人気ブログランキング |

カテゴリ:Taste( 300 )

山水亭

昭和40年9月開業
女将さんが料理担当、
ご主人は毎朝の出汁とお給仕、出前担当。

d0131804_21141444.jpeg

matsu: 「かけうどん、そば 320円って 学食並みじゃないですか!!!」
ご主人:「30年、価格 変えてないんよ~~(*^▽^*)」

ひとまず 天婦羅蕎麦を注文すると
そこから天婦羅をあげてくださいます。
揚げたての海老天婦羅は お母さんの味♡
そして 待つこと数分で サクッと完成!
自然の鰹の美味しい出汁は 
関西風、明るい色で塩辛くなくとっても美味しい☆☆☆

d0131804_21145274.jpeg

人気は ぼっかけ。
matsu:「ぼっかけって何?」
女将さん:「牛すじの煮込みで ここで調理してるんよ~。ぼっかけ丼が人気よ~」

そこに丁度 出前4人前が出来上がり~
matsu: 「これ何??天丼?」
女将さん:「天丼に 卵とじでトッピング、うちのお客さんはね、自分の好きにアレンジして注文するのよ~」
matsu: 「ならば、私、ぼっかけを食べてみたいです!!!」

d0131804_21152923.jpeg

で、天ぷら蕎麦に あとからぼっかけを加えてもらいました。
牛すじ煮込みは醤油辛くなく、臭みなく、
とっても美味しい☆☆☆
出汁の味に深みが加わり 得した気分です!!

d0131804_21160150.jpeg

ご主人:「昔はな、最高30人前運んだもんや。バイクでな、元気やったわ!」
いやいや、御年83歳には見えないです。
背筋真っ直ぐ、肌艶のなんと良いことでしょうか☆

d0131804_21162831.jpeg

今は ご夫婦二人三脚で切り盛りされています。
引き戸や松の絵柄の飾り窓に 懐かしさを感じます。
今度は 丼を食べようかな~でも出汁も美味しいしな~~111.png

d0131804_21165172.jpeg

山水亭 078-221-3153 JR三ノ宮から徒歩8分。

営業時間  11:00~18:00

定休日   日曜・祝日

女将さん、80歳まで頑張れますよ!

7年間 開店前に受診してくださりありがとうございます。

良く見えておられますことを レイ眼科クリニックが保証します!!

今度はスタッフ達と参りまーす111.png111.png111.png


by ray_matsumoto | 2019-09-12 21:13 | Taste | Trackback | Comments(0)

Le Trefle & Pas mal (六甲道)

学生が多い大都市でもない街角にあるビストロとワインバーが協力し
今のパリの味わいとそれに合わせたワインを展開するイベントがあると聴き
参加しました。

若き料理人井上翔太氏(Le Trefle)
ヨーロッパを知るソムリエ 石井大達氏(Pas mal)
パリからゲストシェフ Matieu Moity氏 (ただいま、夏休み中にて日本滞在)

料理が絵画!!

d0131804_23145698.jpeg

ブルゴーニュ地方 ジュヴレシャンベルタン村に位置するジャンフィリップマルシャンが造るロゼワイン♡
辛口ロゼワイン好きは ここで心を掴まれました♡

d0131804_23152170.jpeg

牛肉のタルタルに焼きナスソース。アクセントに魚のマリネ!

d0131804_23160424.jpeg

常に程よい緊張感が漂う厨房。

d0131804_23162562.jpeg

1997年で揃えて登場☆☆☆黄金色に悶絶♡

d0131804_23164657.jpeg

立体的で活き活きした肉料理!

d0131804_23171286.jpeg

その他、魚料理、デザートまで 美味しく頂きました。
食材をとても大事に丁寧に向かう姿
ヨーロッパで手に入れた大切なワインを料理に合わせてお給仕してくださる会話
あっという間の2時間半でした。

