My Way

休日 散歩の合間にゆっくり喫茶するのも楽しみのひとつ。

スターバックスも好き。
都会的、
どこのスタバにはいっても合格点の笑顔、
自由な空気、
個性がないのは仕方ない。
全世界チェーン店の中で 質は高いと思う。

でも やっぱり癒されるのは 上品で大人なマスターのいる喫茶店。
注文してから 豆をひき
カップと見つめあいながら 語り合うように お湯を丁寧に注ぐ。
その ゆっくりした時間が心地良い。
d0131804_21284345.jpg

客をみて 気候をみて カップを選ぶ。
今年初は ウェッジウッド250周年?記念品 京都バージョンカップ。
桜や梅や竹など 目出度い柄で
「お正月なので 華やかに選んでみました」 と 優しく店主は話してくれる。
d0131804_21294172.jpg

素敵なカップでしょ♪ 側面の柄と色が違うところが素敵、
私をみてこれをセレクトしてくれたの★
d0131804_2132459.jpg

カウンターは長く 一人でものんびりできる。
正面にマイセン、ウェッジウッド、香蘭社、などなど 
200以上のカップが並ぶ。
それをみて お話を聞くのも 楽しみの一つ。
そしてついつい、もう一杯~長居してしまう。
ブルーが素敵なこれもウェッジウッド。
d0131804_21335065.jpg

素敵な出逢いもある。
手嶋 祥一先生、医者でありながら JAZZ トランペッター、
84歳の今も現役で あの亡きハンクジョーンズとも セッションをなさっている。
とってもお洒落で 10歳以上お若く見える。(→こちらから)
手嶋先生のCDも 店ではかかるし 
手嶋先生も 週末ふら~~~とよく来られるとのこと。
そのJAZZは 音に年輪が刻まれ
静かに染み入ってくる音楽だ。
The 319 QUARTET は演奏者全員の年齢の合計!!!
私も 大先輩を見習って
医師の仕事と趣味のピアノを両立させ もっともっと極めたいという目標ができた。

穏かな空間で 強い生き方を決意できる。
珈琲の濃厚な香りが 後押ししてくれる。
スタバじゃ 無理。
上質な時間と 上質な生き方を さりげなく醸し出す場所が
いいマスターのいる喫茶店だ。

もうここで20年、
変わりゆく時のなかで 変わらないものを教えてくる。
強い意思
さりげない優しさ
大人、いや良い生き方をする人間のあり方

一杯すべて600円
それ以上の価値あり
大人な空間

信州安曇野
078-841-9501
JR六甲道 山側~六甲山ホテル行きのバス停前
[PR]

by ray_matsumoto | 2012-01-22 21:10 | Taste | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://ocular.exblog.jp/tb/15311447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。