カテゴリ:Taste( 267 )

ジャズ羊羹

音楽好きな人からの素敵な贈り物♪
オルガン??電子ピアノ?

d0131804_22284389.jpg

いえいえ、羊羹、その名もジャズ羊羹!

d0131804_22292081.jpg

イチジクがはいっていて、ワインにも合うんですって。
白ワインやジャンパーニュには ジンジャージャズ羊羹もあるみたい!
箱もシンプルでいい★

d0131804_22294842.jpg

包装紙があまりモダンで ブックカバーにして再利用~
本を読みながらでも 身近に音楽があるシアワセを演出するんです♪

d0131804_22302009.jpg

それにしても なんで ジャズなんだろ?
ピアノ羊羹じゃないのね。
気分によって 奏で方は自由でいいってことかな?
味わうことも 状況によって自由であれってことかな?
生きることは 表現であり call and response ってことかな??

H先生、ありがとうございます169.png
クラリネットと共演できる日を楽しみにしています110.png

ジャズ羊羹 → こちらから

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-05-26 22:27 | Taste | Trackback | Comments(2)

淡水軒

ぶり~~~と肉厚な餃子
そのままでも、味噌ダレでも 美味。

d0131804_20462037.jpg

味のしみ込んだ豚足
この味つけは 一流だ!
キリンビールと相性バッチリ!

d0131804_20471723.jpg

どのお客さんもラーメンを注文しており
麺はあまり食べない私も注文してみた。
この味は???

d0131804_20475154.jpg

鰹だし!
黄金色のあっさり和風なスープなんです!!

カウンターしかない狭い店内にて
黄金の出汁が 寸胴にたっぷり作ってあるのです。
こだわりの店主は とても客に厳しいのです。
荷物を置く場所、座る位置、いついっても誰かが注意を受けてます。
私も何度注意されたことか。
でもね
寸胴にはいった美しい黄金色のスープをみたとき
「はい、あなたの言うことはなんでも聞きます」 と妙に納得しました。

この季節は 冷麺もあります。
ちょっとちょっとチャーシューが肉厚過ぎません?
玉子も大胆でボリュームタップリ~
麺が見えなーい(゚∀゚)

d0131804_20483295.jpg

一緒に行った人が
「美味しかった!いい店紹介してもらった!」と言ったら
少し笑ってくれた店主。おおお~初めての笑顔(#^.^#)
奥様はいつも笑顔です。

d0131804_20515675.jpg

客が無口になり 食べることに集中する店
妥協のない店
あなたの言いなり、それが嬉しい店
台湾 淡水軒 JR元町西口より少し西側の高架下
水曜日定休日 


[PR]
by ray_matsumoto | 2017-05-14 20:44 | Taste | Trackback | Comments(0)

Lionni レオーニ

ゴールデンウィーク中に 南フランス・コート・ダジュールに(気分的に)行ってきました♪
15年前に行ったニースの海岸沿いのレストランみたい~~♡

d0131804_19403006.jpg

背の高いソムリエさん♪
店に入るなり ソムリエさんの第1声: 「BON DABON Tシャツ、決まってますね!!」
matsu:「えええ~~ご存じなの?」
そう、イタリア ペルージュの生ハムを日本の岐阜で作るBON DABONはもはや世界レベルなのだ~~
(BON DABONは → こちらから

d0131804_19410776.jpg

日本のワイン 

d0131804_19414571.jpg

稚アユ

d0131804_19421366.jpg

牛胃袋の煮込み、美味!

d0131804_19424907.jpg

天上が高く、明るい陽射しが入り、可愛い店内

d0131804_19431658.jpg

ステキな音楽が流れていて、尋ねてみたら
ワイン造り手 BEAU PAYSAGE岡本さんが活動しているバタフライプロジェクト製作のものでした。
繊細、自然が共鳴する悦びを知っていこうとする活動です。
人間の小さな行為ひとつが 自然の何かに影響を与えていること、
良い循環を意識し、自然の一コマである生活を送ることを考えてみよう、
そんなプロジェクトです。
丁寧とは繊細なのです。
CD シャルドネとピノノワール。岡山土産です。
吉田牧場 吉田原野さんのエッセイも読み応えあります。
バタフライプロジェクトは → こちらから

d0131804_19435016.jpg

ちょうど 岡山テレビが取材に来ており
私達のテーブルは 料理やワインのコメントを求められました!
採用されるかも!!
岡山テレビ 5月17日か18日放送予定 番組「なんしよん?」15時50分~16時50分。
岡山県、香川県の方、観られたら教えてください~~☆
食べることが大好きなこのメンバーのテーブルです!!

d0131804_19444401.jpg
ボリューム満点
洗練された空間
丁寧な料理
空気のように寄り添う音楽

岡山市にある素晴らしいレストラン・レオーニ

近くなら、通いたい店!また 行きます。レオーニ!!

