<   2017年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

アンチンボルド展

これ、私なんですよー
ハプスブルグ家お抱え画家としてウィーンで活躍したイタリアの画家・アンチンボルド展に行ったとき
写真を撮影し コンピュータグラフィックにてアンチンボルド風の自分の絵が見れるって企画。
首の筋が私の特徴なのかな?

d0131804_12524829.jpg

栄華を極めたハプスブルグ家には 諸外国から珍しいお届け物が溢れていました。
動物、魚、植物、、、
それらをアンチンボルドはスケッチに残しています。
他の生命を使って国王の肖像画を描くことで 皇帝を賛美しています。

春、夏、秋、冬
Air Fire Earth Water
絵画がまるで生物の授業の黒板のようで 楽しかったです!

忘れ去られていたアンチンボルドを一躍有名にしたのは ダリ。
1500年代の画家の絵が その当時の人間も だまし絵や笑い、シュールな表現での愉しみを知っていたのだと証明しています。
人間って 基本 何百年経っても 変わりません。
そう思えば ちょっと大変なことや辛いことがあっても
ユーモアで 乗り越えられますね。
ユニークな絵画だけに 子供もたくさん鑑賞にきてました。
うん、いいことだ!

d0131804_12534037.jpg

国立西洋美術館にて 9月24日まで。
アンチンボルド展 公式サイト→ こちらから


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-31 12:50 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

クイックチェイサーAdeno

今月に入って ウイルス性結膜炎のお子ちゃまが増えています。
流行性角結膜炎、咽頭熱、出血性結膜炎は学校伝染病に指定されていますから
保育所や幼稚園、小学校には行けず 自宅療養になります。

綿棒の先で こどもちゃんの結膜嚢をゴシゴシするのは
ちょっと可哀そう。
お母さんやスタッフに励ましてもらいながら
検査を受けてくれます。

ちょっと泣くこどもちゃんには
「泣いてもいいよー10数えたらなんともなくなるよー」と言います。
号泣していたこどもちゃんに
「泣いていいんだよ~50数えるあいだ、泣いてていいよー」 と言いましたが
50 と聞いた途端、そのこどもちゃんは泣き止みました。
こどもなりに、なんか それ 長すぎる?? と察知したのかしら♡
可愛いな~

このたび、綿棒でなく濾紙タイプのアデノウィルスチェックキットが登場。
本日 院内勉強会をしてもらいました。
眼瞼結膜に 5秒接触させて 涙液、結膜滲出液をしみこませます。
判断時間は 7分。

d0131804_13485893.jpg

うん、濾紙のほうが綿棒より痛くなくって こどもちゃんにはいいと思う。
濾紙をみせるとき、なんて言おうかな~
この季節なら 「細くって小さいアイスクリームだよ~~」って言おう!

クイックチェイサー Adeno は 日本点眼薬研究所から新発売です。
[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-28 13:47 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)  

Baird Beer

ホップ、モルトの香りを可能な限り処理しない沼津発祥の美味いビールがあるって聞いていた。
沼津フィッシュマーケット近くにある。

d0131804_22251145.jpg

カップは reuse
再利用するから 名前を書くんだよ。
店の人は さっと洗って 次のビールを注いでくれる。

d0131804_22272392.jpg

ここで 子育てをし この場所で醸造していた Bairdの原点。

d0131804_22280309.jpg

今は修善寺に立派な Baird Breweryがある。
2014年3月、見学にいったとき ホップをみせてもらい、製造工程の話を聞かせてもらった。
美しい自然と清らかな水に溢れる場所にたつブルワリーは
そのビールを愛する人たちの出資により建てられたと聞いた。
話は聞いたけど、その時の私は きちんと理解していなかったのだと思う。

d0131804_22300020.jpg

d0131804_22315426.jpg

今、沼津のタップルームは 週末しか開いていないらしい。
偶然訪ねたときが 17周年のときで
ベアードビールを愛する人たちが
明るく 開放的に 温かく 情熱的に ベアードビールを飲み語っていた。
可愛い ベアードのピアスをした店員さん

