<   2017年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

春休み(╹◡╹)   

2017年 03月 30日

春休みに入り、子供達がたくさん受診してくれてます(╹◡╹)

中学生からオルソケラトロジーをしていて、今や大学生。帰省中に検診受診。
高校生から通院していて、今は助産師学校。
高校球児を夢みる男の子。
幼稚園から通院、すっかり背が高くなり弱視治療経過良好。
初コンタクトレンズ。

子供の存在は特別です!
子供達から沢山元気を貰ってます!
レイ眼科クリニックに通院する子供達は、
皆、行儀良く、頭が良い‼︎
親バカならぬ、院長バカですね〜

d0131804_15550337.jpg

うちの子供達には、院長命令で、掃除を手伝わせました。
頭ばかり使わず、身体も使いなさーい!
角膜形状のマップを説明しながら質問し、
答えなければ、昼メシはなしだ〜〜と
家族にはスパルタ院長です。

d0131804_15503960.jpg

考えれば、何かの答えが見つかる事を知っていて欲しいです^_^
きちんと答えられましたね。
妹のレーシック術後6年検診も順調で、
順調がゆえに老眼鏡を処方しました。

d0131804_15510948.jpg

Cちゃん、中学合格おめでとう〜
苦手な勉強を頑張ったCちゃんと理由をつけて飲みたい大人( ^ω^ )

d0131804_15515793.jpg

「お味噌、お肉を、美味しい‼︎」と
目を見開いて言ってくれて、Aくん、ありがとう〜

d0131804_15523832.jpg

週末のピアノの発表会。
ベートーベンピアノソナタ5番は難しいけど、
ピアノのチョコレートを食べて頑張ってね169.png

d0131804_15540477.jpg

子供達の歴史を一緒に楽しむ春休みのレイ眼科クリニックです。
春休みの間に目を綺麗にして、
晴明な世界と新しい季節を迎えてね!
子供大好き院長とスタッフが、レイ眼科クリニックにてお待ちしてます178.png



[PR]

by ray_matsumoto | 2017-03-30 15:31 | My Diary | Trackback | Comments(0)

追い出し猫   

2017年 03月 29日

レイ眼科クリニックの入り口付近にて災い退散で鎮座するのは
追い出し猫です!

d0131804_17155474.jpg

先般 福岡県飯塚市岡眼科クリニックを見学に行ったとき➡こちらから
宇宙規模でCoolなクリニックに アニメ的に可愛らしい置物がありました。
災いを退散し、開運を招く猫です。

d0131804_17173223.jpg

400年以上も昔、福岡のその地にて
お寺に住み着いた大ネズミを退散させるため
何百匹もの猫が大ネズミと死闘を演じ
犠牲になった猫の供養のため、お寺が猫塚を作り、今も残っているとのこと。
逸話もなんだか ほのぼのしてませんか?

ほのぼのレイクリにて 皆さまの健康を祈り
病魔をほうきで追い払う追い出し猫「桜ちゃん」です。
一つ一つ 手作りです。
お掃除大好きなレイクリにピッタリ。
1人1人丁寧な診察を心がけるレイクリにピッタリです♪

d0131804_17175984.jpg

病魔退散か健康か
どちらの桜ちゃんが待っているか 皆さん、入口付近を眺めてくださいね!
心なしか、怖い時、笑い顔の時の私の目元に似てるような^_^

宮若 追い出し猫 については → こちらから

岡眼科クリニック様、いつもいつもありがとうございます。

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-03-29 17:14 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

飛蚊症   

2017年 03月 28日

春を迎えるにあたり
医新会グループのホームページにて
各施設の特徴を スライド形式で表現しています。
手術件数も表示するようになりました。
是非 ご覧くださいませ。
→ 新見眼科、 → フタバ眼科、 → なかにし眼科クリニック、 → レイ眼科クリニック

