蒸籠

中華街でよく見かける蒸籠

d0131804_12572207.jpeg

蒸籠を家にもっている友達が作る
とっても美味しいもち米の点心

d0131804_12574155.jpeg

家での食事会が好きです
前菜はいつも果物
お相手は 泡~

d0131804_12581859.jpeg

サラダや一品料理をつまみ
メインは 肉か魚
この日は 朝獲れ 明石鰆
塩麹少しと塩であっさり焼くだけで御馳走になります

d0131804_12590268.jpeg

和風、中華風、洋風 こだわることなく
気の向くまま。
食べて 飲んで 喋って なんて楽しい時間!

そうね、私もレパートリーを広げたいから
蒸籠を買います!
点心の作り方、教えてください~~emoticon-0136-giggle.gif
[PR]
# by ray_matsumoto | 2016-09-25 12:56 | My Diary | Trackback | Comments(0)

バッハ 世俗カンタータ

とっても綺麗でしょ?
日本画ではないのですよ。
チェンバロの中の絵です。

d0131804_22450238.jpeg

バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)演奏による
J.S.バッハ 世俗カンタータ「パンとフェーブス」「さあ、晴れやかなトランペットの高らかな音よ」を聴きに行きました。

去年聴いたのは、
宗教改革500年の節目を前に 
信仰の音楽 としての 賛美歌でした。(去年の様子は → こちらから

今回の演目は 世俗カンタータ。
みなさんご存じ「王様の耳はロバの耳」につながる内容で
神話の登場人物 パンとフェーブスが どちらの歌がうまいか歌合戦をするというもの。
チェンバロが合間に流れ、完全にオペラです!
そして、このクルスベルヘン製作のチェンバロの音色はビブラートが繊細でした♪

d0131804_22453122.jpeg

小型版オペラ・世俗カンタータを 至近距離でみることができ
表情豊かで芸達者なメンバーから目が離せませんでした。
もちろん、歌声は チャペル内で天から注ぐが如く響き
それは 耳奥から心の奥まで響き渡りました。
教会音楽でなくとも バッハの音楽は 人の心に訴えます。
感じること
考えること
そういうことが、信じる最初のステップで、信仰の要なのでしょう。
公演後、パイプオルガンを静かに眺めるソプラノのジョアン・ランさん。

d0131804_22460077.jpeg

澄明かつ艶っぽい 情熱的なソプラノでした。
背中が 彼女のすべての美しさを物語っていました。

d0131804_22463537.jpeg

その他、片腕だけで演奏するトランペット、オーボエの響き、
女性二人のリコーダーの鈴のような響き
音楽ってなんて美しい世界なんでしょう!

d0131804_22470571.jpeg

チェンバロをはじめ BCJの説明を熱く語ってくれるAちゃん
クラシック音楽友達のTちゃん
音楽の友よ、豊かな時間をありがとうございましたemoticon-0159-music.gifemoticon-0159-music.gif

d0131804_22473709.jpeg

バッハ合唱曲全作品を録音・演奏達成するバッハ・コレギウム・ジャパン → こちらから


[PR]
# by ray_matsumoto | 2016-09-23 22:42 | Favorite | Trackback | Comments(0)

Paperless system

レイ眼科クリニックオープン2008年4月当時は
電子カルテと紙カルテの併用でした。→こちらから

2015年1月に完全ペーパレス化がスタートしましたが
棚にはカルテがたくさんあります。
医師法でカルテの保管は5年と決まっています。
レイ眼科クリニックでは 手術を受ける方も多いので
全てのカルテを開院以後 保管しています。

台風が関西にやってきた9月20日午後、
患者さんの足取りもまばらでした。
こういうときに 時間を有効利用する素晴らしいレイクリガールズ☆

d0131804_17402265.jpeg

過去のカルテをプラスティックフォルダーから外し
用紙のみホッチキスで止めます。
それを 番号順で整理整頓します。
これだけで スペースがこんなにもあくんです!
久しぶりに あいた棚をみました~~


d0131804_17411881.jpeg

今後は 厚いカルテは生まれませんから
開いたスペースは 院内図書に利用できます。
まだまだカルテ整備は続きます~

有資格者で優秀なスタッフに 
このような単調な業務をしてもらうことに、胸が痛みますが
これもまた院内業務の一つ。
皆で創っていく院内環境!


