2017年 03月 08日 ( 1 )

POL ROGER

1849年設立のPOL ROGERと兵庫県の美味しい恵みを愉しむ会に参加しました。

直接Laurent d'Harcourt社長のお話を聞きながら
地元兵庫地産地消の食事が楽しめるというまたとない機会!
POL ROGER好きかつ食いしん坊の私にとって期待感いっぱいで行きました。

日本に到着したばかりで最初の会ということでしたが
お疲れの様子をみせることなく 沢山のお話を聞かせてくださいました。

その感想は 一言  amazing ★★★

d0131804_18420848.jpg

・木樽は使わず ステンレスタンクで 葡萄の味を活かす
・広い優れた畑(特級畑含む)から葡萄を買い取るが、92ヘクタールは自社畑
・地下のセラーは深く広く、静かに長く熟成可能
・シャンパーニュ地方で 今や15人しかいない動瓶職人(瓶を回すお仕事)のうち
4人が POL ROGERの瓶を1人一日5万本も回している手作業工程
・POL ROGERのロゼは、60%ピノノワールと40%シャルドネからまず白ワインをつくり、
あとで赤ワインとしてのピノノワールを10%加えて作る方法。
・1945年ランチ会でイギリス首相Churchillが POL ROGERの奥様オデットさんと意気投合し
Churchill没後15年の1975年に Cuvee Sir Winston Churchillが登場。
ビンテージのピノノワールが好みだった彼に合わせ 
ピノノワール主体シャルドネが少し入ったWCが造られることになり
1stビンテージから今15個目。1975年にはイギリスのみマグナムも発売。
「マグナムシャンパーニュは二人で飲めばよい。一人が飲めないともっと良い」
(美味しい泡は 飲めるよね~)

Winston Chrchill 2004 をサーブしてくださったのは阿部首相??
ポートピアホテル神戸たむら支配人のソムリエ 松岡様♪

d0131804_18425038.jpg

季節を感じる 神戸たむら のお食事、美味しく頂きました。
ふくよかな泡が好きな私も
シャープ、タイトでミネラル感充分な Blanc de Blancd 2008 にシアワセ〜〜

d0131804_18432539.jpg

ドライなロゼはお肉にも合います。
フランスでは、食前酒としてロゼシャンパーニュを飲む事もあるとか。
赤ワインの比率が多めなのか 私には赤ワイン的な厚みも感じました。

d0131804_18445206.jpg

クイズで会場も大盛り上がり、私はPOLROGER USBチップをゲット☆

d0131804_18450700.jpg

「シャンパーニュは生きる意味を知っている人間の楽しみなのだ。
このことには、政治家も、粋人もみな同意する」 (チャーチルの言葉)
はい、私は1人シャンパーニュも 仲間シャンパーニュもこよなく愛しています♡

d0131804_18452738.jpg

素晴らしい人達との会合でした。
ますます POL ROGERの虜、これから飲み込んでいきます!
今井商店さん、いつもありがとうございます。
今井商店 シャンパーニュは → こちらから

d0131804_18454500.jpg

[PR]
by ray_matsumoto | 2017-03-08 18:39 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto
プロフィールを見る
画像一覧