Eye Doctor's ESSAY★

by ray_matsumoto

カテゴリ:Favorite( 344 )

明石人丸教会での 梯剛之さんのピアノコンサートに行きました。
~心に響く音色をあなたに♪
子ども達がこころ豊かに育ってほしい~
と いう無料コンサート。

d0131804_15201025.jpeg

2005年 子供に伝えるクラシック委員会を設立して作成したDVDを全国の小学校・特別支援学校に無料配布、
その後も ボランティア活動として 子供がいる場所で演奏をなさっています。

梯さんは、
「初めて 明石に来ました。駅をおりると、明るい素直な空気を感じました」と
コンサートを始めました。

d0131804_15221928.jpeg

1.モーツアルト:サルティの主題による変奏曲
2.ベートーベン:月光ソナタ1楽章
3.武満徹:雨の樹
4.ドビュッシー:月の光
5.ショパン:子犬のワルツ
6.ショパン:軍隊ポロネーズ

アンコール ショパン:ノクターン 遺作

小児がんで失明されている梯さんが 明るさや光の屈折を音で表現されるのです。
月光ソナタの暗闇は 静かで奥深く そこに一筋にか細い光が照らされました。
私は まだこのような暗闇を知りません。
武満徹の雨の樹は 雨音が連なり 重なり 雨のしずくに反射する光を感じました。
ドビュッシーの月の光は 輝きが軽やかで
梯さんが 何をもって 光の反射をとらえておられるのか
人間の感性の深さに感涙なしには聴けませんでした。

d0131804_15231178.jpeg

子供の為に 前の席が用意されており
小さなおこさんは じっとできず、時にお喋りもするのですが
そんな中で 梯さんは 軽やかに演奏されました。
まるで 自然の中の風のように。
すべてを受容するように。

私は 見えることへの仕事を誇りに思っています。
加えて、見えない方の感覚感性を聞き取り
その方にとっての豊かな生活が過ごせるよう
風のように寄り添える診療も行いたいって思いました。

ボランティア活動で成り立っている 子供に伝えるクラシック。
募金をしたら、 非売品のDVDを頂けました。

d0131804_15224797.jpeg

希望の音色が
子供や 今 辛い現実の中にいる人に聴こえる世界でありますように。
極寒の季節のなか
気持ちが温まる時間でした。

梯 剛之さんのコンサート情報は → こちらから


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-02-12 15:17 | Favorite | Trackback | Comments(0)

コヤマ・ワインズ

NZに渡りワインを造る 小山竜宇氏の KOYAMA WINES のメーカーズディナーに行きました。
初めて参加したのは もう3年前 → こちらから
プレゼンテーションがお上手で 質問にも明確にお答えくださり
学会参加している気分。
そう、小山さんがご自分の醸造手法を語ってくださる科学的なメーカーズディナーです。

d0131804_23501684.jpeg

今回 リースリングで初スパークリングを仕込まれた小山さん。
チャレンジした達成感を熱く語ってくださいました。
方程式にのっとり (そんな式があるんですね!)
仲間と計算をし 確認をして スパークリングを造られました。
なにせ 初めてのこと、ドキドキ。
で、 泡の勢いが強く 開けるたびに シュワ~~~って何十パーセントも泡が吹いて消えていく。
相当 心配だったそうですが
デゴルジュマン、ドサージュの過程で ある時 泡が静かになったんですって。
「さすが シャンパーニュ」 と 小山さんが 感嘆されました。
実際 行った人だけが 発せる 生きる感嘆。
うん、感動しました! 
ただただ、「今日は疲れた!シャンパーニュっ!」と飲んでるだけの私と大違い!
早く コヤマ リースリングの泡を味わってみたいです!!

