ウェーブフロントアナライザーKR-1W

本日 トプコンの新しいウェーブフロントアナライザーKR-1W の勉強会がありました。

今までよりも 測定ポイントが10倍、
今まで同様の 角膜高次収差、眼球全高次収差 に加え、
内部高次収差つまり水晶体や眼内レンズの収差も 解かりやすく表示されます。
適切な眼内レンズ選定のためのIOLセレクションマップもあります。
測定光を明るくしたり暗くすることより 瞳孔径も測定できます。
d0131804_2350129.jpg

レイクリでは
レーシック手術前後
白内障手術前後
ICL手術前後
オルソケラトロジー経過観察
一般診療での見え方のシミュレーション
で ウェーブフロント測定を行なっています。
それぞれ どのマップでの表示がわかりやすいか 本日夕方に決めました。
d0131804_235033100.jpg

また 大好きな数字を見る機会が増えます。
行間を読む・・・読書も好きですが
数字が表す現実を構築する・・・この作業が 
見えないものまで見ようとすることで より眼科の仕事を深めます☆
眼科は 視力だけじゃないんだよお~~~
明日以後 説明書をゆっくり読んで
色々なデータ取得に利用しようと思います♪

トプコンさん 本日は説明会をありがとうございました!!
[PR]
トラックバックURL : https://ocular.exblog.jp/tb/12550417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by ray_matsumoto | 2010-12-21 23:50 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto
プロフィールを見る
画像一覧