Modern Art in Kyoto

インカ帝国展で先週京都に行った時
研修医の頃を思い出しながらブラブラ街の中を歩いていたら
いいものを見つけました!
d0131804_17215382.jpg

シリコン製の石鹸置き、その名も TsunTsun☆
石鹸を点で支えるもので
実にしなやかな突起部分が 形状変化する石鹸を優しく受け止めるデザイン。
掴みにくい石鹸も シリコンが柔らかいので掴み易く
石鹸の乾きも早い。

日本人がデザインした Made in JAPAN です。
デザイン事務所のHPをみると 動物の形のクリップ、コップカバーなど
身近に使っているものもありました。
HPは →こちらから

そして 壁と風化を作品のテーマにしているアーティスト 明松佑介(カガリ ユウスケ)。
鞄には1年、100年、と名前がついてて
牛革が セメントの壁が風化していくような風合になっています。
今回 私はまだまだ新しい革加工の名刺入れを購入しました。
出会って挨拶した人達の分
その時間が 名刺入れの表面を変化させてくれます。
時間がたつことを 愛おしく思える名刺入れ、気に入りました♥
カガリ ユウスケ さんのHPは →こちらから

数百年前の南米ペルーを感じた後
現代アートの日本を手に入れた 京都という場所。

古いのか 新しいのか
そして ここはどこなのか
私が望むことは 何なのか

Kyoto is amazing place 053.gif
[PR]
トラックバックURL : https://ocular.exblog.jp/tb/18932822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ray_matsumoto | 2013-06-10 17:22 | My Diary | Trackback | Comments(0)