人気ブログランキング |

カテゴリ:Favorite( 359 )

竹中大工道具館

えええ~~~ どうなってるの???

d0131804_18212663.jpeg

足を踏み入れると 檜の香りが漂っていました。

d0131804_18220920.jpeg

「木組~分解してみました」展 に行きました。
金属、釘なし 自然の恵みである木を 人間の手で
組み、継ぎ、仕立てていく 日本の大工技術です。

円覚寺舎利殿 組物 原寸模型
寺社の柱の上 の複雑な形も 全て手作業。

d0131804_18223406.jpeg
継手、 固い!!動かない!!!
ボランティアの方が一方向にしか移動しないと教えてくれました。

d0131804_18225301.jpeg

山口県の錦帯橋も もとは直線の木を重ねて曲線を造っています。
そこには 細かな継手が組み込まれていた!!
直線の延長に円形があり 円形の一部は 直線なんです!
深い!!!

d0131804_18231560.jpeg

美しい組子の屏風絵。
角度を計算して削り、木をしならせ、組む手作業の技です。

d0131804_18234035.jpeg

荒削り、仕上げ削り  違いを実際手で触れて体験できます。

d0131804_18241750.jpeg

唐招提寺金堂組物の 実物大模型もあります!

d0131804_18243692.jpeg

木の香りも楽しめます。杉、赤松、檜、檜葉、桜、栗、などなど。
私が気に入ったのは、 檜葉(ひば)。
自然の木の香りは樹齢の香り。木が生きていたことを感じます。
そして 香りが失せてきたら 
そこに 自分の年輪が加わり自分の香りになっていくのです。
時と命を感じることができる木工大工製品。

d0131804_18245862.jpeg

お茶室「一滴庵」は 昭和33年1958年のもの。
現在年2回、特別公開があるそうです。

d0131804_18251873.jpeg

日本で唯一 大工道具博物館  竹中大工道具館 →こちらから
開館35周年記念展 木組 12月15日まで。
中学生以下は無料、大人も500円、ワークルームもあって一日楽しめます。

台風で大きな被害を受けた関東地方の方々には、
一日も早く家が再建できますことを お祈りします。
日本の大工技術、今こそ 必要です。

by ray_matsumoto | 2019-10-14 18:20 | Favorite | Trackback | Comments(0)

千住博展~高野山金剛峰寺襖絵完成記念

お友達の紹介で 千住博展に行きました。

世界遺産 高野山金剛峰寺に2020年に奉納される襖絵の完成記念展です。
来年 奉納される その襖絵が 直に見れるのです!

入館してすぐ 『瀧図』 
約25メートルという巨大さ
それは 幅広い瀧を表現しているのではなく
険しい山から落ちる瀧のさまざまな表情です。
水面からのしぶき、
瀧にまとわる霧、
極寒のときは 凛と線のような瀧、
湿度があると 鈍な瀧、
水、空気、空間 距離。

次は『断崖図』 総延長約17メートル、
和紙を一度くしゃくしゃにして それを伸ばす。
そこに天然岩絵の具 を落としていきます。
そうすることで 断崖の立体感を表現しています。
近くで眺めていると 切迫した何かを感じます。
じっと眺めていると 遠くから眺めてみると
不動に見える断崖が
悠久と緩やかな変化のなかに存在していることを感じます。

どちらの作品も 普遍不偏不変 悠久 を 表現しているように感じました。

龍神は、 ブラックライトの光で 表情が変わります。
ただただ 見つめ ため息をつき 想像し
神様との時間を共感体験できるような 貴重な経験でした。

d0131804_23114177.jpeg

金箔の作品、湖畔初秋図、湖畔に蜻蛉図 も息をのむ美しさ。
一緒に行ったフランスからのF氏は Moon Echo 月響 を気に入られたようで
それを含む葉書を お土産としてプレゼントしました♡

d0131804_23122452.jpeg

軽井沢の千住博美術館に行きたくなりました。→ こちらから

d0131804_23130115.jpeg

千住博展
神戸市六甲アイランド内  神戸ゆかりの美術館、神戸ファッション美術館にて
11月4日まで。 → こちらから
もう一度 行きます。


by ray_matsumoto | 2019-10-02 23:09 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Bach-Archv Leipzig パイプオルガンコンサート

バッハオルガン作品演奏会のために大阪・いずみホールに出向きました。
オルガニスト アルフィート・ガストArvid Gast教授 による演奏会があり
翌日に 日本のオルガニストへのマスタークラスがあるという 企画でした。
マスタークラスの議題は 後期ドイツロマン派。

音楽好きで 仕事を含めて親しくしている秋田市小林眼科医院のご家族が 
オルガニストであることを ふとした会話で知りました。
しかも たった4人しか選ばれないマスタークラスへの参加者であることを知り
今回の 演奏会を紹介してもらったというわけです!