最後は なぜか 「はーい!万歳??~~」

d0131804_23173638.jpeg

日本の街角で感じれるフランス。
贅沢な国なんだと改めて思いました。
そして 語り合う友達がいることと
食事を楽しめる健康な今に 感謝しました。

Le Trefle → こちらから
Pas mal → こちらから
また必ず遊びに行きます111.png


by ray_matsumoto | 2019-09-03 23:13 | Taste | Trackback | Comments(0)

元町青葉♪

患者さんのご縁にて 久しぶりに元町青葉にスタッフと昼ごはんを食べに行きました!
以前の様子は → こちらから

一日約40㎏、100尾ほどの鰻を調理するそうです!
背開きで 関東風。
途中に蒸しの過程が入るので ふんわりしています。
土用の丑の日を過ぎると 需要がやや落ちるため
鰻が成長し 立派な鰻が食べれます。

「鰻があるうちに、記念写真を撮りましょう~~」

d0131804_22475301.jpeg

「本日は 大きいですよ~~!!」

d0131804_22484162.jpeg

d0131804_22493067.jpeg

きゃーきゃー!スタッフ大興奮!

d0131804_22511511.jpeg
うな重では、鰻1尾を一人前として頂けます。
身体の小さなスタッフは 半分お持ち帰りしていました。
食べ始めると 誰もが無言になりました。
泣く子?食いしん坊を黙らせる青葉の鰻です。
悪阻中で食欲がなかったスタッフも 完食できる美味しい青葉の鰻。
流石の私も 満腹です!

うざくも大好物です!
明日から スタッフとともに頑張ります。
d0131804_22523231.jpeg


by ray_matsumoto | 2019-08-22 22:43 | Taste | Trackback | Comments(0)

そば切り 山親爺

錫で冷酒を飲みながら

d0131804_15454646.jpeg

広いテーブルで ゆっくりした時間を楽しみます。

d0131804_15460702.jpeg

お豆は 生姜醤油で味付け。
辛み大根が 喉を締め、辛口日本酒が進みます。

d0131804_15462617.jpeg

3種盛 550円(^^)

d0131804_15470245.jpeg

すじ煮込み  
ああ~これはあかんです。お酒またまた進みます。

d0131804_15472570.jpeg

好みでどうぞ♪

d0131804_15474271.jpeg

ここまでで 静かにお喋りしながら 1時間。
追われないことのシアワセ

d0131804_15475805.jpeg

私が選んだのは 手挽き蕎麦

d0131804_15482332.jpeg

蕎麦と冷酒♡器からも涼をとれます。

d0131804_15484165.jpeg

塩で食べても美味しく
蕎麦湯も素晴らしかったです。
そして お水も 柔らかくって美味しかった!!
蕎麦は水が大切!

d0131804_15490324.jpeg

「お待たせしました~」
「ご馳走様でした~~」
言葉が交わされ 余韻が漂う店内のなんて居心地の良いこと。
赤ちゃん、子供ちゃんが3人いましたが、 
こどもは居心地の良い場所では 泣かないのです。

d0131804_15500119.jpeg

シアワセの味
食べて、シアワセで 優しくなれるって こういう世界だと思いました。
そして 会計時、なんと 店主山口さんが来ていたTシャツが Tedeschi Trucks Band♪

Matsu; 「今年と前回と コンサートに行きました!!!」(→こちらから
山口さんご夫婦;「私達も行きました!!大好きです~~☆☆☆」
うん、美味しい含め 生きる豊かさが近い人達にまた出逢えて 満足な時間となりました。

d0131804_15503874.jpeg

そば切り 山親爺   電話 078-222-9299
次回は 太い蕎麦と 肝の煮物に 挑戦します!
平日 11時半~19時半(最終入店18時30分)
土日祝 11時半~17時半(最終入店16時30分)
定休日 毎週火曜日と第2第3水曜日

出汁巻きは14時以後~
14時半以後が 待たずに入店できそうです。


by ray_matsumoto | 2019-08-12 15:43 | Taste | Trackback | Comments(0)

三味洪庵 銀閣寺

残暑お見舞い申し上げます。

打ち水したり
硝子の中に青いビー玉を入れたり
涼しさを演出してみますが
この猛暑には どうにも太刀打ちできません。
皆さま、お身体はいかがですか?

