人気ブログランキング |

<   2012年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

Constellation

本日は 午後からフタバ眼科へ。
フタバ眼科には 
兵庫県でも数機種しかない網膜硝子体手術装置Constellation(コンステレーション)〈日本アルコン社〉があります。
本日は その器械もみてきました。
今から4~5年前、そうレイクリの前に、フタバ眼科でレーシックを行っていた時期があります。
懐かしい手術室でした! (→こちらから、そう、この写真のメンバーは今も医新会で頑張ってます♪)

さて、コンステですが白内障手術はもちろん、硝子体手術のときその力を発揮します。
立ち上がりが2500回転、そして5000回転へ。
私が知っている硝子体手術は800回転の頃。
その後 以前フタバ眼科で使っていたアキュラスで2500回転。
アキュラスがでたときも スムーズだな~~と思いましたが、
コンステでは 5000回転!!!
春藤先生曰く
「硝子体を引っ張る感じはまったくなくカッティングができる」
d0131804_20534689.jpg

春藤先生はもともと左利き、 今は右と左を使い分けている人です。
だから 手術の時 どちらの方向に病変があっても
なんのその、とてもお上手です。
淡々と手術をなされます。

無事手術が終わり、お気に入りのコンステと春藤先生の爽やかな笑顔!
フタバ眼科は 広々して フタバ、その名の通り、爽やかな場所です!
d0131804_2054535.jpg

そして 本日、私は帰宅後、ピアノの練習を一時間行いました。
暗譜で数曲弾けるようになり デビューまであと少し★
・・・・妄想の世界の話・・・・
そろそろ 別の曲にもトライしたいです。
ピアノの練習をするようになって 私の手もスムーズに動くようになり
手術も好調!


医新会グループは、
現状に留まることなく
常に最良のものを導入しています。
新しいものに順応する能力を私達は持っています。
挑戦を恐れない医新会グループです!
by ray_matsumoto | 2012-02-27 20:54 | Eye Informations | Trackback | Comments(1)

アイオライト★

石の声に惹きこまれたのは、2月24日夜。
そう、初RS-LASIKを翌日に控え
結構疲れた体で 閉店前の神戸大丸店に行ったときのこと。

石は 私にとって精神的な支えであり、気持ちを象徴するもの。
朝の気分で その日のアクセサリーをセレクトする。
(今までの記事は →こちらから
道沿い、海沿い、山、野原にある石ですら
私は魅かれる。
だって 聞こえてくるんだもの。
何かと 響いてくるんだもの。

あの日 私の視界に入ってきたものは
スミレ色のただ一色であった。
光の方向で 色が変わる。
灰色、淡青色、濃紫色、
でも 聞こえる声は ただ一つ。

もうその前から離れることができず
その声が途絶えることもなく
だから 私は その石を手に取った。
自分の心にしっくりなじむ歓びを感じた。

アイオライト
d0131804_031635.jpg

アイオライトは、
迷うことなく進むべき道を見つけ、目標を達成する道しるべの象徴
そして「第三の目(サードアイ)」を活性化させる石

第三の目とは、眉間の少し上にあるチャクラのこと。
ヨガでもこの位置を意識する。
仏像の額にも描かれており、普通の目(視力)では見えない、
特別なものを見る力が宿っている場所。
(「三つ目が通る」って漫画が昔あった!)
曇りのない目で見ることで、本質を見極め、新鮮な世界をみることができるのだ。

このアイオライトの荘厳さ、神秘的な光、導く強さ、天恵は
進んでいる道が正しいと 私に話しかけ
私を奮い立たせた。

25日 手術前 
「Refractive Suiteとお揃いの色やねん~~」ってピアスを見せたら
スタッフとメーカーのFさんは「綺麗ですね」「いいですね」と
微笑んでくれた。この笑顔にも力をもらった。
アイオライトは私にとって初めての石。
出会うべくして出会った石。
これから永い付き合いとなる私の石が 一つ増えた。



(ただの、衝動買い・・・)
(クロスになっているのは、アイオライトとアメジストとイエローゴールド、
でも、これはちょっと石の生命オーラが弱いよね、手術のときはつけない、プライベート用)
by ray_matsumoto | 2012-02-26 23:35 | My Diary | Trackback | Comments(0)

RS LASIK無事終了、そしてスタート★

本日午後3時から 初Refractive SuiteOP!

