カテゴリ:Eye Informations( 155 )

マイボシャンプー

ドライアイ治療として 瞼のクレンジングが有効なことをご存知ですか?
瞼にある涙の蒸発を防ぐ役割をもつ分泌腺が詰まっていると
脂の足りない涙になります。
分泌腺は 目をこすったり コンタクトレンズの器械的刺激、
アレルギー性結膜炎、何度も繰り返す結膜炎、瞼の筋肉の衰えで細くなり詰まってきます。
瞼の便秘 みたいなもの。。。
そう 美しい人は腸内が綺麗なように
美眼には 瞼の健康が必要なのです!

この度、ドライアイのLIME研究会監修、
構想約1年で 瞼用の洗顔シャンプーが完成しました☆


その名も マイボシャンプーTM 10月1日発売開始!!

d0131804_18302953.jpeg
My Beauty Operation の意味を持つ Mybo Shampoo☆
洗顔フォームの基本は水、そこに洗浄剤、起泡剤、保湿剤を加え
PHを安定させます。
商品化するにあたり、防腐剤も必要です。
日当たりなどの刺激試験で 商品の劣化がないか調査もします。
製品化にあたり 大切にしたのは 使用感。
刺激がなく 瞼にしっとり馴染む優しい泡であること。
毎日の使用にあたり、リフレッシュできる香りであること。

洗顔、手洗いにて信頼できるラ・ショエットさまが製品開発を担当してくださいました。
ラ・ショエットさまは 泡立ちの繊細さと香りの表現をお得意とする会社です。
非石油系非イオン界面活性剤を使用していますので
エクステの方の まつ毛洗浄にも有効です。
試作の間、レイ眼科クリニックスタッフには繰り返し試用してもらい、
容器を含め 意見を出してもらいました。
最初は ハチミツの香りだったのですが、
紆余曲折を経て 爽やかな柑橘である ライム精油を配合することになりました。
なんと、LIME研究会と同じライム☆

皆さまのご協力とT様のご足労、良い製品を作ろうとする情熱の結晶です♡

♡ 実際の容器は 大人びたグレーで上品仕立てです ♡

マイボシャンプーの詳細は → こちらから
LIME研究会は → こちらから
ラ・ショエット は → こちらから


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-09-28 18:17 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)

i see! 運動

見えるようになる手術にこだわりをもって取り組んでいます。
でも開業して10年、視覚的弱者の患者さんも来院してくださり
弱い視力ながら生活の質をあげる工夫についての学びが必要だと痛感しています。

スタッフが とある患者さんのお財布の中にあるたくさんの診察券をみて
レイ眼科クリニックが解りやすくなるよう 盛り上がりのあるシールを張る案を思いつきました。
そう、こういうことが ローヴィジョンケアなのでしょう。
そして ローヴィジョンのなかで生活を楽しむリハビリテーションも必要でしょう。

私がローヴィジョンについて 興味を覚えたのは
ピアニスト 梯さんのエッセイ「いつも僕の中は光」がきっかけです。
ピアノが拡げてくれ、エッセイがパラダイムシフトをもたらし
何かをしなければ、、、という思いが渦巻いています。
そして 先週末 神戸でロービジョンのイベントやミーティングが開催され
その時に 色々なグッズがあることを 先輩方から紹介してもらいました。

d0131804_22555383.jpeg

眼科分野で勉強すること、まだまだあります!
i see!運動 は 神戸発信☆
視覚と生活、幅広く掘り下げていこう! そんな決心で
ロービジョンの先生方と i see !

d0131804_22563209.jpeg

i see ! 運動 については → こちらから
見えることに特化 とは別の眼科の仕事。
人に会う、生活活動を合わせていく、それをこれから学んでいきたいと思います。


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-09-19 18:16 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)

点眼方法

猛暑の日曜日も 外来を受診してくださる患者さん。
ありがたいことです。
日曜日は、お子さんの受診が多いのですよ。
仕事をしているママは、土曜日に家のことをし、日曜日にお子さんを連れてきてくれるのでしょう。

さて、「点眼薬の選び方」を読んで以後、
特に点眼順番、間隔に力をいれて患者さんに指導しています。

d0131804_13484823.jpeg

緑内障点眼で、今まで 回数確認はしていました。
患者さんに 聞いてみて
実にユニークな点眼をなさっている方が多いことに驚いています。

例えば、
2回点眼液: 朝6時、昼13時?
1回点眼液: 夜8時

つまり、2剤3回を、時間均等に点眼していたわけです。

ふーむ、人の捉え方は、様々。
回数は、間違いではない。

この方には、2回点眼は、朝6時、夕方6時。
もう1剤1回点眼は、今のまま夜8時に変更してもらいました。

5分あけて点眼は、間違いではないけど、
懸濁液を先に点眼している人もたくさんいました。
懸濁液は、後が正解。
私は可能な限り、もっとあけての点眼を推進してます。
リタイアして、時間の余裕がある方は、1時間以上あけて点眼し、同じ点眼なのに、3mmhg 下降する事は、よくあります。