さて、本日夜のテレビ番組「あなたのからだの悩みに名医が答えます!最新治療法を総力取材!」に おおしま眼科クリニック・大島佑介先生が出演。

生理的な飛蚊症と 悪い飛蚊症の自覚の違いをアドバイスし、
侵襲の少ない日帰り網膜剥離手術を紹介されました。
悪い飛蚊症は
・数や形がどんどん変わる
・明るいところだけでなく暗いところでも見えてくる

d0131804_22413372.jpg

私は、診察の時に、生理的な飛蚊症でも
硝子体の動きが激しい場合や
断層写真にて硝子体の牽引(ひっぱり)が著しい場合、
こまめに再診してもらっています。

残念ながら網膜光凝固にて安定していた症例も
加齢変化で目の中を支える硝子体が液状化した結果
支えがなくなり 網膜剥離に進行することもあります。

どのように症状が変化したら 即受診が必要か
再診されるたびに説明はしますが
病気は いつなんどき襲ってくるか誰にも予想できません。
要は、おかしい・・・と思ったら放置しないことです。
どんな症状でも変化があれば 主治医に伝えて
眼底検査を受けるようにしてください。

大島会・我らが大島佑介、いい外来トークでした。
素と変わりませんね。
はい、良い医者は プライベイトも仕事も裏表なく同じ。
嘘なし、いつも真向勝負です。 
私も私なりの仕事魂をもって
素晴らしき同世代仕事仲間に ついていきます!
大切な仲間との思い出は → こちらから
うふふ、お互い、いい感じで年とってます~


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-03-28 22:27 | My Diary | Trackback | Comments(0)

András Schiff     

2017年 03月 26日

3月23日、東京オペラシティでの 
サー・アンドラーシュ・シフ のピアノ・リサイタルに行きました。

d0131804_17494635.jpg

「The Last Sonatas」
古典の巨匠たちの最後のソナタを一度に聴けるこの内容をみたとき
絶対行く!!! とどんなに楽しみにしていたことか。
ヨーロッパでは、ウィーン古典派4名巨匠の最後の3つのソナタを 3回のリサイタルで演奏されているそうです。
日本ではスケジュールの都合で、最後から2番目のソナタと、一番最後のソナタが演奏されました。
私は、まさに 一番最後のソナタの演目を聞きました。
ハイドン、モーツアルト、シューベルト、ベートーベン という順番を予想していましたが
実際は・・・

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第18(17)番 ニ長調 K.576
シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調 D960
ハイドン:ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob. XVI: 52
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 op.111

シューベルトを2番手に聴くなんて。。。
そこからあと立ち上がれないのでは??なんて思いましたが
シフ先生(弟子でもないのに、勝手に憧れでもってそう呼ばせていただいてます)のシューベルトは、最後希望の光に満ちていました。
ハイドンは 音遊びから熟成感がある円熟の音色まで
時にまったりとした演奏で このようなハイドンは初めて聴きました。
特に第2楽章が気に入りました。

d0131804_17501950.jpg

休憩なく 超人的な集中力にて演奏をなされました。
誠実な演奏、ダイナミックよりは、優しさと明るさに満ちた音色
何の力みもなく 身体がピアノ・ベーゼンドルファーと一体化。
生きることの温かさと悦びを感じる音色でした。

鳴りやまぬ拍手に答え、なんとなんとアンコールだけで30分以上も演奏。
バッハが流れたとき、自然と涙がこぼれました。
心からの何の色にも染まらない
こんな年齢になっても Pureになれた涙だったと思います。

アンコール曲は、全7曲。
J.S.バッハ: ゴルトベルク変奏曲 BWV988から アリア
J.S.バッハ: パルティータ第1番 BWV825から メヌエット、ジーグ
ブラームス: インテルメッツォ 変ホ長調op.117-1

日本語で 「バルトークを弾きます♪」と茶目っ気たっぷりに仰いました。

バルトーク: 「子供のために」から 豚飼いの踊り
モーツァルト: ピアノ・ソナタ ハ長調 K.545から 第1楽章
シューベルト: 即興曲 変ホ長調 D899-2
シューマン: 「子供のためのアルバム」op.68から 楽しき農夫

