カテゴリ:Favorite( 325 )

 

Sato Wines

日本の銀行員が 職場で出逢って結婚。
転勤先のロンドンで ワイン好きに火がつき
ニュージーランドに渡って 自分のワインを作ろうと決めた日本人夫婦。

こんな人生ってありますか?!

d0131804_18283690.jpg

初体験 Sato Wine 2009 ピノノワール は → こちらから

今年の夏 ニュージーランドのワインのイベントにて
ワイン好き仲間で
リースリングとピノグリ 2本のSatoさんを楽しみました。

d0131804_18291632.jpg

そして この連休中のある夜、
焼き鳥をむさぼろうとしていたら
佐藤さんご夫婦が偶然いらっしゃって 先ほどの隠し撮り!
ご主人は 吹田で子供時代を過ごしたらしく
「おもろい~」って関西弁を喋られます!
情熱的に はっきりとした物言いをなさります。
奥様は 横浜の方らしく スマートなお方。
神戸から来た私は 親近感ヒシヒシ。

今 日本の葡萄、デラウェアを使い、日本でもワインを仕込んでおられるとか。
学習する情熱、
強い意志、
運命を引き寄せる力を 佐藤嘉晃さん、恭子さんご夫婦に感じました。
明治開国時代の日本人みたいな強さをお持ちです。
大変魅力的なご夫婦。
これからもNZの そして これからの日本での
佐藤さんのワインに注目です♡

それにしても インスタグラム は凄いですね。
お会いしたことはなかったけど
浴衣を着てSato Wines を楽しむこの写真を
佐藤嘉晃さんが記憶してくださってました!

d0131804_18312652.jpg

#satowines  検索 
活き活きと誰からも制限されないご自分の人生を生きるご夫婦の姿と
ワインを楽しむ浴衣4名の写真があります。

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-09-19 18:26 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

青紀ひかり 特別な一夜

青紀ひかりさんの音楽をしって4年。
この夏 たった一夜限りの特別なライブに行きました。

静かな蒼い炎のような空気感 
熱い炎のような生き様
魅力的な人による 唯一無二の表現。

d0131804_19101867.jpg

いつも 心が震え、身体の芯から 癒されます。

特別な一夜のライブは 世界旅行的な内容でした。
NY摩天楼が広がった We Are All Alone
何度も聴いているはずなのに いつもと違ったのはなぜ?

日本の歌謡曲をアルバムにした Otokouta からは 
「夜の海」「胸が痛い」で 涙腺が緩みました。

青紀ひかりは この夏 Perugia (Italy) の ヨーロッパでは伝統的な Umbria Jazz Festivalに参加したのです。
ピアノの上原ひろみ もこの夏3年ぶりに参加したこのフェスティバルで
青紀ひかりは Otokouta から日本の歌謡曲を歌ったそうです。
さすが アーティスト、自分表現力 に 秀でた人です!!

d0131804_19105490.jpg

足元にあったリスト
18曲も!!!
イタリア、フランス、アメリカ、ハワイ、キューバ、日本!!
世界旅行ライブは 夢のような時間♪

d0131804_19112493.jpg

FM COCOLOで番組ももってますよ~
年末に向けて 新しいアルバムを作成
来年早々に ライブがあるそうです。
これからも楽しみにしています♪
ひかりん、いつも 美しい世界をありがとう169.png

d0131804_19121374.jpg

青紀ひかり → こちらから
去年のライブの様子は → こちらから
RON CARTER とのライブの様子は → こちらから



[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-20 19:07 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

午後の泡2音会

土用の丑の日、音楽と泡好きが集まる午後の泡2音会を開催しました。

第1回 午後の泡・茶・音・会 は → こちらから
第2回 午後の泡音会は → こちらから

今回は マグナムシャンパーニュがあるということで 泡2音会に!
アマチュアな私達の音色は消えそうですが、
泡を頂く勢いは会を重ねるごとに増しています!