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-05-07 19:31 | Taste | Trackback | Comments(0)

THE CELLAR AT FRED SEGAL

カリフォルニアワインと本格肉料理の店が3月26日にオープン。
さっそく 行ってきました!

階段を登ると

d0131804_17504911.jpg

ワインが飾ってあり

d0131804_17510961.jpg

カフェコーナーがあり

d0131804_17512672.jpg

その奥に 大人な空間と大きなワインセラー

d0131804_17514449.jpg

ケール、ビーツ、キアヌのサラダ。
新鮮で味も濃く、美味!

d0131804_17522288.jpg

お目当ては、銀座Mardi Gras 和知徹シェフ監修の肉料理!
情熱大陸やNHKの番組で淡路島出身の和知さんの世界の果てまで肉料理を探求する姿を拝見して
和知さんの肉を食べてみたいと思っていたのです☆
待ってました~~Tボーンステーキ1キロ。

d0131804_17533586.jpg

がっつく妙齢の女性

d0131804_17535398.jpg

ギャートルズに変身、かぶりついた客第一号。
洗練された旧居留地のレストランでは 今まで誰もかぶりつかなかったらしい・・

d0131804_17542535.jpg

肉のあと、まだ 食べれる~~

d0131804_17550119.jpg

ということで、肉肉しい充実したハンバーグ 
これまた3人でペロリ~
DuMOL シャルドネも最高(*^ω^*)

d0131804_17551768.jpg

急なお願いにもかからず、デザートに誕生日アレンジをしてくださるサービス満点☆
Aさん、Kさん、お誕生日、おめでとうございます~~
貴女達のアドバイスとサポートのお蔭で 
ギャートルズな私、かろうじて人間の雌 として日々過ごせてます♪
感謝♡

d0131804_17565927.jpg

大丸神戸店が好きな3人での楽しい食事会、これから定例会になる予感です。

d0131804_17572808.jpg

THE CELLAR AT THE FRED SEGAL → こちらから
大丸神戸店よりも南側、
商船三井ビルに新しくできたカリフォルニアのライフスタイルショップ Fred Segalの二階。
グランドマネージャーは カリフォルニアと日本大好きなフランス人の男前ユーゴさん ♪

さあ、次は レイクリガールズと行って、皆で雄たけびをあげよう~~129.png

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-04-20 17:45 | Taste | Trackback | Comments(0)

Chartogne Taillet シャルトーニュ・タイエ

雨のなか、お花見がままならない関西地方です。
私の今年のお花見は 素敵なフランス男性と?!
シャンパーニュ Chartogne Taillet シャルトーニュ・タイエの
若き天才醸造家・アレクサンドル・シャトーニュさんです!

d0131804_22193901.jpg

シャルトーニュ・タイエと芦屋・メゾン・ド・タカ とのコラボレーションディナーに参加してきました。
桜を表現する ミルクレープ寿司
柚子、レモン それは冬から春、初夏への移行

d0131804_22201453.jpg

d0131804_22203716.jpg

シャンパーニュの美脚とオマール海老、山菜

d0131804_22210325.jpg

シャンパーニュ、Chartogne Taillet シャルトーニュ・タイエは
ランスの北西メルフィに位置します。
なんと7世紀から修道士が畑の違い知りながら土地を作ったという記録が残っているそうです。
1683年創業の Chartogne Taillet を 2006年からジャックセロスの下で修業したアレクサンドラが引き継ぎ
その土壌の良さを泡に表現すべく バイオダイナミックを大切にし 醸造しています。
彼曰く、畑を耕すことが難しく
トラクターでは 水分が固くなり ブドウが根を張りにくくなるので
馬でゆっくりと畑を耕し、放し飼いにしたにわとりと羊が雑草を食べているそうです!
「年下の男の子♪」 
笑顔が素敵で誠実で仕事に理知的かつ情熱的なアレクサンドルさん。
もう、ピッタリ、私の好みですううう~~~♡

d0131804_22213077.jpg

土壌にこだわるChartogne Taillet シャルトーニュ・タイエ のエチケットは
土壌の名前がメインに記載されています。
今回 知ったのは Chemin de Reims のように砂質だとふんわりと抜け感がある口当たりになること。
また 別の土地 Les Couarres Chatearのように粘土含むとそこに水分があるのでひんやりとした温度を葡萄が吸い込み
冷たい土壌に基づくひんやりとした味わい になるそうです。

d0131804_22223153.jpg

今回 私が一番気に入ったのは ドライなロゼ
なんと熟成期間が60か月!!!
この少しオレンジがかった美しい夕焼け色に 苺、ライチ、薔薇 のデザート。
「春一番が掃除したてのサッシの窓に
ほこりの渦を躍らせています~~
何年たっても年下の人~~
おかしくって 涙が出そう~~~」
もう美味しくって 微笑み100倍返し!!!

