<   2017年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

岡眼科クリニック・外来棟   

2017年 02月 27日

福岡県飯塚市・岡眼科クリニックの新しい外来棟を見学に行きました。

管制官指令室のような診察室。
上部モニターにて院内状況を把握
フロントガラスにて 外来検査を直視
診察用の3つのモニター の左右は湾曲
手前には二人のシュライバー用パソコンが2つ

d0131804_17592460.jpg

診察机に座ってみると こんな感じ
宇宙戦艦、男の浪漫?!

d0131804_18002505.jpg

1~5診
フロントガラスにて仕切られながらも繋がる解放感
この診察室の壁紙は 淡い色合い

d0131804_18010177.jpg

検査室

d0131804_18015718.jpg

検査待ちの椅子は 
目的によって色が変えてありました。

d0131804_18022885.jpg

たくさん受診される患者さんを診察する効率と
不満や不安を取り除く工夫が 
見事に一致した設計でした。

とても広い受付にて
岡眼科副院長・近藤先生、
多根記念病院・福岡先生、
岡眼科渕上先生と♪

d0131804_18032206.jpg

去年に続き → こちらから
岡眼科クリニックからは 想像を超える刺激をもらっています。
次回は 岡眼科クリニックのユニークな院内環境を紹介します。

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-02-27 17:56 | My Diary | Trackback | Comments(0)

HANANINGEN KYOTO   

2017年 02月 22日

自分の誕生日プレゼントが届きました。

後半人生に 花が咲きますように・・・

そんな願いを込めて
発芽体験をしてきました。

d0131804_22004057.jpg

ドライユーカリ、テーブルにはミモザ などなど
シンプルなスタジオ。

d0131804_22011311.jpg

2階に上がって たくさんあるお花の中から
たった一つだけ お気に入りのお花を決めます。
ミモザ、カラー、トルコキキョウ、コデマリなど
好きなお花がたくさんあって 相当 迷いました。
すると 「今日の気分で選んでください」 
沙織さんが囁きました。
よ~~く 観察すると とても活き活きしたダリアに惹かれました。

沙織さんがメイクを
雅さんが フラワーアレンジをしてくださいました。
沙織さんは温かな雰囲気をもっておられ
傍に座っているだけで 居間で寛いでいる気分になり、居眠りしちゃいました。
雅さんは 「インスピレーションで活ける!」とのこと。
お花がどうなっているのか
スタジオには 鏡がなく 解りません。
頭が膨らみ だんだん 重くなっていく感覚は
今まで歩んできた何十年もの
よいことも わるいことも 
頭に表現されているようで ドキドキしました。

d0131804_22353047.jpg

私の願いは
「周りの人に助けられながら 支えられながら
皆で 明るく綺麗に咲きたい、そんな気持ち」 でした。
カメラマンの武さんと一緒に。

d0131804_22014772.jpg

写真の選択は とってもめんどくさがりな私の代わりに
武さんが引き受けてくれました♪

d0131804_22022640.jpg

私の願いは 確実に伝わりました。
ダリアの周りに 
横からは 共に歩むように、
上からは 護るように、
下からは 支えるように、
後ろからは 後押ししてるように、
美しい花々が 
私の頭脳を包み囲みながら 咲いています。。
クリムトの絵画みたいに愛に溢れてます053.gif

「発芽」って こういうことですね。
一輪だけでなく
周りと一緒に 芽ぐむ。
互いを惹きたてながら咲き誇る。
頭脳を駆使して 咲く。
それが 人の発芽なんですね。

武さん撮影の奇跡の一瞬ショットは 大事に手元に置いておきます。
私にとっては すべての体験が貴重でした。
感じて 会話して 表現して
今の自分を
沙織さん
雅さん
武さん
日本的な名前のお三方に記録していただいたあの2時間。
日本で
好きな花と一緒に
綺麗に生きていきたい、、、

後半の人生
華を開かせ
最期朽ちるまで 
雅やかさ
闘う強さ
みずみずしさ
織りなす洗練さ を持っていられますように。

d0131804_22100320.jpg

HANANINGEN KYOTO → こちらから
今までの最高齢は72歳とか。
私、90歳でやってみたいです。
発芽といっていいものやら??
HANANINGEN は → こちらから

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-02-22 21:58 | My Diary | Trackback | Comments(0)

