クイックチェイサーAdeno

今月に入って ウイルス性結膜炎のお子ちゃまが増えています。
流行性角結膜炎、咽頭熱、出血性結膜炎は学校伝染病に指定されていますから
保育所や幼稚園、小学校には行けず 自宅療養になります。

綿棒の先で こどもちゃんの結膜嚢をゴシゴシするのは
ちょっと可哀そう。
お母さんやスタッフに励ましてもらいながら
検査を受けてくれます。

ちょっと泣くこどもちゃんには
「泣いてもいいよー10数えたらなんともなくなるよー」と言います。
号泣していたこどもちゃんに
「泣いていいんだよ~50数えるあいだ、泣いてていいよー」 と言いましたが
50 と聞いた途端、そのこどもちゃんは泣き止みました。
こどもなりに、なんか それ 長すぎる?? と察知したのかしら♡
可愛いな~

このたび、綿棒でなく濾紙タイプのアデノウィルスチェックキットが登場。
本日 院内勉強会をしてもらいました。
眼瞼結膜に 5秒接触させて 涙液、結膜滲出液をしみこませます。
判断時間は 7分。

d0131804_13485893.jpg

うん、濾紙のほうが綿棒より痛くなくって こどもちゃんにはいいと思う。
濾紙をみせるとき、なんて言おうかな~
この季節なら 「細くって小さいアイスクリームだよ~~」って言おう!

クイックチェイサー Adeno は 日本点眼薬研究所から新発売です。
[PR]
# by ray_matsumoto | 2017-07-28 13:47 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)

Baird Beer

ホップ、モルトの香りを可能な限り処理しない沼津発祥の美味いビールがあるって聞いていた。
沼津フィッシュマーケット近くにある。

d0131804_22251145.jpg

カップは reuse
再利用するから 名前を書くんだよ。
店の人は さっと洗って 次のビールを注いでくれる。

d0131804_22272392.jpg

ここで 子育てをし この場所で醸造していた Bairdの原点。

d0131804_22280309.jpg

今は修善寺に立派な Baird Breweryがある。
2014年3月、見学にいったとき ホップをみせてもらい、製造工程の話を聞かせてもらった。
美しい自然と清らかな水に溢れる場所にたつブルワリーは
そのビールを愛する人たちの出資により建てられたと聞いた。
話は聞いたけど、その時の私は きちんと理解していなかったのだと思う。

d0131804_22300020.jpg

d0131804_22315426.jpg

今、沼津のタップルームは 週末しか開いていないらしい。
偶然訪ねたときが 17周年のときで
ベアードビールを愛する人たちが
明るく 開放的に 温かく 情熱的に ベアードビールを飲み語っていた。
可愛い ベアードのピアスをした店員さん

d0131804_22323911.jpg

なぜか Wild Cat♡

d0131804_22332719.jpg

偶然 創業者・醸造家 Bryan Baird と奥様の由美さんも!
沼津は 彼らのPassionであり Soul だから
週末しかあけてないけど
もはやここでビールは作っていないけど
この場所は 大事な場所なんだ、 と語ってくれた。

d0131804_22342671.jpg

そして ベアードのビールが美味しい理由。
氷砂糖を使い
2次発酵は瓶内発酵で自然の発砲なのだ。
今 日本で普及している発泡酒を飲むと
変にお腹が膨らむし、味はしないし、気持ち悪い甘さを感じる。
それは ビールと言ってはいけない加工飲物。

Balance バランス
Character 個性
Complexity 複雑さ

彼のビールに対するポリシーは 彼、そのものだった。
美しい笑顔、包容力、情熱、冷静さ、調和、人間の複雑み。
そして 今 なお 挑戦。

d0131804_22410763.jpg

色々な味を体験できる Baird Beer
あなたの地元で飲める店があるかも、
Baird Beer → こちらから
今や 海外にも輸出されている。
そして Bryanからの新情報☆☆☆
近日 Los Angelesに 焼鳥タップルームができるらしいよ~~167.png
YAKITORI & BEER は日本が誇る文化だ!

現在、原宿、馬車道、沼津、中目黒、高田馬場、修善寺に タップルームあり。
色々味見できて最高~~
また 沼津に行きます。
初心 忘れるべからず 
ありがとう、Baird !!!

d0131804_22360007.jpg

[PR]
# by ray_matsumoto | 2017-07-25 22:18 | Favorite | Trackback | Comments(0)

韓灯 ハンドゥン

暑いですねーーー
体力消耗してませんか?