d0131804_22240099.jpg

出来る年下の男の子達!
桜の季節が来るたびに
素晴らしい彼らのコラボレーションを思い起こすでしょう。
桜が 日本人の心に浸透しているように
Chartogne Taillet シャルトーニュ・タイエ 私の心にすっかり染み入りました!
誰にでも
人にも 自然にも 誠実な生き方をしたい、
逆らうことなく 探求心をもって 進んでいきたい、
美味しいシャンパーニュを飲みながら!!!

d0131804_22242941.jpg

Chartogne Taillet シャルトーニュ・タイエ → こちらから

メゾン・ド・タカ → こちらから

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-04-09 22:05 | Taste | Trackback | Comments(0)

JAMAICANA

優しく陽気なジャマイカ人、ノエルさんのお店に
スタッフと一緒に遊びに行きました。

d0131804_17593210.jpg

AcKee アキー という木の実のような果物を初めて頂きました。
初めての触感、みためは卵みたいですが
味は 卵ではないです。
タラの塩漬けと一緒に料理されていました。
お肌の張りに良い、、とのこと。
75歳には見えないノエルさんのお肌をみて 納得です。
向こうにあるのは、トウモロコシ、小麦粉、少しバニラ風味の揚げパン。

d0131804_17595659.jpg

ジャマイカのショウガビール!
これ、とっても美味しかった!

d0131804_18002046.jpg

チキンやポークやとにかくボリューム満点~

d0131804_18004795.jpg

一緒にいったコドモちゃんに
「ちょっと〜〜
ボリューム多いんじゃないの( ^ω^ )」と言われる程!

d0131804_18462249.jpg

全てノエルさんが一人で調理されます。
いつも笑顔のノエルさんが真剣、時に厳しい表情で仕事をされていました!
日本に骨を埋める覚悟のノエルさんのお店は
来年20周年を迎えます。
ミュージシャンだったノエルさんの声量たっぷりの歌声で会は終了。
いや~~満腹満腹でした♪

ジャマイカーナ → こちらから

d0131804_18015090.jpg

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-04-07 17:48 | Taste | Trackback | Comments(0)

far.pitte ファル ピッテ

レイ眼科クリニックから徒歩3分の磯上通に
ワインに寄り添う料理と窯焼きピザのお店があることを知りました!
となるイベントでワインを楽しそうに給仕する可愛らしい女性と知り合い
彼女が働く店が レイ眼科クリニックから近いと知り
さっそく遊びに行きました♪

アボガドのグリル
なんだか香ばしいオイルがかかっていて
シンプルだけと 美味しい一品。

d0131804_18064290.jpg

パテ ド カンパーニュ
この厚み!ワインが進みます☆

d0131804_18070317.jpg

サラダのドレッシングも ベッタリしてなくて程よい加減。
酸味が爽やかで 口当たりよし。

d0131804_18181532.jpg

身体にす~~~と入ってくるワインが揃っています。
食事によく合うタイプのワイン。
うふふ、私は 漬物ワイン なんて呼んでます♪

d0131804_18184708.jpg

ハリネズミ??にしか見えませんが
豚のタンの香草焼き。
臭みなし 赤味が美味しくボリューム満点!

d0131804_18191259.jpg

茄子とガーリックのシンプルなピザ。
ピザ生地は もっちり系。
炭が香ばしくあっと言う間に平らげました。

d0131804_18193263.jpg

食べ物は 大地で育まれるものだから
ワインも大地、ミネラルを感じる味が合うと思います。
地球をガッツリ齧る。
食欲も増すなんとも健康的なワイン達。

d0131804_18211349.jpg

modern girl(言葉が古い・・)ことちゃん、
ワインセレクト、良かったよ~
スタッフ達と一緒に  遊びに行きますね111.png
far.pitte ファルピッテ → こちらから

d0131804_18222227.jpg

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-04-01 13:07 | Taste | Trackback | Comments(0)

さと味 

冬~立春の味覚を楽しもう!