今回は 輸入が間に合わず スパークリングはありませんでしたが
タソック・テラス・ヴィンヤード。ドライリースリング 2016年 のなんと素晴らしいこと☆
自然の貴腐菌がなせる 一瞬感じる 酸味がある蜂蜜的な香りのあと すぐ石の塊のようなミネラル感。
香、口の中、喉越し と 幾重にも変化しながら 持続する旨味に悩殺されました!
ドライなリースリングは 和食にとっても合います♡
雲丹、菜の花
そして これは フォアグラと大根 西京味噌ソース。

d0131804_23491685.jpeg

前回も頂きました ピアソンズ・ヴィンヤード・ピノノワール。
今回は 2014年。
向かって一番左の明るい色、
ベリーや若々しいチェリーの風味、少女のような爽やかなピノノワール。
お食事が進むピノです。
現在 イギリス取引市場にてNZやオレゴンのピノの割合が伸びてきているとのこと。
地球温暖化に伴い、葡萄の成育も変化し
美味しいワインの産地は今後 変化していくことでしょう。

d0131804_23494803.jpeg

向かって一番右の色の濃いものは ウィリアムズ・ヴィンヤード・S・ピノノワール 2015年。
房ごと発酵することでタンニンが強く 力強さが出ます。
今回の 新樽率は30%。
同じ葡萄でも 場所が少し違うだけ、 作り方が違うだけで 差がでます。
葡萄のクローンは 単一畑で 一つのクローン。
出来上がった葡萄を 組み合わせ 美味しいワインを造っていきます。
時間をかけて作るワイン、
NZでは 価格は決して 安くしないそうです。
価値があるものは 誇りをもって安売りをしない。
賛成です。

d0131804_23524436.jpeg

どんな個性になるのかは 想像力 が必要とのことでした。
ワイン作りに必要な 「想像力」。
きっと どの仕事も同じで
それは 生き方も 同じかも。

「想像力」「挑戦」それが コヤマ・ワインズ の魅力 です。
私も、もう少し挑戦しないとな〜
小山さん、そしてご一緒したステキなお友達と。

d0131804_23512942.jpeg

季節を先取り、和の食材も使った美味しいイタリアンは T.N
明るくゆったりとした空間。
次は 母と一緒に行きたいと思います。
T.N ristorantino della strada → こちらから

d0131804_23521339.jpeg

[PR]
by ray_matsumoto | 2018-02-05 23:42 | Favorite | Trackback | Comments(0)

イザベル・ファウスト♪

シルエットの細い鮮やかなブルーグリーンのパンツ、薔薇色のケープをまとって登場したイザベル・ファウストさん。
妖精みたい。
私にとって 初めてのヴァイオリンソロリサイタルでした。

彼女の醸し出す世界観を 生の演奏を聞いた多くの友達から聞いていました。
だから 私も直接自分の耳で感じたいと思っていました。

d0131804_19435832.jpeg


演目は、バッハ無伴奏ヴァイオリン。
パルティータ 第3番 BWV1006
ソナタ 第3番 BWV1005
パルティータ 第2番 BWV1004

1704年製のストラディバリウス「スリーピング・ビューティ」から奏でられる
弾むリズムと空気、
規則正しく刻まれる音階、
低音の響き、
重なる音色。
一本の弓が静かに震える世界を 
どんどん 拡大していきます。
舞台には 一人、 一本の弓、4本の弦 しかないのに
無限の宇宙が観えました。

最後 シャコンヌを弾き終わったとき 空気が静止しました。
そこから 無の状態。
誰もが 息を潜め 虚脱の世界にいました。
何十秒たったのかしら。
数人が拍手をしましたが それもすぐやみ
さらに 闇なのか光なのか 解らない空間を 演者とともに共有。
イザベルが 息を吸い この世界に戻ってきた瞬間、
私達も 生の世界に舞い戻り 大きなやまない拍手がいつまでも続きました。

仕事のあとの疲れた身体を忘れる
別世界への誘い。
仕事のあとに 演奏会に行けるという贅沢。
素晴らしい経験でした。

私は ソナタのフーガで号泣してしまい
今でも 家で気に入って流しています。
冬の無伴奏。
凛とした空気、生きることを潜めるこの季節にピッタリ。

イザベル・ファウスト 今年は年末にも来日します。⇒こちらから
生活の中に 音。
音楽のある人生、なんて素晴らしいこと!

