Eye Doctor's ESSAY★

by ray_matsumoto

<   2016年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

人生最後のご馳走

余命わずか3週間~あなたなら何を食べますか?

帯の言葉は 私にとって
少し辛く感じた。
極寒のあの時 好物を毎週末に届けたあの時間を思い出した。
どんな気持で食べてくれていたんだろう。
悟っていても、納得していたとしても、
食い意地の張った私がその時を迎えたとき、
限られた食事を決めきれるだろうか。
私は、何も何も解らず 食事を作っていたのだ。


ページを紐解くと 本の中身は
子供のころの食卓の風景を思い出す
会話と笑みが漂うものだった。

d0131804_22440646.jpg

「私はあなたのことを大切に思っている」
という思いを それぞれの立場で患者さんに伝えることが大事。
この文中の言葉は 宮崎医科大学時代の同級生 池永昌之くん(ホスピス医)のもの。
「食事の記憶は、映像として浮かんでいるよう。
美味しいご飯は きっと幸せな記憶を呼びおこしてくれます」
管理栄養士 大谷幸子さんの言葉。
「死が近づいているとしても、生きている限り、人はやっぱり死から遠ざかっている」
2年間、ホスピスで取材を続けた 著者・青山ゆみこ氏の実感。

14名の方のご馳走は
好物はもちろんのことだが
個人の趣味や生き方が反映されてて
生活の風景が浮かび、
家族の声が聞こえ
おそらく食べる時間は数十分に満たないその一食に
「生きる」数十年が集約されていた。
そして そこには
「生きる」をくみ取る人
実際料理をし 味付け、配膳する人
寄り添い食事をする人
他として見守る人、つまり取材する著者、
そう
孤食ではなく 多くの人々が絡んでいるのだ。

食べるって 生きるってこと。
あと 数えるほどしかない食事を いずれ誰もが経験することになる。
お食い初めをお祝いするのであれば
数えるほどしかない貴重な食の機会を
お食い初めのように
歓喜と感謝で迎えても 罰は当たるまい。
お食い初めならぬ お食い〆 

その覚悟が まだまだな私は
「生きる」を大切にするべく
毎度毎度の食事を
日本の新鮮な季節の食材でもって 
家族と 語らいあいながら
おはよう
いただきます
ご馳走さま
を、繰り返したい。

人生を、
生きるを、
頂きますって 
毎日、言い続ける

d0131804_22450960.jpg

人生最後のご馳走
青山ゆみこ 幻冬舎

あおやま、ありがとう。
[PR]
by ray_matsumoto | 2016-11-29 22:39 | My Diary | Trackback | Comments(2)

ぎんなん餅

越中名物~ぎんなん餅 

柔らかなお餅
一口含んで 噛んでいると
ぎんなんを炙って 皮に近いところをかじった時と同じ風味が
ほのかに香ります

d0131804_18492233.jpg

はじめてのお味♪
富山県氷見市にて 明治時代初期から続くお菓子です
梱包柄にも笑みがこほれます

d0131804_18494872.jpg

ぎんなん餅と緑茶を頂きながら 晩秋とお別れ
和菓子っていいですね
美味しく頂きました。ご馳走様です

ぎんなん餅 は ぎんなん餅本舗 おがや → こちらから
[PR]
by ray_matsumoto | 2016-11-28 18:48 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Tea Tree

ドライアイ治療に不可欠なのは
日々、ご自宅で行うメンテナンスです。


瞼の筋肉は 瞬きにより 一日中 動き続けている場所であり
睫毛は 外的に悪いものを防ぐため 実は たいへん汚れています。
アイメイクを施す女性は なおさらのこと。
そう、眼瞼、眼瞼縁って 実は たいへん働きもので
私達の意志とは無関係に 私達の目を守ってくれています。


瞼の清浄に レイ眼科クリニックが使っているものが
Tea Tree です。
抗炎症作用や抗菌作用をもつTea Treeの天然精油を含むクレンジングフォームを、
最近 最新ドライアイ治療IPL 後に 加えて行っています。
IPL治療は → こちらから 、
レイ眼科のブログはこちらから 

d0131804_14491220.jpg

ティーツリーフォームには
ティーツリー油、カミツレエキス、ゲンチアナ根、トクサエキス、
セイヨウオトギリソウエキス、セージ葉エキス が含まれます。
抗菌、消炎、活性酸素除去、血行促進、抗酸化 の効果が期待できます。
一日中 働いて 疲れた眼瞼縁と汚れた睫毛を放置せず
リラックスと清浄目的で 瞼をケアしましょう。