楽器が家にある生活

d0131804_14411138.jpg

生で 色々な音色を楽しめる休日

d0131804_14414406.jpg

準備も楽しい!

d0131804_14421486.jpg

カタルニア民謡 パブロ・カザルス編 鳥の歌
平和の祈り、故郷に二度と戻れなかったカザルス
国連で「私の生まれ故郷カタルーニャの鳥は、ピース、ピース(英語の平和)と鳴くのです」とスピーチされた話。
芸術には メッセージがあるのです。
H先生、Nさん、お話しをありがとうございました。

d0131804_14423613.jpg

表現するってなんて難しいのだろう~とピアノを習いながら知ります。
今回 DUO 8&0 として 初めてクラリネットの伴奏をしました。
怖い顔の私と 音楽に対して包容力のあるH先生。
自由に気持ちよく演奏される表現豊かなクラリネットの音色を聴きながら
私も 楽しくピアノが弾けました。
一人でないって こんなにも人を変えてくれる!!!

d0131804_14431649.jpg

和食担当は私、
樽谷さん内橋さん手作りの万願寺、とてもおいしかったです。

d0131804_14434483.jpg

黄色はビーツなんですよ。
ベルグストロームのシャルドネ、最高でした☆

d0131804_14441337.jpg

みんなが大好き、
マグナムシャンパーニュ Pol Roger 2004
新鮮さと濃くのバランスが素晴らしい!

d0131804_14444313.jpg

新鮮食材の料理、会話、自由な時間

d0131804_14453514.jpg

そして 友達!!

d0131804_14461098.jpg

飲んだワインを眺めて ビックリしたのは
第1回目開催時に Pol Roger 2004 を飲んでいて、今回はそのマグナム。
The Eyrieのロゼも1回目に飲んでました。

d0131804_14465232.jpg

d0131804_14471810.jpg

そして 毎回 ボトルが増えていることも ビックリ!!
胃袋成長期 泡音会 、これからも継続します。
音楽も成長したいな~~
お友達のみなさん、これからもよろしくお願いします♡


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-07 14:39 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

アンチンボルド展

これ、私なんですよー
ハプスブルグ家お抱え画家としてウィーンで活躍したイタリアの画家・アンチンボルド展に行ったとき
写真を撮影し コンピュータグラフィックにてアンチンボルド風の自分の絵が見れるって企画。
首の筋が私の特徴なのかな?

d0131804_12524829.jpg

栄華を極めたハプスブルグ家には 諸外国から珍しいお届け物が溢れていました。
動物、魚、植物、、、
それらをアンチンボルドはスケッチに残しています。
他の生命を使って国王の肖像画を描くことで 皇帝を賛美しています。

春、夏、秋、冬
Air Fire Earth Water
絵画がまるで生物の授業の黒板のようで 楽しかったです!

忘れ去られていたアンチンボルドを一躍有名にしたのは ダリ。
1500年代の画家の絵が その当時の人間も だまし絵や笑い、シュールな表現での愉しみを知っていたのだと証明しています。
人間って 基本 何百年経っても 変わりません。
そう思えば ちょっと大変なことや辛いことがあっても
ユーモアで 乗り越えられますね。
ユニークな絵画だけに 子供もたくさん鑑賞にきてました。
うん、いいことだ!

d0131804_12534037.jpg

国立西洋美術館にて 9月24日まで。
アンチンボルド展 公式サイト→ こちらから


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-31 12:50 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

Baird Beer

ホップ、モルトの香りを可能な限り処理しない沼津発祥の美味いビールがあるって聞いていた。
沼津フィッシュマーケット近くにある。

d0131804_22251145.jpg

カップは reuse
再利用するから 名前を書くんだよ。
店の人は さっと洗って 次のビールを注いでくれる。

d0131804_22272392.jpg

ここで 子育てをし この場所で醸造していた Bairdの原点。

d0131804_22280309.jpg

今は修善寺に立派な Baird Breweryがある。
2014年3月、見学にいったとき ホップをみせてもらい、製造工程の話を聞かせてもらった。
美しい自然と清らかな水に溢れる場所にたつブルワリーは
そのビールを愛する人たちの出資により建てられたと聞いた。
話は聞いたけど、その時の私は きちんと理解していなかったのだと思う。