昨年ウィーンの学会で 色々器械をみてきて
どれがいいか
どうしようか
相当 考えました。
そして
2月14日バレンタインデーにやってきた 新しい息子と娘Refractive Suite。
連日の調整、
スタッフトレーニング、
23日、24日と 鬼のようなトレーニング?!
あっという間の日々。

6名12眼の手術を スタッフ一丸となって落ち着いて行えたと思います。
私が一番ノロノロしていたかもしれません。。。
豚眼のときに確信していましたが
スムーズな角膜ベッド、フラップのリフティングも容易、
吸引圧は優しく フェムトセカンドレーザー照射も6秒。
リングと器械の接着にコツはいりますが、全員綺麗なフラップができました。
素晴らしい娘です。
そして エキシマレーザーEX500 ,これは 間違いなくいい器械だと思っていましたが、
実際手術をしてみて 短いエキシマレーザー照射時間は
患者さんにとっても術者にとってもストレスのないものです。
実に優しい息子です。

レイクリの美しい手術室の中にやってきた Refractive Suiteは
確実にこの場所がお気にめした模様。
全て Good Performance 予定通りに手術は終了しました★
d0131804_1994923.jpg

ちなみに 術後3時間で 
-6.75Dの人は 裸眼0.8、0.8
-3.25Dの人は 裸眼1.5,1.5 でした。
よく見える~~~と 大喜びで帰宅されました!
明日は もっとクリアに見えるでしょう。

これから 色々データをとっていきます。
新たな第一歩がスタートしました。
仕事を楽しみながら 器械を可愛がりながら 
レイクリのRS LASIK、突き進んでいきます~~~
d0131804_19111334.gif
by ray_matsumoto | 2012-02-25 19:09 | LASIK/ICL | Trackback | Comments(2)

FS200

レイクリの新しい娘、
FS200 フラップや角膜内トンネルが作れるフェムトセカンドレーザーです。
(こちらから→)
昨日、豚眼にて 素晴らしい切れ味、断面で 満足しております。

昨日の様子 Mさんの目に吸引させてもらいました。
d0131804_1145053.jpg


Mさんは 吸引のときも堂々とされており
患者さんサイドのアドバイスもくださいました。
実際の治療のとき 参考にします。
久しぶりに男らしい男に出会えました。
d0131804_1118246.gif

私達は 日々 腹をくくって 腹を据えて仕事をしています。
最近 世の中の男性は軟になったな・・・と思ってましたが、
Mさんの堂々とした姿は 素晴らしかったです。
腹をくくった人は 美しい。
Mさん、ありがとうございました♪

本日も これから最終確認です。
明日の Good Performance に向けて★
by ray_matsumoto | 2012-02-24 11:05 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

円錐角膜治療・角膜内リング勉強会

フェムトセカンドレーザーFS200は
フラップ作成にとどまらず トンネル作成もできます。

円錐角膜治療の 角膜内リングの勉強会を本日休診日に行いました。
そして FS200にて ウェットラボ。

私達がこのたび使用するリングは INTACS
INTACS と INTACS‐SKの二種類があり
円錐角膜の重症度で選択します。
リングのサイズを変更すると 矯正効果も変わります。
Intacs →こちらから

ノモグラム、治療プランの立て方、術前術後の注意点を教えてもらいました。

そして 豚さんの目で ウェットラボ。

FS200 にて作成されたトンネルは大変スムーズで挿入も容易でした。
FS200は 日本で3台目、世界でもまだ新しい器械です。
イントラレースでの手術を今まで見ていた方々は
「FS200,いいねえ~~」と 感想を漏らしておられました。

