。
凛としたヒヤシンスの香りと同調して
私も レイクリも 伸びやかに開花したいものです。
Nさん、ありがとうございます。
どこまで伸びるか まだまだ楽しみます~


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-02-17 16:54 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

Happy Valentine♡

今年も大好きな人達に チョコレートを贈りました♡
手前は スタッフが一緒に働く仲間のために作ってくれた手作りブラウニー。

d0131804_17553568.jpeg

レイクリには手作りチョコ、手作りケーキ、お手製のお菓子を作る技あり女性が多いのです!
チーズケーキ、豆腐で作ったチョコ、アイシングクッキー、などなど
今まで たくさん 手作りを頂きました♡
例えば ⇒ こちらから

私達の手術をはじめとする診療も 手作りです。
私達の気持ちと時間を 治療を受ける方に注いでいます。
人生に愛情と喜びを持ってほしいから!

私は、お菓子、チョコなど作るのは苦手です。
今日は いつもと同じように 気持ちを込めて 診療を行いました。
そして 特別な今日一日、
ひとりひとり、来院された方にスタッフがちいさなチョコレートを渡しました。
どの患者さんも 笑顔になっておられたと受付スタッフから聴きました。

d0131804_17562769.jpeg

残ったチョコを眺めながら 本日の達成感で甘い気持ちになりました♡
愛、シアワセは、待っていてもこない。
ちいさな気持ちから始まります(╹◡╹)♡



[PR]
by ray_matsumoto | 2018-02-14 17:54 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)
明石人丸教会での 梯剛之さんのピアノコンサートに行きました。
~心に響く音色をあなたに♪
子ども達がこころ豊かに育ってほしい~
と いう無料コンサート。

d0131804_15201025.jpeg

2005年 子供に伝えるクラシック委員会を設立して作成したDVDを全国の小学校・特別支援学校に無料配布、
その後も ボランティア活動として 子供がいる場所で演奏をなさっています。

梯さんは、
「初めて 明石に来ました。駅をおりると、明るい素直な空気を感じました」と
コンサートを始めました。

d0131804_15221928.jpeg

1.モーツアルト:サルティの主題による変奏曲
2.ベートーベン:月光ソナタ1楽章
3.武満徹:雨の樹
4.ドビュッシー:月の光
5.ショパン:子犬のワルツ
6.ショパン:軍隊ポロネーズ

アンコール ショパン:ノクターン 遺作

小児がんで失明されている梯さんが 明るさや光の屈折を音で表現されるのです。
月光ソナタの暗闇は 静かで奥深く そこに一筋にか細い光が照らされました。
私は まだこのような暗闇を知りません。
武満徹の雨の樹は 雨音が連なり 重なり 雨のしずくに反射する光を感じました。
ドビュッシーの月の光は 輝きが軽やかで
梯さんが 何をもって 光の反射をとらえておられるのか
人間の感性の深さに感涙なしには聴けませんでした。

d0131804_15231178.jpeg

子供の為に 前の席が用意されており
小さなおこさんは じっとできず、時にお喋りもするのですが
そんな中で 梯さんは 軽やかに演奏されました。
まるで 自然の中の風のように。
すべてを受容するように。

私は 見えることへの仕事を誇りに思っています。
加えて、見えない方の感覚感性を聞き取り
その方にとっての豊かな生活が過ごせるよう
風のように寄り添える診療も行いたいって思いました。

ボランティア活動で成り立っている 子供に伝えるクラシック。
募金をしたら、 非売品のDVDを頂けました。

d0131804_15224797.jpeg

希望の音色が
子供や 今 辛い現実の中にいる人に聴こえる世界でありますように。
極寒の季節のなか
気持ちが温まる時間でした。

梯 剛之さんのコンサート情報は → こちらから


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-02-12 15:17 | Favorite | Trackback | Comments(0)