初対面 溌剌健康美人 オルガニストの朋子さん☆

d0131804_13343794.jpeg

いずみホールのパイプオルガンは フランス・アルザス地方 ケーニヒ社のもの。
(アルザスといえば、ワインが美味!!)
1990年に設置され、1年前に半年かけて大規模改修を行ったそうです。
4段の手鍵盤があり 
3623本のパイプが奏でる音は
清涼な重奏でした!

演目:
J.S.バッハ クラヴィノーア練習曲集 第3部より8曲
西村 朗 オルガンおための前奏曲「焔の幻影」
R・シューマン ペダルピアノのための6つの練習曲 Op56 4番
M.レーガー B-A-C-Hの名による幻想曲とフーガ Op.46

そして アンコールは メンデルスゾーン

d0131804_13353355.jpeg

バッハ、レーガーに壮大さ、宇宙を感じ
西村の曲には 映画のような映像を感じ
シューマン、メンデルスゾーンには 郷愁を感じました。
現代オルガン曲があることを知らなかったし
シューマンやメンデルスゾーンが ピアノに足鍵盤を追加したペダル・ピアノを気に入り
作曲していたことを知りませんでした!
ペダル・ピアノは19世紀半ばにライプツィヒ音楽院で練習用に導入され
教鞭をとっていたシューマンが関心を持ち、自宅にもペダル鍵盤を設置したんですって!
その後 ペダル・ピアノは普及しなかったものの
クロード・ドビュッシーが ピアノ・デュオのために編曲したそうです♡
いいものは どこかで繋がっていきます♪

オルガニスト朋子さんにオルガンのことを教えてもらいました。
パイプオルガン演奏は、絵を描くのと同じ。
重ねて音を色を作っていく。
鍵盤を押している間は 音はなり続け
演奏表現は 演奏者の解釈に委ねられているそうです。
絡み合いながら 和声が積み重なっていき 多彩に広がる世界が パイプオルガンの魅力でしょうか?
ピアノとは似て全く異なる世界でした♪
朋子さん、また お会いできる日を楽しみにしています。

d0131804_13361655.jpeg

ライプツィヒに行ってみたい♪ → こちらから

いずみホール・オルガン演奏会の企画については → こちらから


by ray_matsumoto | 2019-09-01 13:32 | Favorite | Trackback | Comments(0)

野菜果物!!そして 初韓国冷麺

暑いですね~~
皆さん、体調はいかがですか?

私は 新鮮な野菜をなるべく加熱せず食べて 体調管理をしています。
もちろん、果物も毎日摂取しています。

暑いこの季節は 冷凍庫で冷やしたコップに スムージーを入れてます。
就寝中 汗をいっぱい排出したからだが目を覚まします。
スムージーやジュースがとっても冷たいと 起床後の身体が驚きますので コップを冷やしています。

d0131804_16334801.jpeg

朝ご飯は 野菜と果物とスムージー、これに 台湾烏龍茶、紅茶 時に緑茶です。
温かいお茶をあえて飲むのは、
胃腸を温めて 活動させるためです。

d0131804_16341654.jpeg

この夏、初挑戦したのは 韓国冷麺。
白い麺と黒い麺がありました。
向かって左が白麺、右が黒麺。
といっても、野菜で 麺は見えず!
そう 休日の昼も 野菜タップリです。

d0131804_16344522.jpeg

黒い麺は 湯がく時間1分。
味が濃くって美味しい!
この夏、まだまだ食べようと思います。
水キムチを加えるのがポイントでこの季節は梨もお勧めです☆
麺が少し黒いのが、見えますか?

d0131804_16353240.jpeg

夜ご飯も 野菜野菜野菜!!
スイスチャドのお浸し、インゲンの胡麻和え、冷奴、
胡瓜は蕗味噌、柚子味噌で。

d0131804_16355821.jpeg

「暑いから肉」 より 
暑さで体力が奪われる季節こそ
消化効率のよい 野菜、果物を食べて  機能維持力を高め
食事で身体に負担をかけないようにしましょう。

生の野菜、果物を 1日の食事の70~80%にすることで
身体は 清潔になり 浄化されますよ。
異常気象になってしまった地球、温暖化の一つの要因に
加工品、保存料にまみれた食事を作る 工場の熱もあると思いませんか?
地球を傷め、出来上がった加工品で 人間の身体を傷める。
そんな食事から離れて
シンプルにいきませんか?