桜井病院   

2017年 02月 20日

奈良県桜井市・桜井病院副院長・松岡先生と看護師さんが見学に来てくださいました。

松岡先生とは一緒に外来を行っていたこともあります。
思えば 約20年も前のことかも?!
とても穏やかでいつも笑顔の松岡先生が
研究にお忙しく 留学されていたときは 外来がご一緒できず寂しかったものです。
兵庫県の病院にお勤めのときは 研修会や学会で顔を合わせていました。
7年前、レイ眼科クリニックにてレーシックをうけてくださったり
何かとご縁がある先生が
はるはる遠方からスタッフの方々と来てくださるということで
私もスタッフも 張り切ってお迎えしました。

見学者をお迎えすると、準備したり、返答したりと
私達にも大変刺激になります。
受付のウェルカムボードから始まり、検査、看護と
皆で「おもてなし」の一体感を味わい チームワークもアップ!!
桜井病院の看護師さんは 質問や目のつけどころが鋭く
現場を愛する人 という感じでした。
現場を愛するもの同士、良い交流ができたと思います♪

d0131804_19404355.jpg

見学のあと、松岡先生と
兵庫県黄斑疾患研究会での名古屋市大教授小椋先生
「OCT Angioは眼科臨床を変えるか?」を聞きに行きました。
12✖12 と画角が広がり、将来はさらに広画角化されること、
3Dでみると 新生血管の立体感描出がリアルで解りやすかったり、
将来は自動診断装置を備え より診断能力があがること
など 夢のような話だけど
絶対 近い将来実現化する話で
ドキドキしました!

20年前、若い時に出逢った松岡先生は 今でもお変わりなく朗らかでお優しく
眼科技術は この間 驚く程 進歩変遷し
そして これからも もっともっと短いスパンで
眼科臨床は発展していくのだろうな~~と思いました。
私、 年とったなんて 言ってられません。
「おもてなし」と「勉強」と
両立させて 良い医療現場を作っていきます。

松岡先生、看護師の皆さま、遠方からご来訪をありがとうございました。
桜井病院は → こちらから

d0131804_19413368.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-02-20 19:38 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(0)

SHARE   

2017年 02月 17日

がん患者さんへの緩和ケア研究会で
患者さんの意向をくむコミュニケーションノウハウについて
4つの重要なスキルがあるそうです。

頭文字をとって 「SHARE 」
そう、 良い医療を施し、受けてもらうためには 
まさに SHAREの気持ちが必要。

①Supportive environment(支持的な環境設定)

②How to deliver the bad news(悪い知らせの伝え方)

③Additional information(付加的な情報)

④Reassurance and Emotional support(安心感と情緒的サポート)

今朝のミーティングで この言葉を紹介しました。
これは、全ての医療に当てはまる言葉です。

技術に優れた医者がいても 臨床現場が環境状況が整っていなければ
良いパフォーマンスはできません。
患者さんに対して、治療を医療現場で一方的に行うだけでなく
日々の暮らしのなかでできるメンテナンスを含めた環境を提示することも大切です。
治療をうけていても よいことばかりではありません。
治療を受けるのは、生きることの 一場面。
生きることがそうであるように、治療をうけても 悪いことだって起こります。
良いも悪いも現実を受け入れてもらえるような話し方が必要です。
専門知識をベースに
「生きる」「見える」についての 付加的な情報を展開していくことも
患者さんへの選択肢が広がっていきます。
そして すべてのベースには 
安心感を運ぶ心温かな情熱がなくては 患者さんの心には響きません。

d0131804_19045571.jpg

朝の朝礼で スタッフ達が 強く頷いていた様子が
私の気持ちを熱くしました。
一輪の美しさから 全体の美しさへ。
1人の気持ちから 全員の情熱と安堵へ。
包み隠さず 全てを SHAREする レイ眼科クリニック。
これからも 熱い気持ちは忘れません。

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-02-17 20:27 | My Diary | Trackback | Comments(0)

さと味    

2017年 02月 16日

冬~立春の味覚を楽しもう!