シフ先生によると
「最後に語られた重要なこと。
ドイツ格言によれば、『良きことはつねに3度起こる』という。
巨匠らはこの格言に親しんでいたに違いない。」
最後に 最期に 
良きことの積み重ねがもたらす何かが
感じれるのであれば
生きることは なんと希望に満ちたものなのだろう・・・
誠実に 天真爛漫に 生を全うしたい・・・
そう思わせる 素晴らしいリサイタルでした。

d0131804_17514398.jpg

お気づきでしたか?
もう2か月も、シフ先生のバッハをクリニックで流しています。 
美しいトリルを奏でるように
希望に満ちた 艶やかな仕事を続ける決意、
シフ先生がバックアップしてくださるレイ眼科クリニックです!!

あああ~一生、忘れられないリサイタルになりました。
シアワセ060.gif

シフ先生については → こちらから
d0131804_17511420.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-03-26 17:53 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Tara PACIFIC   

2017年 03月 24日

フランスの科学探査船タラ号をご存知ですか?

2003年から 地球を11回航海し
海洋における生物多様性を調査する船です。

過去、
・北極プロジェクト では、北極の大気汚染、氷の調査
・地中海プロジェクト では、投げ捨てられたプラスティックの調査
・海洋プロジェクトでは プランクトンの調査 
を 行ってきました。

今回2016年から2018年の太平洋プロジェクトでは 
サンゴ礁を調べ これに伴い 日本発寄港が実現しています!!
地球上のサンゴの40%が生息する太平洋を横断し
サンゴコロニーにおける生物の多様性を明らかにする目的。
海底0.2パーセント以下しかしめない珊瑚礁に海洋生物の30パーセントが生育してるそうです。

そんなニュースを知り 3/2~3/6 神戸に寄港したタラ号を観に行きました♪
パネル展ワクワク!

d0131804_12442462.jpg

メンバーは、船員6人、科学者7人、アーティスト1人。
新たに発見されたプランクトンや美しい洋上写真

d0131804_12450314.jpg

タラ号寄港もあとわずか
3月25日まで 東京
26日 下田
30日から4月1日 高知
4月16日から20日 沖縄

海は地球の母
地球を守るタラ号で自然を考えるきっかけを!
特に春休みの子供達に体験を!

d0131804_12482994.jpg

スポンサーのアニエスベーにてアニエスベーTaraの商品を買うと
寄付になることもお伝えしておきますね☆
私の今年の夏は、Taraを感じて過ごします!

地球の母なる海を 守っていきましょう!

d0131804_12491764.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-03-24 12:51 | Favorite | Trackback | Comments(0)

健康づくりチャレンジ企業   

2017年 03月 23日

レイ眼科クリニックが、兵庫県から
「健康づくりチャレンジ企業」に登録されました。

d0131804_14435107.jpg

職場での健康づくりを
計画的に定期的に行い
投資します。
事業書を提出し、見事、認定されました!
私達の取り組みはオフィスヨガです。
健康づくりにとどまらず、
スタッフ間のコミュニケーションも上がり
仕事の効率も向上しています。
一石二鳥以上!
兵庫県では、健康づくりチャレンジ企業に認定されると、補助金が出ます。
我が街にて、健康増進、仕事活性、地域貢献。
兵庫県の皆さん、職場での健康増進にお取り組み下さいませ(╹◡╹)


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-03-23 14:37 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

味噌汁 Miso Soup   

2017年 03月 19日

喉を傷め、声がでにくくなり、耳が痛くなり、
皆さまがたにはご迷惑をおかけしました。
金曜日と土曜日午後には 代診医師に診察をお願いし
ゆっくり療養しました。
ご来院下さいました患者さん、代診医の先生方、御理解をありがとうございました。

喉に炎症があると 物を飲み込む事ができず
食事も喉を通りません。
数年毎朝継続しているスムージーを噛んでも飲み込めず
(流動食に近くても繊維質が喉を通らない)
悲しかった!

