カテゴリ:Favorite( 312 )

Herbs & Water

これ、何か解りますか?

d0131804_21510726.jpg

向かって左に沈むは ローズマリー。
右に沈むは タイム。

今日のお話しは水。
人の身体の約60%は水からできています。
だから 常に新しい水を摂取し 古い水を解毒したものと一緒に排出しなければ
どんどん 身体は 汚れた水から構成される古びた身体になっていきます。

つまり

水分を摂取するだけで 身体は新鮮さを取り戻せます。

外来で患者さんによく尋ねます。
「お水、どれくらいとってますか?」

「はい、コーヒーをよく飲みます!」
「ミルクティーを先ほど2杯飲みました!」
「炭酸やコカ・コーラが好きです」

それは、水ではない~~~(*'ω'*)
加工された飲み物がコンビニや自動販売機で容易に手に入る現在
糖分にまみれた水分ばかり摂取し
純粋な水を飲んでいる人が いかに少ないか、驚きます。

あなたの身体な必要な一日の水分は 体重×40

だから 私は 午前中1リットル、午後1リットルの水分を
100CC程度ずつ こまめにとっています。
外来中、私が一瞬姿を消すのは
診察室裏においてある水を補給しているため。
健康のためだから、一瞬の不在は許してねー105.png

昨年 サンフランシスコの友人宅を訪れたとき、
ステキなおもてなしを受けました。
私が感心したのが ローズマリーとレモンがはいった水差しです。
見た目も美しく、飲んだ透明な液体のなんと美しく美味しいことか!

家では、水に飽きない様 
ハーブのローズマリーやタイムを入れます。
新鮮なハーブの自然な緑の香り。
タイムには 殺菌効果、清浄効果、消化管安静効果が期待できます。
ローズマリーには 抗酸化、代謝更新で若返りが期待できます。
ワイン好きの私には 必要不可欠な水。
スクリューキャップのワインボトルを再利用して お水を爽やかに飲みます。
気分は、Bottoms Up!

d0131804_21530911.jpg

ゴールデンウィークに訪れた岡山土産も
ローズマリー、月桂樹 など、緑でした!

d0131804_21535484.jpg

水も緑も もともと人にとって常に身近な存在でした。
加工食品で 身近な自然を 自ら遠ざけず
簡単な工夫で
貴方の生活と身体に取り入れてくださいね♪

Herb & Water are a lot of LOVE from the EARTH♡


[PR]
by ray_matsumoto | 2017-05-16 21:48 | Favorite | Trackback | Comments(0)

吉田牧場 

ゴールデンウィークのイベント第2弾は 岡山吉備中央高原の吉田牧場さんを訪問。
2年前は → こちらから

牛舎は 井草の緑の香り、トウモロコシやグラノーラ、ドライナッツの香りがします。
Brown Swiss の牛達の栄養は自然なものを与えています。
黙々と餌を食べながらも、見慣れない者がやっていたら 優しい目で不思議そうな表情を見せます。
「美味しいチーズを頂いてますよ〜〜」と話しかけたら、また、すぐ 黙々と食事に集中する牛達。

d0131804_16472471.jpg

突然 並びはじめ 「なんだ??」

d0131804_16475229.jpg

坂を下る餌を運ぶ人の音が解るのですね~

d0131804_16481594.jpg

誰も何も強制しなくとも存在する規律。
綺麗に整列して牛舎に戻っていきました。
無理が何一つない光景。

d0131804_16492183.jpg

吉田牧場のカマンベール、楽しみにしていたマジヤクリ。
マジヤクリは 吉田牧場近くの土地の名前で
地下に作った自然の保冷倉庫の中で熟成されたもの。
まさに、 吉田牧場オリジナル、吉田牧場オンリーのチーズ。
塩加減は優しく、草やナッツの味が奥で広がる素晴らしいハードタイプチーズ。
うん、熟成したシャンパーニュとぴったりでした☆

d0131804_16495686.jpg

自然の花山椒

d0131804_16501750.jpg

朝陽の中の 思い出ワイン

d0131804_16503695.jpg

吉田牧場25周年のTシャツを着てこられた六本木マルズバーのマルさん
マルズバーについては → こちらから

d0131804_16511463.jpg

自然に寄り添って生きていれば
自然と何かが 無理なく 繋がり
創り上げていく世界が広がります。
自然に寄り添うって、 何もしないってことではなく
毎日 目の前の世界を排除せず 
緩やかに 丁寧に 受け止めて
時に耐えながら 受け入れていくってこと。