d0131804_22323911.jpg

なぜか Wild Cat♡

d0131804_22332719.jpg

偶然 創業者・醸造家 Bryan Baird と奥様の由美さんも!
沼津は 彼らのPassionであり Soul だから
週末しかあけてないけど
もはやここでビールは作っていないけど
この場所は 大事な場所なんだ、 と語ってくれた。

d0131804_22342671.jpg

そして ベアードのビールが美味しい理由。
氷砂糖を使い
2次発酵は瓶内発酵で自然の発砲なのだ。
今 日本で普及している発泡酒を飲むと
変にお腹が膨らむし、味はしないし、気持ち悪い甘さを感じる。
それは ビールと言ってはいけない加工飲物。

Balance バランス
Character 個性
Complexity 複雑さ

彼のビールに対するポリシーは 彼、そのものだった。
美しい笑顔、包容力、情熱、冷静さ、調和、人間の複雑み。
そして 今 なお 挑戦。

d0131804_22410763.jpg

色々な味を体験できる Baird Beer
あなたの地元で飲める店があるかも、
Baird Beer → こちらから
今や 海外にも輸出されている。
そして Bryanからの新情報☆☆☆
近日 Los Angelesに 焼鳥タップルームができるらしいよ~~167.png
YAKITORI & BEER は日本が誇る文化だ!

現在、原宿、馬車道、沼津、中目黒、高田馬場、修善寺に タップルームあり。
色々味見できて最高~~
また 沼津に行きます。
初心 忘れるべからず 
ありがとう、Baird !!!

d0131804_22360007.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-25 22:18 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

韓灯 ハンドゥン

暑いですねーーー
体力消耗してませんか?

新鮮な鶏をまるまる一羽煮込んだ韓国風水炊き タッカンマリ を食べました!
一日5食限定。
だから 私、元気いっぱいです☆

d0131804_22304871.jpg

ほぐすと柔らかい鳥肉と野菜

d0131804_22313627.jpg

取り皿に入れるとこんな感じ。
スープの清らかなこと!

d0131804_22315747.jpg

ホルモンの盛り合わせは焼きで。
綺麗に処理してあります。

d0131804_22322070.jpg

丸腸♡

d0131804_22324021.jpg

シャンパーニュの作りてが なぜか白ワインを作りました!
ビックリしますね~

d0131804_22330679.jpg

〆は ラーメンでも雑炊でもok。
スープの味が美味しくって
深夜の穀類も 食べてしまいました!

d0131804_22340774.jpg

小倉から移って東京で韓国の母の味を再現。
何の素材で勝負するか
どう処理するか 
準備を徹底的にするかことで 結果は変わります。
どの料理も 繊細、上品な味で ワインにも合いました!

d0131804_22344448.jpg

韓灯 東京・月島
裏通りにある 食のプロが通う店
焼肉だけでなく 前菜、鍋、スープ、とにかく素晴らしかったです☆☆☆
翌朝、肌がプリプリで身体が軽かったことに またまた感動しました。
こんな季節、また 行きたいお店です111.png

d0131804_22350834.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-22 22:29 | Taste | Trackback | Comments(0)  

ドライアイ観察装置 DR-1α

このところ、気に入っている検査機器がこれ。
ドライアイ観察装置 DR-1α。

涙の成分を判定する器械です。
瞬きに沿って 涙のパターンを動画で記録します。
涙には 水成分と油成分がありますが
綺麗な涙だと 瞬きとともに
涙が一枚の美しいベールのように層をなして
下から上へと 舞い上がる様子が観察できます。
そう、美しい角膜表面は まるで花嫁さんのベールや真珠のようなのです。

