キラキラ☆

あっという間に12月。
今年も1か月を切りました。
街の中もイルミネーションに溢れています☆

日本一高い土地にて
キラキラ

d0131804_18201709.jpeg

向かいではビル全体でモダンアート

d0131804_18204837.jpeg


d0131804_18211468.jpeg

夜 こんなにも明るい国って
世界中なかなかありません。
日本は 贅沢な国。
贅沢の在り方をちょっと考える年の瀬です。
いよいよ、私も小姑じみてきました・・・

皆さま、良い週末をお過ごしくださいませ☆

[PR]

# by ray_matsumoto | 2017-12-02 18:19 | My Diary | Trackback | Comments(0)

エイドン EIDON

今年初め 岡眼科クリニックにて見せてもらった (→ こちらから
走査型レーザー検眼鏡SLOの眼底カメラ・EIDONをレイ眼科クリニックでも導入しました。

無散瞳で これだけ広範囲の眼底を記録できます。
ちなみに、これ、私の眼底。

d0131804_2022537.png


重宝しているのが、飛蚊症の方への説明。
Grial Ringが とても綺麗に写り
患者さんが 「はい、この形でみえるんです!」 と仰います。
説明が容易になりました。

d0131804_2024849.jpg


また網膜前膜もクリアに写ります。(上の写真)
病気の範囲、歪みの自覚 を説明しやすくなりました。

無散瞳で撮影可能。
お車で来院の方にも 
広範囲写真 かつ クリアに写るので
患者さんにとっても 診断する私達にとっても フレンドリーな器械です。
OCTではありませんので、眼底カメラ撮影(デジタル撮影の場合)の算定になります。
診断するものにとっては、OCTと同価値を感じています。

EIDON  (認可機種)
詳しくは →  こちらから 

[PR]

# by ray_matsumoto | 2017-11-28 20:02 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)

Char Acoustic Tour 2017

同じ状況でも アプローチが違うと別の命が宿る

Char Acoustic Tour 大阪いずみホールでのライブのとき 
「レイ先生!!!」 と声をかけられました。
出逢ったことはなかったけど 1年以上 信頼が続いていた人と
初めて お会いすることができたのです。
清潔感のある綺麗な文字の方は 
澄んだ目の美しい女性でした。
打ち合わせもしていないのに ドレスコードは RED !!!
Char のポスターカラーともリンク☆

d0131804_20291600.jpeg

Charのロゴを帯どめになさって、Charが竹中さんだから 竹の帯。
いや~~~、すごいお方です☆
ちなみに 私は ROCK+ 武道館ライブで購入したTシャツを着て参戦しました。

d0131804_20294049.jpeg

同じ曲でもアレンジが違うと別の命が宿る


今回 のライブにて Superstition は秀逸だった。
Char TRADROCK で聴くエレキ版も素晴らしい。
ライブではさらにエネルギッシュ。
で、 今回の アコースティックアレンジは
半音ずつ下降していくのが気持ちいいの!
繰り返されると 音は下降してるのに 気分は上っていくの!
で、最後は 半音上ったのね!
そのアレンジは 恍惚感をもたらすのよ!

気分を盛り上げられ 行き場に困っていたら
白い部屋、Thank You  が来た。
特に 特に 私は Thank you (Jimmy Page) が好きなのです。
優しい愛の歌です。
一年の中でも 年の瀬に この歌がしんみり身体にはいります。
一年の感謝や愛情を振り返るのに ピッタリな曲。 → こちらから 
私の想いは ずっとずっと 初めて聴いたときから変わりません。 → こちらから
犠牲、困難、どんなことがあっても 一緒に居続けようねって 
静かなメロディーから力をもらえる曲です。
家族、友達、患者さん、色々大切な人の顔が浮かんでくる歌です。
今回、Charの声で久しぶりに聴けて嬉しかったです。
私も大きな口をあけて 小さな声で 一緒に歌ったよ。
大きな口を開けると 涙が零れて 身体の中に溜まっていた何かを濾過してくれました。 


誰もが 毎日 小さな事件の中で生きてます。
自分のことを振り返る時間もないほど、 今の世の中は忙しい。
思い立った ちょっとした行動
小さな勇気。
声をかけてくださり Thank you.
ライブで濾過されて 真っ白になっていた私の気持ちに
勇気とご縁 という 情熱の赤い一文字を入れてくれました。
まさに  Thank you110.png 

最近、仕事に追われて 私生活の行動力が鈍っている私に
気づきを運んでくれました。
どんなことでも自分が感じて思っていることは
自分の中で 一日のうちに数分~数十秒でもいいから 統括しないといけませんね。
翌日は また別のこと、 時に事件が起こり
嬉しいことも辛いことも どんどん 溜まってきます。
行動することで 別の命が宿ります。
でもね、年をとると行動力が鈍りがち。
動きたくてもできない 年齢層の方々がたくさんいると思います。
ならば、こちらからちょっと声をかけて 
別のアレンジとアプローチを運ぶことで その方に別の命が宿ればいいなって。

アレンジ能力、見直す力は 独創性と呼んでいいはず。
個をもち 誰もが 誰もの 納得の命を感じれる社会であれるよう
私も アレンジとアプローチしていきます!

