カテゴリ:Favorite( 329 )   

Cabo da Roca ロカ岬   

2017年 10月 15日

ポルトガルにて、シントラからのロカ岬へ。
バスで40分、揺ら~り 揺られて~~ と計画しましたが、
シントラでの観光客の多さに シントラ駅バス停まで行くのも大変。
たくさんタクシーが止まっているのに
それは、リスボン市内から チャーターされた半日~1日旅行の個人ツアーのタクシーばかり。
お巡りさんに尋ねると 親切にタクシーを呼んでくれました。
でも、「今日はシントラのタクシーも大混雑、呼べないよ。赤いバスに乗って駅までいき、そこからバスで行きなさい」と言われました。
平日でも シントラは旅行者でいっぱいなんです。
ユーラシア大陸最西端のロカ岬で夕陽を見るのを なかば諦め トボトボ歩いていたとき、、、、、
流しのタクシーを 発見!!!!!
とっさに 車道に飛び出し 
「Cabe da Roca まで。
そして できれば そこで待機してもらい、
最終的にはリスボン市内まで連れて行ってほしい!!!」と
お願いしました。
切実な顔をしていたと思います。

笑顔で 「いいよ~~」 とのこと。

シントラの町中を  シントラで生まれ育ち、シントラに住んでいる彼が 
「お庭が綺麗な宮殿だよ~」 → レガレイラ宮殿
「有名な古いホテルだよ~」 →  パラシオ・デ・セテアイス (ナポレオン軍と協定を結んだ宮殿)
と 説明してくれ、ちょっとしたツアーコンダクター付き旅行気分♪

彼のお蔭で 到着した 西の果て ロカ岬

d0131804_15175725.jpeg

西の果ての食堂でポルトガルの生ビールを頂く。
氷でおおわれたサーバーです!

d0131804_15182767.jpeg

なんてことない 普通の食堂&BAR。

d0131804_15190620.jpeg

d0131804_15201266.jpeg

何百年も多くの人が訪れ ここで休息をとったんだな。。。と思うと
感慨深く 一杯のビールと一口のパイのなんと美味しいことか。

d0131804_15210501.jpeg

窓から 景色を眺めての休息。
終わりの土地に涙がこぼれました。
どうしてかしら?

d0131804_15213470.jpeg

思いっきり 西の太陽を浴び

d0131804_15221488.jpeg

大西洋を眺め

d0131804_15225171.jpeg

到着を影で刻む

d0131804_15414045.jpeg

西の果てに集まる人達。
人種はさまざまでした
雲のない青空のもとの果ての地は 
肌の色や言語を超えて 人の心を掴むんです。

d0131804_15232862.jpeg

記念飛び!!

d0131804_15245506.jpeg

荒涼な土地に別れを告げてリスボンに戻りました。
シントラからロカ、そしてリスボン市内まで タクシーの中で流れていたのは、クラシック音楽でした。
運転手:「この音楽好き?」
matsu:「うん!!好き!!」
運転手:「FM 94.4 だよー僕のお気に入り♪」

私のMr.Sintra♡

d0131804_15255421.jpeg

グレゴリオ聖歌を聴きながら 西の果てに連れて行ってくれてありがとう。
ロカ岬で メーターを一度留めて 待ってくれていてありがとう。
乱暴な運転や言葉は一度もなく 穏やかなMr.Sintra。
今回、一番忘れられない人です。

どこの土地にも音楽を愛する人がいて
大陸の果てから 大航海時代に 海を渡ろうと考えはじめた人間がいて
今なお 人の心に 何かの雫を落とす。
あれも これも 皆 人ってこと。

私のロカ岬
とてもとても遠いところだったけど
あるきっかけで 私の人生の思い出になりました。
変化や運命は 人 それぞれ 自分の中から生まれるんですね。

d0131804_15275520.jpeg

帰国後も 気に入って 毎日聴いています♪
Mr.Sintraの笑顔とロカ岬からの果てのない海の輝きを思い出しながら。
RTP Antena2 FM 94.4  → こちらから


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-10-15 15:11 | Favorite | Trackback | Comments(0)

シントラ Sintra   

2017年 10月 12日

世界遺産であるシントラの文化的景観を観賞しに 
リスボン から 28キロ離れたシントラへ。
電車とバスで行けると気軽に考えていた私が 
最初にポルトガルの洗礼を受けた場所です。