本日の私のデータ、Pearl型でした♡
新郎がベールをそっとあげる慎ましやかさでなく
元気よく ベールが巻き上がるような映像でした。
興奮した舞台のあとの カーテンコールみたいな!
動画でなく、残念!

d0131804_19485743.jpg

前機種のときは 
何を観察しているのかよくわからなかったのですが
ドライアイの第一人者 有田玲子先生が
ドライアイのタイプ分類をされて以後
この器械で検査をしたい~~ とずっと思っていました。

大変多いのが、蒸発亢進型の Crystal.
なんとなくクリスタルって ネーミングは洒落てますが
表面に保護がなく 水分だけの乾いた目なんです。
油が足りない マイボーム腺機能不全のドライアイが本当に多い!
パソコンやスマートフォンの影響が絶対あります。

ドライアイは 水と油のどちらが足りないかを診断して治療する時代です。
現代病ドライアイも しっかり診断し それに合った治療をすれば
必ず良くなります。
仕事はやりがいがあって楽しいです!

DR-1α の記事は ➡ こちらから
ドライアイについては LIME研究会 をご覧ください。➡ こちらから

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-21 19:34 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)  

レオナルド✖ミケランジェロ展

5年前、ミラノ・アンブロジアーナ図書館にて
レオナルドダヴィンチの多くの手稿を自分の目でみてから
すっかり レオナルドの虜。(→ こちらから、もうひとつ→ こちらから

彫刻の石の美しさはなぜか子供のころから好き。
ロンダニー二のピエタ像をみてからは
ミケランジェロ にもときめくようになりました。(→ こちらから、もうひとつ→ こちらから

500年を超えて 今なお圧倒的な才能を見せつける巨匠2名の展覧会。
それも 素描がメインなこの企画。
行ってきました!
顔貌、人体表現、馬/建築、手稿、書簡・詩歌、肖像
テーマごとに 二人のライバルの作品が 隣り合わせで展示されています。

自然と解剖に忠実なレオナルド
人間の肉体の中に感情まで表現しようとしたミケランジェロ
戒めを冷静さをもって作品に秘めたレオナルド
熱情的で信仰心に篤いミケランジェロ

じっくり観察していると 素描が
どちらの作品なのか 少しづつ感じることができるようになります。

d0131804_22441991.jpg

レオナルドのレスター手稿・月についての研究も展示されていました。
ビル・ゲイツ個人所蔵です。
イラスト、考察の書きこみ、圧巻な精密さです。
戦車の二つの案も 細かな描写に 開いた口がふさがりませんでした!
自然科学に携わる人間としては 目に一度は留めておきたい芸術と科学が一体化した作品です。

今だ 興奮がおさまらず 
毎晩 眺めてます!
あと最低1回は現物を観に行きたい!
いや、何度でも自分の目で眺めていたい!!

d0131804_22444244.jpg

レオナルド✖ミケランジェロ展 
2017年9月24日まで 東京三菱一号館美術館 →こちらから
2017年10月5日~11月23日 岐阜市歴史博物館

d0131804_22452501.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-19 22:36 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

焼津さかなセンター

生桜えび、生しらす、マグロ丼!

d0131804_15241931.jpg

醤油、ほとんどいらないよー
甘い!
で、単品で追加注文(╹◡╹)

d0131804_15244916.jpg

あじのタタキも甘く新鮮!昼からぐびぐび^_^

d0131804_15275539.jpg

まぐろ街道

d0131804_15253824.jpg

安い!
そして、まけてくれる( ^ω^ )

d0131804_15260940.jpg

鯖の燻製、カツオのなまり節を買ったよー
暑い夏に サラダにトッピングだ!

d0131804_15262965.jpg

初上陸!
静岡県焼津市
日本人で良かった。
海鮮最高113.png

d0131804_15264824.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-17 15:16 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