便利だけでなく
時間がかかっても 丁寧に毎日を過ごしたいな。
自分の出来ることと出来ないことを知り
出来る人と和をもち
輪が広がる
そんな人生後半を過ごしたいな。

不自然な私の課題だ!

d0131804_16522734.jpg

自然な繋がりを想像し
自然を創造する場所・吉田牧場
ご縁に感謝。
全作さん、千文さん、原野さん、睦海さん、
マルズバー マルさん、マダム規子さん、ありがとうございました110.png

d0131804_16525565.jpg


[PR]
by ray_matsumoto | 2017-05-05 16:28 | Favorite | Trackback | Comments(0)

午後の泡音会

ゴールデンウィークお楽しみイベント第一弾は
第2回午後の泡音会♪
昨年始まったこの会は、泡・茶・音・会でしたが (→ こちらから
今回、お茶をたしなむというより 
泡と音に 猛烈に執着するメンバーだけが集合したことより
泡音会 に変身しました♪

演奏する前は楽しそうでも いざ演奏が始まるととっても固いmatsumoto.
こうみえても真面目で 間違いが嫌だから 情緒溢れる演奏に乏しいのが反省点。
来年の課題が見つかりました!

d0131804_00401655.jpg

今年のフライヤーは チェロのNさんがプロの腕前を発揮してくださいました★
お昼のお食事メニューは 平日眼科医、休日女将さんのmatsumoto担当~

d0131804_00481738.jpg

身近で聴くチェロの音色は お臍から脳みそまで響く重厚感。
厚みがあり安心できる静やかな音色です。
バッハ無伴奏チェロ組曲 第1番。好きな曲にしっとり~~

d0131804_00485751.jpg

溌剌とした ショパン 子犬のワルツ♪
音は奏者の性格を反映するんです!
楽しくはしゃぐ小犬ちゃんを Yちゃん、 ありがとう♡

d0131804_00492737.jpg

今年も チェロを触らせてもらう機会があり
皆さん 楽しい時間を過ごされたと思います!

d0131804_00502541.jpg

お料理については、明石天然鯛のカルパッチョ

d0131804_00343666.jpg

患者さんのNさんに頂きまたタケノコ、しめじ、アンチョビバターソテーが好評でした♡

d0131804_00350289.jpg

演奏が終わり、特別審査員Tさんを加え 泡が入る前のちょっと固い私達

d0131804_00505583.jpg

6時間半後 全員ご機嫌  
人は 数時間の会話と音楽と泡があれば、 こうも変われる?!?!

d0131804_00512966.jpg

魔法の変身の泡は こちら~~☆☆☆

d0131804_00361377.jpg

ということで 仲間とともに感性をフル回転さえるこの会は
今後 継続させます★
私の中では 趣向の変形、世代越え、さまざまな提案が蠢いています。
人生を楽しみましょう!
鍛錬によって人生を磨きましょう!!
あ、あ、美しき 人生哉!

d0131804_00370790.jpg

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-05-03 00:29 | Favorite | Trackback | Comments(0)

ファーマーズマーケット 東遊園地

神戸で暮らすならば、神戸を食べようじゃないか!

EAT LOCAL KOBE が レイ眼科クリニックすぐ近くの東遊園地にて
土曜日午前中 ファーマーズマーケットを開催しています。
私の友達も出店しているんですよ!
音楽で出会った彼 (→ こちらから) は 
あの時 「野菜作りを修行中」 と言ってました。

そして 今 「野菜作りに夢中」 と話してくれました。
収穫したばかりのニンジン、人参葉のなんと活き活きしていることでしょう!
神戸市西区 神出町 で農園をしています。
ごはんやルリカケスさんと、自然派クリエーター・ハッチくんと。

d0131804_11511599.jpg

谷下農園の生のケールの緑の苦みがなんて美味しいのでしょう!
生産者と直接お話しできます。
買い物したとき、谷下さんの 「ありがとう」という言葉が 味わいとして身体にはいってくる!
神様が出てくる町 神出町(カンデ)のグリーンサラダは
カンデカンデ、噛めば嚙むほぼ 身体が元気になるんです!
神様からの贈り物だ!!

