ぼくの好きな先生

高校1年生の時の担任の段先生の最後の授業を受けたのが、今年の3月。
→ こちらから

国語の先生で、
ザ・ベストテンの話をよくされ
みんなで先生の家にも遊びに行きました。
当時 大阪から宮崎に引っ越したばかりの私は
宮崎弁が何を言っているかよく解らず
暑い宮崎の日差しと自転車通学が苦手で
随分 尖がった15歳だったと思います。
教室で私だけが 
「段先生~~↓(語尾下がる)」とイントネーションの違う叫び声をあげてました。

段先生が 「おまえな、イヤなのも解るけどな
ここの他の奴らはな、皆 宮崎しか知らないわけで
ここが当たり前なんだよな。
郷に入っては郷に従え」と教えてくれました。
いつもは友達みたいに楽しい先生から
真面目な顔で 真面目なことを指導してもらったのが私の段先生の思い出です。
国語は苦手でしたが
教えてくださったこと、これだけは しっかり記憶に残ってます。

今年3月の最後の授業では ”笑いと勇気” を教えてもらいました。
あの時 「もう教壇には立たない!」とおっしゃってました。
ほんと?? と思ってましたが どうも本当のようでして
その代わり 印税生活を狙っておられるのか(?)
今までの教員生活での講話を2冊の本として出版されました。


今、毎晩 すこしずつ 読んでいます。
普段 私の読書は 安眠薬的なのですが
この本は 面白くって止まらないので 1章ずつ読んでいます。

・管理しない管理職
・主体的、協動的な学び
・悲観的に備えて 楽観的に対処 ←私の仕事のポリシーと同じ!
・双向性 の必要さ
・わからない部分を残しておく
・小さな葛藤の積み重ね、
葛藤を克服して階段を上っていけば 状況が変わる

共感、納得することばかり。
そりゃそうだ。元々 毎日先生の話を1年間聞いていたわけですから。
そして 35年以上が経ち
再び 毎晩、先生の授業を受けているみたいで
元気をもらっています。
「生きる」を 教えてもらっています。
先生って いつまでたっても 先生なんだなって
この年になっても 私に先生がいることが嬉しいです。

d0131804_17414557.jpg

私も 毎日 仕事で 「レイ先生」 と呼ばれます。
勇気と笑いと 「生きる」 を 刺激をもって伝えられる先生でありたいです。
そして スタッフに話しました。
誰もが 誰かの 先生 なんだって。
誰かの 「ぼくの好きな先生」 である自分。
好きは 人さまざま。
でも、誰かの好きな人であるってこと。
そういうことを感じながら それに相応しく日々の生活を送ることが
健全に生きることだと思います。

段 正一郎先生、たくさんの宮崎県人の先生であった段先生、
私、感受性の高い時期に ユニークな先生に出逢えて 良かったです!!
レイ眼科クリニック図書にこの2冊の本を置き、皆で読みます。
ありがとうございました!!!

段 正一郎先生著
「こどもたちが輝き出したよ」
「校長先生の話って退屈なものですか?」
→ こちらから

[PR]
# by ray_matsumoto | 2017-08-09 17:35 | My Diary | Trackback | Comments(2)

午後の泡2音会

土用の丑の日、音楽と泡好きが集まる午後の泡2音会を開催しました。

第1回 午後の泡・茶・音・会 は → こちらから
第2回 午後の泡音会は → こちらから

今回は マグナムシャンパーニュがあるということで 泡2音会に!
アマチュアな私達の音色は消えそうですが、
泡を頂く勢いは会を重ねるごとに増しています!

楽器が家にある生活

d0131804_14411138.jpg

生で 色々な音色を楽しめる休日

d0131804_14414406.jpg

準備も楽しい!

d0131804_14421486.jpg

カタルニア民謡 パブロ・カザルス編 鳥の歌
平和の祈り、故郷に二度と戻れなかったカザルス
国連で「私の生まれ故郷カタルーニャの鳥は、ピース、ピース(英語の平和)と鳴くのです」とスピーチされた話。
芸術には メッセージがあるのです。
H先生、Nさん、お話しをありがとうございました。

d0131804_14423613.jpg

表現するってなんて難しいのだろう~とピアノを習いながら知ります。
今回 DUO 8&0 として 初めてクラリネットの伴奏をしました。
怖い顔の私と 音楽に対して包容力のあるH先生。
自由に気持ちよく演奏される表現豊かなクラリネットの音色を聴きながら
私も 楽しくピアノが弾けました。
一人でないって こんなにも人を変えてくれる!!!

d0131804_14431649.jpg

和食担当は私、
樽谷さん内橋さん手作りの万願寺、とてもおいしかったです。

d0131804_14434483.jpg

黄色はビーツなんですよ。
ベルグストロームのシャルドネ、最高でした☆

d0131804_14441337.jpg

みんなが大好き、
マグナムシャンパーニュ Pol Roger 2004
新鮮さと濃くのバランスが素晴らしい!

