いい加減より 好い加減

涼風に夏の終わりを感じます。
お盆休み明け以後の繁忙も 2週間を経て
ようやく平静を取り戻していますが、
当日病状の方も最近多く、
予約優先とはいえ 待ち時間が発生しています。
ご理解頂いています皆様、ありがとうございます。

忙しくても 誕生会は欠かせません。
だって 私達 ファミリーですから♡

d0131804_23180529.jpg

忙しい外来の中 感じたことがあります。
どうしても 譲れないこと。
安心と最良の医療。
だから 患者さんと私、患者さんとスタッフ、
それぞれの立場で どんなに忙しいとも 説明を尽くします。
つまり 私達 いい加減が 嫌なんですね。
中途半端、投げ出し、無責任 が 嫌いなクリニックです。

でも 「いい加減」は 自分にとってもそうであっても
時に 相手にとっては そうといえないこともあります。
「好い加減」ってもこともあり得ます。
そう、いい塩加減みたいな、ちょうどいい塩梅みたいな。

加減、+- を主体に捉えると
増幅の大きさに どうなってんや~~って 感じてしまいます。
いい つまり 好い を主体に捉えると
いい塩加減 みたいな、適量、程よい程度 と 良い意味を持ちます。

「好い加減」にケーキカットをする人、「好い加減」を知っている微笑人

d0131804_23191202.jpg

いい カゲンッッ (カゲンを強く言う場合、ちょっと悪い意味) 
いいーーー カゲン  (いいーー にアクセントを置くと、好い意味が表に出る)


20歳代の誕生日のスタッフに贈った言葉は

「いい加減より、 好い加減」

仕事のこと、プライベイトのこと、何でも話す私達。
誕生日の会話で  「イイカゲン」 を考えさせてもらいました。
レイクリ、これからも いいーーーー☆☆☆カゲンで行こうね♡


[PR]
トラックバックURL : https://ocular.exblog.jp/tb/25487320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ray_matsumoto | 2017-08-30 23:16 | My Diary | Trackback | Comments(0)