改めて この細い頚部筋肉と上気道から食道までの粘膜の価値を痛感しました。
これから50年は頑張ってもらいたいこの組織に負担をかけないよう
もっともっと 噛んで食べるようにします。

そして こんな状況のなか
味噌汁のなんて有難かったことか!
喉に優しい豆腐、
煮干しや昆布の出汁の旨味、
身体があたたまり
一杯の味噌汁が 私のここ数日のご馳走でした。

d0131804_12003427.jpg

今日はジャガイモとワカメ、
喉がよくなり固形物も美味しく食べれるようになりました。

連休ですね。
私の計画は大幅変更になりましたが、
回復の喜びを春に重ねています。
季節の変わり目、ご無理のないよう
一皿、一杯のご馳走を皆さまも味わってくださいませ。


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-03-19 11:52 | My Diary | Trackback | Comments(0)

最後の授業   

2017年 03月 12日

宮崎大宮高校 1年生の時の担任だった 
国語の段先生が退職されるこの早春に
母校の教室で聴く最後の授業を 
同級生が企画してくれました。

d0131804_22001382.jpg

「厳しい授業をします!」からスタート。
まず、一人一人、名前が呼ばれ
一気に学生気分♪

30年以上前と変わらない 脱線授業に
教室は 爆笑爆笑( ^ω^ )
「逃避?頭皮は ない!」と 導入は、兎に角、笑い‼︎

d0131804_22010742.jpg

あの時も 歌謡番組ベスト10、サザンオールスターズ、本の話が主でした。
段先生の最後の教材は
『海を見ていた午後 荒井 由美』

d0131804_22023463.jpg

それなりに人生経験を持つ58人の生徒が 問い に応えました。

問3 今日 この店に来たことをこの人はどう思っていますか?
→理系人間には 想像力が不足なのか、全滅。

問6 この2人はどうして別れることになったのですか?

皆さん、解りますか?

最後の問8 この人は恋人と別れる時、本当は何と書きたかったのだと思いますか?
→ 正解)別れないで、行かないで

d0131804_22020170.jpg

私は つれていって と書き、
段先生に 「それは ナイ!」と 言われました。
えー、何故!?
一緒に生きて行くんちゃうのー⁇

久しぶりに、皆で同じ空気を吸いながら
同じ沈黙を共有しながら
それぞれの思考を回転しました。
段先生の解答を導くまでの思考過程が楽しかったです。

国語の授業は  
古文古語下一段活用を暗記する事も大切だけど、
行間にある 状況、気持ちを察知し
自分の言葉で表現する事を学ぶものなんですね。
高校の時に 現国 をもっと真面目に学習すべきでした。


印象に残った言葉。
教員は役者。
教壇は舞台。
授業はドラマ。
段先生は、素顔をさらけ出すタイプの役者で
仕事中、90% は 素、10% は言えないダークな部分。
と、全て曝け出して教えてくださいました!

嬉しいお言葉でした‼︎
私が 理想としているプロの職業人の在り方です☆
良い仕事、充実のプライベイトは、相互リンクしてますもの。
最後の授業で、これからの勇気と道を教えてもらいました。
私、大根役者、一流の俳優になります!?!?


d0131804_22035112.jpg

段先生の最初と最後の生徒であった事を誇りにします(╹◡╹)
38年の教員人生、20年の宮崎大宮、
たくさんの生徒への笑いと勇気をありがとうございました。


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-03-12 18:28 | My Diary | Trackback | Comments(3)

赤絵皿   

2017年 03月 09日

草木の息吹や 少し暖かくなった陽射しに
自然の活き活きした様子を感じるようになりました。
冬から春へ 静かな予感の季節です。

季節を感じるのに 和 を求めるのは
年齢のせいでしょうか?

