ALADDIN

ミラノで開催された第30回ヨーロッパ白内障屈折矯正手術学会(ESCRS)に
参加してきました。
思えば このブログの最初の記事も (→2007年10/8, 2007年10/9 ) 
ESCRSの話でした!

画期的は話はなかったように思いますが 
手術器械では
日本でよく愛用されている手術鋼製小物のメーカーが
白内障&硝子体手術装置を展示していました。
これだから 色々な会社があるヨーロッパの展示は面白いです。

今回 私が一番トキメイタのは これ 、ALADDIN ♪
測定時間は 数十秒~あっという間!
眼軸測定と・・・
d0131804_20465984.jpg

明所、暗所各瞳孔径、それを動的にも記録可能、瞳孔中心偏位も数値化
私の瞳孔で~~す♪
d0131804_2047748.jpg

トポグラフィー測定 そして角膜高次収差も測定、円錐角膜スクリーニングも可能
d0131804_20472671.jpg

眼内レンズ測定は 一般的な計測式に加え
レーシック術後の場合は Camellin-Calossi式で計算してくれます。
トーリック眼内レンズでの挿入マップもみれます。

matsu:「アラジンと魔法のランプの アラジンですかあ?」
TOPCON EURO Yさん:「ピンポーン☆」
Axial Length Add In の略に 魔法のランプのアラジンをかけているらしい★
今までのトプコンの器械と違って そのネーミングも洒落てて楽しいし
一つで 色々できるっていうお得感が
関西人の心をくすぐります。

TOPCON  ALADDIN
詳しくは →こちらから
トプコンは日本の会社ですが、ALADDINはヨーロッパで開発され 
日本での発売は 残念ながらまだ先。
今年秋の臨眼での展示も まだみたいですよ♪

2~3器械分の仕事を、これならばコンパクトに一つにまとまります。
大革命ではないけど、目のつけどころが なかなかよろしい。
プチレボリューション 
魔法のランプ的な器械で~す024.gif
[PR]
トラックバックURL : https://ocular.exblog.jp/tb/16800621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-09-13 02:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ray_matsumoto at 2012-09-13 16:51
Yさん、コメントありがとうございます。
今後もよろしくお願い申し上げます。
美味しい日本食を食べて、遠いところから楽しんでもらえるよう、ブログで紹介いたします。
by ray_matsumoto | 2012-09-12 20:54 | Academy.Congress | Trackback | Comments(2)