こんなときこそ しっかり食べましょう!
入道雲のような天婦羅!

d0131804_16290884.jpeg

ゴロゴロ大き目具材のかき揚!

d0131804_16292514.jpeg

そして スダチのお蕎麦を頂きました。
鰹だしの効いた温かい蕎麦にも
冷えた鰹だしの蕎麦にも
スダチはピッタリでした!

d0131804_16294711.jpeg

レトロモダンな住居を改装したそのお店は
銀閣寺 哲学の道 沿いにあり
日本庭園と川沿いからの清らかな空気に満ちています。
だから こんなにも涼しい笑顔が自然と出ます。
Eちゃん、Kちゃん、三人で穏やかな時間でした。

d0131804_16320511.jpeg

お店の方は 親切、
お蕎麦もその他のお料理も美味しく
大変 癒されました。
紅葉の時、積雪の季節、また 一緒に行きましょうね♡

三味洪庵 → こちらから

d0131804_16331195.jpeg


by ray_matsumoto | 2019-08-08 16:26 | Taste | Trackback | Comments(0)

BRASSERIE L'OBABON ハンター坂へ

お茶に、お食事に、何時間でも寛げるお喋りの場所。
そして 私の誕生日に大きなキッシュを作ってくださったり
シャンパーニュでの景気づけによく利用していたロバボンが、
ハンター坂に移転しました。

(以前の紹介は →こちらから

d0131804_21370703.jpeg

オーナー小場佐さんは 根っからのフランス人です。
店内は、もはや日本ではありません。
パリの食堂!

d0131804_21372939.jpeg

移転に合わせて 
グラスにもお皿にも刻印が!!
男の気合を感じます♪

d0131804_21374606.jpeg

場所は リストランテ ハナタニ (→ こちらから) の横。
ということで ハナタニさんが時折 お喋りに?息抜きに?来られるのも楽しい。
仕事の展望、夢、
自分たちがやらなきゃならないこと、
熱く語れるいい場所です。

d0131804_21381854.jpeg

ハンター坂に 良い店が集まっています。
坂の在る街・神戸にて 個性と文化を共存する神戸らしい街並みになってきています。
夢と努力が 笑顔で花咲く坂、ハンター坂。

d0131804_21395198.jpeg

営業時間は以前と同じ、11時~23時 営業中はずっと開店。
これからの季節 入口が開放的となり 陽射しと空気を感じれます。

d0131804_21384184.jpeg

5年前子供たちと世界旅行した時も 大変お世話になったお店。(→こちらから
そう、老若男女問わず楽しめます!
皆さまも 連休中、神戸のパリで 海外旅行気分、どうぞ 足をお運びくださいませ~~
BRASSERIE L'OBABON ブラッセリー ロバボン
神戸市中央区中山手通1丁目27−11
078-381-6469



by ray_matsumoto | 2019-04-11 21:36 | Taste | Trackback | Comments(0)

レストラン ラフィナージュ

前菜でフォワグラが出てきました。
あんぽ柿と合わせて口の中で蕩ける美味しさでした。

その日のメニューは

・トラフグのロックフォールチーズ。(トラフグのほのかなチーズのアクセント)
・フォワグラとあんぽ柿のトーション仕立て
・ケシの実を纏った蝦夷鮑のフリットと菜花のクーリ
(あわびが柔らかくケシの実との触感の差が楽しい)
・山口県萩産 寒平目のポワレ ヴェルモットソース
(純粋にほぼハーブの香り!自然のご馳走!)
・ジュニバーベリーの香りを纏った蝦夷鹿ロースのココット(この生に近い火加減!!)
・アーモンドのブランマンジェ
・ショコラとオレンジのフォンダン

d0131804_22325561.jpeg

器は 有田焼カマチ →こちらから
東北大震災のチャリティーで 有名シェフが作るカレーのイベントのとき
カマチさんが 是非 器を使ってください と仰ったそうです。
そこからのご縁で 今 このお店ではよく使っているとのこと。