手前が FS200
d0131804_22134242.jpg

リング挿入は 白内障手術で使う顕微鏡で行うほうがよく見えそうです。
フェムトセカンドレーザーのみ照射して
リング挿入時には ベッドを移動してもらう予定です。
同じ手術室だから 移動も心配ありませんよ。

休日の木曜日は 私にとって貴重なピアノの練習の日なんですが
本日は FS200とEX500 につきっきりの一日になりました。
ピアノの練習を2~3時間している私にとっても
本日は 盛りだくさんな一日、
ずっと集中していると それなりに疲れますね。
メーカーの方々も、スタッフも、お疲れ様でした。

明日も 頑張ります!
by ray_matsumoto | 2012-02-23 22:12 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

Refractive Suite おめかし中

予定どおり Refractive Suiteの設置も終わり
器械を毎日立ち上げて 調整していきます。

ずっと 工事現場みたいだった手術室も
ようやく 明日の白内障手術に向けて清掃開始です。

Refractive Suiteの外枠についた小さな埃を落とすのに 
綺麗なお姉さんが 拭き拭き。

遥々ドイツからやってきて
ようやく レイクリに落ちついたところ。
順調に仕事を進めていただき、
Iさん、Kさん、Sさん、ありがとうございます。
d0131804_18124023.jpg

綺麗にしてもらって RSくんも なんだか嬉しそうです。
レイクリの居心地は どうかな?

さあ、これから 一緒にいい仕事をしていこう!!
by ray_matsumoto | 2012-02-20 18:10 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

花に託して

アラン・シャペルさよならワイン会 にて
お食事以外に 私の心を魅了したもの。

私の最初のお皿は 薄ピンク色でナデシコ?かと思ってました。
これは 別のお皿 コスモス?でも葉が違う。
d0131804_073821.jpg

クレマチス? やっぱり葉が違う。
d0131804_08916.jpg

ソムリエさんに聞いてみたら、
すべて アラン・シャペルさんの手書きの花、
それも空想のお花だそうです。
彼のサインがお皿の後ろに入ってます。
このお皿は 閉店に伴い 使われなくなってしまうそうです。

ちょっと 淋しい。

ワイングラスの形 今、このような形は大宴会以外では見当たらない。
ワインを楽しむには ちょっと違う。
で またまたソムリエさんに聞いてみたら
創業当初 創ったグラス、そうワインを飲みなれてなかった昭和な日本人向け。
d0131804_09696.jpg

よくみると すべて アラン・シャペルさんのサイン入り。
このグラスも 使われなくなってしまうそうです。
d0131804_092064.jpg

時は流れ変わっていくのね。
モノは 変わっていくのね。
やっぱり 淋しい。

記憶のメモ変わりに 頂いたワインのリストを♪
①Duval-Leroy Cuvee Alain Chapel N.V.
アランシャペル用 シャンパン、うん、これね、最近お客が少なかったおかげ?
年季が入っていて美味しかったです!
今月 ディナーでは頂けるようですよ♪
②Puligny-Montrachet Les Perrieres(E.Saizet)1996
この白もなんともいい香り、がぶがぶ飲みすぎました・・・
③Volnay-Santenots-du-Milieu 1988 MAG(Comtes Lafon)
ピノ、私、これも好きでした。
④Ermitage Le Pavillon 1990 MAG (Chpoutier)
シラー100% この頃には もう眠くって夢見心地でした。
d0131804_0102075.jpg


モノは変わっていく。
モノはなくなっていく。
小手鞠が さようなら って最後に手を振っているように思えました。
d0131804_0121235.jpg

たくさんの人の手作りと
しな垂れるほどの想いが
コデマリに 込められていました。
形がなくなって モノがなくなっても
あの一夜の思い出は 
私の記憶からは 褪せずに残っていくはずです。

花のように薫るワイン
花に託した 一人の人の想い。
花を愛した続けた 多くの人たちの意志。

振り返れば振り返るほど爽やかで切ない一夜、二度とない一夜の思い出です。
ありがとう  アラン・シャペル 
by ray_matsumoto | 2012-02-20 00:16 | Favorite | Trackback | Comments(0)

さよなら、アラン・シャペル

忙しい一週間でした。
器械が新しくなり仕事はもちろん忙しいです。
新しい人達との出会い、新しい仕事、
今までの実績と今までの仲間、
日に日に これらがリンクしていくのを感じるのが楽しいです。

忙しい週の半ば、「健康とワインを考える会」もありました。
(前回の会は こちらから →)
忙しくっても それとこれとは別物!