私がまめに点眼指導していたら、
スタッフが患者さんへお渡しする資料を変更してくれました。
ガミガミ言わなくても、さらーとやってくれるのが、嬉しい110.png
それを、朝礼で発表してくれるのも、嬉しい113.png

d0131804_13494931.jpeg

眼科手術にやり甲斐は感じます。
患者さんの生活に沿った日々の指導には、
患者さんと一緒に治療している共感があり、
これまた、誇れる仕事です。
スタッフから、これ、学びました。

今週、私は夏休みを取らせてもらい、
外来は 2診制の時、一緒にやっている新見先生、矢形先生が担当しています。
信頼できる仲間に甘えて、リフレッシュし、
元気に戻ってきます169.png


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-07-22 13:51 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)
最近 私のブログの上位検索記事が 2009年日本臨床眼科学会記 → こちらから でして、
世の中がタイムスリップしたのかと 訝しく思ってました。

2018年7月1日から 視覚障害等級判定に 今までのゴールドマン動的視野だけでなく
静的自動視野計での評価が 新たに登場したことで
ネット検索する人が増えたというわけです。

「両眼解放視野エスターマン」 これが日本では普及していないからでしょう。
海外では 自動車免許の条件に エスターマンが採用されています。
緑内障の進行程度チェックで 中心30-2 ばかりなさっている施設が多いかと思いますが、
案外 高齢の緑内障患者さんでも自動車を運転されています。
両眼エスターマンをすると、 
右折対向車が危険なのか
左折歩行者が危険なのか 生活のアドバイスができるんですよ。

この度、私、片眼隠して 両眼解放エスターマン視野を行いました。
測定時間は 約6分30秒。見えている目だと約4分で終わります。

d0131804_20583253.jpg

結果は、120点中98点。100点以下につき、視野では5級になります。
片眼遮蔽したので 視力0 と考え、私の見えている目は1.5ですので、視力では6級に相当しません。
ただ、今回視野で5級に相当します。
今までは、片眼が見えてなくても 片眼の視機能が完璧であると
視力と視野の両者を考慮しても、視覚障害に相当しない方がたくさんいました。
片眼みえていないと、日常生活では相当不便であり、危険も伴うことも多々あるのに。
片眼見えていない方の 両眼エスターマンを測定してみて 今後 等級は高くないものの
視覚障害認定になる方もでてくるでしょう。

エスターマンの判断は 100点以下 5級、70点以下で 4級~2級です。
70点以下だと 中心10-2プログラムで再度検査し、40点以下か20点以下か判断します。
検査側からすると エスターマンは 数値が明確にでるので便利に思えますが、
求心性視野欠損 中心10度程度しか見えていない患者さんだと
両眼解放エスターマンで ほとんとボタンが押せず、その後 中心10度検査でも 相当見えにくい。
患者さんには 酷な検査になります。
やはり 動的視野、静的視野は 動的に定量判定と 見え方の質的判定 と 本来 目的が違いますので
どちらも 必要かな・・・と しみじみ思ってます。

患者さんの状態を把握し 医師が適切な視野指示を出さねば! と思います。

視能訓練士(ORT)によるゴールドマン動的視野が減り
自動視野計の普及にともなった 今回の改訂でしょう。
もちろん、今までの視野の基準が相当曖昧でしたので
このたびは より明確に判定できるようになりました。
だからといって、自動視野だけでの判定には やや危うい面も残ります。
ORTは 眼科医の心強いパートナーです。
病院でない眼科医院の先生方も ORTをスタッフに迎え、
動的視野、静的視野 双方で患者さんの目に寄り添いましょう!



[PR]
by ray_matsumoto | 2018-06-27 20:57 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)
本日の外来でも緑内障の患者さんが受診してくださいました。
毎日のように 沢山の緑内障の方が来院されます。

自覚症状のない緑内障ですが、
眼圧だけでなく、視野検査、眼底3次元解析での視神経乳頭陥凹の解析により、
現在早期発見が可能となりました。

人間ドッグ、VDT検診、眼ドッグ、コンタクトレンズ処方受診で指摘されても
自覚症状がないがゆえに
精密検査に来院されない人も多いのが現実です。

現在、緑内障治療の目薬や手術方法が増えました。
昔のように 緑内障=失明 という怖い病気ではなくなりました。
ただ、治療をせず 放置していると
気が付かないうちに視野が狭くなり 
気がついたときは 日常に支障をきたす状態 である方も
まだまだいらっしゃいます。

