人気ブログランキング |

2019年 03月 11日 ( 1 )

EyeBrid

新しい次世代ハイブリットコンタクトレンズのセミナーに参加してきました。

コンタクトレンズといえは、
ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズですね。
ソフトコンタクトは、乾燥があり乱視矯正効果が弱いことがデメリット。
ハードコンタクトは、フィットするのが難しく異物感が強いのがデメリット。

新しいハイブリットコンタクトレンズは、
中心にハードコンタクトレンズ部をもち 乱視矯正含む良い見え方を実現
周辺にソフトコンタクトレンズ部分をもち 装用感とセンタリングの良さを実現するというもの。
そう、ハードレンズとソフトレンズが一度に合体したレンズなのです。

その名は EyeBrid   → こちらから

d0131804_19281803.jpeg

中心ハードレンズ部分は DK値100と酸素透過性に優れUVカット。
周辺部シリコーンバイドロゲルも DK値50です。
ハード部分の直径 8.5㎜と10㎜の2タイプがあります。
全体直径は 標準が14.9mm (14.0、14.5、15.5mmもあります)です。
ソフトレンズ最周辺部のカーブ=スカート を 標準より平坦にさらに2段階、Steepに2段階変更もできます。
このスカート部分があるため、眼球にしっかりFit 異物が入りにくく、スポーツをされる方にも適合するレンズです。

EyeBrid Silicone :直径8.5mm
EyeBrid Silicone 10 :直径10㎜
EyeBrid AIrKone : 重症円錐角膜用
EyeBrid Oblate : 屈折矯正手術後用

以上があります。
ベースカーブ、パワーも幅広く カスタムメイドもできるとのこと。

d0131804_19284442.jpeg

円錐角膜、不正乱視、乱視が強い人でHCLが出来ない人、強度近視や強度乱視 に良い適応となります。
具体的なレンズ処方方法、装脱方法を学び講習は終了。

講習後に 演者 Emmanuel Veillard氏 
座長の吉野健一先生、
お友達の先生方とプライベイトな懇話会へ。
せっかくフランスからお越しなので
シャンパーニュ、ワインは 全て Emmanuel氏に選んでいただきました。
わ~~~と満面の笑顔で 選んだのが JACQUESSON740 。
日本で これが飲めるとは~~!!と記念写真を撮っておられました☆
ジャクソンは200年前からあり 約20年前から造り方を変え 素晴らしいシャンパーニュなのだ~~と熱く語っておられました。
その他、モンサンミシェルやシャンパーニュ地方、ブルゴーニュの話をフランス人から聴けるなんて!
彼らは ビジネスランチでもディナーでもワインが相棒です。
彼の娘さんは シャンパーニュを 16歳から ちょこっと嗜んでいたとか。
とても楽しそうに自国のお酒を選んでくださいました。
これで 講演のお疲れが少しでも和らいだのであれば、関西シャンパーニュ愛好家として嬉しい限りです♡
その他、Emmanuel氏 「フランスとイタリアと日本が 食べものの話で会話が盛り上がる国だ」と。
どことは言いませんが ヨーロッパでも 食べものの話を 楽しくできないお国もあるようです。
また きっと 日本に講演に来られるでしょう。
その際は、是非紳士的な彼の講演をお聴きください。

d0131804_19294671.jpeg

EyeBrid Silidoneレンズは 近々 レイ眼科クリニックでも導入する予定です。

ご興味あるお方は テクノピアまで → 03-3221-5177 

by ray_matsumoto | 2019-03-11 19:27 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)