世界遺産の場所に行くのに 電車は1時間に一本。
チケットを購入すること 約20分を要しました。
出発30分前の電車は まだ人がまばらでした。
座席につき、のんびりと待つのも 旅の醍醐味。
出発時には 満席!立人も多数。
気になったのは やたら長い電車。
何車両あったかしら??
恐らく15両以上。
一度に多数を郵送するなんて、ポルトガル、効率いいではないか!

d0131804_23383433.jpeg


出発直前に 3人の男性が飛び乗り。
そして 10分後には こんな感じ。
ギター、アコーディオン、タンバリンで 賑やかに歌う歌う♪
とにかく拍手を強要し 小銭をもらうまで立ち去らないなんて、
ポルトガル人、執念深いではないか!

d0131804_23391039.jpeg

盛り上がらないと立ち去ってくれない彼らに
うるさいよーーーと言えない気弱な私は 
一緒に踊ってみました。
小銭と踊りにご満悦な 体臭くん・・
もう、臭いじゃんか!

d0131804_23401945.jpeg

ニュージーランドからの旅好きな旅人と同席となりました。
日本にも旅行にきたことがあるらしく
桜が綺麗だったこと、お台場が面白かったこと、広島の宮島が忘れられないこと、を話してくれました。
私は、NZのワインの話。
彼は ポルトガルのあと、モロッコを回って帰国するんですって。
きっと もう二度と会わない人でしょう。
人生の中で40分だけの時間でしたが これから同じところに行く期待感も合わさって
楽しい時間でした。
下車のとき、お互いHugをしてお別れしました。
のどかな時間、旅の一コマ♡

さて、長い車両から 人がど~~~と降りたシントラ駅。
まず 狭い改札を出るのに 10分。
バス停を探すにも 人、人、人、人、人。。。
これに閉口して 歩く人たちも多数いましたが、若者ではない私には無理と判断し
止まっていた トゥクトゥクに乗り込み移動しました。
これも 相乗りにて ある程度人が集まってから出発です。
見知らぬ人と 膝がぶつかる度に 互いに笑いあい
石畳に揺られながら 一気に山を登ります。
寄せ合わせ、なんだか 楽しいぞ~!!!

d0131804_23421104.jpeg

イスラム風のタイル

d0131804_23425303.jpeg

d0131804_23465593.jpeg

彫刻のモチーフは 魚や貝、海を連想させます

d0131804_23433044.jpeg

唐突に赤や黄色 そして雲のない青

d0131804_23440240.jpeg

シントラの町が一望できました♪

d0131804_23442300.jpeg

このペーナ宮殿は、
ドイツのノイシュヴァンシュタイン城を造らせた
ルートヴィッヒ2世のいとこが
ドイツから建築家を呼び寄せて 
1885年に完成した宮殿です。
繊細なところ
色鮮やかなところ
いきなり 何もない 手抜きなところ
これが きっと ポルトガルなのかしら?
相当な 寄せ集め!!
これが ポルトガルかも??!!
あえて 完璧ではない いい感じの抜け感。
ポルトガルを肌で感じた 最初の場所でした☆

ペーナ宮殿 Palacio National de Pena → こちらから

お土産は、タイルにしました(^-^)
家が 明るくなるはずです。
d0131804_23474918.jpeg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-10-12 23:31 | Favorite | Trackback | Comments(0)

テーラー・キダ   

2017年 10月 02日

ベストカップル参上☆☆☆



d0131804_20023274.jpg
ピンクや白ではない。
ブルーなマーガレット柄。
裏地やボタンにピンク色がアクセントに使ってあります。
そんな 遊び心が 気分を高めてくれます。

お気に入りの形で Gilret(ジレ)をオーダーメイドしたこの場所は、
ゼニア 認定のテーラー・キダ! 
そうあの エルメネジルド・ゼニアですよ~(Ermenegildo Zegna) 
奥様もとってもお洒落で ギャルソンの着こなしが最高!
ご夫婦で生地を購入、デザインと生地をお二人の意見をよく聞きながら オーダーメイドしました!

d0131804_20030812.jpg

柔らかい生地は これから身体にフィットしてくるんですって!
これ着て秋は芸術三昧に決まりです♡

地域の皆さんとともに歩む テーラー・キダ 
神戸市東灘区御影郡家 078-841-1086

d0131804_20040399.jpg


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-10-02 20:00 | Favorite | Trackback | Comments(0)