フォワグラ、蝦夷鹿に 私はロゼシャンパーニュ。
そして 鮑、寒平目にはブルゴーニュの白。
料理が美味しいと ボトルに呼ばれているよう気分になります。

d0131804_22331815.jpeg

フランスで修業時代の写真 

d0131804_22334515.jpeg

椅子の形も計算されています

d0131804_22340360.jpeg

シェフ自ら 料理の話、お店のコンセプトを語ってくださいます。
中間地帯は あえて テーブルを置かない大切な空間。
日本料理は引き算、フランス料理は足し算。
同じ素材でも 
素材同士の組み合わせ、
ソースの味、量、濃度 そこには数えられないほどの計算が尽くされています。

d0131804_22342218.jpeg

足し算掛け算の料理に 和食器有田焼を合わせる高良康之オーナーシェフ。
素晴らしい夜でした。
ご馳走さまでした。
お皿が登場するたびに 見惚れて 写真を撮るのを忘れました。
その分、記憶に深く残りました。
ランチでもディナーでも また行きたいお店。

d0131804_22344067.jpeg

成熟した大人の店
Restaurant L'A FFINAGE → こちらから



by ray_matsumoto | 2019-03-25 22:28 | Taste | Trackback | Comments(0)

新・大陸

私、野菜と果物と豆類が好きなんですけどね。
アスタリール効果で代謝が良くなり、
食べてもなかなか太らない体質になりました。
すると、加齢とともに なぜか痩せてきましてね。
これではね、 
体力勝負のこの仕事を乗り切るのに 
もっとしっかり食べないといけないな~~と思う今日この頃です。

それでね、餃子2人前定食を ランチで食べたりするわけです♪
餃子2人前に ライス(小)、ラーメン(小)付きです☆
以前の投稿は → こちらから

d0131804_22541729.jpeg

醤油味のスープが美味しいラーメンも王道の美味さです!!

d0131804_22543474.jpeg

我が心の食堂・大陸 が
なんと2月中に リニューアル工事をなさってました!
リニューアル翌日に 大陸ファンとして さっそく様子を伺いに行きました!

焼きそば定食には ワンタン(小)とライス(小)が付きます。
食べきれないときはね、持ち帰りもできるという良心的なお店です!!

d0131804_22545761.jpeg

「リニューアルオープンおめでとうございます!!」と
祝い菓子を渡したら
「わあ~~こんなんもらっていいの!初めてやわ~嬉しいわ~
主にね、厨房を変えたんやけどね、店内は壁と天井を明るく、LEDにしたんやわーー」
そして 会計で 端数を切り捨てしてくれるというサービス☆
値引きに弱い関西人、ますます大陸の虜です♡

外見は 変わってません。
リニューアルする志の高さと笑顔の接待が
味を ますます引き立てます!!

d0131804_22552068.jpeg

大陸 →  大安亭市場近く 最寄り駅は阪急春日野道 こちらから
これからも、ガッツリよろしくお願いします♡

by ray_matsumoto | 2019-03-08 22:52 | Taste | Trackback | Comments(0)