緑内障という病気を知ってもらう啓蒙活動が毎年なされています。
世界緑内障週間で行われる ライトアップinグリーン運動です。
今年は 3月11日~17日。
ここ神戸では 12日、13日に神戸ポートタワーとMOSAIC大観車でグリーンライトアップが行われます。
その他の場所は → こちらから

私の今日のライトアップは 緑のグラスと日本画の水仙。
2年前の 私のライトアップin グリーンは → こちらから

d0131804_21483771.jpeg

遠くの方は 
ご自宅で緑をみながら 
緑に接しながら 光を照らしながら
ご家族で 緑内障と目の検診の重要性について
会話をしてください。

知ることから始まります。
受診することから救われます。
行動が 光を保ち 
失われつつあっても 
会話が 何らかの世界を導いてくれます177.png


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-03-11 21:46 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)

調節機能検査

NHKためしてガッテンにて 東京・梶田眼科の梶田雅義先生が(→こちらから
疲れない眼鏡処方 のお話をなさってました。
調節機能を考慮した 眼鏡処方 です。

眼ドッグにて 調節機能検査を行っているレイ眼科クリニックに
ここ数日 電話でのお問い合わせがあります。
以前のブログでの紹介は ⇒ こちらから

久しぶりに 私も検査を受けました。
向かって右 2010年の結果にて 調節機能は正常。
老眼年齢に足を踏み入れてましたが 
遠方~近方 と グラフが右肩あがりになり
近くをみるときの調節力が正常でした。
この時、「私は、 まだ 若い!!」 と思ったものです。

d0131804_17160453.jpeg

その後 8年の月日を経て
向かって左、本日のグラフは フラット。
右肩あがりにならず 平たくなっていました。

はい、私も年を重ねた分、
調節力は 年相応に低下していました。
調節痙攣、調節緊張はない 健康な老眼♡

そういえば、笑った顔も 
目が垂れてきて、
目力が緩やかになってきた今日この頃。
目力は弱くなりましたが
力まなく 穏やかに 平安。
一緒に写っている素敵な女性との話は、次回に♪

d0131804_17240128.jpeg

眼精疲労でお困りの方、調節機能検査にどうぞご来院ください。


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-03-02 17:07 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)

FERRARA RING

2月24日土曜日は休診にしまして、眼科先進医療研究会でのFERRARA RING講習会に参加してきました。

手前はインストラクター荒井先生。
なんと3D手術システムでの指導を受けることができました。だから、眼鏡をかけてます。

d0131804_19415530.jpeg

顕微鏡を覗かずに 首をあげ 大きなモニターをみながらの手術。
顕微鏡では 透明で髪の毛の厚みほどで立体的な感覚がつかみにくい角膜も
3Dシステムのほうが 「え?? そんなに厚みあるかしら??」って感じ。
そう、繊細な組織ほど 3D、4Kでの 高解像度、偏光画像での手術に向く!

不器用で 基礎手技をなんども確認しないと気が済まない私も
インストラクター荒井先生、福岡先生、Paulo Rerrara先生のご指導のお蔭で
納得できる講習を受けることができました。
お友達のとっても起用な F先生、M先生♪

d0131804_19422749.jpeg

当日 多くの参加者の熱気で 手術室の湿度と温度があがり
なんとフェムトセカンドレーザーが止まったのです。
で、リングのための角膜トンネルをどう作成するかってことで
なんと Paulo先生が マニュアル作成されました。
筒のような器具で 角膜実質層内にトンネルと作るのです。
昔 この手術をみて、 「えええ??繊細さに欠ける術式だな・・・」と思いましたが
体験してみると 角膜コラーゲンは層状になっているので
手でグリグリすると トンネルが作成できました。
バームクーヘンを横にスライスカットするイメージ。
これも 滅多に出来ない体験でして
角膜組織の強さ、柔軟さ を体感しました。

ウェットラボ講習があった場所は アローズ。→こちらから
素晴らしい空間でして、
電子カルテ全社の比較、OCTの比較 など、
機種を一度に比較体験できます。
そして 手術室が二つ。
ここで 若い先生は手術のトレーニングができることでしょうし
今回のように新しい手術の講習にも使えます。
会議室も充実。
眼科医のみなさん、ショールーム器械展示空間、是非是非 学会などで関西にお越しの際は
有効利用しましょう!