「バベルの塔」展   

2017年 09月 24日

16世紀ネーデルランドの作品展。
信仰に基づく彫刻や絵画から 新しい画題への変化は
たった半世紀のあいだに起こりました。

ヒエロニムス・ボス の聖クリストフォロス、放浪者(行商人)は
至る所に風刺が効いた ユニークな絵画。
観察すればするほど 笑いがこみ上げてきます。

期待していた ブリューゲル「バベルの塔」。

d0131804_21041054.jpg

神に挑戦して人間が天高い塔を造るのは
同じ言語を話しているからだと
神が 人の言葉を多言語にしたとか。
そのおかげで 今 私達は 解らない相手を理解しようと努力します。
でもどうだろう?
より高いビル、より高い塔を作り 競うことは いまだ変わっていません。
意図せず 愚かな考えを持ってしまっていることを
このバベルの塔が教えてくれます。
通天閣108メートル、東京タワー333メートル、バベルの塔推定510メートルですって。

d0131804_21051314.jpg

展示されていたのは 小バベルの塔で
やはり ウィーンにある 大バベルの塔をもう一度みたい・・・・・と思いました。
ウィーン美術史美術館の思い出は → こちらから
来年、行こうかなー



[PR]

by ray_matsumoto | 2017-09-24 20:52 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Sato Wines   

2017年 09月 19日

日本の銀行員が 職場で出逢って結婚。
転勤先のロンドンで ワイン好きに火がつき
ニュージーランドに渡って 自分のワインを作ろうと決めた日本人夫婦。

こんな人生ってありますか?!

d0131804_18283690.jpg

初体験 Sato Wine 2009 ピノノワール は → こちらから

今年の夏 ニュージーランドのワインのイベントにて
ワイン好き仲間で
リースリングとピノグリ 2本のSatoさんを楽しみました。

d0131804_18291632.jpg

そして この連休中のある夜、
焼き鳥をむさぼろうとしていたら
佐藤さんご夫婦が偶然いらっしゃって 先ほどの隠し撮り!
ご主人は 吹田で子供時代を過ごしたらしく
「おもろい~」って関西弁を喋られます!
情熱的に はっきりとした物言いをなさります。
奥様は 横浜の方らしく スマートなお方。
神戸から来た私は 親近感ヒシヒシ。

今 日本の葡萄、デラウェアを使い、日本でもワインを仕込んでおられるとか。
学習する情熱、
強い意志、
運命を引き寄せる力を 佐藤嘉晃さん、恭子さんご夫婦に感じました。
明治開国時代の日本人みたいな強さをお持ちです。
大変魅力的なご夫婦。
これからもNZの そして これからの日本での
佐藤さんのワインに注目です♡

それにしても インスタグラム は凄いですね。
お会いしたことはなかったけど
浴衣を着てSato Wines を楽しむこの写真を
佐藤嘉晃さんが記憶してくださってました!

d0131804_18312652.jpg

#satowines  検索 
活き活きと誰からも制限されないご自分の人生を生きるご夫婦の姿と
ワインを楽しむ浴衣4名の写真があります。

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-09-19 18:26 | Favorite | Trackback | Comments(0)

青紀ひかり 特別な一夜   

2017年 08月 20日

青紀ひかりさんの音楽をしって4年。
この夏 たった一夜限りの特別なライブに行きました。

静かな蒼い炎のような空気感 
熱い炎のような生き様
魅力的な人による 唯一無二の表現。

d0131804_19101867.jpg

いつも 心が震え、身体の芯から 癒されます。

特別な一夜のライブは 世界旅行的な内容でした。
NY摩天楼が広がった We Are All Alone
何度も聴いているはずなのに いつもと違ったのはなぜ?

日本の歌謡曲をアルバムにした Otokouta からは 
「夜の海」「胸が痛い」で 涙腺が緩みました。

青紀ひかりは この夏 Perugia (Italy) の ヨーロッパでは伝統的な Umbria Jazz Festivalに参加したのです。
ピアノの上原ひろみ もこの夏3年ぶりに参加したこのフェスティバルで
青紀ひかりは Otokouta から日本の歌謡曲を歌ったそうです。
さすが アーティスト、自分表現力 に 秀でた人です!!

d0131804_19105490.jpg

足元にあったリスト
18曲も!!!
イタリア、フランス、アメリカ、ハワイ、キューバ、日本!!
世界旅行ライブは 夢のような時間♪

d0131804_19112493.jpg

FM COCOLOで番組ももってますよ~
年末に向けて 新しいアルバムを作成
来年早々に ライブがあるそうです。
これからも楽しみにしています♪
ひかりん、いつも 美しい世界をありがとう169.png

d0131804_19121374.jpg

青紀ひかり → こちらから
去年のライブの様子は → こちらから
RON CARTER とのライブの様子は → こちらから



[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-20 19:07 | Favorite | Trackback | Comments(0)

午後の泡2音会   

2017年 08月 07日

土用の丑の日、音楽と泡好きが集まる午後の泡2音会を開催しました。

第1回 午後の泡・茶・音・会 は → こちらから
第2回 午後の泡音会は → こちらから

今回は マグナムシャンパーニュがあるということで 泡2音会に!
アマチュアな私達の音色は消えそうですが、
泡を頂く勢いは会を重ねるごとに増しています!