AUDREY♡

年末のご挨拶に頂いた御品。
リボン、苺
女性が好きなものばかり。
AUDREYの洋菓子、初体験♡

d0131804_23195559.jpeg

会社はプレジール。
あのキース・マンハッタンや グラマシーニューヨークを手掛けている製粉事業、洋菓子店の
新ブランドらしい。 → こちらから

スタッフが「可愛い~~可愛い~~」と連呼するのは
シンプルなイラストと繊細な文字。
味も美味しいのですが このようなものをみると企画力って大切だな~~と思う。

実家のテーブルに 
それこそ 「可愛い♡」クリスマス仕様のテーブルクロスが 珍しく飾ってあった。

d0131804_23202194.jpeg

なので せっかくだから
夙川のミッシェルバッハのクッキーとオードリーで TEA TIME。

d0131804_23210443.jpeg

母と娘は 可愛い年齢ではないが
ほのぼの 珈琲の香りを鼻にくぐらせながら
よもやま話にて ほっとした時間を過ごす。

頂いた返礼は オードリーヘップバーンの葉書にて。
オードリーには オードリー♡
ちょっと洒落た 師走のヒトトキ。
辛辣な人生に 「可愛い」もあり☆

by ray_matsumoto | 2018-12-13 23:19 | Taste | Trackback | Comments(0)

ル・ブルギニオンのランチ☆☆☆

昼の11時30分
ほんの20席だけのお店
淡い色の壁にロートレック
可愛いお庭から差し込む陽射しで身体にスウィッチが入ります。
この庭の空間にこだわりを持っておられるオーナーシェフ・菊地さん。

d0131804_23102659.jpeg

初めて足を運んで4年。東京に行けば 時折行きます。
だって 居心地が良いから。
だって ワインが良いから。

d0131804_23105321.jpeg

だって、美味しいから!!
田舎風テリーヌ。
絶妙な塩加減。万歳!

d0131804_23112298.jpeg

北海道十勝の豚のグリル。
豚→豚 
味わいが全く違い 飽きることなく楽しめます!
大満足!美味しい!

d0131804_23115756.jpeg

赤ピーマンのプリン 
ピーマンの苦みとシャンパーニュのぎゅ~~と締まった味わいがピッタリ!!
シャンパーニュとプリンの組み合わせ、これからも挑戦します♡
食の友は MARU'S BAR のまるさん。
お付き合いをありがとうございました~
MARU'S BAR は → こちらから

d0131804_23125968.jpeg

今回 店内には ワインを注文せず、黙々と食事をなさる方々が数組いました。
ここは、プロの料理人が味わいに来る店なのです。

4年前の目力も → こちらから
今は すっかり垂れ目に。
庭の緑が自然に伸びるように
笑顔が 自然に零れる店。
美味しくって 心が伸びやかになる店。
友達と、家族と、恋人と。
大切な人達と 健康と愛を確かめる場所。

d0131804_23132194.jpeg

菊地さん、いつも丁寧にお見送りをありがとうございます。
サイン入りの本、眺めるばかりで、私の料理の腕は全くあがりません。
ル・ブルギニオンに行けばいいから 目だけ肥やしておきます♡

天高く 馬肥ゆる秋 
馬が豚になっても いいわ、私。

d0131804_23134399.jpeg

by ray_matsumoto | 2018-11-11 12:23 | Taste | Trackback | Comments(0)


Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
LASIK/ICL
Ray Eye Clinic
Eye Informations
Academy.Congress
Taste
My Diary
Favorite

リンク♥

フォロー中のブログ

「料理と趣味の部屋」
但馬・写真日和
フィレンツェ田舎生活便り2
私たちは20世紀に生まれた
Strawberry F...
Lovely-Jubbl...
exDJ MARIKOの...
Optician Pri...
宮崎発~デジカメ日記
イタリア発 木のキッチン...

画像一覧

最新のコメント

森様、内容確認しました。..
by ray_matsumoto at 14:32
はじめまして。 12歳..
by 森 at 11:30
Suzukiさま、おめで..
by ray_matsumoto at 22:29
松本先生、お誕生日おめで..
by nobuhito suzuki at 16:55

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
日々の出来事