新鮮な鶏をまるまる一羽煮込んだ韓国風水炊き タッカンマリ を食べました!
一日5食限定。
だから 私、元気いっぱいです☆

d0131804_22304871.jpg

ほぐすと柔らかい鳥肉と野菜

d0131804_22313627.jpg

取り皿に入れるとこんな感じ。
スープの清らかなこと!

d0131804_22315747.jpg

ホルモンの盛り合わせは焼きで。
綺麗に処理してあります。

d0131804_22322070.jpg

丸腸♡

d0131804_22324021.jpg

シャンパーニュの作りてが なぜか白ワインを作りました!
ビックリしますね~

d0131804_22330679.jpg

〆は ラーメンでも雑炊でもok。
スープの味が美味しくって
深夜の穀類も 食べてしまいました!

d0131804_22340774.jpg

小倉から移って東京で韓国の母の味を再現。
何の素材で勝負するか
どう処理するか 
準備を徹底的にするかことで 結果は変わります。
どの料理も 繊細、上品な味で ワインにも合いました!

d0131804_22344448.jpg

韓灯 東京・月島
裏通りにある 食のプロが通う店
焼肉だけでなく 前菜、鍋、スープ、とにかく素晴らしかったです☆☆☆
翌朝、肌がプリプリで身体が軽かったことに またまた感動しました。
こんな季節、また 行きたいお店です111.png

d0131804_22350834.jpg

[PR]
# by ray_matsumoto | 2017-07-22 22:29 | Taste | Trackback | Comments(0)

このところ、気に入っている検査機器がこれ。
ドライアイ観察装置 DR-1α。

涙の成分を判定する器械です。
瞬きに沿って 涙のパターンを動画で記録します。
涙には 水成分と油成分がありますが
綺麗な涙だと 瞬きとともに
涙が一枚の美しいベールのように層をなして
下から上へと 舞い上がる様子が観察できます。
そう、美しい角膜表面は まるで花嫁さんのベールや真珠のようなのです。

本日の私のデータ、Pearl型でした♡
新郎がベールをそっとあげる慎ましやかさでなく
元気よく ベールが巻き上がるような映像でした。
興奮した舞台のあとの カーテンコールみたいな!
動画でなく、残念!

d0131804_19485743.jpg

前機種のときは 
何を観察しているのかよくわからなかったのですが
ドライアイの第一人者 有田玲子先生が
ドライアイのタイプ分類をされて以後
この器械で検査をしたい~~ とずっと思っていました。

大変多いのが、蒸発亢進型の Crystal.
なんとなくクリスタルって ネーミングは洒落てますが
表面に保護がなく 水分だけの乾いた目なんです。
油が足りない マイボーム腺機能不全のドライアイが本当に多い!
パソコンやスマートフォンの影響が絶対あります。

ドライアイは 水と油のどちらが足りないかを診断して治療する時代です。
現代病ドライアイも しっかり診断し それに合った治療をすれば
必ず良くなります。
仕事はやりがいがあって楽しいです!

DR-1α の記事は ➡ こちらから
ドライアイについては LIME研究会 をご覧ください。➡ こちらから

[PR]
# by ray_matsumoto | 2017-07-21 19:34 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)

5年前、ミラノ・アンブロジアーナ図書館にて
レオナルドダヴィンチの多くの手稿を自分の目でみてから
すっかり レオナルドの虜。(→ こちらから、もうひとつ→ こちらから

彫刻の石の美しさはなぜか子供のころから好き。
ロンダニー二のピエタ像をみてからは
ミケランジェロ にもときめくようになりました。(→ こちらから、もうひとつ→ こちらから

500年を超えて 今なお圧倒的な才能を見せつける巨匠2名の展覧会。
それも 素描がメインなこの企画。
行ってきました!
顔貌、人体表現、馬/建築、手稿、書簡・詩歌、肖像
テーマごとに 二人のライバルの作品が 隣り合わせで展示されています。

自然と解剖に忠実なレオナルド
人間の肉体の中に感情まで表現しようとしたミケランジェロ
戒めを冷静さをもって作品に秘めたレオナルド
熱情的で信仰心に篤いミケランジェロ

じっくり観察していると 素描が
どちらの作品なのか 少しづつ感じることができるようになります。

d0131804_22441991.jpg

レオナルドのレスター手稿・月についての研究も展示されていました。
ビル・ゲイツ個人所蔵です。
イラスト、考察の書きこみ、圧巻な精密さです。
戦車の二つの案も 細かな描写に 開いた口がふさがりませんでした!
自然科学に携わる人間としては 目に一度は留めておきたい芸術と科学が一体化した作品です。

今だ 興奮がおさまらず 
毎晩 眺めてます!
あと最低1回は現物を観に行きたい!
いや、何度でも自分の目で眺めていたい!!

d0131804_22444244.jpg

レオナルド✖ミケランジェロ展 
2017年9月24日まで 東京三菱一号館美術館 →こちらから
2017年10月5日~11月23日 岐阜市歴史博物館

d0131804_22452501.jpg

[PR]
# by ray_matsumoto | 2017-07-19 22:36 | Favorite | Trackback | Comments(0)