ポートピアホテルのフレンチレストラン アラン・シャペルが
3月25日で閉店することを新聞で読んでいました。
あああ~~~行っておいたほうがいいなあ・・・と思っていた矢先、
「健康とワインを考える会」が「アラン・シャペルさよならワイン会」を企画。
う~~ん、素晴らしい知り合いに恵まれていて良かったです♪

ポールリキューズさん、アランシャペルさん、
今のフレンチのスタイルを確立された先人。
ポートピアホテルができた31年前、
海と山に囲まれて自然の食材が豊富な神戸を気に入り
日本に初めてお店を出した経緯。
そして たくさんの才能豊かなフレンチシェルがここから旅立って行きました!

フランスリヨンを思わせます。日差しが注ぎ込むような優しい色合いの店内
たくさんの絵画が飾ってあります。
d0131804_2145013.jpg

本店の伝統料理 ナプキンを包むのは修行中のシェフの役目
ナプキンに直接 素揚げの食材 
d0131804_2151816.jpg

お花が愛らしいお皿に 白魚、わかさぎ、パセリ、セロリの素揚げ
パセリの素揚げは初体験、セロリ同様、美味しかったです!
d0131804_2155020.jpg

男前シェフ佐々木康二さんは 創業当初若きメンバーとして修業され
数年前 チーフシェフとして戻ってこられました!
コンクールで賞を取られた凄腕の持ち主です。
アランシャペルの思い出と料理の説明を聞き
d0131804_2161676.jpg

わ~~~ん、これもう一度食べたいです♪
これまた本店伝統の料理、
ブルターニュ産オマール海老とピジョノ-(鳩)、トリュフのサラダ★
オマールのミソで作ったドレッシングが美味い!!!
d0131804_216448.jpg

大根のコンフィとフォアグラのソテー、
今こそ定番の大根とフォアグラの組み合わせもアラン・シャペルさんのアイデア
d0131804_2185069.jpg

琵琶マスのポワレ、シャンパン風味のサヴォイヨンソース
この時点で シャンパンと白ワインで 結構上機嫌の私
d0131804_219748.jpg

亀!
d0131804_2193624.jpg

じゃないの、カットしてソースをかけてもらって
d0131804_219515.jpg

鴨のトルテ、二種のソース、
この鴨がですね~~野生っぽい、ちょっと半生で美味かったな~~
d0131804_2110717.jpg

チーズの盛り合わせのあとは コーヒー風味のサブレ、
アマレットの透明なジュレ(杏風味でこれがまた甘いもの苦手な私もぺロリ、大人の味)
d0131804_21102767.jpg

アラン・シャペルさんはもう他界しています。
自分の名前が店として残り、たくさんのシェフが志を継ぎ
生き残っているわけです。
ポートピア博覧会で湧き、
バブルを経験、
震災のときはたくさんのワインを失い 半年営業停止、
ここ神戸では31年の歴史、
それも 来月でお別れとなります。
リヨンのミヨネ村にある本店もすでに閉店してしまい
まさに「アラン・シャペル、さよなら」 です。

一つの時代を築き 終焉を迎えても
志を引き継いだものが
新たな一歩を 歩んでいきます。
さよならだけど 美味しさもあって 爽やかな時間を過ごせました。
新しい器械で 新たなスタートを歩みだそうとしている私にとって 
終わり、始まり、いつも美しく、清清しく、
関係する人たちが 心地好く、
そんなことを思いながらの 食事会となりました。
それは やはり 創っていく人の思いと実力によるもの。
レイクリも一日一日の小さな歴史を 野太く作っていきます。