ということで 淡路島に行きました。
神戸から車で1時間。

患者さんに教えてもらったお店は人気店で予約ができませんでした。
「南あわじ市は どこでも魚が美味しいですよ~~」という患者さんの言葉どおり、
素朴な雰囲気の海沿いの店には 新鮮な魚が活き活きとしていました。

d0131804_22160212.jpg

かわはぎ、メバル、サザエ、タコ の刺身。
メバルの刺身は初体験。
脂がのっていて 甘味があり 山葵との相性が抜群!
サザエも新鮮で 湯通ししていないとか。
肝の苦みすら 甘く感じました。
もちろん カワハギ肝の蕩ける旨味も最高!

d0131804_22162507.jpg

お勧めは 3年とらふぐ。
通常2年でフグを食べるそうですが 淡路は海流の温度が低く
ふぐの成長がゆっくりであるため
2年を超して 食べるそうです。
2年以後、一気に大きく成長する 淡路のとらふぐです。

d0131804_22165639.jpg

立派な白子!!

d0131804_22172187.jpg

綺麗なピンク色の肝臓ですが
フグの肝は食べてはいけません!!毒ですから~~

d0131804_22174113.jpg

私は 赤貝の握りを注文。
新鮮な赤貝をその場でさばいてもらい

d0131804_22182687.jpg

肝やヒモも握りにしてくださいます★
貝好きには悶絶の美味さ~~

d0131804_22185715.jpg

福良の黒うに
夏の赤うには ひと箱4000円の値がつくこともあるとか。
この時期の黒うには 小ぶりですが 
甘味、絡む口当たり、すべてが濃厚で 言葉がでない美味さ~~

d0131804_22192481.jpg

特製釜飯も 具材たっぷりで ぺろり~~

d0131804_22194673.jpg

実は サングラスしか持って行っておらず
(正確には、慌てていて、眼鏡を忘れた...かっこ
極道の妻風で過ごすはめになった淡路滞在でしたが
皆さん、とっても優しかったです!

d0131804_22201667.jpg

南あわじ市湊 「さと味」
→ こちらから
今度は 大人数で 色々なものを食べてみたいです。

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-02-16 22:10 | Taste | Trackback | Comments(0)

BAR SWITCH

1週間前のこと
宇宙に行きました。
そこは 二つの生命体に支配されていました。

d0131804_23445301.jpg

サイン入りマグナムが この宇宙の掟のようです。
マグナム星?

d0131804_23460241.jpg

Stoic 星人(聖人)から洗礼を受けました。

d0131804_23462796.jpg

Stoic 星人は 泡聖人かと思いきや
地球上の自然、
つまり 洋梨や樽や緑、花束 といった
まさに地球の土壌までも 司っていました。

d0131804_23500007.jpg

宇宙は 天の川を通じて 
地球にコンタクトをとっているのです。
ちっぽけな私が
あっというまの宇宙旅行。

この世の 暗黒の深さ、荘厳さ
なんたることか!
終わりのない世界。
そして、煌めき 輝き、
その 一瞬たること!
Time flies like an arrow !!
d0131804_23513717.jpg

BAR SWITCH  東京都中央区銀座6丁目 → こちらから
去年オレゴンでご一緒させていただいたときは鉄人でしたが
実は 宇宙人 でした。(オレゴンの様子は → こちらから
旅券発行の条件は 「Stoic」
あなたも ビザを申請して 宇宙旅行をご体験ください072.gif

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-02-07 23:43 | Taste | Trackback | Comments(0)

Cave de K

熟成には、静謐で安寧な環境が必要。
醤油、味噌、日本酒、納豆、
ワイン、シャンパーニュ ・・・・私の好きなものはそう。

明るい太陽の元、闊達であること。それは 成育中、若さの証。
暗闇の中 沈黙を味わうこと。それは熟成の過程。

生きるには どちらも必要であり
経時的に バランス、比率が変わっていくだけ。

光明の洞窟
Cave de K → こちらから
リッツカールトン京都 すぐ横
11時から営業

d0131804_23471708.jpg

京都にて、光を伴う洞窟の世界です。
昼間から マグナムシャンパーニュ4種を愉しめます。
なんて、贅沢な時間!

d0131804_23474936.jpg

お食事も楽しめます。

d0131804_23482640.jpg

アルコールは 夜の特権ではありません。
溌剌と生きること、熟考すること、
どちらにも アルコールは合うのです。
明るい世界にも、アルコールは存在し得ます(╹◡╹)

d0131804_23495070.jpg

今度、美術館のあと 静かに余韻を楽しんだり
気分によっては 興奮を発言するのもよし、
そんな 使い方をしよう・・・と思いました。
Tさん、ご紹介ありがとうございました!
とっても気に入りました☆

d0131804_23504687.jpg

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-02-04 23:38 | Taste | Trackback | Comments(0)

Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto
プロフィールを見る
画像一覧