坂 茂 PROJECTS IN PROGRESS

建築家 坂 茂 BAN SHIGERU を知ったのは、
阪神淡路大震災にて 紙の教会 カトリックたかとり教会の設計にて。
たかとり教会は、構造の強い紙管からできていて、
光は明るく注ぎ、ゴスペルはよく響き、
自然の産物での建築物の抱擁に 
あの当時癒された記憶がある。

パリ セーヌ川に浮かぶ4000席の多目的ホールと1150席のクラシック音楽ホール を持つ La Seine Musicale のコンペを坂さんが制し、独創的な建築が困難な道を進んでいる番組を数年前にみて、久しぶりに坂さんを思い出した。
そのホールは、今年4月に完成。
こけら落としは、ボブ ディラン♪
コンペから完成までの6年間のプロセスの展覧会は、
想像と創造に満ち 人の頭脳と制作力に興奮を抑えれない内容だった!

子供が小さな手で小枝を緩く曲げて作る籠
その中に 鳥が羽を休め さえずる。
籠の上に 一枚の羽。
コンペのプレゼンテーション映像は、
自然と一体感がある内容。

クラシックホール内には、同じ波形の合板が編まれたりパターンを変えて内壁を構成。

d0131804_15081646.jpg

天井は坂さん得意の紙筒。輪切り六角フレームの天井が微妙なうねりを作り、平坦でない音楽を予感させる。

d0131804_15084382.jpg

木造六角グリッド構造玉子型クラシックホール

d0131804_15094385.jpg

d0131804_15092302.jpg

その内側にはモザイクタイル。
なんと、光の当たり方により
玉虫色に変化するタイルを開発!


d0131804_15101024.jpg
緑 同じタイルだよー

d0131804_15103093.jpg

灰色 同じタイルだよーーん

d0131804_15104702.jpg

毎日同じ色でない表情を持つホールは
同じ音色が二度ない音楽そのもの!

紙筒の椅子にも座ってみた。
優しいクッションで
リラックスしながら音楽鑑賞できる。

d0131804_15115399.jpg

その他、ネパール復興プロジェクトの木造とレンガを合わせた設計。
d0131804_15121376.jpg
台南市美術館の天井にフラクタルの日よけ
京大の先生と開発した塩ビ製 美しい!
d0131804_15124044.jpg
スイス時計会社本社、富士山世界遺産センターの逆さ富士など、その場の意味、その場に相応しい素材で設計する坂さんの建築物は、自然と調和する建築物で、生き物のよう。
d0131804_15133227.jpg
坂 茂 : プロジェクツ イン プログレス
TOTO ギャラリー 間
港区南青山
16日 明日まで まだ、興奮してまーす^_^^
d0131804_15141926.jpg


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-15 14:23 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

本当

本当って何?

調べてみました。

見せかけでなく 実質を備えていること
偽りや見せかけのないこと

お花を送るとき、手紙を添えて欲しいことがありました。
宅配でお花を送るとき、その手紙を上に張り付けるのか
お花ボックスの中に添えるのか
とてもとても大切な手紙だったから 気になりました。
お花屋さんは
「お相手がお忙しいお方のようですから
直接私がその方に連絡をとり 御在宅時に私が花を配達します。
そのとき、この手紙は 手渡しします」
そう 仰ったのです。

あ、

気持ちがこれで届けてもらえるって思いました。
私のことを知っている人を介して
趣旨をくみ取ってくれた人を介して
大切な人の居場所まで 
遠い 遠い その場所まで 届くんだって思いました。

d0131804_21153033.jpg

これって 本当のやり方だなって思います。
真、誠のやりかた。 
モノの受け渡しだけでない 安心、心がそこにあります。

最近の人間は モノの流通にすっかり生活が侵されました。
モノ言わぬ モノを ただただたくさん移動させる生活。
運ばれ到着してれば それでよし。
「いかがですか?届きましたか?ありがとう」
そのやり取りを失い
ただただ届けられることを当たり前に思い
今や、誰とも話をせず 自分の世界だけで 流通を繰り返す物販の実態。
物販は 本来、
意をもって手に入れ 受け取れば心を感じ
気持ちに満ちた生活を支えるものです。

人間の他者へのアンテナが低くっているように思えてなりません。
加えて 他者への思いやりの行動力が弱くなっているように感じるのは
私だけでしょうか?

