院内ランチョンセミナー第二段

今年のレイクリの秋は 勉学の秋  です。

以前のランチョンセミナー(⇒こちらから)の第二段を 本日開催しました。

テーマは 「当院における有水晶体眼内レンズ手術の成績」
週末 兵庫県の集談会で発表する内容を
スタッフに聞いてもらいました。
このように 発表ができるのも
日頃スタッフが 検査をしっかり行い データ管理してくれるお陰なのです。
そして この内容を 今後のカウンセリングに活かしてもらう為にも
院内発表会は 大切なのです。

matsu「質問ありませんか?」
スタッフ「・・・」 十分理解している、という顔でした。
d0131804_18441747.jpg

さて、本日は それに続き スタッフによる勉強会もありました。
「急変時の対応について」
看護師が講師になり 
酸素バッグやマスク、酸素ボンベの場所、救急バックの中身の説明がありました。
いつ何時 予測できない事態が起こるとも解りません。
備えあれば 憂いなし です。
d0131804_18444381.jpg

ランチョンセミナーのお供は 今回も マザームーンカフェの オニギリ幕の内弁当。
9種類のオカズと 大きな雑穀米オニギリは
私も大好きです。
d0131804_184549.jpg

一人でするより
何か理由をつけて 皆で何かをしたいレイクリ、
どんなことがあっても 皆と一緒だと やっていける気がしませんか?

仲間と一緒に過ごすこと
そんな当たり前のことが
なんてシアワセなことなんだろうと
思わずにいられない 一日でした。
[PR]
トラックバックURL : https://ocular.exblog.jp/tb/16962172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ray_matsumoto | 2012-10-09 18:36 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)