カテゴリ:Taste( 292 )

AUDREY♡

年末のご挨拶に頂いた御品。
リボン、苺
女性が好きなものばかり。
AUDREYの洋菓子、初体験♡

d0131804_23195559.jpeg

会社はプレジール。
あのキース・マンハッタンや グラマシーニューヨークを手掛けている製粉事業、洋菓子店の
新ブランドらしい。 → こちらから

スタッフが「可愛い~~可愛い~~」と連呼するのは
シンプルなイラストと繊細な文字。
味も美味しいのですが このようなものをみると企画力って大切だな~~と思う。

実家のテーブルに 
それこそ 「可愛い♡」クリスマス仕様のテーブルクロスが 珍しく飾ってあった。

d0131804_23202194.jpeg

なので せっかくだから
夙川のミッシェルバッハのクッキーとオードリーで TEA TIME。

d0131804_23210443.jpeg

母と娘は 可愛い年齢ではないが
ほのぼの 珈琲の香りを鼻にくぐらせながら
よもやま話にて ほっとした時間を過ごす。

頂いた返礼は オードリーヘップバーンの葉書にて。
オードリーには オードリー♡
ちょっと洒落た 師走のヒトトキ。
辛辣な人生に 「可愛い」もあり☆

by ray_matsumoto | 2018-12-13 23:19 | Taste | Trackback | Comments(0)

ル・ブルギニオンのランチ☆☆☆

昼の11時30分
ほんの20席だけのお店
淡い色の壁にロートレック
可愛いお庭から差し込む陽射しで身体にスウィッチが入ります。
この庭の空間にこだわりを持っておられるオーナーシェフ・菊地さん。

d0131804_23102659.jpeg

初めて足を運んで4年。東京に行けば 時折行きます。
だって 居心地が良いから。
だって ワインが良いから。

d0131804_23105321.jpeg

だって、美味しいから!!
田舎風テリーヌ。
絶妙な塩加減。万歳!

d0131804_23112298.jpeg

北海道十勝の豚のグリル。
豚→豚 
味わいが全く違い 飽きることなく楽しめます!
大満足!美味しい!

d0131804_23115756.jpeg

赤ピーマンのプリン 
ピーマンの苦みとシャンパーニュのぎゅ~~と締まった味わいがピッタリ!!
シャンパーニュとプリンの組み合わせ、これからも挑戦します♡
食の友は MARU'S BAR のまるさん。
お付き合いをありがとうございました~
MARU'S BAR は → こちらから

d0131804_23125968.jpeg

今回 店内には ワインを注文せず、黙々と食事をなさる方々が数組いました。
ここは、プロの料理人が味わいに来る店なのです。

4年前の目力も → こちらから
今は すっかり垂れ目に。
庭の緑が自然に伸びるように
笑顔が 自然に零れる店。
美味しくって 心が伸びやかになる店。
友達と、家族と、恋人と。
大切な人達と 健康と愛を確かめる場所。

d0131804_23132194.jpeg

菊地さん、いつも丁寧にお見送りをありがとうございます。
サイン入りの本、眺めるばかりで、私の料理の腕は全くあがりません。
ル・ブルギニオンに行けばいいから 目だけ肥やしておきます♡

天高く 馬肥ゆる秋 
馬が豚になっても いいわ、私。

d0131804_23134399.jpeg

by ray_matsumoto | 2018-11-11 12:23 | Taste | Trackback | Comments(0)

中国酒家 大三元

冷菜には、冷えた取り皿
温菜には、温かな取り皿
気づかいが嬉しい

蒸し鶏 ネギダレが素晴らしく、紹興酒にピッタリ(^^)

d0131804_17523974.jpeg

九条葱、パクチーの下に隠れてるのは、蒸し鯖。
蒸篭で蒸して、高温の油をさっとかけるらしい。
質問したら、丁寧に教えてくださる。

d0131804_17532438.jpeg

最近気に入っているマコモ茸
アスパラと炒めもの。
ここにも、ほのかなネギ油香。

d0131804_17534321.jpeg

具沢山のサンラータンメン!
汗をかいて、酸味で最後 胃を整える。

d0131804_17550383.jpeg

どのお皿も素晴らしかったです。
香味野菜の達人。
達筆での手書きのメニューも魅力的。
まだまだ食べたいメニューがたくさん。
また、行きます!