d0131804_11521143.jpg

茗荷タケ を初めて知りました。
そのままでも美味、母お手製為柚子味噌と一緒も美味。
にんじん葉は、白和えにも使いました(╹◡╹)

d0131804_11530394.jpg

d0131804_11563662.jpg

卵はあまり食べないのですが、
昨日獲れたて ということで 卵かけご飯にしてみようかな~
イロドリはぐくむ 淡路島・北坂養鶏場 の 「さくら」「もみじ」は
好きな組み合わせ個数で購入できます。
今、スーパーでパックになっている販売方法が 
知らない間に 体に無理やり卵を取り込んでいるんだって 気が付きます。
欲しいときに 新鮮なものを 必要なだけ買えばいいんだって、思い出します。

d0131804_11533069.jpg

FARMERS MARKET 2017 
神戸市東遊園地 9時~12時半
5月:6日、13日、20日、21日、27日
6月:3日、10日、17日
芝生の上で朝ご飯食べるもよし
生産者と会話を楽しむもよし
レイ眼科クリニックによって 目の検診をするもよし!
自分を 美味しい身体、 軽い身体に
そして 彩り深い心にしましょう♪

EAT LOCAL KOBE → こちらから 

d0131804_11542691.jpg


[PR]
by ray_matsumoto | 2017-05-01 11:47 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Corinne Bailey Rae

2006年のデビュー以来  
可憐な声、美しい容姿、私の天使 Corinne Bailey Rae のライブに行ったのが1週間前。
6年ぶりの日本公演で 私にとっての初ライブ♪
コリーヌ・ベイリー・レイ は 私のブログにも登場してますよ~→ こちらから

デビュー以来、ずっと彼女を見守り追いかけてますが
20歳代だった彼女が どんどん輝き美しく変貌していく様は
生き物が 自然に命を謳歌している様子そのもので
まさに 熟成していく過程とは こういうものなのだろう。。。と
生、 正、 聖、 性、 これらにおいて その完成度に私は納得するのです。
そして 私にとって 彼女は 妖精みたいな存在で 精 なのです!

ギターを演奏しながら デビューアルバム Like A Star を演奏してくれました。
清潔感ある美しい世界がみれて 泣いちゃいました。。。


彼女の日本のサイトから 是非 音楽を聴いてみてください♪ → こちらから
Green Aphrodisiac  では、会場の皆と一緒にコーラスをしながら
愛情表現を 地球への思いに合わせて 朗らかに可憐に歌い上げました♪

彼女のインスタグラムによると、大阪の桜を楽しんだとか!
私は あなたの歌声と 散りゆく桜、尊敬するSoul mateが創るシャルドネを楽しむ春雨の夜です。

d0131804_21100687.jpg

Corinne Bailey Rae 可憐で健康的でファッショブルな私の天使  実物も 笑顔が美しかった!!!
人間、存在価値に年齢は関係ないね。
Corinne Bailey Rae → こちらから



[PR]
by ray_matsumoto | 2017-04-17 20:58 | Favorite | Trackback | Comments(0)

クラーナハ展

本日で閉展のクラーナハ展500年後の誘惑 に滑り込みで行きました。

ルカス・クラーナハは 工房を持ち、多くの弟子を持ちました。
筆も早かったとのこと。
同時代  イタリア~フランスにいたレオナルド・ダヴィンチ と全く毛色の違うドイツの画家です。
おまけに 市長にもなったという 多彩な能力。
81歳の生涯で 多くの作品を残し 息子に工房を託しました。
同じく多彩なレオナルドと比較すると 
マルティン・ルターとも親交があったクラーナハは、
政治力を持ち合わせた現実的実力者だといえるでしょう。

艶かしい女性像を 生で観たい!!という私の10年に渡る願いがようやく叶いました。
私が想像していたのは 乳白色な女体。
実際みると 艶やかなのですが 血が通っているというか
案外 ピンク~オレンジがかった肌の色でした。
だから かえって 妖艶に感じました。
で、私が勝手に冷たい乳白色な女性と思っていたその根拠は
彼が描く女性の目線、瞳にある と認識しました。
目線をずらし 何に焦点を合わせているのか解らない瞳は 謎に満ちています。
鑑賞側の想像力を掻き立てるのです。
おまけに 首を持つ彼女の手、爬虫類的な手袋のようなものをしています。
もう、その意味って何??? って 困惑しました。