[PR]
by ray_matsumoto | 2018-01-30 19:42 | Favorite | Trackback | Comments(0)
職場の近くに素敵な場所を見つけました♡

彼曰く
「ピアノとスタインウェイというのは、人類と人々という関係と同じ」

d0131804_22535925.jpeg

大好きな狼少女曰く(あ、もう少女の年齢ではないけど、少女のような輝き☆)
「個性、それ以上に 大切な魂をもったピアノ」

d0131804_22541652.jpeg

なんと ピアノルームで 弾くこともできます♪
軽やかな高温、
力強い低音、
華やかな音色、
生きているような音にどんどん惹きこまれます♡

d0131804_22543228.jpeg

人の感情が変化するように 音が変わりました。
叩くだけしか知らなかった私に 違いを教えてくれる楽器でした。
例えば 人に声をかけるとき、
今までの私は 肩を強くたたくだけしか知りませんでした。
その人が 哀しみを持っていたら そっと添えるだけでいい。
喜びにあふれていたら 軽くタッチ。
感情が混沌としていれば その人の肩を揺らし続けることでしょう。
アプローチの違いは 現実を変えていきます。
会話もそうですね。
好きな事ばかり一方的に話すだけでなく、
相手との共鳴を楽しむ会話。
その方が 拡がりがあります。

家でよく聞く JAZZのDIANA KRALLも
「こんな存在、世界中にいない」って言ってます♪

d0131804_22545787.jpeg

恐る恐る「アマチュアですが、弾いてもいいんですか?」と尋ねたら
「音楽がお好きな方でしたら どなたでも♪
ジャンルも問いません」とのお返事でした。
静かで綺麗な空間にて
純粋に音楽だけに集中できる贅沢な場所。
道具って大切ですね。
人の手を介した道具には 命が吹き込まれています。
素晴らしい道具には 命が存在感をもってあります。
その命が 自分の力以上の世界を導き 
想像をこえる世界を 展開してくれます。

d0131804_22553810.jpeg

さあ、趣味だけでなく 最上のものに囲まれて仕事を行いたい!
ただいま 眼科手術学会中、器械展示場に足を運ぶことにします。

ちょっと背伸びをしても いい道具を一生のパートナーとして持つ生き方、
いかがですか?

スタインウェイ&サンズ神戸 → こちらから

d0131804_22555892.jpeg

[PR]
by ray_matsumoto | 2018-01-26 22:53 | Favorite | Trackback | Comments(0)

PEANUTS HOTEL !!

今年は戌年ですね!
スヌーピー好きの皆さんに タイムリーな情報が!!

この夏、神戸は北野坂に スヌーピーとその仲間達の PEANUTS HOTELが登場します♡
プレスリリースは → こちらから

実は 私、今年 決めたことがあるんです。

「1日、1スヌーピー♡、そして たくさんの笑顔♡♡♡」

だから 新年からこのブログにもスヌーピーが時々登場してますでしょ?
そんな私に
私だけでなく 世界のスヌーピー好き達に
スヌーピーとその仲間達と
生活を共有できる空間ができるわけ☆

d0131804_21133102.jpeg

うん、うちのスヌーピーは 家の一番良い椅子に座り
一番 眺めの良い場所に鎮座しています。
お客さんがくるとね、
スヌーピーの愛らしさに惹かれるのか
誰もが スヌーピーをタッチします。
椅子に座る角度を変える人もいて
知らぬうちに 変わるスヌーピーに
「えええ??? 座り心地が悪かったの?自分で移動したの?」って
自分の家なのに ビックリしています♡

私の家のケトルもスヌーピーなんですよ~ → こちらから
お茶を飲む前、すでにスヌーピーで気持ちが安らぎます♪

KOBE PEANUTS HOTEL は
私の好きなレストラン・スポンテニアスのビルと聞いています。
1階は ピーナッツ カフェになるみたい!
スポンテニウス → こちらから
ちなみに、このピーナッツも大好きです。
千葉名産、Yちゃん、美味しいよーありがとう111.png

d0131804_21164928.jpeg

戌年神戸から 笑顔と平和の発信!
皆さん、神戸に遊びに来てくださいね!
PEANUTS HOTEL のオープンを楽しみにしています♡


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-01-20 21:10 | Favorite | Trackback | Comments(0)