残暑厳しい折、みなさま 
お身体を野菜と果物にてご自愛くださいませ♪


by ray_matsumoto | 2019-08-18 16:32 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Will 若井優也

ここ2か月 気に入って聴いているアルバム

d0131804_19124498.jpeg

ピアノの若井優也氏は クラシックピアノをやっていたこともあり
1曲目は なんと ショパン エチュード Op10-6 をジャズにアレンジしたもの♪
素晴らしい!


私が気に入っているのが、 若井氏オリジナルの Will
音楽の中に 力強さ、 自然や生命を感じます。
音楽の中に ピアノの可能性が響き続けます。

ほんと、いいんだな~~~

d0131804_19132597.jpeg

素晴らしいこのアルバムは どの季節に聞いても身体に馴染むと思います。
春なら 溌剌さが際立ち
梅雨なら 湿気を清涼に変え
秋なら 彩りとなり
冬なら 凛とした空気と一体化する。

そう 四季の中で 生きている生きていこう と思えるアルバムです。

ほんと、素晴らしいです!!!

ジャズピアニスト 若井優也 Will  → こちらから


by ray_matsumoto | 2019-07-18 19:11 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Up's Club

ジャンルを問わず 音楽が好きです。
自宅でも 常に音楽が流れていて テレビは ほとんど観ません。

研修医のときから20歳代の頃 よくお世話になった店に
久しぶりに足を運びました!
久しぶりで 場所がわからないほど 京都河原町通りは変貌してました。。。

DORRYさん、変わってない!!

d0131804_19485049.jpeg

好きなレコードをかけてくれます♪変わってない!!
一緒に歌ってしまう♪ 楽しい!!

d0131804_19491118.jpeg

特にコーラスグループが好きです。
MANHATTANS 美しい~~

d0131804_19493294.jpeg

京都から神戸に転勤になった時
神戸なら ここに行きなさい~~と Moon-Lite (→こちらから)を紹介してくれました♪
親切なお店です~~

昔の自分を知っていてくれる場所があることが嬉しかったです。
その場所が 昔と全く変わっていないことも嬉しかったです。
私は 確実に 30年分 年を重ねたけど
一瞬にして 若返りました!

Up's Club → こちらから


by ray_matsumoto | 2019-07-11 19:47 | Favorite | Trackback | Comments(0)

スイスチャード♡

見つけたら 買わずにいられない野菜の一つが スイスチャード♡

ホウレン草に近いのですが、味は苦味みと濃くがもっとあって、
茎の部分の赤、ピンク、時にオレンジ、黄色部分が
繊維質タップリで葉とは違い、
甘みがあり美味しいのです!!

本日は 紫色の水菜も見つけました。

d0131804_22373143.jpeg

色が濃い野菜には カロテンが豊富に含まれます。
植物は作れるけど 動物は自ら作れない成分。
でも 人間では 見ることを投影する網膜に必要であり
栄養素を吸収する小腸に必要な栄養素です。
だから、私達は 食べものでしっかり摂取する必要があります。

色彩は
絵画だけでなく
私達人間の体に必要です。
貴方が食べている食事の色を 見てくださいね。
もし 茶色だけならば 要注意。
艶やかなパレットのように 
色に飛んだ食生活を 心掛ければ
心身共に 鮮やかになれます☆


by ray_matsumoto | 2019-06-20 22:35 | Favorite | Trackback | Comments(0)

梯 剛之ピアノリサイタル

昨年 神戸新聞でみて ふと足を運んだ 
梯 剛之さんによる子供に伝えるクラシック のピアノコンサート。→ こちらから
そこから ファンクラブの方と
時々 メールをしたり お手紙や葉書を書いたりというご縁が続いています。→ こちらから

Aさんのお心配りから 梯さんのピアノリサイタルに 母と一緒に行きました。

演目:
モーツァルト : 幻想曲二短調
シューマン :トロイメライ
ドビュッシー:月の光
ショパン  :タランテラ
ショパン  :舟歌
ショパン  :子猫のワルツ
ショパン  :バラード2番