d0131804_17552052.jpeg

広東料理 中国酒家 大三元
東京都墨田区 
錦糸町駅から グーグルなしには行けない場所(^.^)

by ray_matsumoto | 2018-11-04 17:42 | Taste | Trackback | Comments(0)

GFキッチン~グルテンフリー

私が子供の頃より、私が研修医だった頃より、
アレルギーの人が多いな。。。と感じています。
ほとんどの人が 家族や友達、知人にアレルギー体質の方がいらっしゃるのではないかと思います。
知らず知らずのうちに摂取し 
お母さんから子供へ それが何代にも渡って 身体に蓄積されていきます。
ある時、身体が耐え切れず 拒否反応を示します。

レイ眼科クリニックでアレルゲン採血した方の中には
花粉、ダニ、ハウスダストの環境要因以外に
食べものに陽性の方もいらっしゃいます。
「え??牛肉がダメなの?さっき、牛丼たべちゃった!」
「え?小麦ダメなの??饂飩、よく食べます・・・」
そんな方、本当にたくさんいらっしゃるのです。

牛肉、果物は、解りやすいけど 解りにくいのが小麦。
色々な食べ物の中に小麦が入っています。
パン、ケーキ、クッキーなどお菓子類。
化粧品に入っているものも。
形を変身させ その姿を変え 知らない間に 人の体を蝕む。
小麦って 案外、怖いのです。

グルテン(小麦粉に含まれるたんぱく質)フリー という言葉、最近耳にしますよね。
海外に行くと、グルテンフリー記載をよく見ます。
明石市に グルテンフリーなお菓子を作るお店があります。
季節ごとのお品を美味しく頂けます。
これは フランボワーズ チアシード のコンフィチュール。
紅茶に入れれば、フランボワーズの香りが 甘酸っぱく広がりました。

d0131804_21402899.jpeg

静かな住宅地にある 明るいお店
GFキッチン → こちらから

d0131804_21405047.jpeg

隣接する音楽サロンをきっかけに 出会った場所です。
私の想像を遥か超えて 繋がっていく現実の世界にシアワセを感じます。
人の寿命、100年未満。
ピアノは 中のケア、手当は必要ですが、何百年も存在しえます。
人もね、自分だけと思わず、一緒に居る人、次世代、次々世代 のことを思えば
その核は 何かの形で残り 継承されるのです。
だから、大事にしたい、自分の一生。
齢を重ねていくってことは 音色の良い楽器になるようなもの。
そう、こんなにも豊かなことなのだと知れば
額や目尻の皺なんて 大した事ではな~~いっっ! 
皆さま、口にいれる食べ物は 自分のため、継いでいく大切な人のため。
一回、一回の食事を大事にしましょう。

d0131804_21411208.jpeg


by ray_matsumoto | 2018-09-25 21:37 | Taste | Trackback | Comments(0)

玉子焼

明石市は三宮から新快速で約15分。あっという間。
魚の棚では 新鮮な野菜や魚を手に入れることができ
食べ物やさんもたくさんあります。

d0131804_22432218.jpeg

明石に来たならば 玉子焼を食べなくっちゃね。
関東地方の人で たこ焼きとの違いを知らない方がまだいるようです。
ふわふわしっとりタマゴ。
大きなタコがはいっていて

d0131804_22435854.jpeg

出汁につけて頂きます♪
三つ葉が入れ放題でした!
ソースを上にのせて食べてもいいんですよ~
明石人曰く ソースと出汁がしみ込んで絡む味も美味しいのだとか。

d0131804_22442242.jpeg

日頃、卵を食べない私、15個も食べられるかしら・・・と心配しましたが
ペロリと頂きました♡
ビールにも合う玉子焼は
明石人から絶賛人気の 松竹にて。
バイトの女の子が 明るくって 可愛かったな~~
明石、いいところです☆

d0131804_22444558.jpeg

by ray_matsumoto | 2018-09-24 22:42 | Taste | Trackback | Comments(0)

カヌレ専門店 ガトーミュール

安産祈願の豚まん → こちらから
カヌレとして(?)無事誕生しました☆

季節の色々な味があるなんて 
イチジクや紫芋まで!

d0131804_13580940.jpeg


岡山市のカヌレ専門店 ガトーミュール のもの。→こちらから
院内がまるでフランスのカフェのよう。
うう~~~ん カフェオレとピッタリ!!