ということで 淡路島に行きました。
神戸から車で1時間。

患者さんに教えてもらったお店は人気店で予約ができませんでした。
「南あわじ市は どこでも魚が美味しいですよ~~」という患者さんの言葉どおり、
素朴な雰囲気の海沿いの店には 新鮮な魚が活き活きとしていました。

d0131804_22160212.jpg

かわはぎ、メバル、サザエ、タコ の刺身。
メバルの刺身は初体験。
脂がのっていて 甘味があり 山葵との相性が抜群!
サザエも新鮮で 湯通ししていないとか。
肝の苦みすら 甘く感じました。
もちろん カワハギ肝の蕩ける旨味も最高!

d0131804_22162507.jpg

お勧めは 3年とらふぐ。
通常2年でフグを食べるそうですが 淡路は海流の温度が低く
ふぐの成長がゆっくりであるため
2年を超して 食べるそうです。
2年以後、一気に大きく成長する 淡路のとらふぐです。

d0131804_22165639.jpg

立派な白子!!

d0131804_22172187.jpg

綺麗なピンク色の肝臓ですが
フグの肝は食べてはいけません!!毒ですから~~

d0131804_22174113.jpg

私は 赤貝の握りを注文。
新鮮な赤貝をその場でさばいてもらい

d0131804_22182687.jpg

肝やヒモも握りにしてくださいます★
貝好きには悶絶の美味さ~~

d0131804_22185715.jpg

福良の黒うに
夏の赤うには ひと箱4000円の値がつくこともあるとか。
この時期の黒うには 小ぶりですが 
甘味、絡む口当たり、すべてが濃厚で 言葉がでない美味さ~~

d0131804_22192481.jpg

特製釜飯も 具材たっぷりで ぺろり~~

d0131804_22194673.jpg

実は サングラスしか持って行っておらず
(正確には、慌てていて、眼鏡を忘れた...かっこ
極道の妻風で過ごすはめになった淡路滞在でしたが
皆さん、とっても優しかったです!

d0131804_22201667.jpg

南あわじ市湊 「さと味」
→ こちらから
今度は 大人数で 色々なものを食べてみたいです。

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-02-16 22:10 | Taste | Trackback | Comments(0)

綿貫 宏介氏   

2017年 02月 13日

ポルトガルリスボン大学にての外交研究から転じ
シルクロードや聖書をモチーフにした唯一無二の芸術家。
綿貫宏介氏の作品は
力強く 生きる喜びに満ちている。
家にあるのは、フルーツ柄と船。
日々の栄養への感謝、人生旅立ちの期待と
私は読んでいる。

雪の有馬 ガレリーナ レティーロ デオーロにて
10年ぶりにお皿を購入した。
今年の干支 鳥のデザインなどなど。
綿貫氏は、92歳現役,

d0131804_16132588.jpg

生きる御守りが、増えた。
食卓を囲む友、家族と
人生を味わおう!

深々と降る雪に温かみが際立つ。

d0131804_16154461.jpg

シアワセな、有馬時間。

d0131804_16135754.jpg

ガレリーナ レティーロ デオーロ
好きなギャラリーです。

d0131804_16142188.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-02-13 16:00 | My Diary | Trackback | Comments(0)

立春の花   

2017年 02月 10日

節分を過ぎると 春の訪れを待つ時間ですね。
春が立つ前のこの寒さは
身を縛られるほどですが
期待感があり 好きな気候です。

涼やかなお雛様も
桜のもとで 微笑んでいるようにみえます。

d0131804_14510311.jpg

術後の患者さまの笑顔
説明を理解してくださる外来患者さまの表情
難色を示す苦悩のお方、
喜びも厳しさも
この季節の中では
「ああ、これが 生きるってことだ」 と
私自身も 凛として受け止めることができます。

いい季節。
しばし この厳しい寒さの中で 
「生きる」 ことを仕事として集中しよう。

Oさん、いつもお花をありがとうございます016.gif
[PR]

by ray_matsumoto | 2017-02-10 14:47 | My Diary | Trackback | Comments(0)

Snoopy & Friends in HANKYU Rail   

2017年 02月 08日

去年秋から 阪急電車では Snoopy&Frineds電車が走っています。
毎日通勤で乗車しているのに なかなか遭遇できないんです!
手の届かない憧れの人みたい。

今年に入って 友達と食事をした帰りに初遭遇!
偶然スヌーピーのセーターを着ていて
下車して 即 記念撮影!

d0131804_21580426.jpg

スマフォカバーとも記念撮影!!
忙しいったらありゃしない!