d0131804_14444313.jpg

新鮮食材の料理、会話、自由な時間

d0131804_14453514.jpg

そして 友達!!

d0131804_14461098.jpg

飲んだワインを眺めて ビックリしたのは
第1回目開催時に Pol Roger 2004 を飲んでいて、今回はそのマグナム。
The Eyrieのロゼも1回目に飲んでました。

d0131804_14465232.jpg

d0131804_14471810.jpg

そして 毎回 ボトルが増えていることも ビックリ!!
胃袋成長期 泡音会 、これからも継続します。
音楽も成長したいな~~
お友達のみなさん、これからもよろしくお願いします♡


[PR]
# by ray_matsumoto | 2017-08-07 14:39 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Summer of Riesling

Riesling リースリング という白ブドウ品種をご存じですか?
私が最も好きな白ワインのブドウ品種です。
甘いって思われる方もいらっしゃるでしょうが
実は 複雑な味、香りをもつ 魅力的なブドウです。

蒸し暑い日本の夏の 辛口、軽やかなリースリングで食事を楽しもうという企画
Summer of Riesling ☆

一人一本お気に入りのリースリングをもって参加します。
ライムの香りがするドライリースリングに
冬瓜、枝豆、イカの刺身など
見るからに涼しいなー

d0131804_19002152.jpg

ぺトロールな脂を感じるリースリングには
なんと クジラの心臓!
和食とリースリングはとっても相性がよいことを再認識しました。

d0131804_19010120.jpg

今回のビックリ賞はこれ
1966年のもの☆
色と風味は紅茶、そして蜂蜜も少し感じました♡

d0131804_19012217.jpg

よくぞ51年、静かに眠っていたもんですねー

d0131804_19015939.jpg

その当時、あまり良いコルクは使われていなかったらしく
コルク落ち!それでも上品な風味を保っていました!

d0131804_19023811.jpg

キノコのような風味もあって、
偶然でてきたマツタケご飯にピッタリ♡

d0131804_19025870.jpg

今年は 投票はなし、
それほどすべてが素晴らしかったです。

d0131804_19033413.jpg

自然なもの、奇をてらわないものの 優しい関係。
打ち合わせをしなくとも、
いい関係、ペアリング、カップリングは
自然に出来上がるのかもしれません。
リースリングの輪
食事との和
友達との和は
これからも 無理なく続いていくでしょう。

d0131804_19050788.jpg

割烹の店 江川さん ありがとうございました。
1966年の貴重なリースリングを 今井商店さま、ありがとうございました。→ こちらから
Summer of Riesling → こちらから


[PR]
# by ray_matsumoto | 2017-08-03 18:51 | Taste | Trackback | Comments(0)

鰻の日、第8段♪

レイ眼科クリニック開院以来の恒例行事は
今年で8回目を迎えます。( 以前の様子は → こちらから ) 
暑くなると、身体が欲する

d0131804_17365592.jpg

今朝出勤すると 「口が鰻になってました!」とスタッフの声。
スタッフ手作り キュウリとミョウガの酢の物を付け合わせにして
レイクリ流 鰻丼定食!
豪華でしょ?
d0131804_17372750.jpg


蒲焼も美味しいですが、私は白焼きが好物です。
本わさび、酢の物、酢味噌、何にでも合いますが
シンプルに本わさびが 暑い季節には最高です。

d0131804_17374769.jpg

力蓄え 8月の仕事も チーム一丸となって乗り越えます!

山信さん、いつも美味しい鰻をありがとうございます♡

[PR]
# by ray_matsumoto | 2017-08-01 17:27 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

アンチンボルド展

これ、私なんですよー
ハプスブルグ家お抱え画家としてウィーンで活躍したイタリアの画家・アンチンボルド展に行ったとき
写真を撮影し コンピュータグラフィックにてアンチンボルド風の自分の絵が見れるって企画。
首の筋が私の特徴なのかな?

d0131804_12524829.jpg

栄華を極めたハプスブルグ家には 諸外国から珍しいお届け物が溢れていました。
動物、魚、植物、、、
それらをアンチンボルドはスケッチに残しています。
他の生命を使って国王の肖像画を描くことで 皇帝を賛美しています。

春、夏、秋、冬
Air Fire Earth Water
絵画がまるで生物の授業の黒板のようで 楽しかったです!

忘れ去られていたアンチンボルドを一躍有名にしたのは ダリ。
1500年代の画家の絵が その当時の人間も だまし絵や笑い、シュールな表現での愉しみを知っていたのだと証明しています。
人間って 基本 何百年経っても 変わりません。
そう思えば ちょっと大変なことや辛いことがあっても
ユーモアで 乗り越えられますね。
ユニークな絵画だけに 子供もたくさん鑑賞にきてました。
うん、いいことだ!

d0131804_12534037.jpg

国立西洋美術館にて 9月24日まで。
アンチンボルド展 公式サイト→ こちらから


[PR]
# by ray_matsumoto | 2017-07-31 12:50 | Favorite | Trackback | Comments(0)