整理整頓、失うは 何一つなし!!

生きるに 無駄は 何一つなし!!


(レイ語録)

[PR]
# by ray_matsumoto | 2016-09-21 14:57 | Ray Eye Clinic | Trackback | Comments(2)

緑内障と近視

滅多にテレビを観ないのですが 眼科の内容だとチェックします。
今回は 緑内障と近視の関連についてでした。
パソコンモニターを使い テレビのノイズ画面を片眼ずつ見ることで
視野をチェックする方法が紹介されていました。
多くの方に知ってもらう啓蒙活動、ありがたいことです。
d0131804_13034273.jpeg
近視が強いことが緑内障の危険因子であることは間違いありません。
レーシックや有水晶体眼内レンズ手術で近視を治療すると
目の前の部分は 確かに変化しますが
解剖学的に目の奥、つまり眼球の長さや視神経周辺は変わっていません。

レーシック後 緑内障を発症している方は 数%で 確かにいらっしゃいます。
1年に一度の検診で 早い発症が解り 点眼治療に至ったケース、
5年後 久しぶりに受診し、緑内障になっていたケース、
自宅でのセルフチェックはもちろん 行ってください。
でも せっかく眼科受診歴があるならば
自己判断でなく 眼科受診の上 確実な診断を受けてくださいね。

ちなみに 近視がなる緑内障とは別に
遠視の方がなりやすいタイプの緑内障もあります。
早くから、例えば、40歳前から老眼鏡が必要になっている人は
遠視が強い人です。
こういう方も 定期的な眼科受診をお勧めします。
水が流れる箇所(隅角)の断層写真をみて 
緑内障のリスクが高い目かどうか、解ります。
こちらは、リスクが少ない目です。

d0131804_14532726.jpg

有水晶体眼内レンズ手術で目の中にレンズをいれても
サイズを見極めれば 隅角が狭くなることもありませんし
水晶体とレンズが接触していないことも 画像診断で判断できます。

健康の秋
10月は目の愛護デーもあります。
目の検診もお忘れないようにemoticon-0111-blush.gif

[PR]
# by ray_matsumoto | 2016-09-20 12:49 | Eye Informations | Trackback | Comments(2)

味覚の秋、美核の秋

母と月1回、料理を一緒につくり
モリモリ食事を楽しんでいます。
母は料理研究家になりたかったらしく
色々なアイデア料理を作ってくれます。
残り野菜を使い ちょこっとした一品料理を得意としています。

秋の味覚、秋刀魚
私の大好物の豚肉は 残り野菜の茄子、玉ねぎと味噌炒め
食卓に欠かせないのは 大盛のサラダ
大安亭市場 佐竹豆腐からは 厚揚げと湯葉
美味しい厚揚げは、ネギと生姜だけで醤油いらず、
湯葉も黒ゴマだけで醤油いらず
健康的でしょ?

d0131804_17152179.jpeg

そして今回のヒット作品は
ゴウヤ、人参、豚肉 の米麹甘酒炒め

d0131804_17154119.jpeg

母親お手製の米麹甘酒は
米麹ともち米から成り立ち、砂糖は一切入りません。
ビタミン豊富、食物繊維が豊富、オリゴ糖、ブドウ糖、アミノ酸に満ちた発酵食品です。
砂糖もないのに、自然の甘味があり
美味しい大豆や白和えの味がしました。
アミノ酸、ブドウ糖 が含まれるからですね!

米麹甘酒は とっても簡単に作れます。
「お肌や腸内細菌を整える 飲む点滴」と母が力説しています!

せっかくの味覚の秋を 美核の秋にしましょうよ~~emoticon-0110-tongueout.gif

かぼちゃのポタージュスープもリクエストに応えてあっという間に作ってくれました。
お母さん、いつも楽しく豊かな食事をありがとうございます。
子供の頃から キラキラ輝く自慢のお母さんですemoticon-0115-inlove.gif
いつまでも 今の時間を大切にしたいと思いますemoticon-0111-blush.gif
[PR]
# by ray_matsumoto | 2016-09-17 17:11 | My Diary | Trackback | Comments(2)

Eye Doctor's ESSAY★


by ray_matsumoto