シューマン :クライスレリアーナ

アンコール:
シューベルト: 即興曲 OP90-2、 楽興の時 Op94-3
ショパン  : ノクターン2曲  遺作 


ドビュッシーの月の光は、
前回 何をもって 光をとらえておられるのか その感性を理解したいと思ったものです。
今回、 梯さんが ベートーベンの月光は 水への月の反射、
ドビュッシーは 温もりを感じ、それはまるで 田んぼのあぜ道を歩いているような。。。
と 仰いました。

光 を 自分が知っている光でしか 捉えていない私に気が付きました。
温もりと湿りっけ 草の香りのする 梯さんのドビュッシー月の光。 
それは 私が思い込んでいる光とは別の光です。
まるで 生き物のように 静かに 呼吸する光でした。
また 泣いてしまいました。

ショパンは 曲名をつけるのが嫌いだったとか。
出版社がつけたらしい その曲の紹介も楽しく
ネコや山羊の鳴き声を楽しそうになさる梯さん。
舟歌は 大陸につながる広い河川を想像しました。
ヨーロッパ的な長く幅広い河川に浮かぶ舟、そこにいる恋人たちが浮かびました。

そして 楽しみにしていた クライスレリアーナ。
ショパンを前半に演奏して 後半、ショパンに献呈されたこの曲を演奏。
なんて 粋な計らい。

言葉では 表現できません。
優しさ、情熱が繰り返され 梯さんの光るようなピアノの音は 人を愛したときの純粋な気持ちのようで
またまた 号泣してしまいました。
隣に座っていた 母が 私の膝を撫でたほどです。


アンコールは 4曲も。
まずシューベルト。
梯さんは シューベルトのことを Moment Music と仰いました。
瞬間 シンプルなその瞬間が美しいシューベルトの音楽ですが
それが 哀しみになったり悦びになったり 広がっていくのです。
大げさでないシューベルトの音楽ですが 想像力を掻き立てられます。
楽興の時、 素晴らしかった!!!
まさに Moment Music♪
見えないはずの空気が 音と一体化して 空間を拡げた演奏。息を潜めて聴き入りました。
ほんと素晴らしかったです!!!!!

最後 母も一緒に記念写真を撮っていただけました。
撮影者:「はい、チーズ~~」
梯さん :「はい、バター~~」

一同 ((´∀`))笑

matsu :「関西風に はい、お好み焼き~~」

梯さん !(^^)! 笑
matsu 「 次は はい、タコ焼き~~~」
梯さん ((´∀`*))ヶラヶラ

d0131804_23125018.jpeg


調子にのって  matsu 「 One more 明石焼き~~~~」すみません、お調子者です(*^o^*)

ということで これから 関西で このネタを使って頂ければ幸いです♪
梯さんの音色は 一筋の光 、
そしてお人柄は お話しの楽しいお方でした!

d0131804_23141431.jpeg

梯 剛之さん情報は → こちらから
子供に伝えるクラシック を 応援しています。ご賛同くださる方は → こちらから

母も久しぶりのコンサートで、興奮してました。
色々な方と話をして楽しんでました。
Aさん、ありがとうございました110.png


by ray_matsumoto | 2019-06-06 23:10 | Favorite | Trackback | Comments(0)

ブラッド・メルドー Brad Mehldau

日本でのホールコンサートが7年ぶりという ジャズピアニスト  ブラッド・メルドー Brad Mehldau.
トリオコンサートとピアノソロコンサートがあり
ピアノソロコンサートは即完売!

d0131804_00211246.jpeg

私が30歳を過ぎたころ、今から思えば ちっぽけなことですが
その時の私にとっては なんだか大層なことが 色々なことがありました。
何かを変えたい、、、と
好きな音楽に変化を求め 一時期 JAZZを集中的に聴き込みました。
何を聴いて良いのか解らず、
なんでもかんでも 相当 ジャズピアノを集中的に聴きました。

うううーーーー
あぐううーーー
チンプンカンプン
理解できず、
私には共感できない演奏もありました。
むしろ そちらのほうが多かったかもしれません。

そんな中 印象派のピアノを聴いているようで
夜な夜な 愛聴することになったのが
BRAD MEHLDAU  The ART of the TRIO(1997年)
ビートルズの  Blackbird を聴いたとき
あ、この音色と響き、 気持ちがいい!
シンプルな一音の音の深さと響きに 泣いちゃいました。

その後 名盤 Solo Piano Live in Tokyo
オペラ歌手 Anne Sofie von otter や ReneeFleming とのLove Songs
を 聴くうちに
あ、彼は ベースにクラシック音楽があるのね! と思いました。

d0131804_00213364.jpeg

そして After Bach なんとあのバッハをテーマにしたアルバムも出していることを知りました。
平均律の前奏曲、フーガをテーマに展開するJAZZ 。
聴かねば!!!