Char、古田さん、澤田くん、Kさん、 ありがとうございました☆
これからも よろしくお願いします~~

d0131804_20301174.jpeg

[PR]

# by ray_matsumoto | 2017-11-27 20:25 | Favorite | Trackback | Comments(0)

小山実稚恵「ピアノ・ロマンの旅」永遠の時を刻む

ピアニスト小山実稚恵さんの「ピアノ・ロマンの旅」12年間で24回シリーズが
この度最終回を迎えました。
ベートーベンピアノソナタの演目に興味がわき 聴きに行ったのがきっかけで
2年間 たったの4回だけしか聞いてませんが、
公演の前に 小山さん自らが解説をしてくださるお蔭で
ピアノ作曲、ピアノ演奏 の楽しさ深さを知ることができる旅でした。
また、小山さんの優しい口調に
「生きることはシアワセなことなんだ」 と いつも励まされました。
美しい文字を書かれるピアニスト小山実稚恵さんは 指の女神 です。

d0131804_23562669.jpeg

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻より 第1番 ハ長調 BWV.846
シューマン:3つの幻想的小品 作品111
ブラームス:3つの間奏曲 作品117
ショパン:ノクターン 第18番 ホ長調 作品62-2
ショパン:子守歌 変ニ長調 作品57
ショパン:マズルカ 第49番 へ短調 作品68-4
ベートーヴェン:ソナタ 第32番 ハ短調 作品111

人生の終焉を感じる音
故郷に思いを馳せる音
優しい眠りに寄り添う音
人生が 昇天していく音
最後のベートーベンソナタ32番は 緊張感と安寧が素晴らしい演奏でした。
私の中に 自然に流れる涙がまだまだ体内に残っていました。

d0131804_23565528.jpeg

アンコール2曲も素晴らしかったです。
最後のアラベスクでは 息を殺して泣きました。
喜び 苦悩 決意、
波のように感情が沸き起こり 
いつしか 穏やかな光になっていくのです。
そう 永遠の時を刻むように。
みなさんも どうか お聴きになってください。

テーマカラー 銀色 
白でもあり黒に染まりきらない灰色であり
究極には 反射できる色。
そう 永遠の時は 輪廻で反射なんですね。

d0131804_23572601.jpeg

小山実稚恵さん 
素晴らしい時の旅を 
空想の旅を ありがとうございました。

[PR]

# by ray_matsumoto | 2017-11-23 23:53 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Vintage Inn

大阪は東梅田にあるVintage Innさんの20周年記念パーティーに参加してきました。
年賀状は 切絵作家 成田一徹さんの作品。
大事にとっています。
成田さんも一緒にお祝いしたかったな。

d0131804_15184658.jpeg

カウンターだけの店に 
早い時間から 紳士淑女が途切れることなく来店します。
入口には 「女性お一人でもお気軽にお越しください」の張り紙があります♡

d0131804_15202022.jpeg

お料理も美味しい。

d0131804_15212527.jpeg

成田さんの作品もたくさん飾ってあります。
カリフォルニア 素晴らしいシャルドネとピノの作り手 Varnerご夫妻と成田作品。

d0131804_15300842.jpg

川原崎さんと久米ちゃんのコンビは最高です!
13席だけのお店から 250人もの方がパーティーに参加されたとか。
お喋り好きな関西人、13席から友達100人出来たに違いない!
ワイン好き250人! 
どれほどのワインが消費されたかは、ご想像にお任せ致します。
5/250 の写真。
六本木マルズバーのまるさん、マダム、ビンテージ イン友達♡

d0131804_15223473.jpeg

成田さんのご縁、
川原崎さんの娘さんとのご縁(なんと中学校の後輩)、
友達が広がっていくご縁。
川原崎さんと久米ちゃんのお人柄で、人が繋がっていきます。
酒の神様 バッカスは、太陽神と人間から産まれた神様です。
収穫の恵みをもたらす太陽 そして 葡萄を愛する人たちに愛された店。
ご縁に乾杯できる場所 Vintage Inn  06-6366-2234

d0131804_15312972.jpg

これからも癒されに行きます☆
早速 てぬぐいを使ってます!
この度は おめでとうございました162.png

d0131804_15352027.jpeg

[PR]

# by ray_matsumoto | 2017-11-20 15:16 | Taste | Trackback | Comments(0)