天才たちの青春

7歳~20歳までの作品。
10歳前の作品は 純粋
10~15歳までの作品は みずみずしく伸びやか
10代後半にもなれば 人に力強く訴える表現

愛知県岡崎市にある おかざき世界こども美術博物館は、
世界初、こどものための参加型の美術館です。
そこが所蔵する 巨匠と呼ばれる人達が子供のころに制作した作品展。
現在 明石市立文化博物館で開催されています。

d0131804_19412825.jpeg

音楽一家 ラウル・デュフイ の絵は 色合いが華やかで音楽を題材にしたものが多いですね。
先般、楽譜を送ってくれた友達の葉書も ラウル・デュフイのものでした。
その彼は 家が貧しく 家計を助けるために中学校を中退して仕事をします。
その後 夜間美術学校に行ったとか。
軽いタッチで明るい絵の多い彼が そんな苦労人だったとは知りませんでした。
彼が13歳の時に描いた人の絵、人の形を流すことなくしっかりとしたタッチが
とても印象に残りました。

d0131804_19415621.jpeg

パウル・クレー 19歳の作品「椅子に座る少女」は 抽象画ではありませんでした。
少女のなんとなくけだるい雰囲気が漂ってきて
きっと この少女が クレーのことを好きなんじゃないかしらって思いました。
クレーも音楽一家に育ち、彼自身もバイオリンが非常にうまく
11歳にして ベルン市立管弦楽団にて非常勤で演奏していたんですって!
私だって、演奏ができて絵を描ける人がいたら 即好きになります♡

高村光太郎の姉、高村咲子の作品 「鶴」は11歳の時のもの。
狩野派で学んでいたそうです。
すでに そぎ落とされた感性。
15歳で他界したとか。才能を15年で凝縮してしまったのでしょうか。
冬の寒さに ことさら その美しさが心に入り込みました。

ロートレック、モネ、ムンク、ピカソ、
伊藤深水、平山郁夫、三輪ちょう勢、東郷青児
横尾忠則、ロバート クシュナー
などなど 見ごたえ十分でした!

さてさて、これは 誰の子供の時の作品でしょう?

d0131804_19423892.jpeg

答え:
Ray ってサインが読めましたか?
私が中学生の時に描いた自画像です~~

こどもは 誰もが 天才??!!

純粋さに力を貰える Little Masterpieces。
天才たちの青春 明石市立文化博物館にて 2月4日まで。(→ こちらから
9時半~18時半 と開館時間が長いのもの嬉しい。
会期中無休。 どうぞ お子さん、お孫さんと一緒に足をお運びくださいませ。

[PR]
by ray_matsumoto | 2018-01-18 19:39 | Favorite | Trackback | Comments(0)
貴方にとっての音楽は何ですか?

23年前 神戸淡路大震災後、
音楽で力をもらった老若男女の姿を直に見ました。
ソウル・フラワー・モノノケサミットの満月の夕で
どれだけ多くの人が元気をもらったことでしょう。
音楽で
空気や風や光、季節といった自然を感じたり
人の吐息 悩み 歓喜 のような 心情を感じたりします。
そこに広がるのは 無限の世界です。
何かが 目の前に広がっていくのが 音楽の素晴らしいところです。

先般の大給食堂のイベントにて 素晴らしいギターリストに出逢いました。
とっても物静かな人。
でも 目の奥が光ってますでしょ?

d0131804_23400736.jpeg

演奏の時は 別人のよう。
流れる音楽は 密やかで場所を問いません。
自分の中の懐かしい光景のなかにいる気持ちになる 
誰にでも共通する 地球の音色です。
口元をきゅっと閉めて 指先だけで呼吸しているがごとく
生き物のように しなやかな指先から
生きた音色が響きます。

d0131804_23412231.jpeg

白い音楽 「都市の目覚め」 は レコードのようなCD装丁。
生演奏で聴いた COMA をとっても気に入ってます。
そして アルバム 「HORIZON」
ちょうど60分のこの1枚で 
どんなに疲弊していても 終わるころには 心身のリズムが取り戻せます。
とくに 風がそよぎ水が流れ光が射す音楽 表題のHORIZONを聴くと
涙が 2~3粒落ちて そのあと 気持ちが安らぎます。

d0131804_23420918.jpeg

たいていの音楽を聴くと 私は季節が頭に浮かびます。
坂ノ下さんの音楽は
季節がなく 
どこかで行ったことのある自然を連想させる音です。
そして その自然の中で 物思いにふけったり瞑想する自分が見えます。
それが とっても心地よい音楽です。

