人気ブログランキング | 話題のタグを見る

インストラクションコース これから始めるICL

学生のとき 天理よろず病院を見学に行った際
当時 部長だった 永田誠先生が 
学生である私に 熱心にご指導くださいました。
永田誠先生の言葉、今でも 忘れません。
「私達が苦労して知りえた道を 後継者には 同じ時間を費やさず 最短で伝えたい。
そして 後継者たちと 新しい道を 一緒に模索する。
それが 医療の発展です」

そして  ICLの先駆者 清水公也先生。
今回の学会でも会場にて多くの発言指摘をなさっていました。
お二人のテレホンカード (今の若者は知らないかも??)は
私の御守りであり 常に携帯しています。
清水公也先生のテレホンカードは 1994年のもの。
武蔵野赤十字病院に見学に行ったら ミニRK など たくさんの手術を見学させてくださり
部長室にブラックジャックのポスターと 
3S (simple smart satisfaction) が 掲示されていました。
素晴らしい先駆者との出会いと 頂いた言葉が
今でも 私の臨床の力の源です。

インストラクションコース これから始めるICL_d0131804_23191723.jpeg

1週間前 京都で オンライン学会ではない 現地現場な学会が開催されました。

テーマは 術者の良心 向上心 →こちらから

総会長は 大内雅之先生 
日本を代表し アメリカの学会でも大活躍の白内障術者です。
そして 年齢が同じということもあり 友達!! →こちらから
個人開業医師が 学会の会長をし
彼の思い 「術者の良心 向上心」 リアルに話そう! その思いが詰まった学会でした。

私は、、、、
近視矯正手術  ICL のインストラクションコース これから始めるICL を
藤本 可芳子先生 → ご一緒したのは ベルリン 
福岡 佐知子先生 → 出逢ったのは2008年、長くお世話になっています!!
三木 恵美子先生 → ご一緒したのは ポルトガル バルセロナ(*^▽^*)
と 担当させてもらいました。

インストラクションコース これから始めるICL_d0131804_23200073.jpeg

思えば、ICLを始めて もう 12年、、、
いつも前向き 尊敬できる先生達 と インストラクションコースができて
続けていて良かったな~~と思いました。
まだ 始めておられない先生方へのきっかけになれば、
私達の10年以上前の はじめの第一歩は
価値あるものが継続する筋肉痛みたいなものだったことが解ります。
この筋肉痛は できれば 経験せずに 円滑に進むことが理想。
私達インストラクターがほぐしますから 多くの先生方が ICLに興味をもってもらえれば嬉しい。

仲良し女性医師4人による インストラクションコースが 誰かの源になれば
仕事を継続してきた意味が高まります。
このコース 今後、来年のJSCRS学会でも継続の予定です!!

ICL手術見学 いつでも歓迎します☆彡



by ray_matsumoto | 2022-07-03 23:14 | Academy.Congress | Comments(0)