d0131804_21224123.jpg

美しい「正義の寓意」(1537年)は
天秤と刃物を持つ美少女。
知恵、節操、正義、勇気 を4つの美徳としていた当時のヨーロッパにおいて
剣は 正義を貫く意志を持ち合わせているかと
鋭く鑑賞者に訴えます。
よくよくみえると 裸体の女性は 大変薄い白いベールを羽織っていて 美しい肌への欲情を掻き立てます。
そして ベールはまるで 正義を行うか否かは 紙一重といっているようでもあり
美徳と慾 を絡めた 考えさせられる作品です。

d0131804_21233388.jpg

宗教的メッセージが多い画題のなか
私がもっとも惹かれたのはさいごに展示されていた 「メランコリー」(1533年?)。
デューラーのメランコリー の擬人像でしょう。
15人もの裸体の赤ちゃんは 太鼓や笛を演奏し 楽しそうです。
でも それを見つめる赤い洋服の女性はナイフで木を削り 優しさに満ちているとは言えません。
背景は暗黒で 大人が馬にのったり、魔物のようなものがいたり、雲から落ちる人ありで、
憂鬱を表現しています。
でも 15人もの赤ちゃんの肌艶の良さ、健康で屈託のない振る舞いは
メランコリーって 純粋な生命の強さでもって払いのけられる! と言っているように思えました。

お決まりで遊んでみましたが
陽気な私には 完全に不似合いな出来です・・・

d0131804_21235554.jpg

アルブレヒト・デューラーの作品も多く展示されており
特に アダムとイブ(1504年)は 素晴らしいタッチでした。
これを 国立西洋美術館が所蔵していることも嬉しい情報。
いつか、東京に観に行こう!

やはり 自分の目で実物をみるのがいいですね。
発色、光沢、毛髪の繊細な描写は 素晴らしかったです。
解剖に忠実なレオナルド・ダビンチと比較すると
クラーナハが描く女性の極端な体系描写に 違和感を感じますが 
女性の冷たい目、男性の怠惰な表情を観ると
女性の漫画ティックな体形描写も 何かの意味があるのかと深読みしてしまいます。

土産は、チケットホルダーとウィーン デンメアティーハウスの紅茶。
明日は紅茶を飲みながら、何度読んでも飽きない大好きな澁澤龍彦を読みます。

d0131804_21242412.jpg

500年、
なんなんだ、時の流れって。
人を惑わすことは 500年たっても同じ。
美徳とすることも 変わらない。
私の人生 100年(目標)は、たかが100年。
そう考えると、なんだって出来ますね。
ドイツ、ウイーンに行って ゆっくり考え事をしたいです。

クラーナハ展 → こちらから

d0131804_21244844.jpg

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-04-16 21:12 | Favorite | Trackback | Comments(0)

András Schiff  

3月23日、東京オペラシティでの 
サー・アンドラーシュ・シフ のピアノ・リサイタルに行きました。

d0131804_17494635.jpg

「The Last Sonatas」
古典の巨匠たちの最後のソナタを一度に聴けるこの内容をみたとき
絶対行く!!! とどんなに楽しみにしていたことか。
ヨーロッパでは、ウィーン古典派4名巨匠の最後の3つのソナタを 3回のリサイタルで演奏されているそうです。
日本ではスケジュールの都合で、最後から2番目のソナタと、一番最後のソナタが演奏されました。
私は、まさに 一番最後のソナタの演目を聞きました。
ハイドン、モーツアルト、シューベルト、ベートーベン という順番を予想していましたが
実際は・・・

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第18(17)番 ニ長調 K.576
シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調 D960
ハイドン:ピアノ・ソナタ 変ホ長調 Hob. XVI: 52
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 op.111

シューベルトを2番手に聴くなんて。。。
そこからあと立ち上がれないのでは??なんて思いましたが
シフ先生(弟子でもないのに、勝手に憧れでもってそう呼ばせていただいてます)のシューベルトは、最後希望の光に満ちていました。
ハイドンは 音遊びから熟成感がある円熟の音色まで
時にまったりとした演奏で このようなハイドンは初めて聴きました。
特に第2楽章が気に入りました。

d0131804_17501950.jpg

休憩なく 超人的な集中力にて演奏をなされました。
誠実な演奏、ダイナミックよりは、優しさと明るさに満ちた音色
何の力みもなく 身体がピアノ・ベーゼンドルファーと一体化。
生きることの温かさと悦びを感じる音色でした。

鳴りやまぬ拍手に答え、なんとなんとアンコールだけで30分以上も演奏。
バッハが流れたとき、自然と涙がこぼれました。
心からの何の色にも染まらない
こんな年齢になっても Pureになれた涙だったと思います。