d0131804_19432156.jpeg
 
講習終了後 参加された多くの先生方。
(私は 第一陣参加にて写真撮影のときは不在)

d0131804_19433773.jpeg

認定書を頂き、これからリングの発注が可能となります。
新しい治療の幅をこれから広げていきます。

d0131804_19435822.jpeg

FERRARA RING → こちらから
FERRARA RINGもINTACSも 同じグループ(AJL)になり
適応については 画像を相談すると 見極めてくれるとのことです。
発注には それぞれ 講習をうけ 認定書が必要となります。



[PR]
by ray_matsumoto | 2018-02-26 19:40 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)

エイドン EIDON

今年初め 岡眼科クリニックにて見せてもらった (→ こちらから
走査型レーザー検眼鏡SLOの眼底カメラ・EIDONをレイ眼科クリニックでも導入しました。

無散瞳で これだけ広範囲の眼底を記録できます。
ちなみに、これ、私の眼底。

d0131804_2022537.png


重宝しているのが、飛蚊症の方への説明。
Grial Ringが とても綺麗に写り
患者さんが 「はい、この形でみえるんです!」 と仰います。
説明が容易になりました。

d0131804_2024849.jpg


また網膜前膜もクリアに写ります。(上の写真)
病気の範囲、歪みの自覚 を説明しやすくなりました。

無散瞳で撮影可能。
お車で来院の方にも 
広範囲写真 かつ クリアに写るので
患者さんにとっても 診断する私達にとっても フレンドリーな器械です。
OCTではありませんので、眼底カメラ撮影(デジタル撮影の場合)の算定になります。
診断するものにとっては、OCTと同価値を感じています。

EIDON  (認可機種)
詳しくは →  こちらから 

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-11-28 20:02 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)

クイックチェイサーAdeno

今月に入って ウイルス性結膜炎のお子ちゃまが増えています。
流行性角結膜炎、咽頭熱、出血性結膜炎は学校伝染病に指定されていますから
保育所や幼稚園、小学校には行けず 自宅療養になります。

綿棒の先で こどもちゃんの結膜嚢をゴシゴシするのは
ちょっと可哀そう。
お母さんやスタッフに励ましてもらいながら
検査を受けてくれます。

ちょっと泣くこどもちゃんには
「泣いてもいいよー10数えたらなんともなくなるよー」と言います。
号泣していたこどもちゃんに
「泣いていいんだよ~50数えるあいだ、泣いてていいよー」 と言いましたが
50 と聞いた途端、そのこどもちゃんは泣き止みました。
こどもなりに、なんか それ 長すぎる?? と察知したのかしら♡
可愛いな~

このたび、綿棒でなく濾紙タイプのアデノウィルスチェックキットが登場。
本日 院内勉強会をしてもらいました。
眼瞼結膜に 5秒接触させて 涙液、結膜滲出液をしみこませます。
判断時間は 7分。

d0131804_13485893.jpg

うん、濾紙のほうが綿棒より痛くなくって こどもちゃんにはいいと思う。
濾紙をみせるとき、なんて言おうかな~
この季節なら 「細くって小さいアイスクリームだよ~~」って言おう!

クイックチェイサー Adeno は 日本点眼薬研究所から新発売です。
[PR]
by ray_matsumoto | 2017-07-28 13:47 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)
このところ、気に入っている検査機器がこれ。
ドライアイ観察装置 DR-1α。

涙の成分を判定する器械です。
瞬きに沿って 涙のパターンを動画で記録します。
涙には 水成分と油成分がありますが
綺麗な涙だと 瞬きとともに
涙が一枚の美しいベールのように層をなして
下から上へと 舞い上がる様子が観察できます。
そう、美しい角膜表面は まるで花嫁さんのベールや真珠のようなのです。

本日の私のデータ、Pearl型でした♡
新郎がベールをそっとあげる慎ましやかさでなく
元気よく ベールが巻き上がるような映像でした。
興奮した舞台のあとの カーテンコールみたいな!
動画でなく、残念!

d0131804_19485743.jpg

前機種のときは 
何を観察しているのかよくわからなかったのですが
ドライアイの第一人者 有田玲子先生が
ドライアイのタイプ分類をされて以後
この器械で検査をしたい~~ とずっと思っていました。

大変多いのが、蒸発亢進型の Crystal.
なんとなくクリスタルって ネーミングは洒落てますが
表面に保護がなく 水分だけの乾いた目なんです。
油が足りない マイボーム腺機能不全のドライアイが本当に多い!
パソコンやスマートフォンの影響が絶対あります。

ドライアイは 水と油のどちらが足りないかを診断して治療する時代です。
現代病ドライアイも しっかり診断し それに合った治療をすれば
必ず良くなります。
仕事はやりがいがあって楽しいです!

DR-1α の記事は ➡ こちらから
ドライアイについては LIME研究会 をご覧ください。➡ こちらから

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-07-21 19:34 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)

Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31