心と言葉、それが音楽

9か月の間、飽きることなく練習をし続けた
ベートーヴェンピアノソナタ第4番Op7,第一楽章を
発表会にて 無事演奏し終えました♪
完投できたことにひとまず安堵。


35年ぶりの発表会があまりに楽しくて 皆さんの演奏を聞き入っていた私。
初めての発表会で 演奏終了後 キョロキョロする幼稚園生。
一音一音を大切に奏でて 小学生なりに自己表現する僕ちゃん。
手首、腕をしなやかに演奏する雰囲気のあるお嬢ちゃん。
音のひとつひとつに差があることが楽しくって 心が躍りました。
私の前が 
ドビュッシー夢想、アラベスク1、
ベートーベン悲愴1楽章、テンペスト3楽章、
ショパンノクターン、と
しっとりしたマイナー調が多く、
すっかり 音に感化され 物静かな気分になりました。
丘を登るように、次へ次へと歩み進むように、ホルンが鳴り響くように、
沢山 ピアノの先生に教えてもらっていたのに このままでは暗い音楽になってしまう。。。
少し不安がよぎりましたが、
ピアノの先生の「快活に!楽しんでいってらっしゃい!玲さんなら大丈夫!」の声かけで
急に陽気な気分が甦り、ニコニコと舞台に上がりました。
あとで家族、友人から 笑いすぎだと指摘されたほどです。
で、元気いっぱい集中して演奏できたと思います。

d0131804_21024594.jpeg

演奏しながら 山から眺める神戸の風景を思い出し、
川の流れの中で 舞う木の枝を見て、
光が零れる木陰で 好きな人に告白し、
暗雲と雨が急にやってきて 暗闇の中で不安と緊張がよぎったけど、
雲が流れて青空が広がり
どんどん 森の中を進んで進んで 
最後、たくさんの花々が咲き誇る広い場所に到着できました。

9か月、目の前にあった譜面は
9か月の間、出逢った人々や目にとめ心に残った風景に変化。

友人や家族からは、
「持前の迫力と繊細さ」「ロック魂」、
「男前」(褒めてくれているのか不明!)、
「楽しそうに歌っていた」
「一つのことに打ち込むのがカッコいい」などなど感想をもらい
直接 自分のことをこんなにも様々な言葉で頂いたことも久しくなく 
それも 演奏の達成感とは違った悦びでした。
姪っ子甥っ子たち 子供たちが
「レイちゃん、凄かったよ!良かったよ!」と目をむいて言ってくれたことも
嬉しかった♡

d0131804_21040815.jpeg

音楽は 心や言葉が広がる世界を作れるのですね。
それは 様々な色の世界でもあります。


彩りある世界に導いてくださった 林葉子先生、
ありがとうございました!
これからもよろしくお願いします。
今回は、
ステキな葉子先生と中井美内子先生の生徒さんの発表会でした。
(お二人は → こちらから
子供のころから 下手でも 「上手ね~、上手になったね~」と言い続けてくれた母、
うるさく練習し続けても、ロッキングチェアーで昼寝をしていた父、
ピアノを子供のころ習わせてくれて、
そして褒め続けてくれてありがとうございます!
毎日毎日 嫌な顔せず 同じ曲を聴き続けてくれた家族にも感謝です。
当日、ご来場くださった友達、患者さんにも お礼申し上げます。

d0131804_21034406.jpeg

休むことなく、これからも毎日少しづつ練習を続けます。
軽やかな穏やかな音色が目標です♪
人間的にも、軽やかで穏やかになれるはず!?!
いつのことやら?

[PR]
トラックバックURL : https://ocular.exblog.jp/tb/26741329
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ray_matsumoto | 2018-05-02 20:23 | My Diary | Trackback | Comments(0)

Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31