楽器が家にある生活

d0131804_14411138.jpg

生で 色々な音色を楽しめる休日

d0131804_14414406.jpg

準備も楽しい!

d0131804_14421486.jpg

カタルニア民謡 パブロ・カザルス編 鳥の歌
平和の祈り、故郷に二度と戻れなかったカザルス
国連で「私の生まれ故郷カタルーニャの鳥は、ピース、ピース(英語の平和)と鳴くのです」とスピーチされた話。
芸術には メッセージがあるのです。
H先生、Nさん、お話しをありがとうございました。

d0131804_14423613.jpg

表現するってなんて難しいのだろう~とピアノを習いながら知ります。
今回 DUO 8&0 として 初めてクラリネットの伴奏をしました。
怖い顔の私と 音楽に対して包容力のあるH先生。
自由に気持ちよく演奏される表現豊かなクラリネットの音色を聴きながら
私も 楽しくピアノが弾けました。
一人でないって こんなにも人を変えてくれる!!!

d0131804_14431649.jpg

和食担当は私、
樽谷さん内橋さん手作りの万願寺、とてもおいしかったです。

d0131804_14434483.jpg

黄色はビーツなんですよ。
ベルグストロームのシャルドネ、最高でした☆

d0131804_14441337.jpg

みんなが大好き、
マグナムシャンパーニュ Pol Roger 2004
新鮮さと濃くのバランスが素晴らしい!

d0131804_14444313.jpg

新鮮食材の料理、会話、自由な時間

d0131804_14453514.jpg

そして 友達!!

d0131804_14461098.jpg

飲んだワインを眺めて ビックリしたのは
第1回目開催時に Pol Roger 2004 を飲んでいて、今回はそのマグナム。
The Eyrieのロゼも1回目に飲んでました。

d0131804_14465232.jpg

d0131804_14471810.jpg

そして 毎回 ボトルが増えていることも ビックリ!!
胃袋成長期 泡音会 、これからも継続します。
音楽も成長したいな~~
お友達のみなさん、これからもよろしくお願いします♡


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-08-07 14:39 | Favorite | Trackback | Comments(0)

アンチンボルド展   

2017年 07月 31日

これ、私なんですよー
ハプスブルグ家お抱え画家としてウィーンで活躍したイタリアの画家・アンチンボルド展に行ったとき
写真を撮影し コンピュータグラフィックにてアンチンボルド風の自分の絵が見れるって企画。
首の筋が私の特徴なのかな?

d0131804_12524829.jpg

栄華を極めたハプスブルグ家には 諸外国から珍しいお届け物が溢れていました。
動物、魚、植物、、、
それらをアンチンボルドはスケッチに残しています。
他の生命を使って国王の肖像画を描くことで 皇帝を賛美しています。

春、夏、秋、冬
Air Fire Earth Water
絵画がまるで生物の授業の黒板のようで 楽しかったです!

忘れ去られていたアンチンボルドを一躍有名にしたのは ダリ。
1500年代の画家の絵が その当時の人間も だまし絵や笑い、シュールな表現での愉しみを知っていたのだと証明しています。
人間って 基本 何百年経っても 変わりません。
そう思えば ちょっと大変なことや辛いことがあっても
ユーモアで 乗り越えられますね。
ユニークな絵画だけに 子供もたくさん鑑賞にきてました。
うん、いいことだ!

d0131804_12534037.jpg

国立西洋美術館にて 9月24日まで。
アンチンボルド展 公式サイト→ こちらから


[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-31 12:50 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Baird Beer   

