<   2017年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

いい加減より 好い加減

涼風に夏の終わりを感じます。
お盆休み明け以後の繁忙も 2週間を経て
ようやく平静を取り戻していますが、
当日病状の方も最近多く、
予約優先とはいえ 待ち時間が発生しています。
ご理解頂いています皆様、ありがとうございます。

忙しくても 誕生会は欠かせません。
だって 私達 ファミリーですから♡

d0131804_23180529.jpg

忙しい外来の中 感じたことがあります。
どうしても 譲れないこと。
安心と最良の医療。
だから 患者さんと私、患者さんとスタッフ、
それぞれの立場で どんなに忙しいとも 説明を尽くします。
つまり 私達 いい加減が 嫌なんですね。
中途半端、投げ出し、無責任 が 嫌いなクリニックです。

でも 「いい加減」は 自分にとってもそうであっても
時に 相手にとっては そうといえないこともあります。
「好い加減」ってもこともあり得ます。
そう、いい塩加減みたいな、ちょうどいい塩梅みたいな。

加減、+- を主体に捉えると
増幅の大きさに どうなってんや~~って 感じてしまいます。
いい つまり 好い を主体に捉えると
いい塩加減 みたいな、適量、程よい程度 と 良い意味を持ちます。

「好い加減」にケーキカットをする人、「好い加減」を知っている微笑人

d0131804_23191202.jpg

いい カゲンッッ (カゲンを強く言う場合、ちょっと悪い意味) 
いいーーー カゲン  (いいーー にアクセントを置くと、好い意味が表に出る)


20歳代の誕生日のスタッフに贈った言葉は

「いい加減より、 好い加減」

仕事のこと、プライベイトのこと、何でも話す私達。
誕生日の会話で  「イイカゲン」 を考えさせてもらいました。
レイクリ、これからも いいーーーー☆☆☆カゲンで行こうね♡


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-30 23:16 | My Diary | Trackback | Comments(0)

CALDO

そこは5階、
古いニューもとビルのエレベーターは 
健脚ならば 階段を上がったほうが早い。
ガタンガタンとゆっくり昇降し
タイムスリップする錯覚に陥る。

火 が 店の奥で 待ち構えている。
釜の火であり
食とワインに対する 情熱でもある。

d0131804_13132902.jpg

フレッシュなサラダ
この日のスープは人参
(スープも大皿に入ってましたよ~)

d0131804_13140965.jpg

シンプルに ピッツア・マリナーラを選択
イタリアからの小麦
香ばしいさ 塩加減が素晴らしい。
d0131804_13153115.jpg

d0131804_13143447.jpg

長いカウンター

d0131804_13150924.jpg

明るい店内
休日はリラックス、こうでなくっちゃね

d0131804_13155992.jpg

狭い土地に建物がひしめき合い
小さな空が嬉しい ローマを思い出す

ランチは確か1200円!
夜は ピザ はもちろん バールとして 料理のメニューも増える。
小さな可愛い患者さん、その親御さん、お知り合いの方、
色々と繋がってることが解り
私の世界を確認。
Jamais en vain
Toujours en vin
無駄なんてない

JR元町駅近く レトロなビルの5階
CALDO → こちらから
月曜日 定休日

d0131804_13252681.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-28 13:03 | Taste | Trackback | Comments(0)

バードランド銀座

気が付けば 8月もあと5日間。
今年の猛暑 私の夏は ここから始まりました。

午前中仕事をして 飛行機であっという間。
17時半には ここに到着。
ミシュラン☆付き名店が並ぶこの場所は
とある銀座の地下。
普通の地下のビルなんですけどね、店主の気合が普通ではありません!

d0131804_22134997.jpg


トマトサラダとシャンパーニュ アルフレッド グラシアン がグラスで飲める焼鳥屋!

d0131804_22144108.jpg

早い時間の店内は 外国のお客様が半分を占めていました。
マーケティングがグローバル。
商売の戦略を垣間見たように思いました。
店員さんも 英語でメニューの説明をなさってました。
鳥皮は 塩!!
微妙に山椒が降ってあり リースリングに合うのです!!

d0131804_22153357.jpg

ちょいっと一杯のつもりが~~♪
美味しいものを食べて 美味しい酒を飲むと そうはいきません。
ぼんぼち お尻の周り。
塩加減と焼きが絶妙です!
鳥なのに 顔が豚に見えることに気が付いてくれたのは
塩振り担当の男子。
いや~~~ 食材を愛するモノは観察力も鋭いです。

d0131804_22162112.jpg

大きな繊維質たっぷりの蓮根の中に つくねが詰まってるこの一品。
あらま?? またまた 泡ですか??

