Verbier Festival ヴェルビエ音楽祭②会場・服装編

メイン会場3つ Salle des Combins,
Eglise de Vervier Station,
Eglise de Verbier Village にて、
およそ 11時、16時、19時 と連日公演があります。
(メイン会場の写真は 前回の拙ブログから → こちら

特にメイン会場は 野外テントにつき
中は蒸し暑かったです。
薄着で 扇子と水分が必要です。

d0131804_22020855.jpeg

ガラコンサートでは、
弦楽→ピアノ→オーケストラ と 各50分演奏、休憩30分で、トータル4時間!!
8人のピアニストによる4台での連弾は、驚異的でした!
マルタ・アルゲリッチが全公演ドタキャンには絶句しましたが、
そんなこと もうどうでもよいくらい 素晴らしいピアニストたちによる演奏でした。
ピアノがお好きな人の為に(私のため?) ピアニストの名前を列挙します。
Evgeny Kissin, Yuja Wang,Sergei Babayan ,
Mikhail Pletnev, Andras Schiff, Richard Goode ,
Daniil Trifonov, Denis Kozukhin , Seong-Jin Cho,

d0131804_22030435.jpeg

ちなみに 今回 気に入った演奏の一つは
師弟関係にある二人のピアニストによる連弾。

Babayan & Trifonov - Rachmaninov: Barcarolle from Suite for two pianos No. 1

大きな野外テント会場中、皆が息をひそめ
20本の指が奏でる星空のような演奏に 涙涙でした。。。


連日 午前中にマスタークラスが約4~8クラス組み込まれています。
有名どころが 20歳代の若手を指導するマスタークラスは なんと無料。
ピアノ、バイオリン、ヴィオラ、チェロ、カルテット、歌、オペラなど
観たい内容満載で 身体が一つでは足りません!
ホテルの一角で行われるマスタークラス♪

d0131804_22042688.jpeg

日本からインターネットで ガラコンサート含め
お気に入りの演奏者が出演する8公演をインターネット予約していました。
時間があったので、さらに現地で ピアノを1公演追加で聴きました♪
無料に弱い関西人としては、マスタークラスも行かねば~~と
You Tubeで ベートーベンピアノソナタを愉しませてもらっている
Richard Goodeによるマスタークラスを見学しました。
2台のスタインウェイが並び グードさん御年74歳、自ら椅子の調整♪

d0131804_22050803.jpeg

前から2列目、中央、指が見える場所にてかぶりつきで聴講しました♪
ハイドンのソナタは 愉快にユーモアをもって演奏すること、
軽やかな指のタッチ、腕のテクニックを指導されていました。
緊張して硬い音の練習生に対し、どこまでも朗らかで軽快なグード!
大変勉強にはなりましたが、実現するのは相当難しいです・・・

d0131804_22062667.jpeg

宿で朝食のとき 毎回挨拶してくれるイギリス紳士は マスタークラスばかり聴かれてました。
午前中はマスタークラス、昼にハイキング、夜、好きな演奏者のコンサートとプランを立てていたスウェーデン人夫婦。
音楽ジャーナルの記事を書いているベルギー人の男性。
皆さん、何度もヴェルビエ音楽祭に参加されています。
自分にあった音楽を 自由に選択しながら 心ゆくまで楽しむという
なんて自主的な音楽祭でしょう!
Acamemyの旗が Veribier Festibval Artist Training Programmesが行われている印です。
リュックサックを背負い、軽装で まるで散歩を楽しむかのように
クラシック音楽と自分との 語らいの時間を過ごすのです。
Veribier 音楽祭、なんて素敵☆☆☆

d0131804_22071235.jpeg

少し離れたマスタークラスのホテルまでは
シャトルバスが出ます。
宿泊先にて 滞在中 ケーブル、バス、シャトルバス の無料カードを貰えましたから
大変助かりました。海外で一度もタクシーに乗らなかったのは初めてです!

d0131804_22081100.jpeg

宿の近く Place Centraleでは 毎日17時半~18時まで
野外音楽会もありました。
子供ちゃんたちは 舞台に上がったり、踊ったりと大興奮。
音楽が誰にでも無限に広がる どこまでも素敵なヴェルビエ音楽祭♪

d0131804_22084746.jpeg

知っていたつもりですが、今回 心から体感したことは
音楽には 境界がないってこと。
年齢、性別、国籍、時間、何にも囚われません。
直接的に 
耳の奥底に記憶で残る音が間接的に
心に響いてきます。
音楽語?? を理解し合える間柄には
瞬間的に 通じ合う何かがあります。

d0131804_22095983.jpeg

ボーダレス!
それは 想像もできないシアワセを運んでくれます。
続きは 後日~~~112.png

軽装、運動靴で クラシック音楽を楽しんだヴェルビエの毎日。
ヴェルビエ音楽祭25周年、万歳~~
私も、これから25年、ピアノを練習し続けます!

d0131804_22212687.jpeg

[PR]
トラックバックURL : https://ocular.exblog.jp/tb/27037528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ray_matsumoto | 2018-08-07 22:00 | My Diary | Trackback | Comments(0)

Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto
プロフィールを見る
画像一覧