2017年 07月 25日

ホップ、モルトの香りを可能な限り処理しない沼津発祥の美味いビールがあるって聞いていた。
沼津フィッシュマーケット近くにある。

d0131804_22251145.jpg

カップは reuse
再利用するから 名前を書くんだよ。
店の人は さっと洗って 次のビールを注いでくれる。

d0131804_22272392.jpg

ここで 子育てをし この場所で醸造していた Bairdの原点。

d0131804_22280309.jpg

今は修善寺に立派な Baird Breweryがある。
2014年3月、見学にいったとき ホップをみせてもらい、製造工程の話を聞かせてもらった。
美しい自然と清らかな水に溢れる場所にたつブルワリーは
そのビールを愛する人たちの出資により建てられたと聞いた。
話は聞いたけど、その時の私は きちんと理解していなかったのだと思う。

d0131804_22300020.jpg

d0131804_22315426.jpg

今、沼津のタップルームは 週末しか開いていないらしい。
偶然訪ねたときが 17周年のときで
ベアードビールを愛する人たちが
明るく 開放的に 温かく 情熱的に ベアードビールを飲み語っていた。
可愛い ベアードのピアスをした店員さん

d0131804_22323911.jpg

なぜか Wild Cat♡

d0131804_22332719.jpg

偶然 創業者・醸造家 Bryan Baird と奥様の由美さんも!
沼津は 彼らのPassionであり Soul だから
週末しかあけてないけど
もはやここでビールは作っていないけど
この場所は 大事な場所なんだ、 と語ってくれた。

d0131804_22342671.jpg

そして ベアードのビールが美味しい理由。
氷砂糖を使い
2次発酵は瓶内発酵で自然の発砲なのだ。
今 日本で普及している発泡酒を飲むと
変にお腹が膨らむし、味はしないし、気持ち悪い甘さを感じる。
それは ビールと言ってはいけない加工飲物。

Balance バランス
Character 個性
Complexity 複雑さ

彼のビールに対するポリシーは 彼、そのものだった。
美しい笑顔、包容力、情熱、冷静さ、調和、人間の複雑み。
そして 今 なお 挑戦。

d0131804_22410763.jpg

色々な味を体験できる Baird Beer
あなたの地元で飲める店があるかも、
Baird Beer → こちらから
今や 海外にも輸出されている。
そして Bryanからの新情報☆☆☆
近日 Los Angelesに 焼鳥タップルームができるらしいよ~~167.png
YAKITORI & BEER は日本が誇る文化だ!

現在、原宿、馬車道、沼津、中目黒、高田馬場、修善寺に タップルームあり。
色々味見できて最高~~
また 沼津に行きます。
初心 忘れるべからず 
ありがとう、Baird !!!

d0131804_22360007.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-25 22:18 | Favorite | Trackback | Comments(0)

レオナルド✖ミケランジェロ展   

2017年 07月 19日

5年前、ミラノ・アンブロジアーナ図書館にて
レオナルドダヴィンチの多くの手稿を自分の目でみてから
すっかり レオナルドの虜。(→ こちらから、もうひとつ→ こちらから

彫刻の石の美しさはなぜか子供のころから好き。
ロンダニー二のピエタ像をみてからは
ミケランジェロ にもときめくようになりました。(→ こちらから、もうひとつ→ こちらから

500年を超えて 今なお圧倒的な才能を見せつける巨匠2名の展覧会。
それも 素描がメインなこの企画。
行ってきました!
顔貌、人体表現、馬/建築、手稿、書簡・詩歌、肖像
テーマごとに 二人のライバルの作品が 隣り合わせで展示されています。

自然と解剖に忠実なレオナルド
人間の肉体の中に感情まで表現しようとしたミケランジェロ
戒めを冷静さをもって作品に秘めたレオナルド
熱情的で信仰心に篤いミケランジェロ

じっくり観察していると 素描が
どちらの作品なのか 少しづつ感じることができるようになります。

d0131804_22441991.jpg

レオナルドのレスター手稿・月についての研究も展示されていました。
ビル・ゲイツ個人所蔵です。
イラスト、考察の書きこみ、圧巻な精密さです。
戦車の二つの案も 細かな描写に 開いた口がふさがりませんでした!
自然科学に携わる人間としては 目に一度は留めておきたい芸術と科学が一体化した作品です。

今だ 興奮がおさまらず 
毎晩 眺めてます!
あと最低1回は現物を観に行きたい!
いや、何度でも自分の目で眺めていたい!!

d0131804_22444244.jpg

レオナルド✖ミケランジェロ展 
2017年9月24日まで 東京三菱一号館美術館 →こちらから
2017年10月5日~11月23日 岐阜市歴史博物館

d0131804_22452501.jpg

[PR]

by ray_matsumoto | 2017-07-19 22:36 | Favorite | Trackback | Comments(0)