d0131804_22170111.jpg

店主和田さんが 大きな声で 現場を占めます。
すべての店員さんが 清潔感溢れ  店主の声に反応し リピートします。
私は 手術のとき、「お願いします」「ありがとうございました」と言います。
スタッフも それに呼応してくれてますが
バードランドの呼応、気合には及びません。
私の 精神力が まだまだ 甘いんだな・・・と
焼鳥を食べながら 反省しました。

鳥は こだわりの 奥久慈軍鶏、
ワインは 店主自らセレクトされた幅広い品種、
終業後に 焼きの勉強会も開催しているとか。

凛とした清涼感溢れる焼鳥屋 銀座バードランド → こちらから
早い時間は比較的予約がとりやすいです。
☆つきの 焼鳥 、
素材、焼き、組み合わせ、パフォーマンス、トータルで☆☆☆な店です!!111.png
東京に行かれるなら、是非御堪能下さいませ〜





[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-26 22:12 | Taste | Trackback | Comments(0)

食材

朝夕、涼風になってきましたが、
残暑の日照りが続きます。
関東では雨が多いとか、野菜の高騰が気になりますね。

本日
白アナゴ、イカ
あります。

d0131804_20540393.jpg

これは 割烹之店 江川のFBの真似。
とはいえ、食材の扱いをよくわかっていない素人が写真をとると
生き物がリアルで 美しさにかけます。。。

でもね
素人でも食材が良いと美味しい食事に変身します!
今年の夏 休日は定食風にしっかり食べました!

d0131804_20544793.jpg

アナゴ丼、私の友達ハッチー作の赤紫蘇の香ばしさに
ご飯が進みました♪
ハッチーの野菜は 土曜日午前中、神戸市東遊園地 EAT LOCAL KOBEで購入できますよ~
頭にターバン巻いた個性的な人が野菜にまみれて販売してます♡

d0131804_20551762.jpg

サンマの開き定食は 患者さんの樽谷さんから頂きましたカボチャの煮物を添えて。

d0131804_20560515.jpg

今夏は鰻もよく食べています!
ナスと茗荷の味噌汁やジャコとワカメの酢の物、
これ、皆 夏バテ対策料理ですよ~

d0131804_20565460.jpg

忙しい毎日なら スーパーのお惣菜もありでしょう。
でもね、自分の目で選んだ自分の体調に合う食材を
自分の気分で 好みの味付けにて調理すれば
身体はとっても喜んで 想像以上の力を発揮します。
どの料理も味付けが濃いでなく
これがしっかりした味付けだから こちらはサッパリ、、
そんなバランスが 身体に負担なく食ざいを効果的に吸収するコツ。
身体を愛しむのは 自分次第。
あと少しのこの暑さ、食材と料理で 身体を愛しみましょう124.png



[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-24 20:52 | My Diary | Trackback | Comments(0)

Missing Dog(MARY)

立ち位置の確認もできないほど 
前をみて進まなければならないときってありますよね。
そう、皆が 忙しい毎日を過ごしています。
真面目な人ほど 懸命に取り組むものだから
余裕がなくなり
周りが見えなくなり
自己嫌悪。
本当の自分は こうではないのに・・・って
自分で自分をさらに疲れさせ
自己嫌悪を増長させちゃいます。

そんなときこそ
人と話して
あの時の自分を振り返って
反省したり
悔しがりながら
見失いそうな自分を 取り戻します。

今月からね、
帰宅すると
MARY ABE・阿部真理子さんが 迎えてくれるようになりました。
今年5月に Yoshidaさんに 原画を2枚頂いて以来
貴女がどんな人だったのかなって 想像していました。
生きる情熱と明るさ
ゴードン飲んでご機嫌さん
天真爛漫な貴女。

d0131804_00402021.jpg

忙しくってクタクタなときには Missing Dogにご自分を重ねた
「私を捜し出せないあなた」 に目が向きます。
周りの多くの人に 本当の自分を知ってほしいんだな・・・って 寂しがり屋な貴女を思いました。
最近 
閉じ込められた自分こそが 本当の自分を見つけられないって意味もあるのかも・・・って
気づきました。
「私を捜し出せないあなた」は 私 なんだって。
だから こちらの絵は 冷静なんです。
薄紫色で 装幀しました。

d0131804_00412377.jpg


2年前から MARYさんが 私の家でご機嫌よく飲んでくださるお蔭で
私の家は 友達との会話が弾み 食事もお酒も進む集いの場所になってきました。
ありがとうございます♪