待つ、進む 

桃花、菜の花
寒い季節だからこそ 春が待ち遠しいです。

d0131804_12153164.jpeg

お友達が 年を重ねた祝いをしてくれました。
このお店の好きなお椀、椿。 
(以前の投稿は →こちらから
料理も 目出度い色。
この鰹の一番出汁は、真似できません。

d0131804_12161723.jpeg

創作鮨。
マグロ、氷見のブリ、あん肝を乗せたヒラメ。
なんとシャリは 炊き込みご飯からの酢飯。

d0131804_12172593.jpeg

器も綺麗。
とっても美味しい鮨でした。
噛めば噛むほど シャリの旨味が魚の脂身と溶け合うのです。

d0131804_12174658.jpeg

現代美術のような一皿。
神戸牛、鴨、トリュフ。
肉料理には 大地の色が似合います。
大地に立っていた動物を頂けることに感謝。
そして 明日から 自分が 一歩をしっかりと歩まねばなりません。

d0131804_12180953.jpeg

いつも大将のこの姿を撮影したくなるのはなぜ?
やっぱり 日本人、米が大事ですよね!
炊き込みご飯 大好き大好き♪
目出度い鯛の炊き込みご飯を美味しくいただきました。おかわりしました!

d0131804_12182534.jpeg

料理に合う選ばれたワインを保管されています。
いつかの誰かのために 大事に保管されています。
待つ時間。
定番の美味しい料理。
安堵の時間。
そして 研究しながら季節を先取りする料理と空間。
進む時間。

d0131804_12184368.jpeg

料理を頂きながら
待つ、進む を愉しむヒトトキでした。
待つとき 進むとき、
一緒にいてくれる友達が 私の安堵。
いつもいつも ありがとう。

d0131804_12193714.jpeg

美味しいお料理は 百味処 おんじき ⇒ こちらから
待ちながら、進みながら、たくさんを味わうことが 生きることですね。
大切な時、大切な人と行きたいお店です。
10周年、おめでとうございます♡


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-02-11 12:14 | Taste | Trackback | Comments(0)

予見

「想像力」「挑戦」、そんな話をした今週、
想像力の中でも 仕事では 「予見」が必要とされる事態がありました。

大事には至っていませんが
患者さんから言われ動かれる前に
医療のプロとして 私達が察知し 予見可能性から結果回避できた事態。

優しさに満ちて 基礎能力も高いスタッフだと思ってますが
予見力をさらにつければ
最良最高の現場になりえるはずです。
なくてもよし とせず
まだまだ 「気づき」はあるということ。

慣れ合いでなく
終わりを作らない到達点、
それがあることを知っている職場が
活き活き 生きた職場だと思います。

曜日ごと、部署発表を朝のミーティングで行うようになり
意見が闊達になってきました。
看護、受付、検査、
月ごとで 発表曜日をローテーションする案も
小さな平等性で レイクリらしく思ってます。

d0131804_13485306.jpeg

向春
毎日が そんな気分でありたいです。
それは 皆で作っていく季、気です。

d0131804_13491315.jpeg

[PR]
by ray_matsumoto | 2018-02-08 13:47 | My Diary | Trackback | Comments(0)

コヤマ・ワインズ

NZに渡りワインを造る 小山竜宇氏の KOYAMA WINES のメーカーズディナーに行きました。
初めて参加したのは もう3年前 → こちらから
プレゼンテーションがお上手で 質問にも明確にお答えくださり
学会参加している気分。
そう、小山さんがご自分の醸造手法を語ってくださる科学的なメーカーズディナーです。

d0131804_23501684.jpeg

今回 リースリングで初スパークリングを仕込まれた小山さん。
チャレンジした達成感を熱く語ってくださいました。
方程式にのっとり (そんな式があるんですね!)
仲間と計算をし 確認をして スパークリングを造られました。
なにせ 初めてのこと、ドキドキ。
で、 泡の勢いが強く 開けるたびに シュワ~~~って何十パーセントも泡が吹いて消えていく。
相当 心配だったそうですが
デゴルジュマン、ドサージュの過程で ある時 泡が静かになったんですって。
「さすが シャンパーニュ」 と 小山さんが 感嘆されました。
実際 行った人だけが 発せる 生きる感嘆。
うん、感動しました! 
ただただ、「今日は疲れた!シャンパーニュっ!」と飲んでるだけの私と大違い!
早く コヤマ リースリングの泡を味わってみたいです!!