アンコール曲は、全7曲。
J.S.バッハ: ゴルトベルク変奏曲 BWV988から アリア
J.S.バッハ: パルティータ第1番 BWV825から メヌエット、ジーグ
ブラームス: インテルメッツォ 変ホ長調op.117-1

日本語で 「バルトークを弾きます♪」と茶目っ気たっぷりに仰いました。

バルトーク: 「子供のために」から 豚飼いの踊り
モーツァルト: ピアノ・ソナタ ハ長調 K.545から 第1楽章
シューベルト: 即興曲 変ホ長調 D899-2
シューマン: 「子供のためのアルバム」op.68から 楽しき農夫

シフ先生によると
「最後に語られた重要なこと。
ドイツ格言によれば、『良きことはつねに3度起こる』という。
巨匠らはこの格言に親しんでいたに違いない。」
最後に 最期に 
良きことの積み重ねがもたらす何かが
感じれるのであれば
生きることは なんと希望に満ちたものなのだろう・・・
誠実に 天真爛漫に 生を全うしたい・・・
そう思わせる 素晴らしいリサイタルでした。

d0131804_17514398.jpg

お気づきでしたか?
もう2か月も、シフ先生のバッハをクリニックで流しています。 
美しいトリルを奏でるように
希望に満ちた 艶やかな仕事を続ける決意、
シフ先生がバックアップしてくださるレイ眼科クリニックです!!

あああ~一生、忘れられないリサイタルになりました。
シアワセ060.gif

シフ先生については → こちらから
d0131804_17511420.jpg

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-03-26 17:53 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Tara PACIFIC

フランスの科学探査船タラ号をご存知ですか?

2003年から 地球を11回航海し
海洋における生物多様性を調査する船です。

過去、
・北極プロジェクト では、北極の大気汚染、氷の調査
・地中海プロジェクト では、投げ捨てられたプラスティックの調査
・海洋プロジェクトでは プランクトンの調査 
を 行ってきました。

今回2016年から2018年の太平洋プロジェクトでは 
サンゴ礁を調べ これに伴い 日本発寄港が実現しています!!
地球上のサンゴの40%が生息する太平洋を横断し
サンゴコロニーにおける生物の多様性を明らかにする目的。
海底0.2パーセント以下しかしめない珊瑚礁に海洋生物の30パーセントが生育してるそうです。

そんなニュースを知り 3/2~3/6 神戸に寄港したタラ号を観に行きました♪
パネル展ワクワク!

d0131804_12442462.jpg

メンバーは、船員6人、科学者7人、アーティスト1人。
新たに発見されたプランクトンや美しい洋上写真

d0131804_12450314.jpg

タラ号寄港もあとわずか
3月25日まで 東京
26日 下田
30日から4月1日 高知
4月16日から20日 沖縄

海は地球の母
地球を守るタラ号で自然を考えるきっかけを!
特に春休みの子供達に体験を!

d0131804_12482994.jpg

スポンサーのアニエスベーにてアニエスベーTaraの商品を買うと
寄付になることもお伝えしておきますね☆
私の今年の夏は、Taraを感じて過ごします!

地球の母なる海を 守っていきましょう!

d0131804_12491764.jpg

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-03-24 12:51 | Favorite | Trackback | Comments(0)

POL ROGER

1849年設立のPOL ROGERと兵庫県の美味しい恵みを愉しむ会に参加しました。

直接Laurent d'Harcourt社長のお話を聞きながら
地元兵庫地産地消の食事が楽しめるというまたとない機会!
POL ROGER好きかつ食いしん坊の私にとって期待感いっぱいで行きました。

日本に到着したばかりで最初の会ということでしたが
お疲れの様子をみせることなく 沢山のお話を聞かせてくださいました。

その感想は 一言  amazing ★★★

d0131804_18420848.jpg

・木樽は使わず ステンレスタンクで 葡萄の味を活かす
・広い優れた畑(特級畑含む)から葡萄を買い取るが、92ヘクタールは自社畑
・地下のセラーは深く広く、静かに長く熟成可能
・シャンパーニュ地方で 今や15人しかいない動瓶職人(瓶を回すお仕事)のうち
4人が POL ROGERの瓶を1人一日5万本も回している手作業工程
・POL ROGERのロゼは、60%ピノノワールと40%シャルドネからまず白ワインをつくり、
あとで赤ワインとしてのピノノワールを10%加えて作る方法。
・1945年ランチ会でイギリス首相Churchillが POL ROGERの奥様オデットさんと意気投合し
Churchill没後15年の1975年に Cuvee Sir Winston Churchillが登場。
ビンテージのピノノワールが好みだった彼に合わせ 
ピノノワール主体シャルドネが少し入ったWCが造られることになり
1stビンテージから今15個目。1975年にはイギリスのみマグナムも発売。
「マグナムシャンパーニュは二人で飲めばよい。一人が飲めないともっと良い」
(美味しい泡は 飲めるよね~)