目の上から いくら効用のある点眼を重ねても
内側から  変えていかなければ
ドライアイは なかなか良くなりません。

内側が鍛えてあれば、 Tree Pose もできます☆
月1回、オフィスヨガをスタッフとともに始めたレイ眼科クリニックは内面のキレイを目指しています。
担当 ヨガインストラクターMINA先生と♪
d0131804_14494525.jpg

内側から輝く瞳を造りましょう!
そうすれば Heart Pose に変身
キラキラお目目で、ハートになりましょう!
Tea Tree フォームは レイ眼科クリニックで取り扱っています☆

d0131804_14501993.jpg

[PR]
by ray_matsumoto | 2016-11-25 14:38 | Eye Informations | Trackback | Comments(0)

音羽病院・アイセンター

京都洛和会音羽病院が このたびアイセンターを開設されました。


診察室の入り口 
案内の色を含め 奇抜な色合い

d0131804_13154972.jpg

5診ある診察室は すべて内装の色が異なります。

d0131804_13161627.jpg

3階手術室入口の壁

d0131804_13163503.jpg

照明のon offなしで硝子体手術ができる手術室は
まるで 宇宙空間
手術患者情報管理システムも導入

d0131804_13165852.jpg

2階 セミナールームの壁

d0131804_13172817.jpg

医療施設ではあまり見受けない色合いは
視力が弱い方でも 
色のメリハリで認識できるようにとの配慮からだそうです。

ロービジョンのお部屋は 装具が充実していて
診察もできるようになっていました。

d0131804_13175860.jpg

治療の3本柱は、

・最先端白内障手術
・小切開無縫合硝子体手術
・ロービジョン

これらを
チーム医療、最先端医療、個別医療 として実現させる施設です。
アイセンター所長・栗山先生から
夢のような話を初めて聴いたのが 約2年前のこと。
とうとう 夢が現実で 来月からアイセンターで手術が始まります。
栗山先生らしい 個性的な メタリックな空間でした。
これから京都を代表する眼科手術施設となること間違いなし!
今後もご指導のほど よろしくお願い申し上げます。

洛和会音羽病院アイセンター → こちらから、FBは → こちらから


d0131804_13184532.jpg

[PR]
by ray_matsumoto | 2016-11-22 12:59 | My Diary | Trackback | Comments(0)

緊急時院内放送

忙しい土曜日午前外来中に、地震がありました。
9階にあるレイ眼科クリニックは、かなり揺れを強く長く感じました。

「災害時の心得」 を 赤い用紙でスタッフルームに貼付しています。
それに沿って 行動します。

d0131804_13302450.jpg

外来受診中の皆様、不安な気持ちになったことでしょう。
院内放送で患者さんに情報を伝え 誘導するはずですが
本日 院内放送がうまく使えませんでした。
スタッフ間で利用している、インカムを使い
スタッフへ地震情報を伝え 患者さんには個別に対応しました。
スタッフが一人ずつ声をかけていましたが
いざという緊急時には それで間に合わないこともあります。

危機管理委員とともに 
早々に院内放送マイク操作の確認を行いました。

小さな改善
日々の確認が
災害時の被害を最小限に留めます。

身近な人を 大切に守りたいです。

[PR]
by ray_matsumoto | 2016-11-19 12:52 | My Diary | Trackback | Comments(0)

色の名前は美しい

香色、水柿(みずがき)
黄みがかった明るい灰黄赤色、薄い灰色がかった紅色
赤い仲間
ほんのり淡い秋

d0131804_22275009.jpg

茜色、紅檜皮
樹枝の香りが甘く深い 褐色の秋

d0131804_22281157.jpg

赤橙 
上から眺めて 言葉を失う
至福の色は
光が射すと 別物のように発色を増した
恋焦れるように 輝く

d0131804_22284905.jpg

シアトルの森にて 赤紅の私

d0131804_22291099.jpg

綺羅びやかな彩に包まれ
色遊びに夢中になって
夕暮れ時まで遊んでいた子供のころの
遠い記憶と繋がりました

d0131804_22293654.jpg

秋の色は美しい
記憶と重なり 幾らでも美しくなる
80歳になったら
90歳になったら
記憶が繋がって 
幾重もの彩りになることでしょう

神戸市立森林植物園にて

[PR]
by ray_matsumoto | 2016-11-18 22:26 | My Diary | Trackback | Comments(0)
今年6月に初めて聴いた小山実稚恵「ピアノ・ロマンの旅」→こちらから
今年の秋のシリーズを 聴きに行きました。
前回は 激しく動的な生命力に溢れていました。
今回は 慟のあとに悟った、感じた 安らぎと静がテーマです。
それを 小山さんは 「心の歌」 として 表現されました。

