Fuga/フーガの如く♪

雪、雹がぱらつく寒いお正月。
朝の陽光に いつもより一層際立つ色彩を感じます。

d0131804_16312062.jpeg

ご先祖様の漆器のお盆の上は今井陽子さん作品です。
バッハ 平均律クラヴィーア7番フーガをイメージして描かれました。
(今井陽子さんのHPは → こちらから
家の中には 好きなものしかありませんが
5本指に入るお気に入り。
凛とした冬に映える作品。
今井陽子さんが 輝くような瞳でお話しをしてくれたことを思い出しました。

d0131804_16321076.jpeg

三が日、よく使う器は出しておきます。
(器って、グラスしかない?!?)
鳳凰唐草紋 盛鉢 は 有田焼・心和庵の中里兄弟の思い入れある作品。
目出度い絵柄、好きな色合い。
私が 「これを頂きます」 と中里さんに申した時の
驚いた表情、作品誕生の逸話を語ってくれたひと時を思い出します。
心和庵は → こちらから

d0131804_16323700.jpeg

今年のお節料理は 常日頃大変お世話になっている割烹之店・江川さんで購入しました。
江川さん、いつも気持ちのこもった料理とお話しをありがとうございます。
割烹之店 江川は → こちらから

神戸でのご先祖さまの漆器は お盆と小皿、小さな椀だけ。
毎年 ご先祖様に感謝し、語るような気持ちでお節を頂きます。
今年の私のお正月は
今 ここで 生きている人達との会話を愉しむ時間になっています。
私より 若い世代の人達との関係を思い起こしながら
一年が稼働しました。

人生は 複数の旋律から成り立つ音楽のようなもの。
独立した主旋律に 
時に上に 時に下に 時に重なり合いながら別の和声が調和していきます。
みずみずしく 悲哀にみち 激動。
フーガのごとく 旋律の堆積が美しい音。
そんな語らいを 重ね合わせる時間が優雅な風雅な(!)正月を過ごしています。

うふふ、今、音楽に関する本を読んでます。
音と文字に溢れて シアワセです!
読後感想は、しばしおまちを!

[PR]

by ray_matsumoto | 2018-01-03 16:29 | My Diary | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://ocular.exblog.jp/tb/26295407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。