ボーダーレスな人
静かな語り口調だったけど 相当熱い人です、きっと。
サインをありがとうございます。
好きな楽器 ギター 
こんなにしっくりしっとり演奏してくださる人に出逢えて嬉しかった とある1月の寒い午後。
こういうのを シアワセって言っていいんでしょう?

坂ノ下典正さん  Sakanoshita Norimasa → こちらから
美味しい紅茶を飲みながら
優しいワインを飲みながら
朝の光のなか
陽だまりのなか
夕焼けの眩しさを横目に
ロウソクの灯のもと
彼のギターを聴いてみましょう♪

私にとっての音楽は 心の旅です♡

[PR]
by ray_matsumoto | 2018-01-16 23:38 | Favorite | Trackback | Comments(0)

大給食堂

「大給食堂」 に行ってきました。
前回の写真にて 私の右側に写っておられたのが 大給さん。
大給さんご家族は 皆、 とっても目がキレイなんです。
キレイな目の人が作る お料理。
まして その名が 大給。
大きい給食??
そりゃ、相当、おおいに たまわれる っワクワクしませんか?!

シンプルに グリル!

d0131804_20293376.jpeg

神戸出身の大給さんは
普段 山梨で お好み焼き屋さんをなさっています。
SUN.DAYS.FOOD というお店で
お好み焼きだけでなく 自家製パン、自家製デザートも振舞っています。

今回のポスターをみて
SUN.DAYS.FOOD ONE.DAY.FOOD の言葉をみました。
SUN.DAYS.FOOD 毎日、日曜日みたいに リラックスして食事を愉しもう!
ONE.DAY.FOOD 一日一日の食事を大事にしよう!
そういう意味ですね!

d0131804_20302041.jpeg

神戸での大給食堂は 大人気で 
数種類のお肉や野菜のグリル、お好み焼き、デザートはあっという間に なくなっていました。
美味しいものは すぐ 解る。
宴のあと。

d0131804_20304245.jpeg

iiba GALLERY さん企画(→こちらから
伊庭さんのご縁、
大給さんとこのような場所で再会できて 
大切に思うものが 同じ世界の人なんだと認識できて
素晴らしい新年の宴になりました。
次回は 夏かしら?
再会を楽しみにしています!
伊庭さん、resonancemusicの吉本さん、中正さん、共通の知人がいるこの繋がり
糸が紡ぎ合ったご縁を嬉しく思います。

d0131804_20321183.jpeg

SUN.DAYS.FOOD → こちらから 
インスタは →こちらから
iiba GALLERY → こちらから
resonancemusic → こちらから

食事を大切に作り、
感謝しながら
美味しく頂きましょう。
そうする毎日が
何かを授けてくれるはず。

[PR]
by ray_matsumoto | 2018-01-15 20:28 | Favorite | Trackback | Comments(0)
優しい空気の中で 笑みが訪れました。
生きることは、共鳴することだと五感が実感した瞬間。

d0131804_20054353.jpeg

ワインメーカー BEAU PAYSAGE と共鳴する生き方が
Salon de resonance の活動です。
その主軸として 音楽があります。
ご縁があって 偶然手に入れたCD2枚については → こちらから