機嫌よくリサイタルへ~~
d0131804_1735897.jpg

演目は、
ベートーベン:ピアノソナタ第30番 OP109
ブラームス:6つの小品 OP118
シューベルト:ピアノソナタ第20番 D.959

大好きなベートーベンピアノソナタ第30番は
幻想的なスタートから 
確固たる強さ 
そして 変化に富む、生命が脈々としたような変奏曲で成っています。
いつ聴いても 涙が溢れます。

ブラームス6つの小品は 生演奏で初めて聴きました。
小山さんの説明によると
これを作曲したブラームスの晩年は
お姉さまを亡くし
クララ・シューマンともぎくしゃくした関係の時期で
内傷的で孤独な彼の心情を感じる作品。

第1曲から 第3曲までが 心に残りました。
微妙な変化 繊細な旋律。
青春時代に戻ったかと思うくらい 胸がシュンって痛みました。
でも それは 若い時の痛みより
確実に 深く 重く 解決できないような痛みで
もう辛くって辛くって 号泣(;_:)

シューベルトの第20番は 
若くして亡くなるシューベルト2ヵ月前の3つのソナタの2番目の作品です。
前年に亡くなったベートーベンへの敬愛が局所に感じられると小山さんが仰ってました。
優しく切ないこの作品には
絶望はなく
最後の生命の煌きへの愛おしさを感じました。

d0131804_17463317.jpg

アンコールは シューベルト即興曲 と シューマン・トロイメライ。
トロイメライで どうしてこんなに泣けるのかしら?!

情緒的な演奏は
何次元にも想像が膨らみ
私を 自分の無意識下の世界に連れて行ってくれます。
秋から冬に聴くのにピッタリな選曲。
まさに 「心の歌」。
繰り返し展開するメロディーは
紅葉から冬へ季節の変化であり
生きざまの変化でした。
虫が食ったあとの葉に美しさを感じるようになった今の私の年齢に 
今回の 「心の歌」が、染み入り同調しました。

d0131804_17470000.jpg

2006年から2017年の12年間・24回リサイタルのこのシリーズも
あと残すところ 来年の2回のみです。
「祈りを込めて」「永遠の時を刻む」
ハンカチーフ3枚持って、泣きに行きます?
聴きに行きます♪
[PR]
by ray_matsumoto | 2016-11-15 17:21 | Favorite | Trackback | Comments(0)

5000☆

レイ眼科クリニック手術室での手術件数が、
先月で5000眼を超えたと、スタッフが報告してくれました。
白内障手術1000眼のときも
レーシック3000眼のときも
皆で 苦楽を共にした喜びを 分かち合う機会を逃していました・・・
日々の業務で気が回らない院長を
しっかり者のスタッフがこのようにフォローしてくれる幸せな環境♪

d0131804_12032082.jpg

5000眼ケーキを一緒に祝ったスタッフ6眼3人さま、
貴方達もカウントされていますよ~
初手術日は、2008年4月18日。
この日に手術を受けてくれたスタッフに、5000眼プレートを授与?!

d0131804_1214683.jpg


私は、年間1000眼以上を執刀するボリュームサージャンではありません。
牛歩も継続すれば 遠くまで進めます。
何よりも 安全運転 であり
皆で 変わりゆく景色を満喫しながらの 歩みであったと思います。

1人1人の仕事を重なり合わせ 積み重ねてきた5000眼は、
ミルフィーユ仕立てのHARBSのケーキで 祝福しました☆
d0131804_12042766.jpg

d0131804_12035103.jpg

これからも いい味 出していこう!
これからも いろんな味 味わっていこう!