そして 本題 今回のライブ。
左手と右手が別の生き物のように世界を展開し それぞれが個性を持って響き
想像を超えた瞬間で 絡み合います。
彼のオリジナル曲 (曲名忘れた・・・)は
左手が シンプルなリズムとメロディーを繰り返し
右手は センチメンタルなメロディーを奏で
共鳴するときの 和音が美しく
重なり合っても 斬新に展開する 想像を超えた音楽で
静かな海が しだいに 波を作り 岩にぶつかり 天まで昇る水しぶきのように感じました。
はい、号泣しました。

アンコールの Cry me a River
大ホール全体が 静寂に包まれました。
小さな音なのに弱い音なのに 
ピアノの鍵盤が 泣くのです。
ひと粒の涙から始まり さめざめと泣き、呻いたり、唸ったり、嗚咽したり。
ピアノの表現力が こんなに素晴らしいのかと、 私、また 泣きました。

今回のトリオ日本公演は 6月1日 15時開演 東京国際フォーラムホールC を残すのみ。
ピアノソロコンサート 6月3日は 完売です。

トリオの演奏の手の平に乗った気分で 仕事以外は ただいま 上の空。
頭の中で 音がずっと鳴り響いています。
ピアノの音に 心が救われます。

d0131804_00215865.jpeg

ブラッド・メルドー → こちらから


by ray_matsumoto | 2019-06-01 00:19 | Favorite | Trackback | Comments(0)

濱口祐自 神戸再び参上!!

4年半前、彼のライブにふらりと足を運んだ。
暗い店で観客は5名くらいだったと思う。
女は 私一人だった。
そんなことはどうでもいいくらい印象に残った夜。
彼の演奏と人柄が 素晴らしい一夜にしてくれた。→こちらから

今回も 一人 ふら~~と足を運んだ。

たくさんの観客。
軽快な 和歌山勝浦弁のトーク。
盛り上がった一部が終了後、 思い切って声をかけてみた。
「数年前、神戸のライブに行きました」
「あーー、覚えとるけん、眼医者さんやろ~~」
なんて記憶力!!嬉しい!!!

d0131804_16044308.jpeg

演奏が進むにつれて 音に流れと響きが加わり
2部ではスライドギターが 命をもっているようでした。
濱口さんのギターの魅力は 生きていることを感じれるところ。
風景が目に浮かび、生活が見えてくる音色です。
自分で歩んできたお人柄が 音にでるのでしょうか。
ブルース、クラシック、ジャズ、ボサノバ、オリジナル曲、、、
音楽に垣根はありません。
濱口さんも 本当に楽しそうに演奏なさったライブでした♪

d0131804_16055869.jpeg

打ち上げで聴く 生の音は 繊細。
皆が息をとめ、 ギターの音色以外 音は必要ありません。
静寂の中 際立つ音。 美しい夜でした。

d0131804_16062731.jpeg

厚かましい私、、、打ち上げも参加させてもらい 写真撮影。
10月には 宝塚逆瀬川のMuguet (→こちらから) にて ライブがあります!
また、行くつもり♪
まさかの偶然の出遭いもあり 繋がる人はどこかで繋がります。
人間力に溢れる濱口祐自のお導きでしょう!
私の平成最後のプロの音楽家による生演奏 テーマは「人間愛」でした♡

濱口祐自 → こちらから

d0131804_16065937.jpeg




by ray_matsumoto | 2019-04-21 16:03 | Favorite | Trackback | Comments(0)


Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
LASIK/ICL
Ray Eye Clinic
Eye Informations
Academy.Congress
Taste
My Diary
Favorite

リンク♥

フォロー中のブログ

「料理と趣味の部屋」
但馬・写真日和
フィレンツェ田舎生活便り2
私たちは20世紀に生まれた
Strawberry F...
Lovely-Jubbl...
exDJ MARIKOの...
Optician Pri...
宮崎発~デジカメ日記
イタリア発 木のキッチン...

画像一覧

最新のコメント

森様、内容確認しました。..
by ray_matsumoto at 14:32
はじめまして。 12歳..
by 森 at 11:30
Suzukiさま、おめで..
by ray_matsumoto at 22:29
松本先生、お誕生日おめで..
by nobuhito suzuki at 16:55

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
日々の出来事