一枚目 Pinot Noir この1曲目に心を掴まれ その後 私の生活に溶け込んでいます。
ワインのブドウ品種 ピノノワールは ピアノに近いのです。
創り方によって 変化します。
気分によって 様変わりします。
そして チャーミングで 艶っぽい。
2枚目 Chardonnay は 溌剌とした子供達が遊んでいるような元気なアルバム。
夏に聞くのにピッタリです。
この度 3枚目 la montage (メルロー)が発売されました。
しっとり 時間をかけて 練り上げていくような音楽が集まった一枚です。
歴史のようなものを感じます。

d0131804_20061008.jpeg

これらのCDを編集されたお方が 吉本宏氏。
私の左におられるお方。
偏りがなく 朗らかな 陽だまりのような男性でした。
ゆえに 彼の選曲は 全世界に渡るのでしょう。
そして 彼が選んだ音楽を聴いていると
どんな場所であっても 素晴らしい世界があること
自然を感じる心
何かに感動する心に
境界はないんだって 解ります。
裏表がない世界 のなんて居心地のよいことでしょう。

ビニールカバーについてるシールを私は裏面に張り付けました。
裏からも音楽が見れる BEAU PAYSAGE3枚♡
色合いが美しいCDブックは 
シールを張っても 
裏面すらも色のバランスがアートです!
裏面に愛着を持つのは、
レコードB面の名曲探しが好きな性分だからでしょう。
裏表ないホリゾンタルワールド♪
このしリーズの素晴らしいところは 音楽に留まりません。
中のエッセイにも いい距離感を保ちながら 共鳴できるのです。

d0131804_20063967.jpeg

吉本氏から 選曲のお話しを伺いました。
特に私が気に入っているピノノワールの1曲目は偶然の産物なんですって!
本当は別の曲の予定でしたが この偶然の産物に 吉本氏も大満足されていました。
その Kiev Acoustic Trioはウクライナのグループです。
今回 発売されたCD な、な、なんと 楽譜付き!
それも 私の心をとらえた その曲 Night Song の楽譜です。
弾けるようになりたい!!

d0131804_20082193.jpeg

共鳴って 近かったり離れたり 強かったり弱かったり
決して すべてが同じではありません。
リズム、呼吸が合うこと、
それこそが 他と共存する最も大切なことだと思いませんか?

Salon de resonance → こちらから
ここから CDブックを手に入れることができます。
離れていても 同じ感覚の人が どこかで 何かのタイミングで
同じ音楽を聴いているかもしれないって シアワセな予感を
愉しみませんか?
冬、今の季節に 3枚目 la montage は特にお勧めです♡

さて、私の右側の男性、この方と共鳴していくお話しは 次回に!


[PR]
by ray_matsumoto | 2018-01-11 20:00 | Favorite | Trackback | Comments(0)
ラトビアってどこにあるかご存じですか?
バルト三国の一つ、
私の小学校時代の地球儀では ソビエト連邦だった場所。
エリーナ・ガランチャ というモーツアルトをステキに歌うメゾソプラノ歌手の出身国。

たったそれだけの 私のラトビアが
愛らしい機会によって ちょっとだけ身近になりました。

d0131804_20001337.jpeg

小説家・小川糸さん →こちらから の「ミ・ト・ン」という物語。
小説を飾るのは 平澤まりこさんの銅版画。 → こちらから
そこには 小さな国 ラトビアの世界が広がっていました。

d0131804_20004005.jpeg

手作りのミトン、
温かなミトンは
命の誕生を象徴するのかしら?
生きることの印かしら?
子供のころの私の手袋は 母のお手製 ミトン でした。
指が上手に使えなかった子供のころ
指の力が弱かった子供のころ
手のひらと親指だけで何かを掴んでいたあの時。
小さな不安、大きな安心感。
小さな不安は親指で大きな安心感は手のひら。

まだ 物語は読んでいませんが 本の到着が楽しみです。
私が選んだ銅版画、到着したら物語に合わせて報告しますね。

d0131804_20015328.jpeg

ミ・ト・ン 出版記念
平澤まりこ原画展
12月25日まで
iiba gallery
神戸市中央区下山手通3-11-16 ケンスビル3階
078⁻321-6500
宝探し気分のその場所は
気持ちが清清しくなる空気の綺麗なギャラリーです。
伊庭さん、いつも気持ち良い世界をありがとうございます♪





[PR]
by ray_matsumoto | 2017-12-21 19:56 | Favorite | Trackback | Comments(0)