梅春園

実に20年ぶりに ふ~~~と 足が向いて 立ち寄りました。
元々 子供のころから 家庭の餃子が大好き。
社会人になって 一人で餃子を食べに行けることを教えてくれた思い出の店です。

研修医として神戸にはじめてやってきて
味噌だれに驚き、 大好きなニンニク醤油に歓喜していた 若かりしあのころ♡

d0131804_22360431.jpg

店内は綺麗になっていました。
あの時は 手書きのメニューだったよ。

d0131804_22362863.jpg

まず 豚足を食べて

d0131804_22364863.jpg

餃子

d0131804_22370573.jpg

これ、変わらない 私の定番。
餃子はよく実家にお持ち帰りしてました。
父もビールと一緒によく食べてました。
「肉が赤いんちゃうの~~~!」 と家族に言われましたが
豚の綺麗な赤身の肉で しっかり焼いてあります。
20年ぶりの餃子は 肉厚の皮をパリっとしっかり焼くスタイルで 変わらず。
中身は もしかしたら 肉の量が少し減ったかも。赤身も減ったように感じました。
うん、そんなことも理解できます。
だって 日本の経済事情は 餃子のアンをみれば解る、 これ レイ基準!

d0131804_22373556.jpg

昔は その後 野菜炒め を食べて 最後に麺を食べてましたが
さすがに 胃袋が老化し
餃子の20分後の写真は これ~~
定番チャーハンが ふわ~~~と美味しい店は 嬉しいです。
〆の完成度が高いと よく眠れるみたいな錯覚に陥ります。
で、 事実 深く眠れ、翌朝、身体は重い!!!

d0131804_22375757.jpg

この店は 深夜になればなるほど 賑わいます。
老若男女、人生模様様々。
若いカップルが飲んだ後にイチャついている光景も眺め良し。
20歳代のころ 夜遅く、一人カウンターで食べていたら
隣のおじさまに「ネエチャン、おごるよーー」と 絡まれました。
私は 「自分の豚足と餃子は 自分の金で払いたい!」 と主張しましたが
いいタイミングでカウンター内の店主が 
「兄さん、ネエさんが困ってるやろ?ほっといてやー」 と言ってくれ
私は それが嬉しく ここならば 安心して一人で食べれる( ^^) _U~~ と思い
私の餃子熱に 火をつけた店の一つです。
(同じセリフを言ってくれたのは 神戸元町栄町 BAR MOON LITE)

あの時の店主から 今は 息子さんかな?
彼がまだ修行していたときまで通ってましたが
その彼も 今 落ち着いた雰囲気で 店を仕切ってました。
変わらず 同じメニューがあること 店があることが嬉しかったです。

懐かしの 梅春園
東急ハンズ 斜め向かい、南側。
餃子、炒飯、またリピートします111.png

d0131804_22394327.jpg



[PR]
トラックバックURL : https://ocular.exblog.jp/tb/24585724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ray_matsumoto | 2017-06-22 22:31 | Taste | Trackback | Comments(0)