情熱的な貴女には 前回と同じイタリア製の赤い額にしました。
ご機嫌で陽気な貴女も
冷静で寂しがり屋な貴女も
同じ MARYさん。
だからね、
全く違う系統の絵だけど 一緒に装幀しましたよ。
違うも 同じ。 
そう ちょっと違うって思ってても 事に大差はなく たいてい同じ世界なんです。
同じ世界の中でも 小さな差があるって知っているほうが楽しいものなんです。

d0131804_00421713.jpg

MARYさん、ちょっと年上のお姉さんだったのに
今年で私はとうとう 同じ年になりました。
今夜は ピンク色なのに静やかな絵 Missing Dog (MARY)に入り込んでます。
お話し聴いてくれてありがとう。
今 同級生だから ため口の会話だね、
うん、貴女の話も 聴こえました。
来年からは 私が姉さんになり 
MARYさんはこれからますます永遠の少女になっていくのでしょう。
これからも、友達でいてね、MARY ♡

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-23 00:38 | My Diary | Trackback | Comments(0)

青紀ひかり 特別な一夜

青紀ひかりさんの音楽をしって4年。
この夏 たった一夜限りの特別なライブに行きました。

静かな蒼い炎のような空気感 
熱い炎のような生き様
魅力的な人による 唯一無二の表現。

d0131804_19101867.jpg

いつも 心が震え、身体の芯から 癒されます。

特別な一夜のライブは 世界旅行的な内容でした。
NY摩天楼が広がった We Are All Alone
何度も聴いているはずなのに いつもと違ったのはなぜ?

日本の歌謡曲をアルバムにした Otokouta からは 
「夜の海」「胸が痛い」で 涙腺が緩みました。

青紀ひかりは この夏 Perugia (Italy) の ヨーロッパでは伝統的な Umbria Jazz Festivalに参加したのです。
ピアノの上原ひろみ もこの夏3年ぶりに参加したこのフェスティバルで
青紀ひかりは Otokouta から日本の歌謡曲を歌ったそうです。
さすが アーティスト、自分表現力 に 秀でた人です!!

d0131804_19105490.jpg

足元にあったリスト
18曲も!!!
イタリア、フランス、アメリカ、ハワイ、キューバ、日本!!
世界旅行ライブは 夢のような時間♪

d0131804_19112493.jpg

FM COCOLOで番組ももってますよ~
年末に向けて 新しいアルバムを作成
来年早々に ライブがあるそうです。
これからも楽しみにしています♪
ひかりん、いつも 美しい世界をありがとう169.png

d0131804_19121374.jpg

青紀ひかり → こちらから
去年のライブの様子は → こちらから
RON CARTER とのライブの様子は → こちらから



[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-20 19:07 | Favorite | Trackback | Comments(0)

感謝♪

お盆休み明けから ずっと忙しいレイ眼科クリニックでした。
当日予約の患者さんを含め、たくさんの患者さんに来院していただきました。
待ち時間が長いにもかかわらず 皆さま クレームを訴えることなく 診療を受けてくださいました。
全スタッフ、フル回転、フル活動、
早帰りのスタッフ達も 遅くまで仕事をしてくれました。
ママさんスタッフのお子ちゃまは、 なんと旦那様が保育所に迎えにいってくれて
お子さんの夕食をはじめとする面倒をみてくれたのです。
主婦組が 19時半まで仕事をしてくれるなんて・・・
子供や家族のことを思うと、 胸が痛みます。。。

みんながいてくれなかったら ここ数日は乗り越えまれませんでした。

感謝

この言葉、いつも感じているつもりでした。
でも 仕事が終わった瞬間
心から 「感謝!!!!!」 と思いました。
終業後 甘いケーキやアイスバー、シューアイスを貪るスタッフ。
幾らでも 食べてくれ~~~ HugHug 心からそう思いましたし
実際 Hugしちゃいました。

仕事って こういうことなんですね。
この年になって 心から解ったこと。
事をなすことで 感謝を実感する。
身も心も奉仕する事で 真に獲得するのは お金でなく 感謝 なんだって。
そこには 己だけでなく 周りの環境 協力 協調 があるんだって。

仕事を続けてようやく解った自分が恥ずかしいですが
心から 心から 実感しました。
この年になって こんなに感じることをもたらしてくれる この仕事を誇りに思います。
そして 仲間を 心から誇りに思います。

d0131804_22324648.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-19 22:29 | My Diary | Trackback | Comments(0)

おそうじオバチャン♪

「あたしゃ、家のおそうじオバチャン♪」

お盆には ご先祖さまをお迎えするにあたり 恒例の掃除をします。
新しいモップで 母の指導のもと、天井、壁、戸など 家の木目部分のすべてを拭きます。
新しいモップが来るたび、毎月 こうやって掃除をした父、
そして 今、毎月同じように家の管理をしてくれている母を尊敬します。

d0131804_14464969.jpg

どうして こんなに笑っているかと言いますと、
母:「お尻がぶりっと出てて、足が短く、いい写真じゃない~~」
matsu:「何を仰いますか。貴女の遺伝子でございますよ~~」
(^▽^;)笑笑笑 (*^▽^*)