d0131804_22300020.jpg

d0131804_22315426.jpg

今、沼津のタップルームは 週末しか開いていないらしい。
偶然訪ねたときが 17周年のときで
ベアードビールを愛する人たちが
明るく 開放的に 温かく 情熱的に ベアードビールを飲み語っていた。
可愛い ベアードのピアスをした店員さん

d0131804_22323911.jpg

なぜか Wild Cat♡

d0131804_22332719.jpg

偶然 創業者・醸造家 Bryan Baird と奥様の由美さんも!
沼津は 彼らのPassionであり Soul だから
週末しかあけてないけど
もはやここでビールは作っていないけど
この場所は 大事な場所なんだ、 と語ってくれた。

d0131804_22342671.jpg

そして ベアードのビールが美味しい理由。
氷砂糖を使い
2次発酵は瓶内発酵で自然の発砲なのだ。
今 日本で普及している発泡酒を飲むと
変にお腹が膨らむし、味はしないし、気持ち悪い甘さを感じる。
それは ビールと言ってはいけない加工飲物。

Balance バランス
Character 個性
Complexity 複雑さ

彼のビールに対するポリシーは 彼、そのものだった。
美しい笑顔、包容力、情熱、冷静さ、調和、人間の複雑み。
そして 今 なお 挑戦。

d0131804_22410763.jpg

色々な味を体験できる Baird Beer
あなたの地元で飲める店があるかも、
Baird Beer → こちらから
今や 海外にも輸出されている。
そして Bryanからの新情報☆☆☆
近日 Los Angelesに 焼鳥タップルームができるらしいよ~~167.png
YAKITORI & BEER は日本が誇る文化だ!

現在、原宿、馬車道、沼津、中目黒、高田馬場、修善寺に タップルームあり。
色々味見できて最高~~
また 沼津に行きます。
初心 忘れるべからず 
ありがとう、Baird !!!

d0131804_22360007.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-25 22:18 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

レオナルド✖ミケランジェロ展

5年前、ミラノ・アンブロジアーナ図書館にて
レオナルドダヴィンチの多くの手稿を自分の目でみてから
すっかり レオナルドの虜。(→ こちらから、もうひとつ→ こちらから

彫刻の石の美しさはなぜか子供のころから好き。
ロンダニー二のピエタ像をみてからは
ミケランジェロ にもときめくようになりました。(→ こちらから、もうひとつ→ こちらから

500年を超えて 今なお圧倒的な才能を見せつける巨匠2名の展覧会。
それも 素描がメインなこの企画。
行ってきました!
顔貌、人体表現、馬/建築、手稿、書簡・詩歌、肖像
テーマごとに 二人のライバルの作品が 隣り合わせで展示されています。

自然と解剖に忠実なレオナルド
人間の肉体の中に感情まで表現しようとしたミケランジェロ
戒めを冷静さをもって作品に秘めたレオナルド
熱情的で信仰心に篤いミケランジェロ

じっくり観察していると 素描が
どちらの作品なのか 少しづつ感じることができるようになります。

d0131804_22441991.jpg

レオナルドのレスター手稿・月についての研究も展示されていました。
ビル・ゲイツ個人所蔵です。
イラスト、考察の書きこみ、圧巻な精密さです。
戦車の二つの案も 細かな描写に 開いた口がふさがりませんでした!
自然科学に携わる人間としては 目に一度は留めておきたい芸術と科学が一体化した作品です。

今だ 興奮がおさまらず 
毎晩 眺めてます!
あと最低1回は現物を観に行きたい!
いや、何度でも自分の目で眺めていたい!!

d0131804_22444244.jpg

レオナルド✖ミケランジェロ展 
2017年9月24日まで 東京三菱一号館美術館 →こちらから
2017年10月5日~11月23日 岐阜市歴史博物館

d0131804_22452501.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-19 22:36 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