Winston Chrchill 2004 をサーブしてくださったのは阿部首相??
ポートピアホテル神戸たむら支配人のソムリエ 松岡様♪

d0131804_18425038.jpg

季節を感じる 神戸たむら のお食事、美味しく頂きました。
ふくよかな泡が好きな私も
シャープ、タイトでミネラル感充分な Blanc de Blancd 2008 にシアワセ〜〜

d0131804_18432539.jpg

ドライなロゼはお肉にも合います。
フランスでは、食前酒としてロゼシャンパーニュを飲む事もあるとか。
赤ワインの比率が多めなのか 私には赤ワイン的な厚みも感じました。

d0131804_18445206.jpg

クイズで会場も大盛り上がり、私はPOLROGER USBチップをゲット☆

d0131804_18450700.jpg

「シャンパーニュは生きる意味を知っている人間の楽しみなのだ。
このことには、政治家も、粋人もみな同意する」 (チャーチルの言葉)
はい、私は1人シャンパーニュも 仲間シャンパーニュもこよなく愛しています♡

d0131804_18452738.jpg

素晴らしい人達との会合でした。
ますます POL ROGERの虜、これから飲み込んでいきます!
今井商店さん、いつもありがとうございます。
今井商店 シャンパーニュは → こちらから

d0131804_18454500.jpg

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-03-08 18:39 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Snoopy & Friends in HANKYU Rail

去年秋から 阪急電車では Snoopy&Frineds電車が走っています。
毎日通勤で乗車しているのに なかなか遭遇できないんです!
手の届かない憧れの人みたい。

今年に入って 友達と食事をした帰りに初遭遇!
偶然スヌーピーのセーターを着ていて
下車して 即 記念撮影!

d0131804_21580426.jpg

スマフォカバーとも記念撮影!!
忙しいったらありゃしない!

d0131804_21582555.jpg

今朝 久しぶりにスヌーピーのカバンをもって
いつもの通勤電車に乗ったら
初 Morning Snoopy Train でした♪
通常 電車の中で新聞を読むのですが
もうそれどころでなく
70年代、80年代、90年代のスヌーピーの4コマ漫画や
社内広告Snoopy&Frinds からのメッセージの虜になりました。

d0131804_22014005.jpg

You Play with the cards you're dealt.
配られたカードで勝負するしかないんだ

Learn from yseterday
Live for today
Look to tomorrow
昨日から学んで 今日に生きる、そして明日に期待していこう

d0131804_21585855.jpg

I will admit,
however that there's a good feeling to be had
from sharing.
シェアすることで いい気分になれるんだよね

d0131804_21591361.jpg

スヌーピーのカバンをもって
朝から 阪急電車の中で写真を撮るオバチャンの様子は
他の人からみれば
「どんだけ スヌーピー好きやねん?!」
「この電車に乗るために ここにやってきた??」
そう 思われたかもしれません。

偶然、
スヌーピーを身に着けていたら
電車がやってきた。
人生、そんなものかもしれません。
気負わず 何気に 選択したことが
本当の自分なのでしょう。
本当に 本当に大切なことは
意図せず 結ばれるんだって。
clamp のイラストに感激したのに
写真を撮れていない!
やはり私は、chop ?!

d0131804_21594333.jpg

朝からスヌーピーからのメッセージで シアワセいっぱいでした。
そんなレイ眼科クリニックの今朝の朝礼は
「シェアすることの大切さ、シェアしようって思うことが大切であること」
から 始まり
とっても充実した外来と手術日になりました。

Thank my Snoopy !!
心から S.W.A.K 053.gif

d0131804_22000597.jpg

阪急電車スヌーピー号の情報は → こちらから
今年いっぱい 続いてほしい。
というか これからずっと 続いてほしいです!!

d0131804_22002385.jpg

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-02-08 21:44 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto
プロフィールを見る
画像一覧