d0131804_14471073.jpg

壁、床は ケヤキの無垢。

d0131804_14472925.jpg

天井は杉だそうです。
家を建てるとき、両親が互いの好みを意見交換して
自分たちで設計した家だからこそ
家に対して 愛着が深い一族です。

d0131804_14474609.jpg

今、築40年。
ケヤキや杉が 光沢を帯び 鮮やかです。
おそうじオバチャンとその家族を 温かく見守る「はたおりおばちゃん」の油絵。
家に帰って来たなーと、ほっと出来る
好きな場所の一つ。

d0131804_14483080.jpg

皆さま、ご家族と家族ならではの夏休みをお過ごしくださいませ 110.png


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-14 14:39 | My Diary | Trackback | Comments(0)

良かとこ 宮崎♪

宮崎出身の俳優・温水洋一さんが「ひなたぬくぬくベンチ」で待ってまーーす!

d0131804_18350963.jpg
コットンの気軽なサンドレス (母お手製)
首のタオルも 違和感なし~~
加えて 神話の国・宮崎、埴輪も良かとよ~~

d0131804_18324584.jpg

岩から飛び降り!
躍動感!

d0131804_18332805.jpg

自然がいっぱい!
生命力!

d0131804_18335689.jpg


宮崎地鶏の炭火焼き!!
土々呂港(宮崎より北側の門川町)のイワシの刺身!
うまいっちゃが~~❤

d0131804_18344758.jpg

穏やかな個性を産む場所
自然の豊かさが人間の朗らかさを作る場所
家族が集まって 自分達を確認する場所

宮崎、良かとこよ、
遊びに来んね♪

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-12 18:29 | My Diary | Trackback | Comments(0)

ぼくの好きな先生

高校1年生の時の担任の段先生の最後の授業を受けたのが、今年の3月。
→ こちらから

国語の先生で、
ザ・ベストテンの話をよくされ
みんなで先生の家にも遊びに行きました。
当時 大阪から宮崎に引っ越したばかりの私は
宮崎弁が何を言っているかよく解らず
暑い宮崎の日差しと自転車通学が苦手で
随分 尖がった15歳だったと思います。
教室で私だけが 
「段先生~~↓(語尾下がる)」とイントネーションの違う叫び声をあげてました。

段先生が 「おまえな、イヤなのも解るけどな
ここの他の奴らはな、皆 宮崎しか知らないわけで
ここが当たり前なんだよな。
郷に入っては郷に従え」と教えてくれました。
いつもは友達みたいに楽しい先生から
真面目な顔で 真面目なことを指導してもらったのが私の段先生の思い出です。
国語は苦手でしたが
教えてくださったこと、これだけは しっかり記憶に残ってます。

今年3月の最後の授業では ”笑いと勇気” を教えてもらいました。
あの時 「もう教壇には立たない!」とおっしゃってました。
ほんと?? と思ってましたが どうも本当のようでして
その代わり 印税生活を狙っておられるのか(?)
今までの教員生活での講話を2冊の本として出版されました。


今、毎晩 すこしずつ 読んでいます。
普段 私の読書は 安眠薬的なのですが
この本は 面白くって止まらないので 1章ずつ読んでいます。

・管理しない管理職
・主体的、協動的な学び
・悲観的に備えて 楽観的に対処 ←私の仕事のポリシーと同じ!
・双向性 の必要さ
・わからない部分を残しておく
・小さな葛藤の積み重ね、
葛藤を克服して階段を上っていけば 状況が変わる

共感、納得することばかり。
そりゃそうだ。元々 毎日先生の話を1年間聞いていたわけですから。
そして 35年以上が経ち
再び 毎晩、先生の授業を受けているみたいで
元気をもらっています。
「生きる」を 教えてもらっています。
先生って いつまでたっても 先生なんだなって
この年になっても 私に先生がいることが嬉しいです。

d0131804_17414557.jpg

私も 毎日 仕事で 「レイ先生」 と呼ばれます。
勇気と笑いと 「生きる」 を 刺激をもって伝えられる先生でありたいです。
そして スタッフに話しました。
誰もが 誰かの 先生 なんだって。
誰かの 「ぼくの好きな先生」 である自分。
好きは 人さまざま。
でも、誰かの好きな人であるってこと。
そういうことを感じながら それに相応しく日々の生活を送ることが
健全に生きることだと思います。

段 正一郎先生、たくさんの宮崎県人の先生であった段先生、
私、感受性の高い時期に ユニークな先生に出逢えて 良かったです!!
レイ眼科クリニック図書にこの2冊の本を置き、皆で読みます。
ありがとうございました!!!

段 正一郎先生著
「こどもたちが輝き出したよ」
「校長先生の話って退屈なものですか?」
→ こちらから

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-09 17:35 | My Diary | Trackback | Comments(2)