最後のバレンタイン

『心配なもので、一回に3滴いれております。
お薬も確認しました。
えーーー、聴くことはなかったかなーーー
はい、薬もきいたことだし、、、
では、またっ!』

真面目に点眼を続けてくださり、ありがとうございました。
いつも 生きること の至誠をお見せくださり、ありがとうございました。
5年の間、
私達はたくさん勇気をもらいました。
受診してくださるごとに お元気になっていく87歳のお姿は
レイクリ全員の 励みでした。

準備してくださっていた最後のヴァレンタインデーのチョコレート。
甘いものが好きなスタッフ、
私はダークが好き、
知っておられたのでしょうか?
d0131804_13171999.jpg

雛祭りの桃の花を きっと観に来てくださってますよね。
これからは 予約なしに いつでも私達を眺めにお越しください。
レイクリチームワーク証しの眼内レンズで 
私達はずっとキラキラ繋がっていけるって信じています。

レイクリガールズにとって 永遠の愛  になりました。
笑顔を偲びながら 愛を全員で頂きます。
[PR]
トラックバックURL : https://ocular.exblog.jp/tb/22922227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Maxまっちゃん at 2016-02-26 22:18 x

バレンタインの患者さんは、女性の方ですか?
最後とか最期って云う言葉は、哀しいですね。
優しい思い出だけは、悠久であって欲しいものです。

患者さんと医療従事者との付合いも
軽薄であらねばならない御時勢。
医療的なトレーサビリティーと
人情的な追憶の双方を兼ね備えた
御クリニックの豊かさを感じました。

元気だから病院を訪れる高齢患者さん
見掛けなくなると心配する気持ちは
冗談では無い様です。
Commented by ray_matsumoto at 2016-02-27 14:29
Maxまっちゃんさま

コメントをありがとうございます。
私共が「生きる」ことを患者さんから学ぶことが多いです。患者さんやご家族に感謝です。
拙院に関わる人、皆が、眼科診療を通して、誠実に生きることを考える場所であって欲しい・・そんなことを思いながら診療する日々です。

by ray_matsumoto | 2016-02-26 13:15 | My Diary | Trackback | Comments(2)

Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31