d0131804_21582555.jpg

今朝 久しぶりにスヌーピーのカバンをもって
いつもの通勤電車に乗ったら
初 Morning Snoopy Train でした♪
通常 電車の中で新聞を読むのですが
もうそれどころでなく
70年代、80年代、90年代のスヌーピーの4コマ漫画や
社内広告Snoopy&Frinds からのメッセージの虜になりました。

d0131804_22014005.jpg

You Play with the cards you're dealt.
配られたカードで勝負するしかないんだ

Learn from yseterday
Live for today
Look to tomorrow
昨日から学んで 今日に生きる、そして明日に期待していこう

d0131804_21585855.jpg

I will admit,
however that there's a good feeling to be had
from sharing.
シェアすることで いい気分になれるんだよね

d0131804_21591361.jpg

スヌーピーのカバンをもって
朝から 阪急電車の中で写真を撮るオバチャンの様子は
他の人からみれば
「どんだけ スヌーピー好きやねん?!」
「この電車に乗るために ここにやってきた??」
そう 思われたかもしれません。

偶然、
スヌーピーを身に着けていたら
電車がやってきた。
人生、そんなものかもしれません。
気負わず 何気に 選択したことが
本当の自分なのでしょう。
本当に 本当に大切なことは
意図せず 結ばれるんだって。
clamp のイラストに感激したのに
写真を撮れていない!
やはり私は、chop ?!

d0131804_21594333.jpg

朝からスヌーピーからのメッセージで シアワセいっぱいでした。
そんなレイ眼科クリニックの今朝の朝礼は
「シェアすることの大切さ、シェアしようって思うことが大切であること」
から 始まり
とっても充実した外来と手術日になりました。

Thank my Snoopy !!
心から S.W.A.K 053.gif

d0131804_22000597.jpg

阪急電車スヌーピー号の情報は → こちらから
今年いっぱい 続いてほしい。
というか これからずっと 続いてほしいです!!

d0131804_22002385.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-02-08 21:44 | Favorite | Trackback | Comments(0)

BAR SWITCH   

2017年 02月 07日

1週間前のこと
宇宙に行きました。
そこは 二つの生命体に支配されていました。

d0131804_23445301.jpg

サイン入りマグナムが この宇宙の掟のようです。
マグナム星?

d0131804_23460241.jpg

Stoic 星人(聖人)から洗礼を受けました。

d0131804_23462796.jpg

Stoic 星人は 泡聖人かと思いきや
地球上の自然、
つまり 洋梨や樽や緑、花束 といった
まさに地球の土壌までも 司っていました。

d0131804_23500007.jpg

宇宙は 天の川を通じて 
地球にコンタクトをとっているのです。
ちっぽけな私が
あっというまの宇宙旅行。

この世の 暗黒の深さ、荘厳さ
なんたることか!
終わりのない世界。
そして、煌めき 輝き、
その 一瞬たること!
Time flies like an arrow !!
d0131804_23513717.jpg

BAR SWITCH  東京都中央区銀座6丁目 → こちらから
去年オレゴンでご一緒させていただいたときは鉄人でしたが
実は 宇宙人 でした。(オレゴンの様子は → こちらから
旅券発行の条件は 「Stoic」
あなたも ビザを申請して 宇宙旅行をご体験ください072.gif

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-02-07 23:43 | Taste | Trackback | Comments(0)

Cave de K   

2017年 02月 04日

熟成には、静謐で安寧な環境が必要。
醤油、味噌、日本酒、納豆、
ワイン、シャンパーニュ ・・・・私の好きなものはそう。

明るい太陽の元、闊達であること。それは 成育中、若さの証。
暗闇の中 沈黙を味わうこと。それは熟成の過程。

生きるには どちらも必要であり
経時的に バランス、比率が変わっていくだけ。

光明の洞窟
Cave de K → こちらから
リッツカールトン京都 すぐ横
11時から営業

d0131804_23471708.jpg

京都にて、光を伴う洞窟の世界です。
昼間から マグナムシャンパーニュ4種を愉しめます。
なんて、贅沢な時間!

d0131804_23474936.jpg

お食事も楽しめます。

d0131804_23482640.jpg

アルコールは 夜の特権ではありません。
溌剌と生きること、熟考すること、
どちらにも アルコールは合うのです。
明るい世界にも、アルコールは存在し得ます(╹◡╹)

d0131804_23495070.jpg

今度、美術館のあと 静かに余韻を楽しんだり
気分によっては 興奮を発言するのもよし、
そんな 使い方をしよう・・・と思いました。
Tさん、ご紹介ありがとうございました!
とっても気に入りました☆

d0131804_23504687.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-02-04 23:38 | Taste | Trackback | Comments(0)