今回は 輸入が間に合わず スパークリングはありませんでしたが
タソック・テラス・ヴィンヤード。ドライリースリング 2016年 のなんと素晴らしいこと☆
自然の貴腐菌がなせる 一瞬感じる 酸味がある蜂蜜的な香りのあと すぐ石の塊のようなミネラル感。
香、口の中、喉越し と 幾重にも変化しながら 持続する旨味に悩殺されました!
ドライなリースリングは 和食にとっても合います♡
雲丹、菜の花
そして これは フォアグラと大根 西京味噌ソース。

d0131804_23491685.jpeg

前回も頂きました ピアソンズ・ヴィンヤード・ピノノワール。
今回は 2014年。
向かって一番左の明るい色、
ベリーや若々しいチェリーの風味、少女のような爽やかなピノノワール。
お食事が進むピノです。
現在 イギリス取引市場にてNZやオレゴンのピノの割合が伸びてきているとのこと。
地球温暖化に伴い、葡萄の成育も変化し
美味しいワインの産地は今後 変化していくことでしょう。

d0131804_23494803.jpeg

向かって一番右の色の濃いものは ウィリアムズ・ヴィンヤード・S・ピノノワール 2015年。
房ごと発酵することでタンニンが強く 力強さが出ます。
今回の 新樽率は30%。
同じ葡萄でも 場所が少し違うだけ、 作り方が違うだけで 差がでます。
葡萄のクローンは 単一畑で 一つのクローン。
出来上がった葡萄を 組み合わせ 美味しいワインを造っていきます。
時間をかけて作るワイン、
NZでは 価格は決して 安くしないそうです。
価値があるものは 誇りをもって安売りをしない。
賛成です。

d0131804_23524436.jpeg

どんな個性になるのかは 想像力 が必要とのことでした。
ワイン作りに必要な 「想像力」。
きっと どの仕事も同じで
それは 生き方も 同じかも。

「想像力」「挑戦」それが コヤマ・ワインズ の魅力 です。
私も、もう少し挑戦しないとな〜
小山さん、そしてご一緒したステキなお友達と。

d0131804_23512942.jpeg

季節を先取り、和の食材も使った美味しいイタリアンは T.N
明るくゆったりとした空間。
次は 母と一緒に行きたいと思います。
T.N ristorantino della strada → こちらから

d0131804_23521339.jpeg

[PR]
by ray_matsumoto | 2018-02-05 23:42 | Favorite | Trackback | Comments(0)

お茶の時間

お茶を煎れることは 難しい。
緑茶、番茶、紅茶、珈琲、、、
不器用な私は、どれも いまだに美味しく煎れることができません。
茶器は温めています。
でも
そのあと、最適な茶葉の量、適切な時間、、、
課題が多くて
せっかくのお茶を 活かせてない自分が残念です。

それでも朝は紅茶、昼には 緑茶 時に紅茶と
ティーポットや急須で お茶をいれます。
太陽を浴びたあと 栄養を濃縮させた茶葉を 
鼻腔いっぱいに吸い込むようにしています。
何度も 何日も 人と自然を介してようやく届けられる香り。
間接的な自然を感じて癒されます。

特別な日のためには 美味しいお茶の時間を 
自分のためだけに作る。
マスターに 「誕生日祝いに相応しい、目出度い器で!」とお願いしました♡

鶴が雲と戯れる絵柄
誕生日に鶴!長生きできます☆

d0131804_13343144.jpeg

深川製磁のアンティークですって。
ステキ~
こんな素敵な器で 濃くのある珈琲を飲む時間。
鶴だけに 誰かに恩返しをしなければ‼︎

d0131804_13344956.jpeg

寒い午後には 家族と頂くお茶も好きです。
「偶然ね、CHARのコンサートで出逢った人とお友達になったの♪」

d0131804_13352388.jpeg

「ママはね、アールグレイを濃くいれると眠れないのー」
ほぼ 噛み合わない会話、
自分が喋りたいことだけを話す時間、
それも いいもんです。

d0131804_13353900.jpeg

仕事の仲間とのお茶の時間は
仕事から離れて 日々のこと 趣味のこと 家族のことを話します。
お心配りのお茶のお供と ペットボトルではないお茶を頂きます。
消耗する時間の過ごし方でなく
創造する時間を 共有する仲間がいることが 嬉しいです。

d0131804_13360255.jpeg

お茶の時間
あったか、ほっこり。
無になったり、妄想想像、会話の時間、
なんてことのない時間
ちょっとしたことで とってもシアワセになれる時間。
全てに共通しているのかもしれません。
大切なのは ちょっとしたことだよね。
そう、ちょっとしていないくらい お茶の時間は深いです♡
お茶は 人間の心の友ですね♡


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-02-02 13:33 | My Diary | Trackback | Comments(0)