焼津さかなセンター

生桜えび、生しらす、マグロ丼!

d0131804_15241931.jpg

醤油、ほとんどいらないよー
甘い!
で、単品で追加注文(╹◡╹)

d0131804_15244916.jpg

あじのタタキも甘く新鮮!昼からぐびぐび^_^

d0131804_15275539.jpg

まぐろ街道

d0131804_15253824.jpg

安い!
そして、まけてくれる( ^ω^ )

d0131804_15260940.jpg

鯖の燻製、カツオのなまり節を買ったよー
暑い夏に サラダにトッピングだ!

d0131804_15262965.jpg

初上陸!
静岡県焼津市
日本人で良かった。
海鮮最高113.png

d0131804_15264824.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-17 15:16 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

坂 茂 PROJECTS IN PROGRESS

建築家 坂 茂 BAN SHIGERU を知ったのは、
阪神淡路大震災にて 紙の教会 カトリックたかとり教会の設計にて。
たかとり教会は、構造の強い紙管からできていて、
光は明るく注ぎ、ゴスペルはよく響き、
自然の産物での建築物の抱擁に 
あの当時癒された記憶がある。

パリ セーヌ川に浮かぶ4000席の多目的ホールと1150席のクラシック音楽ホール を持つ La Seine Musicale のコンペを坂さんが制し、独創的な建築が困難な道を進んでいる番組を数年前にみて、久しぶりに坂さんを思い出した。
そのホールは、今年4月に完成。
こけら落としは、ボブ ディラン♪
コンペから完成までの6年間のプロセスの展覧会は、
想像と創造に満ち 人の頭脳と制作力に興奮を抑えれない内容だった!

子供が小さな手で小枝を緩く曲げて作る籠
その中に 鳥が羽を休め さえずる。
籠の上に 一枚の羽。
コンペのプレゼンテーション映像は、
自然と一体感がある内容。

クラシックホール内には、同じ波形の合板が編まれたりパターンを変えて内壁を構成。

d0131804_15081646.jpg

天井は坂さん得意の紙筒。輪切り六角フレームの天井が微妙なうねりを作り、平坦でない音楽を予感させる。

d0131804_15084382.jpg

木造六角グリッド構造玉子型クラシックホール

d0131804_15094385.jpg

d0131804_15092302.jpg

その内側にはモザイクタイル。
なんと、光の当たり方により
玉虫色に変化するタイルを開発!


d0131804_15101024.jpg
緑 同じタイルだよー

d0131804_15103093.jpg

灰色 同じタイルだよーーん

d0131804_15104702.jpg

毎日同じ色でない表情を持つホールは
同じ音色が二度ない音楽そのもの!

紙筒の椅子にも座ってみた。
優しいクッションで
リラックスしながら音楽鑑賞できる。

d0131804_15115399.jpg

その他、ネパール復興プロジェクトの木造とレンガを合わせた設計。
d0131804_15121376.jpg
台南市美術館の天井にフラクタルの日よけ
京大の先生と開発した塩ビ製 美しい!
d0131804_15124044.jpg
スイス時計会社本社、富士山世界遺産センターの逆さ富士など、その場の意味、その場に相応しい素材で設計する坂さんの建築物は、自然と調和する建築物で、生き物のよう。
d0131804_15133227.jpg
坂 茂 : プロジェクツ イン プログレス
TOTO ギャラリー 間
港区南青山
16日 明日まで まだ、興奮してまーす^_^^
d0131804_15141926.jpg


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-15 14:23 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

あいー、うー、木村充揮!

憂歌団 木村充揮さんのソロライブ、
それも 客席30未満。
間近でグルーブできるこの機会、行かねば!!!

20時50分 ロックンロールするって宣言。
でも なかなか 始まらない、それはトークショーだから☆

d0131804_22435961.jpg

ワインのお店で バーボンが ガンガン飲まれている光景。
もちろん、木村さんも バーボン片手にライブ♪

d0131804_22441876.jpg

22時 お掃除オバチャン! はい、私、リクエストしました☆
なんたって、私自身が お掃除洗濯オバチャンですから!!!