美味しく皆で頂きました。
美味しいSweetsで気持ち、温かくなったよ。ありがとう。
暖かくなったころの復職、楽しみに待っています♡


by ray_matsumoto | 2018-09-21 13:56 | Taste | Trackback | Comments(0)

Le Carrefour

スイスで美味しい料理は期待できないなんて、嘘です!

ヴェルビエにてランチしたレストラン Le Carrefour
日替わり定食、若鶏一羽のグリル、温野菜とサラダ付きで 20スイスフラン。

d0131804_20052008.jpeg

お隣の席の地元のご夫婦 (御年70歳くらい?)が
奥様のお誕生日祝いにランチに来られていました。
その奥様お勧めが これ

d0131804_20054950.jpeg

そう、トマトのチーズフォンデュ☆
酸味とチーズ、とっても美味しく頂きました。
ジャガイモ、バケットもペロリと平らげました。

d0131804_20115214.jpeg

標高1750mで 涼しいのですが日射がきつく

d0131804_20073858.jpeg

お店が帽子を準備しており
自由にかぶってよいのです。

d0131804_20081700.jpeg

色々な帽子をかぶって バスが来るまでお店で寛ぎました♪
さすがにお腹いっぱいで、最後のお茶やデザートはなし。

d0131804_20093201.jpeg

坂道の途中にある店 Le Carrefour → こちらから
帰りのバスもご夫妻と一緒で、
気分は、ヴェルビエ人(^^)
また絶対 行く!!


by ray_matsumoto | 2018-08-09 19:57 | Taste | Trackback | Comments(0)

L’Osier ロオジエ

JACQUES SELOSSE 2種を 同日に楽しんだ春。

d0131804_19515147.jpeg

JACQUES SELOSSE INITIALは冷やしすぎない温度で
大き目のグラスで。
シャンパーニュをこのような温度で頂いたのは初めてです。
熟成したワインの味わい。

d0131804_19524375.jpeg

サラダ菜で巻いた金目鯛、空豆と一緒にINITIALを頂きました。
海、大地、太陽の光。
自然を連想できます。

d0131804_19532135.jpeg

デザートワゴンから 好きなだけ選んでいいのです。

d0131804_19535429.jpeg

デザートに合わせてくれたのは JACQUES SELOSSE EXQUISE。
これも冷やしすぎず。
サプライズなワインを選んでくださるのは
現代の名工にも選ばれた シェフソムリエ中本さんです。

d0131804_19542102.jpeg

自然に沿った優しい料理。
個性揃いのワイン。
アート、サービス、すべてが一流です。
日本を代表する美の組織、資生堂のプライドを感じました。

d0131804_19560299.jpeg

ようやく念願のロオジエ デビュー!

d0131804_19545864.jpeg

上質な時間を体験するとき、
年を重ねるのも悪くないなって思います。
中本さん、背筋を伸ばして また参ります!
銀座 L’Osier ロオジエ →こちらから

by ray_matsumoto | 2018-04-05 19:48 | Taste | Trackback | Comments(0)

HONMURA AN 手打蕎麦

手打ち蕎麦から、桜葉と、桜花が香ります。

d0131804_18363397.jpeg

メヒカリの素揚げ、湯葉刺身、宮崎牛タタキ

d0131804_18385128.jpeg

ワインも酒も進みましたね!
剣菱升酒は、塩をひと握りかじって飲むと
甘みを感じれます。

d0131804_18370631.jpeg

錫 日本が誇る器

d0131804_18382230.jpeg

一足早い花見を
大学時代からの旧友と 楽しみました。
大人になって良かったな〜と思える時間と場所。

d0131804_18391810.jpeg

HONMURA AN
東京都港区六本木
外国人のお客さんも沢山。
奥の席で談笑していた黒柳徹子さんとメリー喜多川さんの目力にビックリ!
オーナー小張さん曰く 「80歳代で現役なんて、いっぱいいるわ!」
はい、気合い入れて、また伺います(o^^o)

この季節、こんな桜の楽しみ方。
大人の桜が 花咲く場所です。

d0131804_18393790.jpeg


by ray_matsumoto | 2018-03-23 18:23 | Taste | Trackback | Comments(0)