[PR]
by ray_matsumoto | 2016-11-13 12:00 | My Diary | Trackback | Comments(2)

眼科女子会@臨眼

女子会という年齢ではないのですが、
先週、臨床眼科学会中に開催された眼科女子会にお誘いいただき、
今回初参加しました♪

お洒落な会場は スクリーンホテル京都 → こちらから

d0131804_16413283.jpg

企画主催は 東京方面でご活躍の先生方が中心。
主催者 K先生のご挨拶。
海外学会でもご活躍の 素敵な女性です。

d0131804_16415420.jpg

日本医科大学眼科H先生、埼玉医科大学K先生、三重県のK先生の食事会が
専門性を超えて
地域を超えて
年齢を超えて
広がってきた会です。

研究、外来業務、手術、留学、転勤、家庭、子育て
眼科女性医師は とにかく 忙しいのです。
仕事場を 7か所以上変わっているツワモノもいます。

d0131804_16423876.jpg

日頃 出逢えない美しき眼科女性医師 とたくさん知り合うことができました。
サプライズは 久しぶりに会ったM先生、
ご懐妊に お互い嬉しい涙の再会になりました。

d0131804_16430768.jpg

色々な人生がありました。
色々なやり方がありました。
生き方は一つだけでなく
柔軟で多様です。
同じ立場が これほど多様であることに
これからの眼科医の在り方として 元気をもらいました。

d0131804_16395414.jpg


共通項はベタやけど 「愛」 
私達の生き方は 独りよがりでありません。 
自己愛にも 対象愛にも 満ちている
博愛な眼科女子会、これからも楽しみにしています
[PR]
by ray_matsumoto | 2016-11-11 16:38 | My Diary | Trackback | Comments(0)

OCT Angiography

今回の学会では 、メーカーを超えて
OCT Angiography (OCTA)の展示ブースがありました。
造影剤を使わず、非侵襲的に眼底の血管情報を描出する新しい技術です。
現在 7社が OCTAを持っています。

d0131804_17383360.jpg

国内メーカーから紹介♪

①TOPCON OCT Triton
Swept Source OCTによる美しい画像のアンギオ。
100000 A-Scans/秒の最速スキャン、
サイズは 3.0×3.0~6.0×6.0㎜。
一台で 前眼部、隅角、カラー、FA、緑内障など 総合的に使えます。
アンギオレポートでは、カラー写真を含めた1枚にレポートできるサマライズ能力も優秀。
トプコン大阪営業所にショールームを開設していて、医療機器を体験できます☆
OCTの写真をとったのに、削除してしまいました。。。ごめんなさい。

②Nidek RS-3000 Advance
脈絡膜レベルがたいへん美しい。
固視を変更することなくスキャンが順次移動し、パノラマ自動合成機能も嬉しい機能。
前眼部解析オプションで 隅角や角膜厚も計測可能。

d0131804_17475641.jpg

③Kowa OCT Bi-μ
高分解能2μと8000A Scans/秒で 高い解像度を実現。

d0131804_17483333.jpg

④Canon OCT-HS100 Angio
私が眼科医になったころ、Canon眼底カメラは大変普及していたと記憶しています。
70000 A-Scan/秒の高速スキャン。
撮影画角を3mm~8mmまで 1㎜単位で設定可能。

d0131804_17485860.jpg

海外から OCTの老舗より
⑤HEIDELBERG  SPECTRALIS OCT Angio
網膜毛細血管の直径8μを解像するために
解像度6μ、深さ3.9μ/PIXEL にて 血管網を表現。
美しい画像にこだわります。

d0131804_17492292.jpg

⑥ZEISS  CIRRUS HD-OCT plus 5000
オプションで 角膜~隅角も計測可能。
1回の撮影でOCT Bスキャンとアンギオが当時に取得できる優れもの。

d0131804_17495486.jpg

⑦OPTOVUE AngioVue
アキュラ株式会社が扱っています。
40°と広画角のため、一枚で視神経乳頭から黄斑まで観察可能。
前眼部Moduleにて、角膜前後面の屈折力も測定でき
レーシック後のIOL選択の助っ人となりえます。

d0131804_17501633.jpg

約10年前、OCTが登場した時も感動しましたが
OCTAngioにて 造影剤を使わず ある程度の病態把握ができるようになりました。
(9年前の投稿はこちらから→ いや~~あの頃、私は若かった!)

人の身体に優しい検査を追及する眼科医療業界。
細かなことが好きな眼科業界ならではの目のつけどころにて
おそらく 他科よりも格段に進歩速度が速いと感じています。
安心の治療行為の絶対的な前提は、確実な診断。
そのサポートをする 検査器機はμレベルまで繊細になっています。
この感覚、細かなところにこだわる感覚が 私の好きな世界。
医者の心強い助っ人,OCT君を まだ体験されていない先生方がいらしたら
是非セミナーや学会で直接触れてみてください!

眼科、大好きです!

しばし OCTAngio読影ができるよう、この分野を集中して勉強します

[PR]
by ray_matsumoto | 2016-11-09 17:33 | Academy.Congress | Trackback | Comments(0)