ライブなんですが、トークショーでもあり
「気持ちやなー大切なんは~~」 
今宵 「気持ち」って言葉が染みいる 22時24分
目ヂカラ、最強!

d0131804_22444416.jpg


京都 磔磔 
40周年記念 2014年4月1日~5月7日 Tシャツ
5月1日 平成トリオ にサインしてもらいました。
石田長生,いしやん亡き今 幻のトリオ。

d0131804_22452379.jpg

で、言葉は あいーうー

d0131804_22454077.jpg

あいうえお
から始まる日本語。
そう 木村充揮は 
音のうねりと言葉の主張がマッチした 
素晴らしいアーティスト。
言葉へのレスポンスの高さは 超一流です。
彼の歌声を 1メートル目前で聴いた時間。
それは 歌詞を 身体に飲み込む作業でした。
ほんま、気持ち やね。

木村充揮に 脱帽。
あたしたち、なぜかお揃いのハンティングやったし、帽子脱いでも 同類やで〜 許してやーー

d0131804_22470570.jpg

素晴らしい接近ライブの実現は
芦屋アンブレイス
味よし 泡よし、色付き水よし、音よし、言葉よし、心よし。
胸痛くっても 生きていくでーーー!!!
(アンブレイスさん、お写真ありがとうございます!かっ

d0131804_13470579.jpg

木村 充揮 → こちらから
芦屋アンブレイス → こちらから

d0131804_22475804.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-02 22:27 | Favorite | Trackback | Comments(0)  

SpellboundSplendor 魔法仕掛けの輝き

私には 蒼く見える 薔薇が届いた。
アンティーク風 上品で 神秘的
細く長いチェーンには 刻印。
SpellboundSplendor
それは 魔法仕掛けの輝き

d0131804_23434379.jpg

6月に入って 悲しいことがあり
感傷的になり、
それを忘れるが如く 仕事に熱中し没頭し、
納得するには まだ時間が足りず、
理不尽な心身の消耗を微妙に感じていたところに
『魔法仕掛けの輝き』 が 前触れなくやってきた。

想像力豊か、
思慮深く
人間味に溢れる
若き才能。
創り出す世界は 漆黒を持ちながら 密かな色合い表現。
静謐の中の 躍動は 妖精の舞のごとく 軽やか。

d0131804_23445553.jpg

せっかくのネックレスだが
私は 天に向かって伸びるように
ブローチにしてみた。
ネックレスが 光を求め動く茎、葉脈のようでもある。
青い薔薇は  不可能を成し遂げる自信をもち 安定感として居座る。
茎と花の存在位置が逆転。

d0131804_23453928.jpg

そう、奇跡 が起こることを希望します。
アンティークなこのアクセサリーに 
不可能な希望を願います。

我に返り、
奇跡とは 自分の願いとは違う形で 現実に巡ることを
この 美しい贈り物が教えてくれた事に気付く。

別れは突然やってきても
出逢いは 出逢うべくして 巡ってくる。
細く長い鎖のような歴史と人生の中で
一輪の 奇跡の花を咲かせる  そのとき  がある。

時を 妖精のように運んでくれた貴女は
創造物と人に ずっと繋がっていける人です。
その感性が そうさせるのです。
やっぱり メンターです、貴女は。

デザイナー、フォトグラファー、アーティスト Hiramoto MIU 、ありがとう。
若き彼女が立ち上げたジュエリーブランド Spellboundsplendor→ こちらから
インターネットで購入できます。
ブランド名前の由来など MIU ちゃんの熱い気持ちは → こちらから
人生を刻む人に 生きることが輪廻することを知っている人に身に着けて欲しいジュエリーです。

彼女、Tatsuさんとの関係、彼らの仕事は → こちらからどうぞ~

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-06-16 23:32 | Favorite | Trackback | Comments(0)