本当の生活
真の生活を
誠をもって 私は送りたい。

だから
佐竹豆腐屋さんで 豆腐や大豆の話をし
中本商店さんで 今日のおすすめの魚を尋ね
漬物やのオバチャンと軽く会釈を交わします。

d0131804_21165200.jpg

宮崎の母の友達の手作り味噌の味噌汁も美味しいです。
手を介した本物が生活の中にたくさんあって
それが 私の生活と身体を支えている。
感謝に満ちた生活です。

d0131804_21174579.jpg

何かが起これば
立ち向かって 手をとって 進んでいきたい。
ちょっとくらい 忙しくたって いいんです。
手抜きは性分に合いませんし、
見護ってくれている人達の息吹ならぬ心吹を感じるから
本当の生活を 本当の仕事を
誠をもって 
感謝と共に
私は全うします。
 

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-12 20:56 | My Diary | Trackback | Comments(0)  

第4回七夕コンサート

神戸音楽家協会会員による 第4回七夕コンサートに行きました。

私のピアノの先生が演奏をなさるご縁で 2年前に行ったのが → こちらから
昨年は レイクリにご縁のあるハープ奏者のかたもおられました。昨年は→ こちらから

私にとっては 一年に一度、ご縁が繋がる地元のコンサートです。
今年は、私が縁を繋ぎたいな~~って 閃き☆
子供の頃 私達の階下に住んでおられたNさんと母を誘いました。
40年前、私達姉妹弟がヤンチャ盛りだったとき
ピアノの音、家で走り回る騒音などなど 
階下で静かにお住まいだったNさんには 相当ご迷惑をかけました。
4年前 32年ぶりに再会したとき → こちらから
母はまるで懺悔(?)のように Nさんとお話ししてましたが、
今では すっかり仲良し。
私もバレンタインデーとホワイトデーを贈りあう間柄です(和解成立?!)
元 裁判官の嫁・86歳になったNさん、
「時効ですわ~~」 とのこと。
やはり あの当時 事件的な日常だったわけです。。。


蝶々が舞うような 雲が流れるような 時に力強い太陽の光のような
色々な表現で演奏してくださる 林葉子先生♪
なかにしあかね の「今日もひとつ」は 涙腺が潤む歌曲で胸に響きました。
ソプラノ独唱 キラキラ星変奏曲 は 
コロラツウーラソプラノの美声とピアノとの掛け合いが素晴らしかったです!
私達三人で 「いいわね~~お上手ね~~プロは違うわね~~」と感嘆することしきり。
記念写真もありがとうございました♡

d0131804_21104689.jpg

七夕コンサートでいつも楽しい司会をしてくださるソプラノ中井美内子さんは
楽しいミュージカル曲を披露してくださいました。
ドレスがある生活、うふふ、なんて優雅なんでしょう。
ドレスは一枚も持たぬ肉体労働者である医療業界とは偉い違いじゃの~~(*'ω'*)

d0131804_21111421.jpg

私にとって一年に一度のこの七夕コンサートは
人の縁は 強いものなんだって感じれるものなのです。
回数でなく
想い合っているかの時間
それが 一瞬 重なるだけなのに
次へと続き 繋がり
絆が 強くなります。

d0131804_21120374.jpg

毎年最後の全員合唱のアレンジが好きです♪ 
夏が来れば思い出す、見上げてごらん夜の星を、そして たなばたさま
来年も一緒に歌いましょう。
来年も一緒に飲みましょう(?)かも129.png

d0131804_21122792.jpg



[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-10 21:08 | My Diary | Trackback | Comments(0)