ポートピアホテル 31階 フレンチレストラン アラン・シャペル
078-303-5201
夜景を見ながらの食事もよし 明るい日差しのランチもよし
私は あと一回 ランチに行こう~と思ってます♪
by ray_matsumoto | 2012-02-19 20:52 | Taste | Trackback | Comments(0)

Refractive Suiteのお母さんとお姉さんの関係について

新しい息子と娘 WaveLight EX500&FS200、順調に調整が進んでいます。

息子と娘に 「あんたたち、ちゃんと勉強しなさい!よく噛んでご飯たべなさい!」

全国のMAMは 毎日のように言ってますよね。

それに相当するのが これです。
d0131804_1894128.jpg

治療プランを立てていきます。
LANで検査器機と手術器機につながっているので、
治療プランは 検査器機のそばでも 実際の手術室の中でも組み立てられます。

レイクリは ダブルチェック、トリプルチェックを重要視しています。
手術室の中で いざ、、、というときに 慌てて入力ミスがあってはなりませんから
事前にチェックする体勢を 本日確認しておきました。

これは トポライザー、治療プランに器械とデータリンクできます。
d0131804_1810032.jpg

「これ!!最終決定!!!」
Big MAMである私が指示をだします。
検査スタッフが入力し
それを2~3人の目で確認し
息子と娘は 手術室にて お利口さんになって仕事をするわけです。
指示が曖昧だったり 不確実だと
息子と娘は どうしてよいか解りません。
本日は WaveFront Optimized & F-CATまで確認しました。
後日、T-CAT、A-CATを教わります。

来週から Big MAM私と 優しいお姉さんレイクリスタッフにより
WaveLight Refractive Suite レイクリの双子の息子と娘は
成長していくはずです。
誕生まで あと少し♪
いい子に育てます★
by ray_matsumoto | 2012-02-17 18:11 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

魚吟 どい 

地元に 一つ星の店があるのは 
バス通りで見て知っていたけどなかなかチャンスがありませんでした。

私の主治医でもあり 
私が数年前レーシックを執刀させてもらったM先生が
誘ってくれ 即 OK♪
お互い主治医の間柄で 和食を食べに行きました。

可愛い鰯とお稲荷さん、
d0131804_18243587.jpg

お刺身は 小槌の中にも入っていました。
d0131804_18245068.jpg

たらの白子、うん、これはとても美味しかった!
d0131804_1825633.jpg

焼き魚、天ぷら、程よい量で 女性に丁度よいと思います。
一人で作られているので ゆったりお話をしながら食事を楽しんでください。

カウンターの鉢の中をみると 小銭が入っていました。
お客さんが 入れ始めたそうで、
M先生と私も 「お店とこれからもご縁がありますように・・・」と
お賽銭をいれましたよ。
d0131804_18252523.jpg

魚吟 どい
若き職人の腕に まだまだ日本も大丈夫って安心できる店。
実直さが 心地よい店。
078-856-3856
d0131804_18254924.jpg

大切な人と 家族といってください。
by ray_matsumoto | 2012-02-16 18:25 | Taste | Trackback | Comments(0)


Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
LASIK/ICL
Ray Eye Clinic
Eye Informations
Academy.Congress
Taste
My Diary
Favorite

リンク♥

フォロー中のブログ

「料理と趣味の部屋」
但馬・写真日和
フィレンツェ田舎生活便り2
私たちは20世紀に生まれた
Strawberry F...
Lovely-Jubbl...
exDJ MARIKOの...
Optician Pri...
宮崎発~デジカメ日記
イタリア発 木のキッチン...

画像一覧

最新のコメント

森様、内容確認しました。..
by ray_matsumoto at 14:32
はじめまして。 12歳..
by 森 at 11:30
Suzukiさま、おめで..
by ray_matsumoto at 22:29
松本先生、お誕生日おめで..
by nobuhito suzuki at 16:55

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
日々の出来事