年上の洗練された女性から 赤絵皿を頂き
最近愛用しています。
活き活きした手書きは この季節にピッタリです。
菜の花、がんもどき、昆布でお出汁をとって優しい薄味。
草木の息吹のように 私の身体も 躍動の季節を前に目覚める感じ。
今日は サラダも和食器に盛りました。

d0131804_22560806.jpg

1か月前は まだ冬の料理でした。
ふろふき大根に柚子味噌、シンプルな一品。

d0131804_22571393.jpg

寒い季節の赤は 温めてくれます。
予感の季節の赤は 目覚めさせてくれます。
誰の中にも 躍動感・赤 があります。
気が付かないだけ。
たった1か月で 
当たり前の日常に こんなにも変化があるんだもの。

毎日の食卓を
毎日の語らいを
毎日の彩りを
隣の人への感謝を
心に留めながら 過ごせば
赤 が見つかりますよ。

美しい人に頂いた赤絵皿で
私の中の赤が踊る春です。


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-03-09 22:53 | My Diary | Trackback | Comments(0)

POL ROGER   

2017年 03月 08日

1849年設立のPOL ROGERと兵庫県の美味しい恵みを愉しむ会に参加しました。

直接Laurent d'Harcourt社長のお話を聞きながら
地元兵庫地産地消の食事が楽しめるというまたとない機会!
POL ROGER好きかつ食いしん坊の私にとって期待感いっぱいで行きました。

日本に到着したばかりで最初の会ということでしたが
お疲れの様子をみせることなく 沢山のお話を聞かせてくださいました。

その感想は 一言  amazing ★★★

d0131804_18420848.jpg

・木樽は使わず ステンレスタンクで 葡萄の味を活かす
・広い優れた畑(特級畑含む)から葡萄を買い取るが、92ヘクタールは自社畑
・地下のセラーは深く広く、静かに長く熟成可能
・シャンパーニュ地方で 今や15人しかいない動瓶職人(瓶を回すお仕事)のうち
4人が POL ROGERの瓶を1人一日5万本も回している手作業工程
・POL ROGERのロゼは、60%ピノノワールと40%シャルドネからまず白ワインをつくり、
あとで赤ワインとしてのピノノワールを10%加えて作る方法。
・1945年ランチ会でイギリス首相Churchillが POL ROGERの奥様オデットさんと意気投合し
Churchill没後15年の1975年に Cuvee Sir Winston Churchillが登場。
ビンテージのピノノワールが好みだった彼に合わせ 
ピノノワール主体シャルドネが少し入ったWCが造られることになり
1stビンテージから今15個目。1975年にはイギリスのみマグナムも発売。
「マグナムシャンパーニュは二人で飲めばよい。一人が飲めないともっと良い」
(美味しい泡は 飲めるよね~)

Winston Chrchill 2004 をサーブしてくださったのは阿部首相??
ポートピアホテル神戸たむら支配人のソムリエ 松岡様♪

d0131804_18425038.jpg

季節を感じる 神戸たむら のお食事、美味しく頂きました。
ふくよかな泡が好きな私も
シャープ、タイトでミネラル感充分な Blanc de Blancd 2008 にシアワセ〜〜

d0131804_18432539.jpg

ドライなロゼはお肉にも合います。
フランスでは、食前酒としてロゼシャンパーニュを飲む事もあるとか。
赤ワインの比率が多めなのか 私には赤ワイン的な厚みも感じました。

d0131804_18445206.jpg

クイズで会場も大盛り上がり、私はPOLROGER USBチップをゲット☆

d0131804_18450700.jpg

「シャンパーニュは生きる意味を知っている人間の楽しみなのだ。
このことには、政治家も、粋人もみな同意する」 (チャーチルの言葉)
はい、私は1人シャンパーニュも 仲間シャンパーニュもこよなく愛しています♡

d0131804_18452738.jpg

素晴らしい人達との会合でした。
ますます POL ROGERの虜、これから飲み込んでいきます!
今井商店さん、いつもありがとうございます。
今井商店 シャンパーニュは → こちらから

d0131804_18454500.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-03-08 18:39 | Favorite | Trackback | Comments(0)