トリュフの宴

フランス高級黒トリュフ・メラノスポルム種を
贅沢に豪快に頂くトリュフの宴に初参加しました。

その香り、複雑なんです。
ナッツのような膨らみのある香り、
海苔のような磯の香り、
スパイスのようなパンチ、
動物的な香り、、、

d0131804_18113356.jpeg


13品もの料理、それに合わせた13種類のワイン。
どの料理にも トリュフがさりげなく、
時に大胆に使われています。

d0131804_18124865.jpeg

私のお気に入りは
熊本天草大王の生春巻き、岩手白銀豚のクロックムッシュー
生春巻きの下、薄くスライスされたトリュフからの香り~☆☆☆

d0131804_18120403.jpeg

トラフグの焼き白子リゾット
リゾットの中の温かなトリュフは香り控えめ、
濃厚な味で存在を主張
上からスライスされたトリュフが落ちても
気にしないなんて、贅沢!
マットの上のトリュフが見えない方は、眼科を受診しましょう~

d0131804_18132656.jpeg

アイス
冷たいアイスにはトリュフソースがふんだんに使用されています。
薄くても、熱くても、冷えても
トリュフは それぞれでの味わいを楽しめます。
だから 13品もの料理も 毎回 感動でした♡

d0131804_18143851.jpeg

気に入ったワイン
あああ~~ これ とっても美味しかったです。
ニュージーランドに行ってみたい!

d0131804_18150142.jpeg

なんと 北海道ワイン 1990年 Weissburgunder のマグナム。
私が医師になった年のワインです。
香りは薄いのですが 磯の味がして それがトリュフと同じ!!!
まさかの北海道で トリュフとの相性に驚きました。
思い込みはいけませんね。
「どこで いつ 何と誰と 合うのか、会うのか」
そんなことを 美食から教えてもらいました。

d0131804_18152226.jpeg

素晴らしい赤ワイン。
キノコの香りのトリュフとピッタリ♡

d0131804_18154838.jpeg

自生のトリュフは大変少なくなり
現在 トリュフの菌を撒くことは 人が行います。
土の下で 7〜8ねん以上寝て 育ちます。
撒いたところに必ずしもいるとは限りません。
なんと トリュフは移動するんですって!なぜ???
どこにいるのか うまく育っているのかは 誰にも解りません。
菌は人工的に培養しているのか 質問しました。
培養はできず、人の手で行うのは オーク樹木の根本に生育する菌を撒くことだけだそうです。
そして 何も知らない私は
「白トリュフを土の中に寝かせれば寝かせるほど、黒になるのか?」とも聞きました。
全くもってナンセンスな質問だったようで
「菌、種族が違う!」と言われました。。。
無知ほど怖いものはございません。
地下で眠るトリュフを探してくれるのは 犬や豚。
魅かれ合う豚とトリュフ。
豚の料理との相性が良いのも そこかしら?
こんな豚まん、見た事ない!

d0131804_18163893.jpeg

素晴らしい企画は
毎年フランス現地でトリュフを見て、現地で料理を披露している
トリュフを心から愛するお店
ワッシーズダイニング・スープル Wassy's Dining Soupleにて。
(以前の紹介は → こちらから
現場を知っている人達の仕事は 完璧でした☆☆☆

毎年開催されているトリュフの宴、
次回、どうしてトリュフが移動するのか 質問しようと思います。
来年も 生産者の方が来日してくださいますように。
Merici beaucoup, Trevian, Sante,Truffe ♡  ← 知ってるフランス語はこれだけ♪
フランス生産者の方、お友達のR先生、M先生と(o^^o)
贅沢で優雅な時間をありがとうございました。

d0131804_18184630.jpeg

by ray_matsumoto | 2018-02-20 18:09 | Taste | Trackback | Comments(0)


Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
LASIK/ICL
Ray Eye Clinic
Eye Informations
Academy.Congress
Taste
My Diary
Favorite

リンク♥

フォロー中のブログ

「料理と趣味の部屋」
但馬・写真日和
フィレンツェ田舎生活便り2
私たちは20世紀に生まれた
Strawberry F...
Lovely-Jubbl...
exDJ MARIKOの...
Optician Pri...
宮崎発~デジカメ日記
イタリア発 木のキッチン...

画像一覧

最新のコメント

Vivaにゃんさんの経験..
by ray_matsumoto at 13:01
vivaにゃんさん、眼科..
by ray_matsumoto at 17:35
こんばんわ♪ 食事..
by vivaにゃん at 21:27
VIVAにゃんさん、いつ..
by ray_matsumoto at 22:36

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
日々の出来事