人気ブログランキング |

2019年 09月 01日 ( 1 )

Bach-Archv Leipzig パイプオルガンコンサート

バッハオルガン作品演奏会のために大阪・いずみホールに出向きました。
オルガニスト アルフィート・ガストArvid Gast教授 による演奏会があり
翌日に 日本のオルガニストへのマスタークラスがあるという 企画でした。
マスタークラスの議題は 後期ドイツロマン派。

音楽好きで 仕事を含めて親しくしている秋田市小林眼科医院のご家族が 
オルガニストであることを ふとした会話で知りました。
しかも たった4人しか選ばれないマスタークラスへの参加者であることを知り
今回の 演奏会を紹介してもらったというわけです!

初対面 溌剌健康美人 オルガニストの朋子さん☆

d0131804_13343794.jpeg

いずみホールのパイプオルガンは フランス・アルザス地方 ケーニヒ社のもの。
(アルザスといえば、ワインが美味!!)
1990年に設置され、1年前に半年かけて大規模改修を行ったそうです。
4段の手鍵盤があり 
3623本のパイプが奏でる音は
清涼な重奏でした!

演目:
J.S.バッハ クラヴィノーア練習曲集 第3部より8曲
西村 朗 オルガンおための前奏曲「焔の幻影」
R・シューマン ペダルピアノのための6つの練習曲 Op56 4番
M.レーガー B-A-C-Hの名による幻想曲とフーガ Op.46

そして アンコールは メンデルスゾーン

d0131804_13353355.jpeg

バッハ、レーガーに壮大さ、宇宙を感じ
西村の曲には 映画のような映像を感じ
シューマン、メンデルスゾーンには 郷愁を感じました。
現代オルガン曲があることを知らなかったし
シューマンやメンデルスゾーンが ピアノに足鍵盤を追加したペダル・ピアノを気に入り
作曲していたことを知りませんでした!
ペダル・ピアノは19世紀半ばにライプツィヒ音楽院で練習用に導入され
教鞭をとっていたシューマンが関心を持ち、自宅にもペダル鍵盤を設置したんですって!
その後 ペダル・ピアノは普及しなかったものの
クロード・ドビュッシーが ピアノ・デュオのために編曲したそうです♡
いいものは どこかで繋がっていきます♪

オルガニスト朋子さんにオルガンのことを教えてもらいました。
パイプオルガン演奏は、絵を描くのと同じ。
重ねて音を色を作っていく。
鍵盤を押している間は 音はなり続け
演奏表現は 演奏者の解釈に委ねられているそうです。
絡み合いながら 和声が積み重なっていき 多彩に広がる世界が パイプオルガンの魅力でしょうか?
ピアノとは似て全く異なる世界でした♪
朋子さん、また お会いできる日を楽しみにしています。

d0131804_13361655.jpeg

ライプツィヒに行ってみたい♪ → こちらから

いずみホール・オルガン演奏会の企画については → こちらから


by ray_matsumoto | 2019-09-01 13:32 | Favorite | Trackback | Comments(0)


Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
LASIK/ICL
Ray Eye Clinic
Eye Informations
Academy.Congress
Taste
My Diary
Favorite

リンク♥

フォロー中のブログ

「料理と趣味の部屋」
但馬・写真日和
フィレンツェ田舎生活便り2
私たちは20世紀に生まれた
Strawberry F...
Lovely-Jubbl...
exDJ MARIKOの...
Optician Pri...
宮崎発~デジカメ日記
イタリア発 木のキッチン...

画像一覧

最新のコメント

森様、内容確認しました。..
by ray_matsumoto at 14:32
はじめまして。 12歳..
by 森 at 11:30
Suzukiさま、おめで..
by ray_matsumoto at 22:29
松本先生、お誕生日おめで..
by nobuhito suzuki at 16:55

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
more...

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
日々の出来事